カードローン110番 > プロミス徹底解説!審査、無利息、即日融資、メリットをどこよりも詳しく! > プロミスカードの使い方を解説!紛失時や再発行の手続方法も教えます!

プロミスカードの使い方を解説!紛失時や再発行の手続方法も教えます!

プロミスを利用するにはローンカードが必要です。

「カード発行してもらったけどどうやって使えばよいの?」「カードを失くしそうで怖い」「カードは必ず発行されるの?」プロミスカードにこのような疑問を抱く人もいるのではないでしょうか?

そこで今回はプロミスカードについて徹底的に解説していきたいと思います。もしもカードをなくしてしまった時の対処法や、カードを使わないでプロミスを利用する方法についても併せてご紹介します。

【目 次】
  1. プロミスカードの使い方
  2. プロミスカードの発行方法は?
  3. プロミスを内緒で利用したい!カード発行なしでも借入OK
  4. プロミスカードが使えない!?原因と復活方法を解説
  5. プロミスカードの再発行方法

プロミスカードの使い方

プロミスと契約すると「プロミスカード」が発行されます。

プロミスカードでは具体的にどのようなことができるのでしょうか。ここではプロミスカードの使い方について解説していきたいと思います。

プロミスカードでATMから借り入れ・返済

プロミスカードのメインの使い方は何と言ってもATM利用です。ATMにカードを挿入して借り入れや返済を行うことができます。

銀行のキャッシュカードを使ってATMから現金を引き出したり預入したりするのと同じように簡単な操作で借り入れも返済も行えます。

プロミスカードは実にたくさんのATMに対応しているので非常に使い勝手が良いです。

コンビニに設置されたATMはもちろんのこと、銀行や駅など身近にあるATMで簡単にお金を借りることができます。

カードさえあれば借りられるので、急な出費時にも対応できて安心です。

プロミスカードでATMキャッシングする方法

ATMは銀行、コンビニ、消費者金融といくつか種類がありますが、基本的な操作方法や流れに大きな違いはありません。

ATMキャッシングの流れは下記のとおりです。

① ATMにカードを挿入する
② 「引き出し」ボタンを選択
③ 暗証番号の入力
④ 「カードローン」ボタンを選択
⑤ 借り入れする金額の入力
⑥ 現金とカード、利用明細書を受け取る

プロミスカードが使えるATMの種類は大きく分けて3種類です。プロミスATM、提携銀行ATM、コンビニATMとなります。

ATM 営業時間 手数料
プロミスATM 7時00分~22時00分 無料
三井住友銀行ATM 9時00分~21時00分 無料
その他銀行ATM 店舗により異なる 取引額1万円以下:108円
取引額1万円超:216円
コンビニATM 24時間営業
(月曜日0時00分~7時00分は利用不可)
取引額1万円以下:108円
取引額1万円超:216円

プロミスATMは手数料無料で利用が可能です。銀行ATMとコンビニATMはいずれも手数料がかかります。ただし、三井住友銀行ATMのみ手数料無料で利用することができます。

プロミスカードATMキャッシングの注意点

プロミスカードを使ってATMでキャッシングするのは非常に便利ですが、注意点が2つありますのでご紹介します。

手数料がかかる

ATMでキャッシングするには手数料がかかります。プロミスATMと三井住友銀行ATM以外のATMでは、借り入れと返済どちらも手数料がかかります。

急いでいるときだと手数料がかかってもいいと我慢できますが、約定返済時に手数料を払っていると年間で1,000円以上の負担になってしまうこともあります。

プロミスカードローンは利息負担が大きくなりやすいので、利息ほどではないにしろ余計な出費はできるだけ避けたいものです。

手数料無料で利用したいのであればプロミスATMもしくは三井住友銀行ATMを利用する、またはその他の手数料無料の方法で利用するのが良いでしょう。

プロミスなら振込キャッシングが無料で利用できますし、返済ならWEB返済、口座振替、店頭窓口で手数料料で利用可能です。

カードが必要

基本的にATMで借入・返済するにはプロミスカードが必要です。カードを持ち歩くためには財布に入れておかなければいけません。

うっかり家族に見られてしまいプロミスでお金を借りていることがばれてしまったなんてケースは決して珍しくありません。

銀行カードローンのローンカードは比較的バレにくい券面となっていますが、プロミスのような消費者金融のローンカードはひと目でそれとわかってしまいますので、家族に見られないように注意しなければいけません。

