審査が不安な主婦(専業主婦)にプロミスをお勧めする理由

サイトマップ

主婦にこそプロミスを使って欲しい理由

給料日前に出費が重なってしまうことや、急にお金が必要になることがありせんか?

貯蓄をしていても、定期保険を解約してしまうのはもったいない・・・。そんな時にはキャッシングという方法もあります。カードローンやキャッシングを取り扱っている金融機関はたくさんありますね。その中でもプロミスは主婦におすすめのメリットがあるのです。

プロミスがおすすめの理由

消費者金融でお金を借りるのは金利が高いから心配・・・と思っていませんか?しかし、プロミスなら初めて利用する場合であれば30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)でお金を借りることができるのです。

お給料日前にちょっとお金が足らないといった場合でも、30日間は利息がかかりませんので安心して借り入れができますね。

また、金利は一般的な消費者金融が年18.0%なのに対して、プロミスなら年17.8%となっている点もおすすめのひとつです。さらに、利用した日数分に対して利息が付くという日数計算方式になっていますので、短期間の利用であれば無駄な利息が付くこともありません。

例えば、10万円を借り入れした場合、30日後の利息は1,463円。これくらいの利息であれば、負担も少なくて済みますね。

即日融資が可能で使いやすい

プロミスでは、申し込みから審査・借り入れまで、最短即日となっています。急にお金が必要となった時でも、その日のうちにお金を借りることができますので、とても便利で使いやすいのが魅力です。

なんと審査は最短30分!WEBから申し込みと仮審査を済ませておけば、自動契約機で簡単な手続きをしてその場でカード発行もされます。

また、自動契約機だけでなく、全国の三井住友銀行ローン契約機でもカード発行が可能です。

詳しくは「プロミスの無人契約機で即時審査&最短1時間キャッシング」で解説しています。

提携ATMや瞬フリで借り入れも楽々!

プロミスでの借り入れ方法は、ATMの利用と振込があります。

提携ATMは、三井住友銀行ATMであれば手数料が無料で利用できますし、手数料はかかりますが、多くの銀行ATM・コンビニATMも利用が可能ですので、お金が必要な時にすぐ借り入れをすることができます。

また、振込であれば、プロミスインターネット会員サービスにログインして手続きをすることで、最短10秒で指定の口座に振込がされる「瞬フリ」が利用可能です。「瞬フリ」ができる時間帯は9:00~14:50となっています。

※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能。

返済は2,000円からで家計も安心

プロミスの返済方法は、提携ATMからの返済・ネットバンキングを利用して振込での返済が可能ですが、口座振替で毎月定額返済を選ぶこともできます。

口座振替の返済では、10万円以下の借り入れの場合、毎月2,000円からとなりますので、家計に負担がかかることもありませんね。

もちろん、残額に対してその日数分の利息は付いてしまいますので、お金に余裕がある時には早めに一括で返済するのがおすすめです。

参考:プロミスの最低返済額と他社最低返済額を比較

プロミスの詳細はコチラ >>

ダンナや家族にばれないプロミスは◎

キャッシングを利用していることを誰にも知られたくない方は多いのではないでしょうか?プロミスなら配偶者や家族に内緒で利用することができます。

自宅に書類などが送られてこない?

配偶者や家族に知られてしまう理由のひとつとして、書類などが自宅に郵送されてしまうことがあります。

しかし、プロミスでは窓口手続きやWEBで申込後に自動契約機などで手続きすれば、カードをその場で受け取ることができるので、自宅に書類が郵送されることはありません。

ただし、WEBで完結する申し込みでカード発行を選択した場合、後日書類とローンカードが自宅へ送られてきてしまいます。

WEB完結での申し込みは便利ですが、書類が届くのは困るのであれば、カード発行の有無を選択するときに、「カード発行なし」を選んでください。カードは発行されないので、郵便物が届く心配もありません。

また、明細もインターネット上で確認する「WEB明細」を選んでおきましょう。

ちなみに、借入や返済は振込で便利に利用ができるので、カードがなくても不便は感じないでしょう。

※対象金融機関は200行以上あります。

返済の滞納には注意が必要!

