プロミスの無人契約機で即時審査&最短1時間キャッシング

サイトマップ

プロミスの無人契約機で即時審査&最短1時間キャッシング

プロミスの申込方法には、店舗・電話・ネット・自動契約機・郵送とありますが、その中でも最短1時間での融資が可能であり、契約後の利用も便利なのが、ネット申込をして自動契約機でカードを受け取る方法です。

【目 次】
  1. プロミス自動契約機の基本情報
  2. プロミス自動契約機の手続きで必要なもの
  3. プロミス自動契約機でも在籍確認はある!本人不在でも問題なし
  4. プロミス自動契約機で最短でカード発行する流れ

プロミス自動契約機の基本情報

自動契約機はその名の通りプロミスと契約できる無人店舗です。駅前やビル街などに設置されているのを見たことがあるという人も多いでしょう。

中は見えにくいので具体的にどうなっているのか何ができるのか気になるところです。ここではプロミス自動契約機の基本情報を解説していきます。

プロミス自動契約機なら誰にも合わずに手続きできる

プロミスの自動契約機にはスタッフは一切いません。そのため、誰にも合わずに申し込み手続きが行なえます。

有人店舗ですとスタッフと面と向かって相談しながら手続きしなければいけませんので、それが苦手な人は自動契約機を利用するのがおすすめです。

自動契約機の出入り口は中からカギをかけることができますので、申し込み手続きしている最中に別の利用者が入ってくる心配もありません。

ただし、手続きの過程ではプロミス担当者から電話がかかってきます。

基本的には設置されているモニターを操作して進めていきますが、プロミス担当者と全く話さずに契約できるわけではありませんので、その点を考慮して利用してください。

プロミスの自動契約機はプライバシーも問題なし

プロミスの自動契約機は完全個室です。

中は見えない作りになっていますし、内側からカギをかけられますので会話を聞かれたり他の誰かが自動契約機内に入ってくるようなことはありません。

三井住友銀行内ローン契約機は、下記画像のように仕切られたスペースとなっています。

もちろん施錠が可能ですし、中の様子もわからないようになっています。

ただし、プロミスの自動契約機とは違い、会話が外に漏れてしまいますので気になる方はプロミスの自動契約機を利用するのが良いでしょう。

自動契約機内には下記画像のようなタッチパネル式の機械が設置されています。画面上で操作して必要情報を入力します。

電話が備え付けてあり、審査結果の通知やオペレーターとの会話の際に使用します。

モニター下部にはスキャナーとプリンターが備わっており、必要書類の提出や契約書の受け取り時に使用します。

またモニターの左下からローンカードが発行されます。

プロミス自動契約機なら1度の来店で契約もカード受け取りもできる

プロミスの自動契約機なら、1度の来店で契約もカード受け取りも済ませることができます。

一般的なカードローンですと店舗に来店しても契約やカード受け取りは後日郵送で行うところが多く、時間と手間がかかりますがプロミスならすべて完結できるのです。

営業時間ギリギリに来店したり審査が長引かない限り、1度の来店で手続きを済ませられます。

またプロミス自動契約機にはATMが併設されていますので、契約完了後すぐにお金を借りることもできます。

わざわざ最寄りのコンビニATMまで移動しなくても現金を引き出せますのでその分の手間を省くこともできます。

自動契約機で借り入れと返済はできない

プロミスの自動契約機はあくまでも申し込みから契約までの流れで必要な工程を行うことができる機械に過ぎません。

自動契約機に現金が入っているわけではないので、その場で借入や返済を行うことはできません。

ただし、自動契約機にはプロミスATMが併設されていますのでカード受け取り後にATMですぐに借り入れを行うことはできます。

プロミス自動契約機で申込むと電話で詳細な情報を聞き出される

プロミス自動契約機で申込すると、30分前後ぐらいに申込内容確認の電話がかかってきます。これはWEBで申込した場合でも同じです。

内容確認の電話では自動契約機で申告した個人情報や勤務先情報についてより詳細に確認されます。

勤務先の住所など普段から把握していれば問題ないですが、思い出せない可能性もあります。

