カードローン110番 > プロミス徹底解説!審査、無利息、即日融資、メリットをどこよりも詳しく! > プロミスのローンカード:プロミスサイトの会員サービスの賢い使い方

プロミスのローンカード:プロミスサイトの会員サービスの賢い使い方

プロミスの会員とは

プロミスは、ローンカードの利用者を会員と呼んでいます。

そして、その会員に対するさまざまなサービスについてインターネットを通じて提供しているのです。

プロミスのローンカードの利用者は、カードを使ってATMからお金を引き出したり、返済したりできます。

それと同時に、会員としてインターネットを通じて利用可能額の増枠を申込んだり、自宅に居ながらキャッシングをすることができるのです。

プロミスのローンカードと会員

従って、プロミスのローンカードの利用者は、そのカードの暗証番号はそのまま会員のパスワードになり、カードの会員番号もそのまま使えるのです。

プロミスでは、ローンカードを使わなくても、インターネットの会員として同じことができるようになっています。

プロミスのローンカードを賢く使うには

もともと、ローンカードの最大の機能は、お金が急に必要になった時に、ATMなどで簡単に資金を用立てできる機能です。

その機能を生かすためには、普段はなるべく使わずに、いざというときのために利用可能枠を極力空けておく必要があります。

また、急にお金が必要になってカードを使った場合には、返済をする義務が生じます。

その場合、賢く使うコツは、なるべく普段余ったお金は返済に回すようにして、早く借入残高を減らして、次にお金が必要になった時のために、利用可能枠を広げておくことです。

このように残高を極力小さくすることにより、支払うべき利息や返済にかかるコストを小さくすることができるのです。

プロミスに限らず、消費者金融会社のローンカードを賢く使うためには、普段から意識して借入残高を小さくしておくことにあるのです。

それができませんと、いつの間にか借入残高は利用可能額いっぱいになり、他社のローンカードまで必要になって、最終的に多重債務となって、返済も苦しくなってしまいます。

ローンカードは極力、うまく賢く使うようにして下さい。

プロミスのサイトの会員サービスとは?

ところで、プロミスのインターネットサイトで受けられる「会員サービス」とはどういうものなのでしょうか。

プロミスは、ローンカードの利用者の方に、カードを使わなくても、自宅などでインターネットを通じてお金の引き出し、返済などのほか、さまざまなサービスを受けられるようにしています。

それらこそプロミスが「会員サービス」と呼んでいるサービスなのです。

通常は、ローンカードの利用者は、プロミスのATMやコンビニ、銀行などの提携ATMでお金を引き出したり、返済したりしています。

そのために、プロミスでは、利用できるATMは全国で10万台を越えており、いつでもどこでも利用することができるという利便性を提供しています。

しかし、提携ATMのうち、三井住友銀行のATM以外はすべて利用手数料がかかります。1万円以内は108円、1万円超の場合は216円の手数料がかかってしまうのです。

従って、毎回コンビニなどでお金の引き出しと返済をしていますと、60回返済をする場合には、1万円も余分にコストを支払うことになってしまいます。

これでは、賢くローンカードを使っているとは言えません。

プロミスのローンカードをうまく使うために

そのためには、無料でお金を引き出したり、返済したりする方法を考える必要があります。

プロミスの無人店舗のATMや三井住友銀行の提携ATMを使えば、無料でお金を引き出したり、返済できますが、そのためには、その場所まで行く必要があり、交通費も必要になります。

返済であれば、会社などの通勤の途中にプロミスの店舗があれば、それを利用すればよいのですが、いつも誰もが利用できるとは限りません。

そのような場合に便利なのがプロミスのインターネットサイトの「会員サービス」なのです。

プロミスの「会員サービス」として、自分の銀行口座に無料でお金を振り込んでくれるサービスやインターネットバンキングを利用して無料で自宅に居ながら返済できる仕組みがあります。

これらを利用すれば、わざわざATMに出向かなくても、お金の引き出しや返済が無料でできるので、賢く使うことができます。

ローンカードは、外出先で急にお金が必要になった場合にATMで使うようにして、あとは無料で自宅に居ながら返済するようにすればよいのです。

プロミスのローンカードはいざという時のために

プロミスのローンカードは、いざお金が必要な時のために利用可能枠を大きく残しておくことが、カードを使い過ぎないことにもつながります。

そのためには、極力ローンカードは使わずに、インターネットの「会員サービス」を利用することが返済遅れを無くし、枠の拡大にもつながるのです。

また、ATMを極力使わないことにより、利用手数料もかかりません。

さらに、インターネットの「会員サービス」であれば、いつでも残高を確認することができますので、意識して借入残高を減らしていくことができるのです。

「会員サービス」をプロミスのローンカードの返済に賢く利用しよう

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」であれば、銀行は限られますが、インターネットバンキングを利用して、無料で返済をすることができますので、入金コストを賢く抑えることができます。

