カードローン110番 > プロミス審査に落ちた人通る人の違い。結果でわかる落ちやすい属性や傾向まとめ > クレジットカードを利用しているとプロミスの審査に影響するの?

クレジットカードを利用しているとプロミスの審査に影響するの?

消費者金融の借り入れ審査では「総量規制」が重要視されます。総量規制は”年収の1/3までしか借りられない”という借り入れ制限のことですが、クレジットカードのキャッシング枠も含まれるので審査の対象となるわけです。

クレジットカードには買い物の対象となるショッピング枠(ショッピングリボを含みます)とキャッシング枠がありますが、利用状況や申込時期によってはプロミスの利用に影響を及ぼします。

ここではクレジットカードの利用とプロミスの審査についてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

ショッピング枠がプロミスの審査に与える影響

ショッピング枠はプロミスの審査に影響を及ぼしません。

ショッピングリボや利用枠ぎりぎりまで使っていたとしても総量規制の対象とならないからです。

返済日に遅れることなく使っていれば、プロミスの借り入れに影響を及ぼすことはないでしょう。

しかし注意が必要なのは延滞や代位弁済等の金融事故です。

カード会社は支払いが滞れば督促を行いますが、それでも支払いが確認できなければ強制解約や利用停止となります。

それらの情報は信用情報に記録されるため、金融機関からお金を借りられなくなるので注意してくださいね。

ショッピングリボやショッピング枠は審査に影響されない!

前述したように総量規制の対象外となるショッピングリボやショッピング枠の利用はカードローン審査において影響されないといわれています。

ただカードローンの申し込み時には信用情報が確認されるので、勤務先や住所の変更などがある場合は注意してくださいね。

申込者の個人情報に差異がある場合は、審査落ちになる可能性があります。事故情報だけでなく、申し込みに関する情報も大切な審査項目となりますので頭に入れておきましょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

銀行系のローンもプロミスの審査には影響しない?

銀行で住宅ローンや自動車ローンを組んでいる方もプロミスで借入可能です。

銀行カードローンや各種ローンは総量規制対象外となり、プロミスの審査において他社借り入れに含まれません。

信用情報には記録されているので、延滞や債務整理といった異動情報が記録されている場合は借り入れ不可ですが、銀行系のローンを組んでいても審査には影響がないでしょう。

しかし住宅ローン等の返済と収入を考慮した際に「返済能力が低い」と判断されるケースもあるようです。

プロミスの限度額は申込者の属性を総合的に判断しているので、希望通りの借り入れとならないケースもあることを考慮しておきましょう。

キャッシング枠は他社借り入れに含まれる

クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となります。

そのためキャッシング枠の残高が高額であれば総量規制の影響により融資を受けられません。

年収が高額であればそれほど気にしなくても大丈夫ですが、消費者金融などの他社ローンも契約している方やアルバイト・パート等の方は注意が必要です。

キャッシング枠が多いとプロミスの審査で不利になる

キャッシング枠の利用残高が多いと借り入れ審査において不利になります。

総量規制の影響で不利となるだけでなく、キャッシング枠の返済も考慮した限度額が設定されるため、少額融資に繋がりやすいという点がデメリットです。

加えてキャッシング枠での借り入れとプロミスの借入希望額が100万円を超える場合、収入証明書の提出が求められます。

クレジットカードのキャッシング枠に残高が残っている方は、返済してからプロミスに申し込むほうがよいでしょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

プロミスの審査に影響がないクレジットカードの使い方

大切なのは信用情報に事故情報を残さないことです。

事故情報はブラック情報とも呼ばれており、信用情報に記録されていると一切の借り入れができなくなります。

プロミスだけでなく、銀行カードローンやクレジットカードにも影響を及ぼすので注意してくださいね。

また勤務先の変更等があった際は逐一報告しておきましょう。信用情報機関によってクレジットカードの利用状況は共有されています。

在籍確認を行う企業の名前や電話番号が信用情報と異なっていれば、審査をする保証会社やプロミスは「申込者が嘘をついているんじゃないか?」と怪しむわけです。

プロミスに申し込む方や増額申請する方はクレジットカード会社にも報告を忘れないようにしてくださいね。

プロミスは最短1時間で借りられるキャッシングサービスです。審査も最短30分で終わるので、急ぎでお金を用意したい方はぜひ活用してみてくださいね。

総量規制に達している場合は銀行カードローンも検討しよう

クレジットカードは延滞等をせずに使っていれば利用価値の高いサービスです。

現代においてクレジットカードを使わずに生活するのは不便な点も多いもの。

適切に使っていればローン審査において不利になることはありませんよ。

万が一、借入額が総量規制に達している場合は銀行カードローンの利用も検討してみましょう。総量規制対象外となるので借りられる可能性があります。最近では即日融資に対応している会社も多いので活用してみてくださいね。

申込みはこちら

レイクの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>


プロミスの詳細はコチラ >>