自宅で申し込んでいればすぐに調べることもできますが、自動契約機だとそうもいきません。

深く突っ込まれてもすぐに答えられるように勤務先情報や自分自身の情報はメモに書き出してから来店するのが良いでしょう。

プロミス自動契約機はスタッフ不在でも審査は必須

自動契約機はスタッフ不在ですが、無人だからと言って審査を回避できるわけではありません。プロミスでお金を借りるには審査通過は絶対条件です。

自動契約機で手続きする際にも審査は必ずありますので、申し込み者としては不備がないようにきちんと準備してから自動契約機に来店しましょう。

プロミス自動契約機に来店する前に

自動契約機からプロミスへ申込することもできますが、まずWEBで仮審査に申込することをおすすめします。

プロミスは最短30分審査を謳っていますが、混雑具合や審査状況によっては30分以上時間がかかることもあります。

下手すれば審査結果が出るまでに1時間以上かかることもあります。しかもその間、自動契約機からでることはできずずっと居なければいけません。

時間に余裕があればその場で待っていても良いですが、あらかじめWEBで申込みしておけば自動契約機での手続き時間を大幅に短縮できます。

自動契約機はタッチパネル式で操作しますのでそれ自体は簡単ですが、申し込み者情報や勤務先情報など細かい情報入力に時間を取られてしまいます。

WEBでプロミス公式サイトから使い慣れたパソコンやスマホで入力するほうがスムーズに手続きできるでしょう。

プロミス自動契約機の使い方

「プロミスの自動契約機を利用したいけど使い方が難しそう・・・」このように感じている方もいるのではないでしょうか。

結論を言えばプロミス自動契約機の操作は非常に簡単です。複雑な操作はありませんので初めてであっても安心です。

またわからないことがあったとしても併設された電話機ですぐにオペレーターに問い合わせられますのですぐに疑問を解決できます。

プロミス自動契約機を利用した場合の大まかな流れは下記のとおりです。

① 個人情報・勤務先情報等の入力
② 審査開始
③ 審査結果通知、契約、カード発行
④ カードを使ってATMで現金を引き出す

プロミスの自動契約機は申し込み~カード発行まですべてその場でできます。

プロミス自動契約機の手続きで必要なもの

ここでは、プロミスの自動契約機で手続きするうえで必要なものを解説します。

プロミス自動契約機で必要なものは、手続きするのに必ず必要となる書類と契約金額によって必要になる書類の2点があります。

いずれにしてもプロミスが指定する書類等を準備できないと、せっかく自動契約機に来店しても自宅に取りに戻らなければいけず時間ロスとなってしまいます。

そのようなことにならないためにも、自動契約機に来店する前に必要なものをしっかりと抑えておきましょう。

プロミス契約に必須となる本人確認書類

プロミス契約において必ず必要なのが「本人確認書類」です。本人確認書類を提出できないとプロミスと契約することはできません。

本人確認書類として有効なものは下記の3つです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

プロミスでは運転免許証を本人確認書類として優先していますが、免許証の交付を受けていない方のためにも配慮されており、パスポートもしくは健康保険証+住民票などでも契約することができます。

本人確認書類で注意しなければいけないのが記載されている住所です。

申込時に申請した住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合は「現住所を確認できる書類」が別途必要になります。

  • 国税または地方税の領収書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

引っ越ししたばかりの人や免許証更新時期のタイミングで記載住所にズレが生じることは仕方ありませんが、現在の住所がどこなのかわからない状態ですとプロミスとしても音信不通による回収不能のリスクを避けなくてはならないのです。

そのため、申告した住所と本人確認書類の住所にずれがある場合には、公共料金などの請求書の住所と現住所は同じですので、これらの領収書を一緒に提出することで申し込み者の現住所確認とすることができるのです。

