プロミス即日融資&即日審査を徹底解説

サイトマップ

プロミス即日融資&即日審査を徹底解説

TVCMでお馴染みのプロミス。最短1時間融資、最短30分審査とお金を借りるまでのスピードが早いローンサービスです。

突然の冠婚葬祭や臨時の出費が重なったときは今日中にお金が必要となるケースもありますよね。

ここではプロミスで即日融資を受けるためのポイントや振り込み融資、限度額の増額審査についてもまとめています。

当日中にキャッシングしたい方はぜひ参考にしてください。

【目 次】
  1. プロミス即日審査でお金を借りる方法
  2. プロミスは土日でも即日審査可能?在籍確認はどうするの?
  3. プロミスの審査状況は確認できる?結果はメールと電話どっち?
  4. プロミスで即日審査するときの注意点

プロミスで即日融資を受けるために大切な3つのポイント

プロミスで即日融資を受けるためには下記の3点に注意しましょう。

  • 申込時間はできるだけ早くする
  • 契約やカードの受取は自動契約機で行う
  • 借入希望額は少額に設定しておく

上記のポイントを押さえておけば即日融資を受けられる可能性が高まります。

これさえ守れば、即日融資&即日審査も大丈夫!

プロミスの詳細はコチラ >>

申込時間に注意しよう!

プロミスの融資方法は「振り込み融資」と「ローンカードを使ったATMからの借り入れ」です。

振り込み融資の場合は平日の14時まで、カード発行の場合は土日祝日問わず20時までが即日融資のリミットとなります。

プロミスの審査状況や混雑具合によっては審査が翌日以降になるケースもあるので早めに申し込みましょう。

自動契約機を利用して来店契約しよう!

プロミスの契約方法はWeb契約と来店契約があります。

自動契約機で契約手続きを行えばその場でカード発行されるため当日中にお金を借りやすいですよ。

郵送でカードを受け取ると即日でキャッシングできないので選ばないようにしてくださいね。

プロミスは三井住友銀行のローン契約機も活用できます。2017年1月現在では全国の自動契約機設置台数が最も多いカードローンなので、今日中にお金を借りたい方にぴったりのサービスです。

自動契約機内は音声付でオペレーターと話しながら作業をしていきます。WEB申込が済んでいれば20分程度で作業が完了するので活用してみてくださいね。

借入希望額は少額に抑えておこう!

借入希望額に関しては少額融資を希望するほうが審査が早く終わります。審査の可否に関しては借入希望額の影響を受けません。

しかし、希望額が高くなれば収入証明書類の提出を求められ、時間を掛けて審査を行うので急ぎの方は注意が必要です。

必要最低限の借入希望額で申請することにより、審査がスムーズに終わりますよ。

その他の理由で当日中に融資を受けられないのは「在籍確認が取れない」「提出書類に不備がある」場合です。

在籍確認とは申込者の勤務先へ電話を掛けて本当に勤めているかどうかを確認する審査のこと。会社が休みで在籍確認がとれないときは審査が翌営業日まで先延ばしになるケースがあります。

本人確認書類や収入証明書類の提出時に光の反射や写真ブレがあり、書類が確認できないときも審査に影響があるので注意が必要です。

再提出を求められるケースもあれば、審査に落ちるリスクもあるので書類を送信する際は見直してから送るようにしましょう。

また申し込み情報の入力ミスがあった際も審査が難航します。スピーディに融資を受けるためにも申し込みボタンを押す前には一度見直しをするように心がけてくださいね。

プロミスの詳細はコチラ >>

振り込みで即日融資を受けたいときは午前中に申し込む!

振込キャッシングを希望する場合、平日の14時までに申し込みを済ませておく必要があります。

即日融資に拘るなら午前中に申し込みを済ませたほうがよいでしょう。これなら多少審査が混雑していても即日で借りられます。

インターネット申し込みの際に「ご希望の契約方法」というチェック欄があるので、「Web」をチェックしておけば来店せずに即日キャッシングを受けられますよ。

WEBでの申し込みは非常に便利!