銀行の窓口から銀行振込みをすれば、1回700円以上の手数料がかかってしまいます。60回も返済すれば、4万円以上のコストがかかるのです。

自宅に居ながら、インターネットバンキングを利用して返済できれば、その4万円のコストを浮かすことができます。

ローンカードで借りたからと言って、そのカードで返済する必要はありません。一番安い方法で返済をするのが、賢い使い方です。

家から出られない時に便利

プロミスの「会員サービス」は、自宅から出られない場合に非常に便利です。

風邪を引いて会社にもいけない、留守番を頼まれて外に出られないなど、自宅にいる必要のあるケースは多くあります。

そのような場合には、返済期日が来てしまっても、「会員サービス」によるインターネットバンキングを利用して返済ができるので、外に出る必要がありません。

また、今日、銀行の口座から先月買った家電の請求が落ちるが、口座に残高がないという時には慌ててしまいますね。

でも、プロミスの「会員サービス」なら、自宅にいながら、即日で銀行口座にお金を振り込んでくれるキャッシングサービスがあるのです。

慌てて、銀行間を飛び回る必要はありません。

翌日にお金の入っている銀行口座からお金を引き出して、返済してしまえば、利息は1日分で済みます。1万円なら、金利18%でも1日の利息はわずか5円です。

プロミスの会員サービスを受けるには

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」を受けるために必要なのは、会員番号と暗証番号だけです。

インターネットでプロミスの公式ページにアクセスして、「会員サービス」のボタンをクリックすれば、会員番号とパスワード(暗証番号)を聞いてきますので、それを入力すれば、それで入れます。

あとは、メニューからやりたい項目をクリックするだけです。

会員番号は、ローンカードのID番号になりますので、カードの裏面にあります。パスワードはローンカードの暗証番号ですので、忘れないようにしておいてください。

しばらく、ローンカードを使っていない場合には、暗証番号を忘れてしまう方もいます。
忘れにくく、かつ他の方にわからないような番号を設定しておきましょう。

プロミスの会員ページでは何ができる?

では、プロミスのインターネットサイト「会員サービス」では、何ができるのでしょうか。

基本的には、ローンカードを使う場合において必要な要素はすべて提供されています。

それは、「会員サービス」のメニューにある項目になっています。詳しくご説明しましょう。

プロミスの会員サービスは銀行口座に振り込みしてくれる(瞬フリ)

まず、「瞬フリ」と呼ばれている銀行口座への即日での振込みをしてくれるサービスがあります。

会員サービスから、必要な金額を入力して、振込先の銀行口座を登録してあれば、すぐに振込みをしてくれます。

コンビニに行かなくても銀行口座にはお金がすぐに着金しますので、引き落としなどで残高不足の場合など非常にありがたいサービスです。

もちろん、銀行の閉まる15時を過ぎてしまいますと、さすがに無理ですが、14時まででしたら充分に可能です。

プロミスの会員サービスはインターネット返済ができる

次にありがたいのが、銀行振込みによる返済が無料になるインターネットバンキングを利用しての振込みです。

利用できる金融機関としての銀行は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行になります。

これらの銀行に口座がある場合、インターネットバンキングを使えますので、申込んでください。

もしこれらの銀行に口座がなければ、作っておくと便利です。

インターネットバンキングを利用すれば、ネットショッピングやオークションなどで購入した代金を非常に安い手数料で利用できたり、プロミスのように無料で利用できる場合もあります。