本人確認書類では本人と住所を確認することが目的ですので、個人番号や本籍地などの申告は必要ありません。

本人確認書類を提出する場合は不要な情報は隠して提出する作業が必要になる場合もあります。

プロミスは申し込み者本人との信用取引ですから、本人が申告する申し込み者情報と個人信用情報は重要な審査材料となります。

プロミスの魅力は、本人確認書類だけで無担保・無保証人でお金を借りられる利便性の高さです。

そのため、プロミスとしても申し込み者への貸し付けは、これまでのローン役レジとの取引実績や借入状況を管理する個人信用情報機関へ照会することで慎重に審査されます。

事実と異なる申告では審査を正確に行えませんので、本人確認書類の記載に間違いがないか必ず確認しましょう。

本人確認書類をプロミスへ提出する場合、それぞれ次の面を送ってください。

  • 運転免許証:原則表面のみ(住所変更手続きをしている場合は裏面も必要)
  • パスポート顔写真が載っているページ+所持人欄
  • 健康保険証:原則表面のみ(住所変更手続きをしている場合は裏面も必要)

収入証明書は契約額に応じて必要になる

次のうちいずれかに該当する場合は収入証明書も必要です。

  • プロミスの希望限度額が50万円超えの場合
  • 他社借り入れ額とプロミスでの希望限度額の合計が100万円を超える場合

ここでいう「他社借り入れ」とは、消費者金融からの借り入れやクレジットカードのキャッシング利用分のことです。銀行融資は含まれません。

プロミスでは次の書類が収入証明書として有効とされています。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分+1年分の賞与明細書)

プロミス自動契約機の「営業時間」と「審査可能時間」に要注意!

プロミスの自動契約機の営業時間は平日土日祝日問わず9時00分~22時00分となっています。

営業時間内にカード受け取りまでできればその日のうちに借り入れ開始できます。

では、自動契約機の営業時間内に入ればいつでも審査してくれるのでしょうか?実はそうではありません。

自動契約機の営業時間と審査可能時間は違いますので間違えないように注意してください。

自動契約機の営業時間 9時00分~22時00分
審査可能時間 9時00分~21時00分

プロミスの審査可能時間は9時~21時までとなります。

つまり21時~22時のあいだに自動契約機に入って申込しても、その日のうちに審査回答をもらうことはできないということです。

21時以降の申込みは翌日以降に回答となりますので注意してください。

プロミス自動契約機でも在籍確認はある!本人不在でも問題なし

プロミスの申し込みを自動契約機で行った場合でも在籍確認は行われます。

申込時に申告した勤務先へ電話連絡して確認されます。申し込み者は自動契約機に居ますので、会社に電話されても対応することができません。

このような場合でも在籍確認は完了できるのか気になるところですね。

申し込み者が不在でも在籍確認できる

在籍確認は本人不在でも問題ありません。

在籍確認を行う目的は、申し込み者が申告した会社で勤めていることの事実確認ですから、必ずしも申し込み者が電話応対したいとダメというわけではないのです。

電話にでた職員が「〇〇は席を外しております」などと、その会社に在籍していることを前提とした対応をしてくれればプロミスは申し込み者が勤務していると確認できます。

自営業の場合は自動契約機内で携帯電話に在籍確認の電話をする

プロミスは自営業者の申し込みも可能です。中には自宅を仕事場として働いている方も居るかと思いますが、その際、在籍確認の電話は自宅の固定電話にかけられます。

もし自宅に固定電話がない場合は、申し込み者の携帯電話に電話をかけて在籍確認がされます。

つまり自動契約機内に滞在しているときにその場で在籍確認をすることになります。

そのため、自宅に固定電話のない自営業者は必ず携帯電話やスマホを持って自動契約機に来店するようにしましょう。

※プロミスは自宅に固定電話のない自営業者も申込可能です。

プロミスの在籍確認はばれる心配なし

自動契約機で申込すると在籍確認の電話にでられないから職場にばれないか心配する人も少なからずいます。

できることなら自分が職場にいるときに電話してほしいと思うことでしょう。

結論を言えば、プロミスの在籍確認によって職場ばれする心配はありません。

在籍確認で「プロミス」「カードローン」など社名を名乗ったり用件を話すようなことはしません。申し込み者のプライバシーを守るための工夫がなされているのです。

そして、プロミスのプライバシー保護は専門機関に認められるほど品質が高いものです。

下記はプロミス公式サイトでアナウンスしている「プライバシーマーク取得のお知らせ」です。

プライバシーマーク取得のお知らせ
お客様各位

当社は、2006年10月17日に財団法人日本情報処理開発協会により、「プライバシーマーク」使用許諾事業者の認定を受けました。

プライバシーマークは個人情報について適切な保護措置を講ずる体制が整備され、個人情報に関するJIS規格(JISQ15001)に準拠している事業者であることの証明です。