提携ATMでも手数料無料で利用することは可能

プロミスカードは提携ATMだと手数料がかかりますが、ポイントを使うことで無料にすることが可能です。

プロミスにはポイント制度があり、貯めたポイントは提携ATM手数料無料のサービスと交換することができるのです。

プロミスのポイントサービスは比較的貯めやすいので、コンビニATMをよく利用するという方はプロミスのポイントサービスでポイントを貯めてみると良いでしょう。

プロミスはカードがなくても返済可能

ATMでの借入にはプロミスカードが必要ですが、返済に関してはプロミスカードがなくてもできます。

カード不要で返済できるのはプロミスATMのみとなります。コンビニや銀行の提携ATMではカード無しで返済はできません。

プロミスATMでカード無しで返済する手順は下記のとおりです。

① 初期画面で「カードなし」ボタンを選択する
② 「会員番号」または「氏名・生年月日・電話番号」を入力
③ 返済手続き

カード無しで返済できるのはプロミスカードを持ち歩きたくないという人にはありがたいですね。プロミスATMなら手数料もかかりません。

なおカード無しで利用できるのは返済のみとなります。借入には必ずプロミスカードが必要です。

プロミスカードの発行方法は?

プロミスカードが発行されるタイミングは契約後です。

カードローン会社によっては契約前でもカード発行してくれるところもありますが、プロミスでは契約完了しないとカード発行されません。

プロミスカードの発行方法は2通りあります。

  • 郵送受け取り
  • 自動契約機で受け取る

それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分に適した方でプロミスカードを発行してもらいましょう。

プロミスカードを郵送で受け取る

プロミスカードを郵送で受け取る方法です。プロミスと契約が完了すると数日後にカード発行され、おおよそ1週間前後で自宅に届けられます。

郵送物の中には契約書類とプロミスカードが封入されています。郵送物は本人限定受取郵便で届けられますので、本人以外は受取できないようになっています。

また郵送物の差出人名は「事務センター」と記載されており、外見からはプロミスだとはわからないようになっています。

実家暮らしの方がプロミスを利用するうえで最もネックとなるのが家族ばれです。郵送物の中身を見られてしまえば、間違いなくプロミスだとわかってしまいます。

プロミスは家族にばれないように充分に配慮してくれてますので安心して郵送で受取できます。

郵送でカード発行するメリットは「来店不要」でカード受取できることです。仕事が忙しくて店舗に出向くことができないという方でも、郵送ならカードを受取できます。

デメリットは「時間がかかる」ことです。郵送では物理的に当日中に受け取ることができません。今日中にお金を借りたいといった場合は、郵送での受け取りは不向きといえます。

プロミスカードを自動契約機で受け取る

プロミスの自動契約機または三井住友銀行ローン契約機でカード発行する方法です。

WEB申し込み後または自動契約機で申し込みして契約が完了すると、その場でカードが発行されます。

自動契約機のカード発行のメリットは何と言っても「即日発行が可能」なことです。

通常、ローンカードは郵送で受け取ることが多いため、手元に届くまでにどうしても時間がかかってしまいます。

自動契約機を使えば申し込みしたその日にカードを受け取ることができますので、急いでいる場合にピッタリです。

当日中にカード発行してもらうには自動契約機の営業時間内(9時00分~22時00分)に契約を終える必要があります。

また、自動契約機での手続きには本人確認書類が必要になりますので注意してください。

消費者金融の自動契約機に入るのは抵抗があるという方は三井住友銀行のローン契約機を利用すると良いでしょう。

三井住友銀行内に設置されていますので、抵抗なく利用できるかと思います。

プロミスを内緒で利用したい!カード発行なしでも借入OK

どうしてもプロミスでお金を借りたいけど、プロミスカードを手元においておきたくないという人もいるのではないでしょうか?

