プロミスは自営業(個人事業主)には審査が厳しいって本当?

サイトマップ

プロミスは自営業(個人事業主)には審査が厳しいって本当?

自営業者や個人事業主がお金を借りる際は審査が厳しく行われます。正社員に比べて収入が安定しづらく、返済不履行になるリスクがあるからです。

プロミスはカードローンの中でも審査通過率が高いカードローンですが、誰でも借りられるわけではないので注意しておきましょう。

ここでは自営業の方がお金を借りる際の審査について解説。自営業者向けのサービスも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

正直、自営業(個人事業主)はカードローンの審査では不利です!

プロミスに限らず消費者金融や銀行カードローンでは申込者に安定した収入があるかどうかが審査の最重要項目となっています。

貸したお金をしっかりと返してくれるかどうかが重要となるわけですね。そのような観点で審査が行われるので、自営業者には審査が厳しくなります。

とはいえ必ず審査に落ちるわけではありません。プロミスは自営者カードローンを提供しているので、そちらの利用も検討しておきましょう。

自営業者よりも会社員の方が評価は高い!?

カードローンに申込をした場合は、自営業者よりも会社員の方が審査に通りやすいケースがあります。

というのも自営業を営む方の場合、税金対策の一環で所得を減らしているケースがほとんどです。

消費者金融では年収の1/3までしか融資を受けられないため、借り入れ制限にひっかかるリスクがあります。

正社員の場合は給料=所得となりますし、大手企業であれば倒産のリスクもほとんどありません。そのため自営業者より会社員の方が評価が高くなるというわけです。

審査で大切なのは所得額よりも安定性

年収1000万円の自営業者と年収600万円の公務員であれば、公務員の方が高額融資を受けられる傾向にあります。

それほどカードローンの審査では安定性を重視しており、継続性の少ない収益は評価が低いというわけです。

しかしながら大手企業と提携しているケースや毎月安定して収入が見込める場合は、まとまった融資を受けられる可能性があります。

事業形態や所得によって審査基準が異なるので、カードローンで借りたいときは自分の収入についてしっかりとアピールしましょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

プロミスなら自営業向けカードローンが用意されている

プロミスにはカードローンとは別に「自営者カードローン」というサービスを提供しています。

最大300万円までの利用限度額で金利は6.3-17.8%、最短即日融資も可能です。

通常のカードローンと似ている部分が多く、スマートフォンやパソコンから24時間いつでもインターネットで申し込めます。

カードがあれば提携ATMで自由に取引できるので、自営者の方はぜひ活用してみてください。

自営者カードローンの詳細について

自営者カードローン(ビジネスローン)のスペックは下記の通りです。

利用限度額 300万円まで
実質年率 6.3-17.8%
遅延損害金 20.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 5,15,25.末日のうちいずれか
申込条件 20歳以上69歳以下の自営業者
資金使途 事業費もしくは生計費
保証人 不要
担保 不要
融資までの時間 最短即日融資

カードローンとの大きな違いは必要書類です。本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)に加えて、収入証明書類(確定申告書、青色申告決算書または収支内訳書)が必要となります。

加えて「事業実態を疎明する書類」の提出が必要です。営業許可証、受注書、発注書、納品書、請求書、領収書等が書類として認められています。

カードローンに比べて書類を準備する手間が増えますが、事業費に活用できるため自営業者にとっては魅力的なサービスといえるでしょう。

ここまで読めば読めば審査は万全

プロミスの詳細はコチラ >>

自営業(個人事業)がプロミス審査に通過するコツ

経営者の方がキャッシングするためには安定した収入を証明することが最も大切です。

それさえできれば審査の80%はクリアしたといっても過言ではありません。

あとは過去に金融事故を起こしていない、他社の借り入れ件数が3件未満である、前回のカードローン申込から半年以上経っていれば融資を受けられる可能性は十分あるでしょう。

金融会社にとって自営業者はリスクのある顧客ですが、一方で安定した事業主もいるので平等に審査を行っています。正社員だからOK、個人事業主だから審査落ちと明確に線引きされているわけではないので、安心してくださいね。

安定しているかどうかが審査の最重要項目!

前述したように収入が安定しているかどうかが最重要項目です。そのため身分証明書だけでなく、所得証明書や事業実態を疎明する書類が必要となるわけですね。

カードローンと同じように担保や保証人はいらないので、自分ひとりで申し込めますよ。

事業資金だけでなく、生計費やプライベートな資金にも使えるので、上手に活用してみてくださいね。

プロミスの詳細はコチラ >>

万が一に備えて、アコム、SMBCモビット、アイフルにも網を広げておく

審査に落ちるリスクも考えると他社へ申し込んでおくのもひとつの方法です。

大手消費者金融の3社なら即日融資にも対応していますし、事業者向けの金融商品を用意している会社もあります。

審査スピードも早いので、突然の出費にも対処できますよ。

ただし、申し込むのは追加で1社までにしてくださいね。一度に3社以上申し込むと確実に審査落ちとなるため注意が必要です。

アコムは老舗企業だから安心して使える

アコムの魅力はその審査通過率です。消費者金融の中で審査通過率が最も高く、個人事業主の方にも積極的に融資をしています。

申込に必要な書類は原則本人確認書類だけなので、準備が手軽な点も魅力的。ビジネスサポートカードローンというローン商品もあります。

こちらは個人事業主の方に対するサービスなので、条件が合う方はぜひ活用してみてくださいね。

アコムの詳細はコチラ >>

アイフルは事業サポートプランがある

アイフルには事業サポートプランというサービスがあり、年収1/3以上の融資を受けられる可能性があります。無担保ローンや不動産担保ローンもあるので、担保を用意できる方は活用してみるのもよいかもしれませんね。

当日融資も可能となっており、WEBや電話での申し込みが可能です。金融機関の中でも事業主に対してサービスが充実しているので、開業資金やその他の出費に悩んでいる方は活用してみてくださいね。

アイフルの詳細はコチラ >>

SMBCモビットなら自宅への郵送物や電話連絡なしで借りられる

SMBCモビットには自営者ローンというローン商品はありません。しかしWEB完結申込を利用すれば電話連絡なしでキャッシングできます。

自動契約機を使ってローンカードを受け取れますし、家族や社員に内緒で利用するにはうってつけのサービスです。

自営業者でも安定した収入のある方なら利用可能となっており、担保や保証人もいりません。最短30分で審査結果がわかるので急ぎで借りたい方も安心して利用できます。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>


プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>