銀行などに行って、振込先銀行と口座番号を記入したり、ATMに入力する必要もなく、入力するのは金額だけです。

プロミスの「会員サービス」から、その銀行のインターネット口座に飛びますので、確認のための暗証番号を入力すれば、それで返済は完了です。

ATMに行って入金するよりも手数は少なくて済みます。わざわざコンビニや銀行に行く必要がありませんし、利用手数料も必要になりません。

プロミスの会員サービスはポイントが貯まる

プロミスの「会員サービス」を使いますと、そのたびにポイントがつく仕組みになっています。

このポイントサービスを利用しますと、ますますローンカードを賢く使うことができるようになります。

プロミスのポイントサービスとは

プロミスのポイントサービスは、インターネットサイトの「会員サービス」を利用したりすることによってポイントがついてきます。

その貯まったポイントには、

  • 提携ATMの手数料が、40ポイントで最大60日間無料で利用できる
  • 利用ポイントに応じて一定期間、無利息でキャッシングが利用できる

という特典があります。

「会員サービス」の利用によるポイントは、毎月初回のログイン時に10ポイントが付きますし、その他にも次のような形でポイントが貯まります。

  • ポイントサービスの申込みで100ポイント
  • 会員サービスのお知らせの確認で、5~20ポイント
  • 増枠などの際の収入証明書の提出で160ポイント
  • 返済日お知らせメールで1ポイント
  • 取引確認メールで1ポイント
  • インターネット経由での書面の受け取りで1ポイント

などがあります。

ポイントを賢く使う

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」で貯まったポイントは賢く使えば、安くローンカードを利用できます。

ATM利用手数料の無料サービスは、申込日から翌月末までの利用が40ポイントによって無料になります。

ただ、これは急な資金の利用の際にはありがたいですが、その期間にお金が必要になる場合が来るとは限りません。

また、返済は「会員サービス」のインターネットバンキングを利用すれば、もともと無料でできます。

それよりは、ポイントを貯めておいて、急なお金が必要になった局面で利息無料期間を適用してもらう方が確実にメリットは出ます。

無利息サービスに必要なポイントは、

必要なポイント 無利息期間
250ポイント 7日間
400ポイント 15日間
700ポイント 30日間

となっています。

10万円の引き出しですと、15日間で739円、50万円では3,698円になります。
ATM利用手数料であれば、使わなくても済むケースが多く、40ポイントが無駄になる場合も多いと言えます。

それよりは、ポイントを貯め続けて、いざお金が必要という時に一緒に使うことが一番賢い使い方と言えるのです。

プロミスの会員サービスは利用限度額の増枠の申込みができる

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」では、利用限度額の増枠申込みができます。

通常は無人店舗の自動契約機に行って増枠の申込みをしますが、「会員サービス」を使えば、家にいて申込みをすることができるのです。

返済に遅れがなく、一定期間経ちますと、「会員サービス」にメールで「増枠が可能です」というメールが入ります。

枠を広げることでコストがかかることはありませんし、いざという時の資金の準備が大きくできるのです。

このような増枠の場合には、「会員サービス」を使って申込めば、必要になる収入証明書や本人確認の運転免許証の写真をこのサービスを通して送ることもできます。(しかも160ポイントもつくのです。)

そして、審査が通れば、自動的にローンカードの利用限度額は増枠になります。

プロミスの会員サービスは自動引き落とし(口フリ)に変更できる

毎月、返済に行ったり、振込手続きをするのが面倒だという方の場合には、自分の銀行口座から自動引き落としにすることができます。

プロミスでは自動引き落としのことを「口フリ」(口座振替)と呼んでいます。

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」の場合には、途中で自動引き落としに切り替えことができるのです。

但し、銀行口座からの自動引き落としにしますと、これまでのような自由な返済はできなくなり、毎月決められた返済金額が一定期日に引き落とされることになります。

今月はお金が余ったから余分に入金しようとか、出費が多かったから、利息だけの入金にしておこうということはできません。

プロミスの会員サービスは返済日のお知らせメールの登録ができる

どうもローンカードの返済期日を忘れてしまって、確認のメールが良く入るという方の場合には、プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」から、返済日のお知らせメールをもらえるように登録ができます。

例え短期でも返済期日を遅れ続けますと、増枠が断られたり、他社でローンカードを申込んだ際に、利用可能額が希望よりも削られたりして不利な扱いを受けてしまうのです。

従って、期日を忘れやすい方の場合には、この返済日のお知らせメールは非常にありがたいサービスになります。

プロミスの会員サービスは取引履歴の照会ができる

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」では、取引履歴の照会ができます。

賢くローンカードを使うために、常に現在借入残高がどれくらいあるのか、先月の返済の結果どれくらい残高が減ったのか、入金がきちんと反映されているかなどを確認できます。

その結果、ローンカードを無駄に使っていないかを意識して使うことができるのです。

その点で、この「会員サービス」はローンカードを賢く使うためには、非常に良いツールになります。

プロミスの会員サービスは利息や残高の確認ができる

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」では、利用者の方の現在までの利息や残高の確認ができるとともに、今後の利息などのシミュレーションができるようになっています。