プロミスの詳細はコチラ >>

最短10秒で借りられる瞬フリ!24時間365日利用可能!

すでに契約を完了している方は瞬フリという振込サービスが利用できます。

24時間最短10秒で振り込まれるので、口座引き落としや公共料金の支払いを忘れていたときも安心です。

振込手数料はプロミスが負担してくれるので、0円で融資を受けられます。

瞬フリを利用するためには三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の普通預金口座が必要なので、万が一に備えておきたい方はネットで預金口座を作っておくのもよいかもしれませんね。

両行ともにネットで口座開設できるので、ぜひ活用してみてください。
瞬フリを利用する流れは、会員サービスログイン→振込先口座を登録→瞬フリ(振込キャッシング)ボタンをクリック→借入金額を指定→最短10秒で振込完了という流れです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行以外の銀行に振り込む際は平日の9:00-14:50までに手続きを完了すれば振込キャッシングを受けられるので、時間内に手続きを済ませましょう。

web契約ならカードレスでの利用も可能!

プロミスには来店不要で借り入れできるWEB完結申込というサービスがあります。

WEB完結ならカードが発行されないので、財布の中身を見られても気付かれる心配はありません。

※対象金融機関は200行以上あります。

会員ページから借り入れや返済ができるので、誰にも気付かれずにお金を借りられますよ。

web契約を希望する場合は希望の契約方法を「Web」にし、書面の受取方法を「パソコンまたは携帯電話

よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」にしてください。返済方法を口座振替にすれば準備は万端です。最後にカード郵送を希望しなければ郵送物なしのWEB完結が可能となります。

Web契約なら来店不要でキャッシングできるので、自動契約機に行く必要がありません。近くにローン契約機がない方におすすめしたい借り入れ方法となっています。

即日で返済したら利息はどうなるの?

カードローンの金利は借入日の翌日から発生します。例えば財布を落としてプロミスと契約、家に帰ってコンビニATMで入金すれば利息の負担は0円です。

つまり即日返済すれば利息は一切かからないというわけですね。

借入金額が少ない、緊急性が高い場合はできるだけ早く完済してしまいましょう。もしプロミスをはじめて利用する方はメールアドレスの登録とWeb明細の利用により30日間無利息サービスを受けられます。

短期的な借り入れを考えている方は契約完了後、上記の手続きを忘れないようにしてくださいね。

無利息期間を最大限に利用しよう!

プロミス即日審査でお金を借りる方法

プロミスなら審査だけでなく融資も即日で完了させることができます。

公式サイトで謳っているように「最短1時間融資」を売りにしているスピード融資に強いカードローンです。その日のうちに借りたい人にこそ選んでほしいのがプロミスです。

プロミスで即日融資するための方法は主に2つあります。

  • WEB申込み⇒WEB契約・銀行振り込み
  • WEB申込み⇒自動契約機

どちらの方法で手続きするかは、今の時間帯や条件によって変わってきます。

  条件 申込みタイムリミット
WEB申込み⇒WEB契約・銀行振込み ・平日13時より前 13時まで
WEB申込み⇒自動契約機 ・平日13時~20時
・土日祝日
20時まで

最短1時間融資が可能なプロミスなら、平日13時までに申込み完了すれば来店することなく即日で融資を受けることができます。

申込する時間帯が13時以降であっても20時までに申し込みできるのであれば、自動契約機でカード発行することでATMで即日キャッシングが可能です。

ここではプロミスで即日融資する方法と注意点について解説していきます。

プロミスの審査をスムーズに進めるなら必要書類を揃えておこう

プロミスの審査を少しでもスムーズに進めるなら、あらかじめ必要書類を揃えておきましょう。

プロミスからいくら借りる場合でも本人確認書類は必ず提出しなければいけません。本人確認書類として使えるのは次の3つです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

