「プロミスの増額審査申し込みをしてはいけない理由」の記事一覧

サイトマップ
カードローン110番 > プロミスの増額審査申し込みをしてはいけない理由

プロミスから増額案内が来ても申し込みしてはいけない

「どうしてもお金が必要。でも利用限度額が一杯。」そんな時には、カードローンの利用限度額の増額は非常に便利です。

しかし、プロミスの増額審査申し込みは、数あるカードローンの中でも審査が非常に厳しいため、もし、プロミスの増額審査を申し込みたい人は、このページでしっかりと対策を学んだ上で申し込みしてください。

よく増額審査申し込みを「追加融資」と勘違いされる方が非常に多いですが、まず利用限度額の増額は、カードローンの新規契約時と同様の審査を受ける必要があります。

審査結果によっては、増額はおろか、新規借入の停止などの措置取られる可能性があるため、プロミスから増額案内が来てもむやみに申し込みしてはいけません。

そこで、プロミスの増額審査について、徹底取材しました。

⇒増額審査で重視される内容
⇒増額審査に落ちる人の傾向
⇒いくらまで増額されるのか
⇒増額審査を受けるための注意点

プロミスで増額審査申し込みを受けたい(あまりお勧めしませんが・・・)あるいは、過去に増額審査に落ちた人におすすめしたい内容です。

【目 次】
  1. プロミスの増額審査が厳しい理由は利用実績が重視される
  2. プロミスの増額審査を受ける方法は2つ
  3. 利用者自身からプロミスへ利用限度額の増額申し込みを希望した場合
  4. そもそもプロミスへ増額審査申し込みをしてもなかなか成功しない
  5. どうしても確実にお金が必要なら

プロミスの増額審査が厳しい理由は利用実績が重視される

新規契約時と違い、増額審査ではプロミスの利用状況が重視されます。借入・返済状況が良好でなければ、プロミスの増額審査申し込みを行っても審査に通過しません。

少なくとも以下の条件を満たせなければ、増額は厳しいです。

増額審査の通過条件

  • 利用実績が十分ある
  • 返済の遅延がない
  • 他社からの借入が増えていない
  • 他社での返済の遅延がない
  • 返済能力が上がっている

プロミスとの利用実績が十分あり返済の遅延がない。また他社借入が増えていると、返済能力が落ちていると判断されます。

また、プロミスだけではなく他社からの返済が遅延していないことも重要です。

プロミスの増額審査を受ける方法は2つ

プロミスで増額する方法は2つあります。

⇒プロミスから利用限度額の増額案内がくる
⇒利用者自身が利用限度額の増額を申し込む

プロミスから利用限度額の増額申し込み案内がきた場合

1.プロミスから増額案内の連絡が来ます。

利用限度額の増額を希望しますと「勤務先や年収に変更がないか?」「家族構成が変わっていないか?」「新規契約時の住所や連絡先に変更がないか?」など、新規契約時と同様の内容を確認されます。

2.プロミスの新規入会時の審査は30分で終了しますが、増額の場合は、2営業日以上かかります。

3.その後、プロミスから増額審査の申し込みの結果や増額の場合は、利用限度額に関する連絡がきます。

増額手続き中は、新規借入ができない。

プロミスの利用限度額の増額手続き中は、新規借入ができません。前述の通り、利用限度額の増額は、審査結果によっては利用停止処分や新規借入ができず返済のみといった処分も十分あり得ます。

特に新規契約時に申告した属性が大幅に変わっていると、「現状の利用限度額が多すぎる」とみなされ減額の可能性もあります。

また、手続き中はプロミスカードの利用ができません。

ちなみに、プロミスは最短30分審査で有名な消費者金融ですが、増額時の最短30分は全くアテにならないと考えてください。

そもそも増額は成功しづらい

「まさか、減額や利用停止にならないだろう。」そう思った人も多いと思います。

しかし、増額審査は、新規契約時の審査よりも遥かに厳しいです。最悪利用停止は免れても、簡単には増額できません。

審査の結果次第では増額できないこともある

プロミスの増額審査申し込みで注意したいのが、審査の結果、否決される可能性があります。

特にプロミスから限度額増額の案内が来たとしても安心できません。プロミスでは、一定の条件を満たしている契約者をリストアップして、案内の連絡を行います。

その中で利用限度額の増額を希望する契約者がいれば、新規借入時と同様の審査を行います。

当然、増額審査に通過する人もいれば、審査の結果増額されない可能性もあります。「プロミスから利用限度額の増額申し込み案内がきたのに、増額できないなんて理不尽だ!」と思われる人も多いと思いますが、増額できるか否かは審査次第です。

増額候補に上がる契約者とは

プロミスの増額候補に上がる契約者とは以下となります。

⇒プロミスとの契約が1年以上
⇒直近の3~6か月間はプロミスの返済が延滞していない

プロミスとの契約が1年以上

プロミスとの借入履歴が一切ない場合でも契約後1年以上経過していれば利用限度額の増額対象者となります。

プロミスでは年度末、ゴールデンウイーク、年末年始など貸出しを強化するためのキャンペーンを行っています。キャンペーン期間中なら契約後1年未満でも利用限度額の増額対象者となります。