いくら元本(借入残高)を減らせば、どれくらい利息の支払コストを下げられるのかなどのシミュレーションをすることにより、賢くローンカードを使うことができます。

プロミスの会員サービスは登録内容の変更ができる

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」では、住居を引っ越した、家を買った、転職したなどの個人の情報に変化が出た場合に、登録内容の変更をすることができます。

変更箇所を入力するだけで、プロミスの会員データは書き換えられます。

特に家を買ったり、より収入の良い会社に転職したと言う場合には、利用可能枠の増枠が可能になる場合もあります。

また、転居などをされている場合、住所変更をしませんと、増枠の際に信用を失うことにもなりかねませんので、逐次変更するようにしてください。

プロミスの会員サービスにログインしてみよう

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」では、以上のようにローンカードを使う上において必要になるあらゆる場合を想定して、サービスが組まれています。

さあ、「会員サービス」にログインしてみましょう。そして、ポイントサービスの申込みをしておきましょう。それだけでポイントが100ポイントもらえます。

また、初めてログインすることで10ポイント、ポイント申込みに対するお知らせで10ポイントなど、既に120ポイントが貯まっています。

プロミスの公式ページにアクセスするか、以下のログインページに直接アクセスすれば、すぐにログインできます。

アドレスをブックマークに入れておきましょう。

プロミスの会員サービスにログインできないとき

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」にログインできないのは、カードを失くしてカード番号がわからない場合か、暗証番号を忘れた場合です。

カードの紛失の場合は、再発行は手数料が必要になりますし、他人に使われる恐れもありますので、絶対に無くさないようにしておきましょう。

長くローンカードを使っていなかったために、暗証番号を忘れた場合には、ログインページに本人確認と会員番号がわかれば、メールで知らせてくれるサービスがあります。

でも、忘れないような、かつ他の方にわからない暗証番号にしておくのが一番です。

会員サービスにログイン出来ないと何が困るのか?

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」にログインできないということは、ローンカードをカー紛失しているか、暗証番号がわからなくなっている状態ですから、いざお金が必要と言う場合に、お金を引き出せないということです。

せっかく使わずに来たのに、いざ必要という時に使えないのでは、何にもなりません。
賢い使い方になっていないと言えます。

ローンカードを紛失している場合には、カードを再発行してもらうとともに、念のために暗証番号も変更しておくようにしてください。

パスワードを忘れたら?

パスワードを忘れた場合には、ローンカードが手元にあれば、ログインページから確認することができます。

どこかにメモしておくなり、忘れないようにしておいてください。

プロミスのローンカードを会員サービスで賢く利用

プロミスのローンカードを発行してもらって、会員になった場合には、インターネットサイトの「会員サービス」を使って、賢く利用するようにしましょう。

ローンカードで苦労するよりは、賢く使っていざお金が必要と言う場合に役立てるようにしておくことが、将来にわたる成功の秘訣です。

新たな転職機会をものにするためにお金がいる、子供の出産にお金がいる、新しい仕事に参加するためにお金がいるなど、人生にはチャンスがいくつも転がっています。

それらのチャンスを確実にものにするためには、いざという時に使えるお金を確保していることが必要です。

そのためには、プロミスのローンカードと「会員サービス」は大きな武器となってくれます。

プロミスの会員サービスにおける注意点

プロミスのローンカードに伴う「会員サービス」は、非常に便利なサービスです。
家に居ながら、さまざまなサービスを受けることができます。

ただ、便利であるがゆえに、いつでも銀行口座にお金を引き出すことができますので、他の機能を利用せず、そればかりを利用していますと、いつの間にか、利用限度額いっぱいまで借りていたということになりかねません。

それは、多重債務への入り口になってしまいます。
常に残高やコストに注意を払いながら、プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」を賢く使うようにしてください。

まとめ

プロミスのローンカードを利用するようになった場合には、自動的に会員となり、インターネットサイトの「会員サービス」の提供を受けられるようになることについて、ご説明しました。

「会員サービス」は、ローンカードを持つようになった場合に必要になる手続きはすべて網羅されており、非常に便利な機能があるのです。
返済を無料で行うこともできますし、ポイントサービスもありますので、賢く、安く利用することができます。

ぜひ、プロミスのローンカードを作った場合には、インターネットサイトの「会員サービス」をまず覗いてみてください。