いずれか1つを提出します。提出する前に記載されている住所が現在住んでいるところのものか必ず確認しましょう。

尚、個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

健康保険証は単体では使えない
プロミスの審査では健康保険証も本人確認書類として提出できますが、現住所が記載された書類とセットにする必要があります。

・公共料金(電気・ガス・水道・NTT)の領収書
・社会保険料の領収書
・国税や地方税の領収書
・住民票の写し

上記いずれかの書類を一緒に提出してください。いずれも発行から6ヶ月以内のものが有効です。

また、下記の条件に該当する場合は収入証明書の提出も必要です。

  • プロミスでの借入希望額が50万円を超える
  • プロミスの借入希望額と他社借入額を合算して100万円を超える

収入証明書として使えるのは下記の3つです。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

いずれの書類も最新年度のものでないといけません。また給与明細書は直近2ヶ月分必要です。1ヶ月分だけでは無効ですので注意してください。

収入証明書にマイナンバーが記載されている場合はその部分にふせんを貼るなどして隠しましょう。

WEB申込み⇒WEB契約・銀行振り込みで即日審査・融資する方法

申込するのが平日13時前であれば、WEB申込み⇒WEB契約・銀行振り込みで来店せずに即日融資を受けることもできます。

WEB申込みで即日融資するには平日14時までに契約を済ませて、14時50分までに振込依頼を完了させることが条件となります。

契約が完了したらお金が勝手に振り込まれるわけではないので勘違いしないように注意してください。

当日中にお金を振り込んでほしいのであれば、必ず振込依頼の手続きをしましょう。

申込み~融資までの流れは下記のとおりです。

① プロミス公式ホームページで申込み
② プロミスから申込内容確認の電話がかかってくる
③ 本人確認書類、収入証明書などの必要書類を撮影したデータをホームページまたはアプリ等でアップロードする
④ メールまたは電話で審査結果の連絡がある
⑤ 契約内容を確認して同意する
⑥ プロミス会員ページにログインし、振込キャッシングの手続きをする
⑦ 指定口座に振込される
⑧ 後日、ローンカードが届く ※カード発行なしも可能

プロミス公式ホームページから申し込み

プロミス公式ホームページにアクセスし、画面中央にある「新規お申込み」をクリックします。

申し込み方法の選択画面に移ります。「カンタン入力」と「フル入力」とあり、どちらでも申込可能です。

カンタン入力は入力項目が少なくて済みますが、申し込み後にプロミスから電話がかかってきて口頭で勤務先情報などについて聞かれます。

電話で話すのが苦手な方はフル入力で申し込むのが良いでしょう。

申込み方法をクリックすると申し込みフォームが開かれます。

入力する項目は「個人情報」「自宅情報」「勤務先情報」「契約方法の選択」「他社借入状況」「メールアドレス・パスワードの登録」「書面の受取方法について」などがあります。

振込キャッシングで即日融資する場合は「ご希望の契約方法」は「WEB」にチェックを入れてください。

申し込みフォームを入力し内容に問題がなければ「送信」ボタンを押します。

申し込み手続きが完了すると数分以内にプロミスから登録したアドレス宛に「申込み完了」を伝えるメールが届きます。

プロミスから申込内容確認の電話

プロミスへの申込みが完了すると数分後ぐらいに電話がかかってきます。

これはプロミスに限ったことではなく、カードローンに申込すると申し込みを受けた会社は、確認のために申込者に電話をかけてきます。

電話では本人の意志による申し込みであることと内容確認について聞かれます。

この確認作業を終えないと審査へ移ることができませんので、申し込みした後は電話にすぐでられるよう待機するようにしましょう。

電話では具体的にどのようなことを聞かれるのか気になるところですね。ここでは一例ですがプロミスの申込内容確認についてご紹介します。

プロミス担当者「もしもし、私〇〇(個人名)と申しますが、T様のお電話でよろしいでしょうか?」

申込者「はい、そうです」

プロミス担当者「申し遅れました、消費者金融会社SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでございます。

先程インターネット上でのお申込みをいただき、誠にありがとうございます。お申込内容についていくつか確認させていただきたいのですが、5分ほどお時間ございますでしょうか?」