カードを使うとなると郵送物が自宅に送られてきてしまいますし、財布の中身を見られて家族に借金ばれしてしまう恐れはどうしても避けられません。

実はプロミスでは「カード発行なし」で契約するという選択肢も用意されています。

ここではカードなしでプロミスを契約・利用する方法について解説していきます。

プロミスカードが逆に不便になることも

プロミスカードがあればいつでもどこでも借り入れや返済ができます。これは非常に便利なことですが、人によっては返って不便になってしまうこともあります。

メリットだらけのように思えるプロミスカードですが、具体的にどのような点でデメリットだと考えられるのでしょうか?実際にカードレスでプロミスを契約した方の声をご紹介します。

1回だけ借りたかったので

車の車検代が足りなくて、1回だけお金を借りようと思っていました。

完済したらすぐに解約するつもりだったので、カードはいらないと思い発行はしませんでした。

借金癖がつきそうで

プロミスでキャッシングしようとは思っていましたが、意志が弱いのでカードがあると必要ないのに借りてしまうだろうと思いカードなしにしました。

借りなければ良いだけの話ですが、カードがある安心感からついつい借金してしまい、それが癖になってしまうのではないだろうかと考えると怖かったです。

妻にばれるのが怖くて・・・

どうしてもお金が必要でプロミスで借りたかったので申し込みました。ただ、妻には絶対にばれてはいけないと思い、アレコレ考えた結果カードを使わないで利用できるプロミスを選びました。

特にレストランの食事のときは私が支払いするので、その時に財布の中身を見られてしまうのではないかと思い、カード発行しませんでした。

事情は人それぞれですが、上記のようにプロミスカード自体がデメリットと感じてしまうケースもあるのです。

プロミスカードなしで借り入れする方法

カード無しでプロミスから借り入れする方法は2つあります。

  • 振込キャッシング
  • アプリローン

それぞれの借入方法について見ていきましょう。

振込キャッシング

振込キャッシングとは、プロミスに振込依頼して自分の銀行口座に希望額分を振り込んでもらう方法です。振り込み先の銀行口座は、ほぼどの金融機関も対応していますので、普段から利用している銀行口座を登録すれば問題ありません。

振込が完了すれば、あとは銀行のキャッシュカードを使ってATMで現金を引き出せばいいだけです。口座引き落としの不足分を借りる目的であれば、ATMに出向く必要もありません。