直近の3~6か月間はプロミスの返済が延滞していない

直近の3~6か月間は、約定返済日からたとえ数日でも返済が延滞していれば、利用限度額の増額対象者から外れることになります。

重要なのは、例え数日でも返済を延滞してはならないことです。1日程度でしたら、許容範囲ですが数日だとNGです。

利用者自身からプロミスへ利用限度額の増額申し込みを希望した場合

1.プロミスに増額希望の意思を伝える

「勤務先や年収に変更がないか?」「家族構成が変わっていないか?」「新規契約時の住所や連絡先に変更がないか?」など、新規契約時と同様の内容を確認されます。

2.プロミスの新規入会時の審査は30分で終了しますが、増額のはあ、2営業日以上かかります。

3.その後、プロミスから増額審査の申し込みの結果や増額の場合は、利用限度額に関する連絡がきます。

利用者自身から増額依頼した時は利用目的が重要

カードローンは利用目的が自由なのですが、利用限度額の増額を希望する場合は、利用目的を確認されます。

ギャンブルや株式投資などは、NGですがレジャー、ショッピングなどと答えておけば問題ありません。ちなみに、他社への返済と回答すると、限度額の増額ではなく借入を1本化する「おまとめローン」を勧められます。

プロミスの増額審査申し込みに落ちる傾向

プロミスの増額審査において、重視される内容は、基本的には新規借入と同じと考えておけば問題ありません。しかし、利用限度額の増額においては、主に以下が厳しくチェックされます。

⇒個人信用情報機関
⇒年収
⇒家族形態
⇒住居形態

それではどんな時にプロミスの増額審査申し込みに落ちるのでしょうか。

個人信用情報機関に延滞履歴があると審査に落ちる

利用限度額の増額審査では、いの一番に重視されるのが、利用者の信用情報です。

前述の通り、プロミスでは直近の3~6か月間は例え数日でも返済が遅れるとNGになりますので、心当たりのある人は、増額申し込み自体を避けてください。

さて、延滞したという事実がなければ信用情報機関に記録されることがないのですが、信用情報にはクレジットカードやカードローンなどの情報(極度額、借入残高、支払状況、契約日)が記録されます。

現在、日本では個人信用情報機関として、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)の3機関あります。

プロミスは、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)の2つの個人信用情報機関に加盟しており、増額申し込みがあると、必ず照会します。

信用情報機関を照会すれば、自社だけではなく他社の利用状況や他社の延滞等も含めて全て把握できます。

重要なのは、例え数日でも返済を延滞してはならないことです。1日程度でしたら、許容範囲ですが数日だとNGです。

プロミスは、株式会社日本信用情報機構(JICC)と株式会社シー・アイ・シー(CIC)の2社に加盟しているため、審査が不安な人は、両社の信用情報を開示してください。

それでは、延滞がどのように記録されるか以下は、CICとJICCの支払状況なのですが、以下の表を見ればすぐにわかります。

CICの入金状況

$は請求額通り満額入金があった。Aは未入金でPは一部入金扱いとなります。

JICCの入金状況

いづれにしろ、直近の3~6か月間でAやPが一つでもあると、限度額の増額審査に落ちますので、くれぐれも注意が必要です。

個人信用情報機関に金融事故情報が記録されていると審査に落ちる

また、延滞以外でも金融事故情報が記録されていると問答無用で限度額の増額審査に落ちます。参考までに金融事故の種類を挙げておきますと、

延滞や滞納

クレジットカードやカードローンなどの支払を3ヶ月以上延滞している。または、滞納を繰り返している。

債務整理

自己破産、民事再生を行い借入を整理することを指します。

代位弁済

保証会社等が本人に代わり借入先の金融機関へ借入を肩代わりすることを指します。

強制解約

延滞や滞納が長引き借入先の金融機関から契約を解除されことを指します。

先程の延滞同様、事故情報が確認されると、増額はおろか新規利用停止の措置も考えられます。カード利用を停止され、追加借入もできなくなります。

貸金業者からの既存借入が年収の3分の1以上の場合審査に落ちる

既存借入の中でもプロミスを含む貸金業者(クレジットカード、消費者金融、信販会社等)からの借入が年収の3分の1(総量規制)に達していると増額審査に申し込みしても否決されます。