申込者「はい、大丈夫です」

プロミス担当者「まずは本人確認をさせていただきます。お名前のフルネームと、ご生年月日を昭和・平成からお願い致します」

申込者「T△△、平成○年△月☓日です」

プロミス担当者「はい、確認できました。T様、この度はお申し込みいただき誠にありがとうございます。

先ほどお申込みの完了をお伝えするメールを送信させていただきましたが、ご確認いただいておりますでしょうか?」

申込者「はい、確認しました」

プロミス担当者「ありがとうございます。では、後ほど書類提出に関するメールを送信させていただきますので、ご確認をお願い致します。

また在籍確認についてですが、私の個人名にてT様のお勤め先にお電話をさせていただきたく存じます。問題はございませんでしょうか?」

申込者「はい、問題ありません」

プロミス担当者「承知いたしました。もしよろしければ今からでもおかけできますが如何でしょうか?」

申込者「できれば30分後にしていただきたいのですが、お願いできますか?」

プロミス担当者「はい、問題ありません。

それでは30分後に在籍確認のお電話をさせていただきます。なお今後のお手続きの流れについてですが、お借入れはお急ぎでいらっしゃいますか?」

申込者「はい、できれば今日中に借りたいのですが」

プロミス担当者「承知いたしました。では、できる限り早めの審査をさせていただきます。それでは、他になにかご不明な点などはございますでしょうか?」

以上のような流れで申込内容確認の電話は行われます。プロミスからの電話は必ず担当者の個人名でかかってきます。

突然「プロミス」や「カードローン」といった言葉を出されることはありませんので、万が一、家族が電話にでてしまってもカードローンがばれる心配はないでしょう。

先にも説明したとおり、この申込内容確認の電話で確認が取れないと審査ができません。

もし電話に気づかなかった場合、再度かかってきますが、その場合は30分前後時間を空けてから電話をかけますのでその分時間をロスしてしまいます。

急いでいる場合は最初の電話で対応できるようにしておきたいところです。

必要書類の提出

電話確認が終わったら、必要書類の提出を行います。

プロミスから「書類提出のお願い」というタイトルのメールが届いたら、本文内に記載されたURLにアクセスします。「書類提出」ボタンをクリックし、書類の提出を行いましょう。

在籍確認

プロミスでは在籍確認を電話で行います。

申込時に申告した勤務先の電話番号に電話をかけてきます。

いきなり勤務先へ電話するのではなく、かける10分前ぐらいに「今から在籍確認をしますが、大丈夫でしょうか」という連絡が申し込み者の携帯電話にかけられます。

不都合があるときは、この時の電話でお願いしておきましょう。在籍確認の電話は申し込み者がでなくても問題ありません。

申し込み者が不在で電話応対できなくても、従業員が「本日は休みを頂いています」「只今、外出中です」等その会社に在籍していることを前提とした答えであれば在籍確認は終了となります。

在籍確認は「会社にばれるのでは」と不安になる方も多いですが、驚くほどあっけなく終了しますのでばれる可能性は低いです。

申込内容確認の電話と同じように担当者の個人名で電話をかけますし、申し込み者以外にカードローンの在籍確認であることは絶対に話しません。

申し込み者が電話にでた場合でも、その場で何か聞かれることもありませんので周囲に怪しまれる可能性も低いです。

もし、会社の人に「誰から?」と聞かれた場合は堂々と答えることが大切です。おすすめの言い訳は「クレジットカードの在籍確認」です。

契約内容を確認して同意すれば契約完了

審査が終了すると、プロミスの担当者から電話があります。審査結果とその後の手続確認について説明があります。

審査通過している場合は、限度額の案内と契約手続きの手順が説明されます。

限度額は審査次第で可能な限り高い金額が提示されます。

たとえば、希望限度額10万円で申し込んだとしても、可能であれば50万円の上限が提示されます。

契約手続きは、その後送られてくる「ご契約手続きのご案内」というタイトルのメールに記載されたURLにアクセスして行います。

契約内容を確認して「同意して契約」をクリックすれば契約完了です。

振込キャッシングの手続きをする

プロミスの会員ページにログインし、「キャッシング⇒振込キャッシング」と進みます。

利用可能額の範囲内で振り込み希望額を入力します。当日中に振込みを希望する場合は平日14時50分までに振込手続きを済ませましょう。

プロミスからの振込名義人は「パルセンター」もしくは「プロミス」のどちからを選ぶことができます。通帳にプロミスと名前を残したくない人は、パルセンターを選ぶと良いでしょう。