せっかく自宅に書類が届かない方法で申し込みをしても、返済が滞ってしまうとプロミスから督促の連絡が自宅に届いてしまい、配偶者や家族に知られてしまう可能性が高くなってしまいます。

また、返済の滞納は信用情報に記録がされ、その後の金融取引に影響がでてしまう可能性がありますので、返済は期日をしっかりと守って確実に行うようにしましょう。

少しでいいのでパート収入が無いと無理です

プロミスの申込条件は、「20歳から69歳の安定した収入がある方」となっていますので、正社員などの仕事でなくても、アルバイトやパートなどで申込者本人に安定した収入があれば、主婦でも申し込みができます。

しかし、収入が全くないといった専業主婦の場合は、申込条件に該当しないため、利用はできませんので注意してください。

詳しくは「プロミス審査に落ちた人通る人の違い。結果でわかる落ちやすい属性や傾向まとめ」をご覧ください。

内職や在宅ワークでも大丈夫?

子供が小さいからなどの理由で、パートなどで働くことができないため、内職や在宅ワークなどをしている方もいると思います。

この場合でも、安定した収入があるのであれば、プロミスの申込条件に該当しますので、申し込みは可能です。

ただし、あまりに収入が少ない場合や月ごとの収入が大きく違うといった場合、安定した収入ではないと判断されてしまうと、審査に通らないこともあります。

どれくらいお金を借りられるの?

総量規制では、消費者金融機関などで利用できる金額が年収の3分の1までと、賃金業法によって決められています。プロミスは消費者金融機関ですので、総量規制の対象となっています。

つまり、パートなどでの収入が8万円だとしたら年収は96万円ですので、利用できる金額は3分の1の32万円が上限ということになります。しかし、消費者金融機関では、その上限金額が利用限度額になるといったことはあまりありません。

利用限度額は、さまざまな条件を審査した上で決定されます。もちろん、年収が多ければそれだけ利用限度額は多くなる可能性がありますが、初めての利用であり収入が少ない方は10万円程度が利用限度になることが多いでしょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

プロミスの場合、専業主婦は申し込みできません

プロミスは、安定した収入があることが申込条件となっていますので、収入のない専業主婦の場合は申し込みができません。しかし、銀行カードローンなどの中には、専業主婦でも申し込みが可能となっているものもあります。

専業主婦でも申し込みできる銀行カードローンのおすすめを2つ紹介します。

みずほMy Wingわたし応援ローン

「みずほMy Wingわたし応援ローン」は、みずほ銀行の女性向けカードローンです。収入のない専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば申し込みができます。

利用限度額は10万円~200万円となっており、金利は最高14%と銀行カードローンならではの低金利がポイントです。

みずほ銀行に口座がない場合は、口座を開設する必要がありますが、キャッシュカードとカードローンが一体型となっていますので、カードは1枚でお財布もかさばりません。また、既に口座を持っていれば、契約後すぐにキャッシュカードでカードローンを利用ができます。

みずほMy Wing「わたし応援ローン」

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローンの金利は最高17.5%、利用限度額は10万円~800万円となっています。申込条件には基本的に安定した収入がある方となっていますが、専業主婦であっても借り入れができます。

また、auを利用している方であれば、金利は最高17.4%と通常よりも0.1%低い金利で利用可能です。

じぶん銀行カードローン

収入のある主婦にはコチラもおすすめ!

消費者金融のキャッシングは、銀行カードローンよりも比較的に審査が通りやすいと言われています。パートやアルバイトなどで収入がある主婦の場合はコチラもおすすめです。

アコム

アコムのキャッシングでは、審査が最短30分というスピードで即日融資も可能です。金利は最高18.0%ですが、初めての利用であれば30日間の無利息期間があり、短期で返済するのであればお得になります。

また、消費者金融の中でも審査通過率が高い面がメリットと言えます。さらに提携ATMも豊富にありますので、借り入れも返済も利用がしやすくなっています。

アコムの詳細はコチラ >>

レディースプロミス

レディースプロミスは、申込条件や金利、また利便性などは同じですが、女性専用ダイヤルがあり、申し込みや相談まで女性のオペレーターが対応してくれます。初めてのキャッシングで不安がある場合でも、気軽に相談ができますね。

プロミスレディース

まとめ

プロミスはパートなどで安定した収入があれば主婦でも申し込みができますし、すぐにお金が必要といった場合でも、審査は最短30分で即日融資も可能なので便利ですね。

また、初めての利用であれば30日間の無利息期間もあり、安心です。ただし、長期間の借り入れになると利息が大きくなってしまうこともありますので、短期間の利用がおすすめです。

気軽に借り入れができますが、利用は必要な分だけにし、返済も計画的に行うようにしましょう。


プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>