当社は、今後も引き続きお客さまの個人情報保護水準の維持・向上に取り組んでまいります。

プロミス公式サイトより引用

このことからも、プロミスは在籍確認でカードローンの利用がバレル可能性が極めて低いことを証明しているといえます。プロミスの在籍確認は安心して受けてください。

自動契約機での申し込みは在籍確認できる時間帯に行うこと

プロミスの在籍確認は1,2分程度で終わる実に簡単なものです。審査の最終段階で行われ、在籍確認をクリアできれば融資はほぼ確定となります。

しかし、在籍確認ができないと融資はされません。

たとえば、会社の終業後に在籍確認の電話をされても誰も電話応対できませんので、この場合、翌日以降に持ち越しとなってしまいます。

当日中にお金を借りたい場合は、勤務先が在籍確認できる時間帯に申込むようにしましょう。

プロミスを内緒で利用したいなら自動契約機で契約がおすすめ!

プロミスでお金を借りたいけど家族にばれないか不安に感じている方は多いのではないでしょうか?

一般的にカードローンを契約すると、契約書類やローンカードが自宅に送られてきます。

どのカードローン会社も中身がわからないようにして送ってきてくれますが、やはり郵送物が送られてくるのは嫌なもの。郵送物をいちいち気にするのも面倒ですよね。

プロミスなら自動契約機で契約すれば自宅への郵送物なしで利用できます。家族に内緒にしておきたい人は自動契約機で契約するのがおすすめです。

プロミスから郵送物が送られてくるタイミング

プロミスから郵送物が送られてくるタイミングは主に3つあります。

契約完了時

契約完了後、「ローンカード」と「契約内容確認書類」が入った郵送物が届けられます。

プロミスの自動契約機で契約手続きすればその場で受取できますので、これらの書類等が自宅に送られてくることはなくなりま

借入時

ローンカードを使ってATMより借り入れすると、借入時の利用明細書がその場で発行されず後日郵送されてくる場合があります。

明細発行可能なATMを利用するかWEB明細に切り替えることで借入時も郵送物なしにできます。

返済遅延時

返済遅延を起こすとプロミスから督促状が送られてきます。

1日2日程度の遅れであれば電話の督促だけで済みますが、1週間以上返済しないでいると督促状が届きます。

対策は遅延しないこと、どうしても返済が遅れる場合は前もって連絡することです。

カードレスでも郵送物なしにできる!ただしデメリットあり

プロミスではすべての手続をWEBで済ませられる「WEB完結申し込み」にも対応しています。

通常WEB完結で契約するとローンカードは郵送となりますが、プロミスの場合はカードの発行そのものをなしにすることができます。

自動契約機で手続きするのが嫌な方や来店する時間がない方はWEB完結申し込みでカードレス契約すると良いでしょう。

ただし、カードレスにした場合、借り入れはすべて口座振込みとなりますので注意が必要です。

口座振込みは時間が限定されますので、希望した日にお金を借りられない恐れがあります。

当日中に振込してもらうには平日14時50分までに振込依頼した分に限ります。そのため、時間を過ぎてしまうと翌日以降の振込となります。

しかも土日は当日中に入金されません。このようにカードレスには不便な面もありますので、その点をよく理解した上でカード発行なしを選択しましょう。

プロミス自動契約機で最短でカード発行するには

プロミス自動契約機で契約すれば、最短即日でカード発行することも可能です。

急にお金が必要になったけど手元にお金がない場合など急いでいるときは自動契約機がおすすめです。

しかし、自動契約機なら必ず即日でカード発行できるわけではありません。申込み方法や申込する時間帯によっては当日中にカード発行できない場合もあります。

そこで、ここではプロミスの自動契約機で最短でカード発行するためのコツを解説していきます。

審査の待ち時間を利用してプロミス公式サイトから申込む

自動契約機で契約すると言っても、いきなり自動契約機に出向いてそこで申し込みをするやり方はおすすめできません。

自動契約機ではタッチパネルを使用して申込するため、入力するだけで時間がかかってしまいますし、審査結果でるまでそこで待機していなければいけません。

もし審査落ちになれば、待っている時間が無駄になってしまいます。

待ち時間を有効に使うためにもWEBで申し込んで、審査結果が出るのを待っている間に自動契約機に出向けば早くカード発行することができます。

申し込み方法は「フル入力」で行う!