ローンカードの郵送

WEBで契約した場合、ローンカードは郵送で届けられます。

振込キャッシングを希望すればカード到着前でも借り入れすることができます。

カードが届くのは契約完了から5日前後です。

封筒には「事務センター」と表記されており、一見しただけではどこから何の用事で届いた郵送物なのか全くわからない仕様ですので万が一家族に見られてしまっても安心です。

ただし、中身を見られてしまえばプロミスだと分かってしまいますので、くれぐれも中身を見せないように注意しましょう。

なおプロミスの場合、カード発行なしで契約も可能です。WEB契約したいけどカード郵送が心配という方やカードは使わないという方は、カードレスで契約すると良いでしょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば土日でも振込キャッシングOK!

プロミスの振込キャッシングによる即日融資は基本的に平日のみ対応可能となっていますが、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座は持っている場合は夜間や土日でも即日振り込みが可能となっています。

通常の銀行口座の場合は平日14時までに契約完了させないといけませんが、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っている場合は時間に余裕があります。

プロミスの審査時間は9時~21時までとなりますので、時間内に契約完了できるように申し込みしましょう。そして、会員ページから振込融資を依頼すればいつでも即日振込みが反映されます

WEB申込み⇒自動契約機

申込する時間帯が平日13時以降や土日祝日の場合はWEB申し込み⇒自動契約機の流れで即日融資が可能です。

初めから自動契約機で申し込んでそのまま契約まで済ませることもできますが、あらかじめWEBで申し込みを済ませてから自動契約機で手続きする方が効率が良いです。

自動契約機への移動中に在籍確認が完了していれば、あとは自動契約機でカードを受け取るだけです。

自動契約機の営業時間は22時までとなりますので、閉店時間までにカード受け取りできれば即日融資が可能となります。

審査結果の回答時間は9時~21時までとなりますので、遅くても20時までに申し込みすれば間に合う可能性があります。

自動契約機で即日融資する場合の流れは下記のとおりです。

① プロミス公式ホームページにアクセス
② プロミスから申込内容確認の電話がかかってくる
③ 電話またはメールで仮審査の結果が知らされる
④ 必要書類を持って自動契約機へ出向く
⑤ 自動契約機で手続き
⑥ 自動契約機に備え付けの電話で審査結果を知らされる
⑦ 契約書を確認後署名して備え付けのスキャナーで読み取る
⑧ ローンカード発行
⑨ カードを使ってATMで借り入れ

必ず必要書類を持って自動契約機へ来店すること

何も持たずに自動契約機へ来店してしまうと、書類が足りないから最後まで契約できなかったということになりかねません。必ず必要書類を持って来店してください。

基本的には本人確認書類だけでOKですが、申込金額が大きいと収入証明書も必要になりますので注意してください。来店する前に必要書類が揃っているか確認しておくようにしましょう。

