フリーター・パート・派遣社員でプロミスの審査に通過しやすい人・落ちる人まとめ

サイトマップ
カードローン110番 > プロミス審査に落ちた人通る人の違い。結果でわかる落ちやすい属性や傾向まとめ > フリーター・パート・派遣社員でプロミスの審査に通過しやすい人・落ちる人まとめ

フリーター・パート・派遣社員でプロミスの審査に通過しやすい人・落ちる人まとめ

プロミスはアルバイトやパートの方にも積極的に融資をしている大手消費者金融です。しかしながら申し込む人の中には審査に通りやすい人・通りにくい人がおり、誰でも借りられるというわけではありません。

ここでは非正規雇用の方がプロミスの審査を受ける際のポイントを伝授します。申し込む前にチェックして審査に通過できるようにしてくださいね。

プロミスはパート・アルバイト、派遣も借りれる!審査まとめ

プロミスの審査は、信用情報の確認・属性スコアリング・在籍確認・他社の借り入れを中心に審査を行っています。

アルバイトやパート、派遣社員・契約社員の方は属性スコアリングの部分が重要となるので頭に入れておきましょう。

それぞれの審査でOKが出れば最後は各支店の責任者が融資を認めればお金を借りられます。

ローン会社にとって申込者の人柄も重要な審査項目となるので服装や言葉遣いにも気をつけてくださいね。

アルバイト・パートでも借りられるの?フリーターの審査難易度をチェック

属性とは申込者の返済能力を指した指数です。

年収や雇用形態、年収、家族構成、居住形態など申し込みに入力した内容から申込者を審査しています。

アルバイトやパートの方は属性が低くなりやすいので、正社員の方と比べて審査に落ちやすいというわけですね。

とはいえ毎月安定した収入があれば借りられる可能性がありますよ。

プロミスの条件をおさらい

プロミスの利用条件は下記の2点です。

  • 年齢が20歳以上、69歳以下である
  • 申込者本人に安定した収入がある

安定した収入は高額収入というわけではありません。月収50万円の自営業者は審査に落ちて、月収20万円の会社員が審査に通るケースもあります。

年収よりも定期的に収入があるかどうかという点に注目です。申し込みに必要な書類は本人確認書類(運転免許証)となります。

利用限度額が50万円を超える・他社借り入れと合わせて100万円を超える場合、収入証明書(社会保険証や給料明細書など)も必要となるので、事前に準備しておきましょう。

フリーターはシフトの頻度による

フリーターの立場だとシフトによって毎月の収入が異なります。

シフト制の方は勤務数が多ければ多いほど借りやすく、シフト数が少なくなれば審査に落ちやすくなります。

これは前述した収入の安定性という観点です。

毎月まとまったお金を稼げる方ほど融資を受けられる可能性が高まりますよ。

ここまで読めば審査は万全!

プロミスの詳細はコチラ >>

フリーターであっても不利な場合

ただし注意しておきたいのは総量規制です。年収150万円の方がすでに50万円借りていた場合、プロミスでお金を借りられません。

貸金業法に個人向け融資は年収の1/3までと定められているため、他社借り入れがある方は注意が必要です。

とはいえ他社借り入れに含まれるのは消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠。

銀行カードローンや住宅ローン等は含まれないので過剰に心配する必要はありません。

また日払いや週払いの仕事も審査では不利です。業種も水商売や工事現場より大手企業のアルバイトが有利となります。

金融業者側は安定性を重視しているので、勤続年数が長く、毎月安定した収入を稼いでいる方が審査では有利です。

ブラックは絶対に厳しい!

過去に自己破産や債務整理などの金融事故を起こしている方は審査に落ちます。

一定期間が過ぎていれば審査に通る可能性もありますが、その可能性は極めて低いでしょう。

金融事故から5年以内はブラック状態となるので、カードローンに申し込んでも審査落ちとなります。

自分がブラックかどうかは信用情報機関で開示請求すれば確認できるので、不安な方は確認してみてくださいね。

職場への在籍確認はある?

カードローンの申し込みをすると申し込みの際に記入した勤務先へ在籍確認が行われます。

この審査は申込者の返済能力を確かめるための重要な審査です。

「在籍確認なしで借りられる」貸金業者は存在しないので甘い言葉には注意しましょう。

とはいえ、在籍確認が行われるといっても職場にばれないように最大限配慮してくれます。

「プロミスの○○と申します。」とは名乗らずに「○○と申します。」とオペレーターの個人名で対応してくれるので、気付かれることはほとんどありません。

在籍確認で職場にばれたくないときの対象法

とはいえアルバイトやパートに対して電話がかかってくるのは珍しいですよね。

プロミスのオペレーターが同僚に話すことはありませんが、同僚に追及されて気付かれてしまうケースもあるようです。

もしばれたくないのであれば「クレジットカードを作ったから在籍確認の電話があるかもしれません」と伝えておきましょう。

プロミスの申し込み事態を隠すのではなく、他の申し込みにすりかえれば気付かれません。

申込後にプロミスのフリーコールへ電話を掛けて相談すればOKなので、電話が嫌な方は活用してみてください。

ここまで読めば審査は万全!

プロミスの詳細はコチラ >>

派遣社員がプロミスの審査に通過するポイント

派遣社員の審査では収入の安定性が大切なポイントとなります。

勤続年数が長ければ安定収入として認められやすいですが、派遣社員は勤務先が変わりやすいので審査では不利になりがちです。

しかし同じ派遣先に継続して勤務している場合や毎月安定した収入が見込める方は審査で有利になります。

派遣社員でプロミスの審査に通りやすい人・落ちやすい人

複数の勤務先から給料をもらっている方は審査に落ちやすいといわれています。

ひとつから安定した収入をもらっていれば審査通過率は高く返済能力が高いというわけです。

カードローンだけでなく、自動車ローンやクレジットカードなどその他の審査にも影響があるので、勤務先はできるだけ固定しておきましょう。

派遣社員は派遣元に在籍確認を行っている

派遣社員の場合は勤務先ではなく、派遣元に在籍確認を行っています。

そのため在籍確認がとれにくく、審査に落ちるケースも少なくありません。

カードローンに申し込む際は「クレジットカードを作った」等の理由を派遣元に伝えておきましょう。

事前に伝えておけば在籍確認がとれやすく、審査落ちを防ぐことにも繋がります。

ここまで読めば審査は万全!

プロミスの詳細はコチラ >>

カードローンでお金を借りるときに大切なこと

プロミスだけに限らずカードローンを使うときは適度な利用を心がけてください。

利用可能額は審査を経て決定されますが、上限いっぱいまで使うのではなく必要最低限の利用に抑えておきましょう。

過度の利用は金融会社にとってもあなたにとってもメリットのないものです。

プロミスを初めて利用する方はWeb明細利用とメールアドレス登録により30日間の無利息サービスがついてきます。

申し込みから最短1時間で融資が受けられるので、適度な利用を心がけて上手に活用してくださいね


プロミスの詳細はコチラ >>