プロミスのWEB申し込みには「カンタン入力」と「フル入力」の2種類から選ぶことができます。

どっちを選べばよいのか迷ってしまうところかもしれませんが、急いでいるのであれば「フル入力」がおすすめです。

「カンタン入力」は入力する項目が少ない代わりに、後でプロミス担当者からかかってくる電話でいくつか質問に答えなければいけません。

この電話に対応できないと審査を開始することができません。

「フル入力」ならばWEB上で個人情報をすべて入力するので、後で電話がかかってくることがなく、すぐに審査を受けることができます。

WEBだけで早く申し込み手続きを済ませたいという方こそ「フル入力」で申込みましょう。

電話でプロミス担当者に急いでいることを伝える

WEB申込みが完了したら、すぐさまプロミスコールセンターに電話をしましょう。

そこでプロミス担当者に「急いでいるので審査を早めてほしい」旨を伝えましょう。こうすることで優先的に審査を進めてくれます。

もちろん混雑状況によっては優先的に審査してくれない場合もありますので、その点を理解した上で申し込み後に電話して、急いでい審査しほしいと伝えましょう。

必要書類は必ず確認すること

あらかじめWEBで申し込みすれば、自動契約機でする手続きは簡単なものだけです。

必要書類の提出と契約内容確認書類に署名すればカード発行となります。

しかし、提出する書類に不備があれば、自宅に取りに戻らなければいけず大幅な時間ロスとなってしまいます。下手すれば当日中にカード発行できないかもしれません。

そのようなことにならないためにも、自動契約機に持っていく書類はよく確認するようにしましょう。

ネットから審査に申込みをしておく

まずは、ネットから申し込みをします。 申し込みをすると、すぐに審査が始まります。この時に本人確認書類の提出が必要になりますので、申込前に準備をしておきましょう。

審査は申込者の状況にもよりますが、何も問題が無ければ最短30分で完了します。 審査の結果については、メールまたは電話で連絡が入ります。

返済方法やカードの受取方法などを選択して、申込手続きが完了となります。

まずは、ネットから簡単申し込み!!

プロミスの詳細はコチラ >>

自動契約機で契約をしてカード発行

申込手続きが完了したら、最寄りのプロミス自動契約機へ向かいましょう。

自動契約機では、最終的な契約手続きを行い、完了後にはすぐにプロミスのカードが発行されます。

カードが発行されたら、その場で自動契約機を使って借り入れをすることも可能ですし、提携ATMを利用することもできます。

なお、50万円を越えるの融資を受ける場合には、源泉徴収票や確定申告書・直近2ヶ月分の給与明細書などの収入証明書が必要となりますので、こちらも申込前に準備しておけば安心です。

自動契約機の審査可能時間

もちろん、初めから自動契約機で申込みをし、審査の結果を確認し、その場で契約まで行うことも可能です。

ただし、自動契約機での審査可能時間については、9時~22時(店舗によっては21時)となっていますので、注意が必要です。

自動契約機からの申込みはどれくらい時間がかかる?

自動契約機で申込みをして、審査から契約・カード発行までにかかる時間は、最短で1時間程度になります。

しかし、自動契約機ブース内で、最低でも1時間程度を過ごすことになります。

最短で1時間、審査の状況によってはそれ以上の時間がかかることもありますので、無人とはいえ自動契約機のブース内でその時間を過ごすのは大変かもしれませんね。

ネット+自動契約機がおすすめ

だからこそ、おすすめしたいのは、ネットから申し込みをして審査まで完了をしておき、自動契約機で最終の契約手続きをしてカードを受け取るという方法です。

ネットで簡単申し込み!!