プロミス自動契約機の操作方法と流れ

ここではプロミス自動契約機の操作方法と流れについて解説します。

なお事前にWEBで申し込みを済ませていることを前提に話を進めていきます。

大まかな流れは下記のとおりです。

① 申込受付
② 本人確認
③ 申し込み手続き
④ 審査結果通知
⑤ 契約手続き

自動契約機に設置されている画面には「はじめてのお申込み」と「現在お申込手続き中、または、既に当社とのお取引あり」が表示されていますので、後者を選択してください。

生年月日の入力画面に切り替わりますので、入力して「確認」ボタンを選択します。

次は本人確認です。運転免許証などの本人確認書類を指示通りの場所にセットし「読み取り」ボタンを選択してスキャンします。

本人確認が完了すると次は申し込み手続きです。自動契約機から申込用紙がでてきますので必要事項を記入します。

記入する項目は「申し込み日」「署名」「年収」「借入希望額」「他社からの借入額」「Eメールアドレス」の6つです。記入が終わったら、再び書類をスキャンしてください。

申し込み書を提出したら、審査結果の通知がされます。内容を確認して間違いがなければ「同意する」ボタンを選択してください。

契約書が印刷されて契約完了です。最後にキャッシュカードの暗証番号を入力します。入力が完了するとローンカードが発行されますので受け取ります。

自動契約機にはプロミスATMが併設されていますので、すぐにお金を借りることができます。

プロミスは土日でも即日審査可能?在籍確認はどうするの?

プロミスは土日祝日でも平日同様の時間帯で審査をしてくれます。

一般的なカードローンですと平日しか審査してくれませんので、土日でも即日で審査対応してくれるのはありがたいですね。

土日審査の難関は職場への在籍確認です。プロミスでも当然ですが在籍確認を行いますが、土日休みが職場では電話をかけても在籍確認できないという問題が起こります。

プロミスは土日でも電話で在籍確認する

プロミスはお金を貸す場合に在籍確認を行います。プロミスはパート・アルバイトでも20歳以上で一定収入があれば申込可能です。

申し込み時に申告した勤務先で働いていることがわかれば、収入を得ていることがわかります。

そのため、カンタンな電話ですが必ず在籍確認をします。

土日でも営業している会社であれば誰かが電話応対できますが、一般企業の多くは土日が休業ですので、自動的に留守電メッセージが流れるように設定しているなど誰も応対できません。

どうしても土日に在籍確認できない場合の対処法

土日に在籍確認できないがどうしてもお金が必要な場合は、プロミス担当者に事情を説明し別の方法で在籍確認できないか話してみましょう。

電話での在籍確認に対して要望があれば、申込完了後相談してください。

緊急措置として5万円~10万円程度の少額融資をしてくれることもあります。ただし、これは誰でも必ずというわけではありません。

その基準も公開されていませんので絶対とはいえませんが、他の審査項目に問題がないと、在籍確認を後回しにして少額融資を行うことはあります。

審査項目に問題がないケースは具体的に「他社借り入れがない」「返済延滞がない」「金融事故がない」「勤続年数が長い」「年収が多い」などが挙げられます。

また上記のような在籍確認を後回しにしないで別の方法を提案してくれることもあります。電話以外の方法ですと在籍を証明できる書類の提出が考えられます。

書類提出なら会社が休業でも問題ありません。どうしても土日休みで職場に在籍が難しい場合は早めにプロミス担当者相談してみましょう。

プロミスの審査状況は確認できる?結果はメールと電話どっち?

プロミスに申込した後は、審査結果の連絡が来るまで緊張することでしょう。

その不安を払拭するために、審査状況を確認したいと思う方は少なくないはずです。

プロミスの審査状況は問い合わせで確認できる

プロミスの審査結果がなかなかこないという場合は、プロミスに問い合わせてみると良いです。問い合わせたからと言って審査に影響することはありませんので安心してください。

  • プロミスコール:0120-24-0365
  • 女性専用レディースコール:0120-86-2634

電話で問い合わせると、現在の審査の進行状況を説明してくれます。

プロミスの審査結果はメールか電話で

プロミスからの審査結果の連絡は申込み方法で違ってきます。

「フル入力」で申込した場合は、審査結果の連絡方法をメールと電話好きな方を選ぶことができます。

「カンタン入力」で申込んだ場合は、その入力内容で仮審査が行われます。

そして審査完了後に入力した連絡先に電話連絡があります。

プロミスの30分審査はあくまで「最短」です

プロミスは最短30分で審査完了可能ですが、あくまでもスムーズに審査が進んだ場合に限ります。必ず30分で審査結果が出るわけではありません。

実際にプロミスに申込んだけど1時間以上かかったという人が多く、中には2時間以上待ったという人も少なくないです。申込みが混み合う時間や土日祝日は通常よりも審査に時間がかかりますので、30分審査には期待しないほうが良いでしょう。

