母子家庭がプロミスの審査に通過する方法を徹底解説

サイトマップ

母子家庭がプロミスの審査に通過する方法を徹底解説


シングルマザーである母子家庭の母親は、子供にかかるお金や生活費の工面に苦労している方もいることでしょう。特に子供が進学する時などには、大きなお金が必要となりますので、キャッシングやカードローンからの融資は大きな味方になりますね。プロミスでは母子家庭であっても、安定した収入があればお金を借りることは可能です。では、プロミスを利用するための審査については、どのようなことに注意する必要があるのでしょうか?

母子家庭がプロミスの審査を受ける際の注意点とは?

母子家庭やシングルマザーであっても、プロミスで融資を受けることには問題がありません。審査では、安定した収入があること、つまり年収や勤続年数などが重要になっています。

もちろん、収入によって借入可能額は異なりますが、きちんと返済ができる人だと判断できれば、パートや派遣などであっても融資は受けられます。

しかし、申し込みをするにあたっては、以下の点に注意して下さい。

借入希望額は総量規制の範囲内にすること

消費者金融では総量規制によって、借入総額の上限は年収の3分の1までと決められています。プロミスは消費者金融ですので、総量規制の対象となります。

たとえば、年収が150万円であれば3分の1である50万円が借り入れの上限となるわけです。

申し込みで借入希望金額を総量規制の上限以上にしてしまうと、審査の通過は難しくなります。借入希望額は、この上限を超えないようにすることが大切です。

また、借り入れ希望額は総量規制の上限ギリギリにするのではなく、少な目にすることで審査が通りやすくなります。

ちなみに、年収については、慰謝料や養育費などを含むことはできませんので注意しましょう。

職業は水商売を避けること

プロミスの申し込みでは、職業を入力する必要があります。職業はパートなどであっても、勤務先での在籍確認ができれば問題ありません。しかし、職業を夜の水商売などにしてしまうと、審査には通りにくくなります。

これは、勤務の実態がつかみにくいこと、つまり、いつ仕事を辞めてしまうかわからないという危険性があるため審査が厳しくなってしまうのです。

申し込みの際には、職業を水商売にすることは避けましょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

母子家庭にプロミスをお勧めする理由

母子家庭であっても、プロミスの申し込みには何も問題はありません。先にお伝えした注意点をクリアできれば、融資は可能です。

しかし中には、男性に融資に関する相談をするのはちょっと気が引けてしまう方もいるでしょう。そんな女性にとって、プロミスにはおすすめのポイントがあるのです。

プロミスレディースという女性向けキャッシングが用意されている

プロミスには女性向けにプロミスレディースがあります。プロミスレディースは女性限定のサービスとなっており、対応はすべて女性のスタッフが行います。

また、プロミスレディースでも、初めて利用する場合には30日間は無利息で借り入れができますので、短期間での借り入れであればかなりお得です。

プロミスのレディースコールは母子家庭にとって強い味方

母子家庭の場合には、さまざまな事情や悩みなどもあることでしょう。また、消費者金融を初めて利用するといった場合には、やはり不安も大きいですよね。そんな方に、プロミスのレディースコールは強い味方となります。

プロミスのレディースコールでは、女性スタッフが電話対応してくれますので、融資や申し込みの相談も安心して行うことができます。

プロミスの詳細はコチラ >>

残念ながらプロミスレディースの審査に落ちてしまった場合は

プロミスでは、申し込み内容や在籍確認などを通して審査が行われますが、残念ながら審査に落ちてしまうこともあります。どうしても融資が必要な場合には、どのような方法があるでしょうか?

間隔を空けて再度チャレンジしてみる

申込時に勤続年数が1年未満の場合には、審査に通ることが難しい場合があります。そのような状況で申し込みをしていたのであれば、ある程度の間隔を空けることで審査に通ることも可能となってきます。

勤続年数1年以上であれば、審査に通りやすくなるので、再度チャレンジをしてみると良いでしょう。

プロミス以外のアコム、SMBCモビットの利用を考えてみる

プロミス以外では、大手の消費者金融のアコムやSMBCモビットなども利用がしやすくおすすめです。審査基準についてはそれぞれ異なりますので、審査に通る可能性があります。

アコムではプロミスと同じように、初めての利用であれば30日間無利息で借り入れができるサービスがありますので、お得に利用することができます。

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>