プロミスの詳細はコチラ >>

無駄な時間が発生しない

ネットで申し込みから審査まで完了しておくことで、審査の時間を自宅で待つことができます。

最短30分ですが、申込情報などによってはそれ以上かかる可能性もあります。

しかし、たとえ少し時間がかかったとしても、自宅で審査結果を確認できるため、万一審査に時間がかかってしまった場合でも、自動契約機のブース内で過ごすことを考えれば、無駄な時間が発生することがありません。

その場でカードを受け取れるから安心・便利

無事に審査を通過することができたら、自動契約機へ足を運び、契約手続きを完了させて、その場でカードを受け取ることができます。

自動契約機を利用することで、書類などが郵送される心配もないので、家族に知られることもなく安心ですね。

また、カードは全国にある提携ATMを利用して、いつでもサクッと融資が受けられますし、返済もATMから行えますので、使い勝手がよく、とても便利に利用ができます。

プロミスの自動契約機は全国にどれくらいある?

プロミスの自動契約機は、全国に1,000カ所以上あります。

また、自動契約機と同じように三井住友銀行のローン契約機も利用ができますので、それを合わせると1,800カ所以上。これだけの数がありますので、全国どこでも利用がしやすいですね。

三井住友銀行のローン契約機でもっと安心・手軽に

先にも書きましたが、三井住友銀行のローン契約機でも、申し込みや契約・カード発行が可能です。三井住友銀行のローン契約機は、銀行内に設置がしてあります。

プロミスの自動契約機に出入りしているところを、もし誰かに見られたら困るといった場合には、三井住友銀行のローン契約機を利用するのがおすすめです。

これなら、消費者金融でキャッシングをしているというのが分かりにくいですので、人目を気にすることなく手続きができますよね。

最寄りのプロミス自動契約機の場所を探す方法

プロミスの自動契約機や三井住友銀行内ローン契約機を探す方法をご紹介します。 自動契約機の設置場所は、プロミスの公式サイトで簡単に調べることができます。

ここではスマートフォンで自動契約機を探す方法をご紹介します。 まずは、プロミス公式サイトにアクセスしましょう。

画面右上にある「メニュー」をタップします。

メニュー内にある「店舗・ATM検索」をタップします。

上記のような画面に切り替わります。ここから自動契約機の設置場所を調べることができます。

検索方法は「現在地周辺で探す」「住所で探す」「条件で探す」の3つから選べます。 「現在地周辺で探す」を選べば、今いる場所から近い順に自動契約機の設置場所が一覧で表示されます。

住所から検索することも可能です。試しに港区の自動契約機を探してみましょう。「住所で探す」をタップします。

試しに港区と入力して「検索」をタップすると、港区内にある自動契約機が一覧で表示されます。

自動契約機の名前をタップすると、住所、営業時間、取扱内容が表示されます。

画面右上にある「地図」をタップすれば、自動契約機の設置場所がMAPで表示されます。

このようにプロミスの自動契約機は簡単かつわかりやすく検索することができます。

プロミスの詳細はコチラ >>

万一に備えて、アコム・SMBCモビットも検討しよう

プロミスはとても便利で利用のしやすいカードローンですが、審査が心配といった場合には、アコム・SMBCモビットも検討してみましょう。

審査の基準については、消費者金融ごとに異なりますので、利用ができる可能性もあります。

アコム・SMBCモビット・プロミスなら最短即日融資でキャッシングが可能

プロミスはもちろんの事、アコム・SMBCモビットでも、申し込みから融資までにかかる時間は、最短即日融資となっていますし、同じように無人契約機もありますので、カードもその日のうちに手にすることができます。

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

事前に仮審査を受けておくのがおすすめ

プロミス以外にアコム・SMBCモビットを検討する場合には、事前にそれぞれ仮審査を受けておきましょう。

あくまでも仮審査ではありますが、自分は借り入れが可能なのかどうかを事前に知っておくことができます。融 資可能であれば、申し込みも検討しやすいですね。

まとめ

プロミスでは、さまざまな申込方法がありますが、おすすめはネットで申し込みをして審査まで受けておき、審査通過を確認してから自動契約機で手続きを完了させてカードを受け取るという方法です。

カードは借入にも返済にも便利に使えますので持っていて損はないでしょう。是非、プロミスを利用する場合の参考にしてくださいね。

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>