プロミスで即日審査するときの注意点

プロミスで即日審査してもらう場合は、次のことに注意してください。

  • 申し込みは午前中に済ませる
  • 必要書類を準備しておく
  • 申込内容確認の電話に出る

申し込みは午前中に済ませる

プロミスで確実に即日審査・融資したいなら、できる限り早い時間に申し込みを済ませることです。いくら最短30分を謳っていても、審査に時間がかかることもありますので、時間に余裕を持って申し込むことが大切です。

午前中に申し込みを済ませておけば、当日中に借り入れできる可能性が高いです。

とくに振込キャッシングで借りる場合は、銀行の営業時間内に振込してもらわないといけませんので、銀行の営業時間内にすべての手続を完了させておく必要があります。もしも審査が長引いてしまえば、午後に申込しては間に合わず振込キャッシングを受けられません。

WEBから午前中に申し込みを済ませておけば即日融資できる可能性が高くなりますので、できるだけ早くに申込しておきましょう。

必要書類を準備しておく

プロミスの審査を受けるには本人確認書類が必須となります。

原則として運転免許証を提出しますが、持ってない場合はパスポートでも大丈夫です。

また希望限度額によっては収入証明書も必要になります。

すぐに提出できない場合は、早急に発行してもらいましょう。

また審査結果次第では限度額に関係なく収入証明書の提出を要求されることもありますので、収入証明書も必ず用意しておいたほうが良いでしょう。

申込内容確認の電話にでる

プロミスは申込みが虚偽でないかを確認するために、申し込み者に内容確認の電話を行います。申し込み者が電話に出れば審査を開始します。

この電話にでないと審査ができません。少しでも早く審査を終らせるためにも、申し込み後の内容確認の電話に確実に出られるよう待機しておくようにしましょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

プロミスは増額審査も即日で完結!

すでにプロミスで契約している方は増枠申請すれば借入限度額を上乗せしてくれる可能性があります。増額には2種類の方法があり、金融機関側から連絡があるパターンとこちらから申請するパターンです。

前者は増額したい!と伝えれば100%審査に通過し、その日のうちに利用枠が増額されます。

一方後者の場合は審査に落ちる可能性が高く、誰でも増額できるわけではありません。

年収が下がった、返済状況が悪いなどの要因が重なれば利用限度額が下がるケースもあるので注意が必要です。

プロミスが増額審査を受け付けているのは平日の9-18時まで。インターネットから申し込みでき、来店せずに手続きを終えられますよ。

通常の審査と増額審査の違いとは?

通常のカードローン審査では申し込みから最短1時間で融資を受けられますが、増額審査の場合は時間がかかります。二つの違いは下記の通りです。

  増額審査 新規申込
審査時間 最短即日 最短30分
融資までの時間 最短即日 最短1時間
必要書類 借入希望額が一定以上の場合、収入証明書類 本人確認書類
借入希望額が一定以上の場合、収入証明書類
在籍確認 審査状況次第 必ず行われる

増額審査より新規申し込みの方が審査に通りやすく、借りやすいのが現状です。

とにかくスピーディに融資を受けたいのであれば他社のカードローンへ申し込むことも頭に入れておきましょう。

大きな違いとして必要書類があります。新規申し込みの場合は運転免許証などの本人確認書類が必要ですが、増額審査には必要ありません。

双方の申し込みで「希望限度額が50万円を超える場合」もしくは「他社借入額とあわせて100万円を超える場合」に収入証明書が必要となります。

収入証明書類には源泉徴収票や確定申告書、課税通知書等が認められているので、まとまったお金を借りたいときは事前に用意しておきましょう。

プロミスは増額審査時も在籍確認はあるの?

増額審査時は在籍確認が行われるケースもあれば、行われないケースもあります。新規申し込みのように必ず行われるわけではありませんが、ないとは言い切れないので、在籍確認は行われるものとして認識しておいたほうが良いでしょう。

同僚に内緒で増額審査を受けたいときは「クレジットカードを申し込んだ」「自動車ローンに申し込んだ」等の理由を伝えておけば問題ありません。

在籍確認自体を隠すのではなく、他の用事で在籍確認が行われることを説明しておけば、怪しまれずに済みますよ。

他の消費者金融と比較してみよう!