振込キャッシングの利用には注意すべき点もあります。

  • 利用時間
  • 通帳記入

まず利用時間に注意が必要です。プロミスの場合、当日中に振込するのは平日14時50分までに依頼した分のみとなります。

14時50分以降に振込依頼した場合、口座に着金されるのは翌営業日となります。

しかも平日のみ対応ですので、たとえば、金曜日の14時50分以降に振込依頼した場合、着金されるのは月曜日の9時以降になってしまいます。

2つ目の注意点は通帳記入です。振込キャッシングすれば、当然ながら振込したという履歴が通帳には残ってしまいます。

プロミスの場合、名義人は「プロミス」「パルセンター」どちらかを選ぶことができますが、いずれにしても家族に通帳を見られてしまうとバレる恐れがあります。

振込キャッシングを利用する際は、あらかじめ通帳発行がないネット銀行をキャッシング専用の口座として開設しておくことをおすすめします。

アプリローンはセブン銀行で借り入れ可能

プロミスは専用のアプリを使ってセブン銀行ATMで現金の借入ができます。もちろんカードは不要です。

スマホだけで現金の借り入れができますし、振込キャッシングのように時間帯を気にすることなくいつでもキャッシングできる便利な方法です。

対応しているATMはセブン銀行のみとなります。その他のコンビニや銀行ATMではアプリローンは使えませんので注意してください。また利用時には手数料がかかります。

アプリローンはApp StoreまたはGoogle Playでダウンロードできます。もちろん利用料はかかりません。

プロミスカード無しで返済する方法

プロミスカードを使わないで返済するには「銀行口座」が必要です。

返済方法は3通りあります。

  • 口座振替
  • 指定口座へ振込返済
  • アプリローン

それぞれの返済方法について見ていきましょう。

口座振替で自動引き落とし

プロミスに登録した銀行口座から自動で引き落としする返済方法です。毎月返済日になると最低返済額分のお金が引き落としされますので、返済忘れを防ぐことができる方法です。

口座振替の返済は手数料無料で、基本的にどの金融機関でも利用することができます。

ジャパンネット銀行は振替日を5日、15日、25日、末日のなかから選ぶことができますが、それ以外の金融機関は毎月5日の固定となります。

また、口座振替で返済できる金額は「最低返済額分」となります。追加返済はできません。

指定口座へ振込返済

カードを使わずに追加返済するには、振込み返済を利用します。

振り込み先はプロミス会員ページで確認できます。ATMで振込先の口座を登録すれば、いつでも気軽に追加返済可能です。

ただし、利用する際に利用手数料が発生します。手数料は利用する金融機関ごとに異なりますので注意してください。

プロミスはインターネットバンキングでの返済も可能です。インターネットバンキングでの返済なら手数料はかかりません。

対応している金融機関は「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」「ジャパンネット銀行」「みずほ銀行」「楽天銀行」となります。

これらの銀行口座を持っている場合はネットバンキングで返済するのが良いでしょう。

アプリローン

借入同様に返済でもアプリローンが使えます。

アプリにログインし、セブン銀行ATMに表示されたQRコードを読み取ることで返済手続きができるようになります。

セブンイレブンをよく利用するという方はアプリローンで返済するのもありでしょう。

プロミスカード無しで契約する方法

プロミスをカードなしで契約するには「WEB完結申込み」で申し込みします。WEB完結申込みは、申し込み~返済まですべてネット上で手続きを完結させることができます。

来店不要、郵送物なしでプロミスと契約することができ、希望しない限りプロミスカードが発行されることもありません。

WEB完結申込みの流れは下記のとおりです。

① プロミス公式サイトにアクセス
② 希望の契約方法「Web」を選択
③ 返済方法「口座振替」を選択
④ 「カード郵送希望なし」を選択

以上の流れで申込めばカードなしでWEB完結できます。

プロミスカードが使えない!?原因と復活方法を解説

プロミスを利用していて、ある日突然使えなくなってしまうことがあります。

プロミスカードが使えなくなると言っても、プロミスから事前にその旨の連絡が来るわけではありませんので焦ってしまう人も多いです。

なぜ突然プロミスが使えなくなってしまうのでしょうか?ここでは利用停止の原因と復活方法について解説していきます。

プロミスカードが使えない原因

原因①:信用が低下した

プロミスは利用限度額の範囲内で借入・返済を繰り返し行うことができます。非常に便利ではあるのですが、利用状況が好ましくないとカードが使えなくなってしまうことがあります。

プロミスは契約前だけでなく契約後も信用情報の調査を行います。事故情報や利用状況を調査した結果「今後この人と契約継続するのは危険かもしれない」と判断されてしまうと利用を停止されてしまいます。