在籍確認が取れない場合は審査に落ちる

新規借入時と同様、改めて勤務先への在籍確認があります。在籍確認とは、プロミスの審査担当者が勤務先へ電話をかけ「本人が勤務先に在籍しているか」を確認します。

当然、勤務している実態が把握できない。あるいは休職中などの場合は、増額審査に落ちます。

休職や勤務実態が無い場合、増額はおろか「利用停止」となり、追加借入はできなくなります。

十分な増額に見合った年収があるか

限度額の増額審査では、新規契約時と同様の審査が行われます。限度額を増額した際に十分な返済能力があるか?が非常に重要です

例えば新規契約時の年収が1,000万円超の方の場合、増額審査時の段階で年収が少し下がったところで、審査に大きな影響はありません。

しかし、一般的な収入の場合は、例えば新規契約時の段階よりも、転職に伴い、100万円単位でダウンしている場合、まず増額審査申し込みを行っても審査落ちとなります。

増額が認めれるケースは、新規契約時よりも年収が上がっていることが前提だと考えてください。

ちなみに、プロミスでは増額審査の際に収入証明者が必要となるケースとして①希望する利用限度額が50万円を超える。②他社での既存借入額+希望する利用限度額が100万円を超える。

この2つに該当する場合は収入証明書の提出が必要です。

  • 直近の源泉徴収票
  • 直近の確定申告書(控)
  • 勤続1年に満たない場合は2か月分の給与明細書

家族形態が変わると増額審査に影響する

新規契約時に独身だった人が結婚したあるいは、あるいは子供が増えたなどの理由では、増額審査に影響しません。しかし、女性の場合は結婚を機に増額審査に落ちるケースがあります。

出産や育児などで、退職や休職する可能性があります。就業していなければ、審査に落ちると考えておいてください。

なお、就業していないことがわかったら、その時点でカードの利用停止となり今後借入ができなくなります。借入がある場合は、返済のみとなります。

住居形態が変わると増額審査に影響する

例えば新規契約時は、実家に住んでいたため住居費の負担が無かった人が、増額審査申し込み時に実家を離れて一人暮らししている場合、家賃や光熱費等の支出が増えるため増額審査に影響します。

そもそもプロミスへ増額審査申し込みをしてもなかなか成功しない

ここまで読んでいただけると既におわかりだと思いますが、プロミスへ増額審査申し込みしたところで、「なかなか成功しない。」よほど大きなトラブルを起こしていなければ、利用停止や減額になることはありません。

しかし、増額審査申し込みは新規入会よりも完全には増額できません。

それでは、プロミスへ増額審査申し込みに追加するといくら利用限度額が増えるのでしょうか。

利用者から増額を希望した場合は、10万円以下

利用者自身から増額を希望した場合、10万円以下しか増額されません。自分から増額を申し込むということは、「お金に困っている=返済能力が低い」と見なされるからです。

実際に多くの利用者が増額に失敗している

  • 年齢:33歳
  • 性別:男
  • 職業:日雇い派遣
  • 年齢:57歳
  • 性別:男
  • 職業:アルバイト
  • 年齢:40歳
  • 性別:女
  • 職業:パート主婦
  • 年齢:22歳
  • 性別:女
  • 職業:美容師見習い
  • 年齢:34歳
  • 性別:女
  • 職業:非正規事務

どうしても確実にお金が必要なら

「返済が間に合わない!今日中に支払わないとダメな請求がある。」
「財布が空っぽ給料日までとても持たない。」

どうしてもお金が必要しかし、プロミスの利用限度額がほとんど残っていない。そんな場合、安易に利用限度額の増額を申し込みしたところで雀の涙程度しか増額されません。

また、特に生活する上でお金がないリスクは計り知れません。確実にお金が必要なら、プロミス以外のカードローンを使う方が賢明です。

他のカードローンの方が確実でしかも早い

新規入会時よりも、審査が厳しいことと審査時間がかかる増額よりも、他のカードローンの方が確実でしかも早いです。

しかも、増額審査と違い新規契約は、審査ハードルが低いため、少なくとも落ちる心配はありません。

特にアコムの場合は、新規申し込みから借入まで最短1時間で可能です。

無利息期間を最大限に利用しよう

プロミスの増額審査申し込みに通過しても無利息期間サービスを受けることができません。特に給料日まで、まとまったお金がない。でも利息を節約したい人は、他のカードローン利用をお勧めします。

アコムの詳細はコチラ >>

アイフルの詳細はコチラ >>

モビットの詳細はコチラ >>

それでもプロミスへの増額審査申し込みにこだわりたい場合

ちなみに、プロミスでは総量規制(年収の3分の1)いっぱいまでの増額はできません。例えば、年収150万円で既存借入の残高が25万円の人がいたとします。

総量規制に抵触しないためには、

150万円÷3=50万円

つまり、50万円-25万円=25万円までは利用限度額の増額審査申し込みを受けることが可能です。

しかし、何度も申し上げますが、せいぜい増額が認められても10万円以下程度です。

プロミスの増額審査申し込みを行っても、2営業日以上はかかるため、今すぐお金が必要な人は、避けた方が無難です。

プロミスの増額審査申し込みは、土日祝日でも対応しているの?

プロミスの増額審査申し込みは、土日祝日も含めて申し込みは可能です。しかし、増額審査自体が平日の9:00~18:00のため、土日祝日に対応はしていません。

どうしても確実にお金が必要であれば、新規借入の方が確実です。審査から借入実行まで最短1時間で可能です。