アコムやアイフル、SMBCモビットといった大手消費者金融は、それぞれの会社が新規顧客獲得のためにサービスを展開しています。各社カードローンのスペックは下記の通りです。

  プロミス アコム アイフル SMBCモビット
借入限度額 500万円 800万円 500万円 800万円
実質年率 4.5-17.8% 3.0-18.0% 4.5-18.0% 3.0-18.0%
審査時間 最短30分審査
融資までの時間 最短1時間 最短即日 最短即日 最短即日
無利息期間 30日間 30日間 30日間
WEB完結申込 × ×
最低返済額 2,000円 3,000円 4,000円 4,000円

※プロミスのWEB完結は、対象金融機関は200行以上あります。

無利息サービスや融資スピードなど各社サービスに違いがあります。自分の希望する借入金額や借入期間、状況に応じて借入先を選ぶようにしてくださいね。

審査通過率が最も高いアコム

アコムの魅力は審査通過率です。約48%という水準は業界で最も高く、審査が不安な方におすすめしたいサービスとなっています。

はじめてキャッシングする方にとってカードローンの審査は不安なもの。アコムなら派遣社員やアルバイト、パート主婦の方でも気兼ねなく申し込めますね。

アコムの詳細はコチラ >>

職場連絡や自宅への郵送物なしで借りられるSMBCモビット

お金を借りる際に家族や職場に内緒で利用したい!という方は少なくありません。SMBCモビットのWEB完結申込はそれらのニーズをすべて満たしてくれるサービスです。

WEB完結申込を利用するためには「社会保険証または組合保険証が提示できること」「三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていること」が条件となります。

それさえ満たしていれば自宅への郵送物なし・職場への電話連絡なし・カードレスで借り入れできるため、誰にもばれずにキャッシングが可能です。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

電話一本で優先的に審査をしてくれるアイフル

アイフルはトータルバランスに優れたカードローンとなっています。審査通過率も高く、無利息サービスもあり、融資スピードも早いので多くの方から利用されているカードローンです。

申し込み完了後、フリーコールへ電話を掛けて「即日融資を受けたい!」と伝えれば優先的に審査をしてくれます。

審査が混雑していても即日融資を受けられる可能性が高まるので、当日中にキャッシングしたい方にもオススメできるサービスです。

アイフルの詳細はコチラ >>

他社と比較してわかるプロミスの魅力とは?

他社のサービスを考慮すれば、無利息期間もあり最短1時間で融資を受けられるプロミスは魅力的なカードローンといえるでしょう。

スマートフォンやパソコンから24時間申し込み可能で、在籍確認にも柔軟に対応、WEB完結申込もできるためトータルバランスに優れたカードローンといえそうです。

初めてキャッシングする方や他社借り入れをまとめたい方にもおすすめしたいサービスとなっています。

やっぱりプロミスがいい方はこちら!

プロミスの詳細はコチラ >>

申し込みから最短1時間で借りるための手順はコチラ

プロミスには「フル入力申し込み」と「カンタン入力申込」という2種類のネット申込があり、最短で融資を受けたいのであればフル入力の方を選びましょう。

申込が完了すれば、プロミスが信用情報の確認や申込情報のスコアリング、在籍確認、他社の借入状況等を審査して、審査結果の連絡があります。

審査にクリアしていれば振込融資or自動契約機で手続きを行い終了です。

融資までの時間が短いのは振込融資ですが、平日の14時までに申込を済ませておく必要があるので、申し込むタイミングにあわせて使い分けましょう。

自動契約機内の手続きもスムーズにいけば15分程度で終わるので1時間程度でお金を手にできますよ。最低返済額が2,000円なので、毎月の負担が小さいのも魅力的なポイントです。

申込から最短1時間で融資可能と明記しているのはプロミスだけ。上手に活用してお金のやりくりに役立ててくださいね。


プロミスの詳細はコチラ >>