返済遅延はもちろんですが、短期間に借入返済を繰り返すような人も危険と判断されやすいです。

信用が低下したことが原因の場合、全額返済するまでは利用可能枠の復活は難しいでしょう。

とにかく借入はしないで返済に専念することで信用を回復させることもできます。問題解決までに時間がかかると思った方が良いでしょう。

原因②:総量規制に抵触した

貸金業者から借りられる金額の上限は個人の年収3分の1までとなります。これを超えての借入はできません。

総量規制に抵触した場合は、プロミスに限らずどの貸金業者からも出金停止となります。

たとえば、年収300万円の人は借入額が100万円を超えてしまうとプロミスで借り入れできなくなります。

解決策は「収入をあげる」もしくは「借金を減らす」しかありません。

総量規制対象外の銀行カードローンで新たに借りるという手もありますが、総量規制に抵触するほど借金がある状態ですと審査にはまず通りませんのでおすすめしません。

原因③:収入証明書の不提出

プロミスから収入証明書の提出を求められることがありますが、これを拒否すると利用停止にされることがあります。

解決策は「収入証明書を提出する」以外にありません。問題なしと判断されればすぐに利用再開できます。

原因④:延滞の繰り返し、長期滞納

原因①の信用低下と意味合いは同じです。延滞を繰り返したり長期間滞納するとプロミスからの信用は著しく低下します。他社借入で延滞や滞納をしている場合も利用停止の対象となります。

延滞の繰り返し、長期滞納はブラックリスト入りの原因となります。一でもブラックリスト入りすると信用情報機関に登録されてしまい5年~10年間は残ります。その間、プロミスの利用が不可になるだけでなく他社ローンの審査に通らなくなるというリスクがあります。

これは解決が一番難しいです。と言うのも解決するには信用情報に登録された事故情報が消えないといけないからです。事故情報は最長10年間残ってしまうのです。

プロミスカードの再発行方法

プロミスカードをなくしてしまった、破損して使えなくなってしまったというとき、カードを再発行してもらうことはできるのでしょうか?

ここではプロミスカードの再発行方法について解説していきます。

プロミスカードを紛失したら真っ先にプロミスに連絡

プロミスカードを紛失してしまった場合、まずはプロミスに連絡してください。

担当者に「カードをなくした」と伝えれば、すぐに利用を停止してくれます。氏名、生年月日、住所などの個人情報を伝えれば、最後に利用したのかはいつなのかがわかりますので、紛失したカードで誰かが借り入れしていないかどうかがすぐわかります。

カードを紛失することで、誰かに勝手に借り入れされてしまう恐れもありますので、兎にも角にもカードをなくしてしまった場合は真っ先にプロミスに連絡してカードの利用を止めてもらうようにしましょう。

プロミスカード再発行に必要なものと手続方法

プロミスカードは再発行が可能です。再発行手続きに必要なものは「本人確認書類」です。

本人確認書類として有効なのは運転免許証、健康保険証、パスポートなどです。再発行手続の方法は自動契約機、店頭窓口、プロミスコールがあります。

紛失・盗難時にカード利用を停止するためにプロミスコールに電話するはずですので、その流れでカードの再発行手続きも済ませてしまうのが良いでしょう。

ただし、プロミスコールで再発行手続きした場合、カードは郵送されてきます。郵送物を家族に見られないか心配という方は自動契約機か店頭窓口で手続きしましょう。

ちなみに、メールでの再発行手続きはできませんので注意してください。

プロミスカードに関する疑問

ここではプロミスカードに関する疑問についてお答えしていきます。

カードを最速で受け取る方法は何ですか?

WEBで申し込みをして自動契約機で契約する方法です。申し込みして審査中に自動契約機へ移動すれば審査待ちの時間を無駄にせずに済みますので、かなり早くカードを受取できるでしょう。

自動契約機で初めから申込むと入力に時間がかかりますので、申し込みは使い慣れているスマホやパソコンで行うのが良いでしょう。

なお郵送受け取りだと1週間前後かかります。

カードなしでもATMで借り入れできますか?

カードを使わないでATM借り入れするには「アプリローン」が必要です。

App StoreまたはGoogle Playでダウンロードして使用しましょう。

カードの再発行はWEBでもできますか?

できません。自動契約機、店頭窓口、電話のいずれかの方法で手続きしてください。

カードレスで契約したのですが後からカード発行はできますか

カードなしで契約した場合でも、プロミスに連絡すれば発行可能です。自動契約機もしくは郵送で受取してください。