カードローン110番 > プロミス徹底解説!審査、無利息、即日融資、メリットをどこよりも詳しく! > プロミスの営業時間を徹底解説!営業時間内に借り入れするためのコツを伝授

プロミスの営業時間を徹底解説!営業時間内に借り入れするためのコツを伝授

プロミスの申し込みを検討する際、限度額や金利、審査基準などを気にする人は多いですが営業時間や利用可能時間を気にする人は少ないです。

プロミスは審査・融資スピードに長けているカードローンで、即日でお金を借りることも可能です。

今日中にお金を借りたい人にピッタリなカードローンですが、そのためには営業時間内にすべての手続を完了させる必要があります。

また営業時間内に契約が完了できても、指定された時間内に必要な手続きを行わなかったばっかりに借り入れできなかったというケースも考えられます。

このように、プロミスでスムーズに借り入れするためには営業時間や利用可能時間にも注意しなければいけません。

そこで今回はプロミスの各種サービス等の営業時間について解説していきます。意外と見落としがちな部分ですので、これを機にしっかり確認しておきましょう。

【目 次】
  1. プロミスで即日借り入れする方法!営業時間内に手続きを完結させるコツ教えます!
  2. プロミス電話受け付け(コールセンター)の営業時間
  3. プロミス窓口、無人契約機の営業時間
  4. プロミスカードローンの借り入れ可能な時間帯

プロミスで即日借り入れする方法!営業時間内に手続きを完結させるコツ教えます!

プロミスは即日借り入れ可能なカードローンです。

申し込んだその日のうちにお金を借りるには申込み~契約までの手続きをプロミスの営業時間内に完了させることが条件です。

とは言え、はじめてカードローンに申込む方は営業時間内に手続きを終らせるにはどうすれば良いのか分からないかと思います。

ここではプロミスの営業時間内にすべての手続を完了させ、即日で借り入れする方法を解説していきたいと思います。

即日借り入れにプロミスがおすすめの理由!

今日中にお金を借りたいという場合、プロミスカードローンがおすすめです。

即日借り入れにプロミスがおすすめの理由

  • 最短30分で審査完了!申し込みから1時間以内に借入もOK!
  • WEB完結申込みならスマホで書類提出完了!
  • 限度額50万円以下なら本人確認書類だけで申し込める!
  • 無人契約機で22時までOK!昼間は忙しいという方でも安心!

プロミスは即日借り入れに最適な条件が揃っているので「今日借りたい!」に応えてくれます。

限度額が50万円以下なら収入証明書は不要です。簡単な書類だけで良いので準備に時間がかからずスムーズに申し込めます。しかも30日間無利息期間があるのでスピーディーかつお得にお金を借りることができます。

プロミスの審査が営業時間内に終わらない!その原因4つを解説!

プロミスは郵送以外であればどの申し込み方法でも審査スピードに大きな差はありません。

審査スピードに影響する原因は他にあります。

ここではプロミスの審査時間に影響する原因を4つご紹介します。

原因その1:信用情報が原因で審査に時間がかかる

プロミスは個人信用情報機関を通して申し込み者の信用情報をチェックします。信用情報にはこれまでのローンやクレジットカードなどの信用取引に関する利用履歴が記録されています。

過去に多くのローンやクレジットカードを利用している場合、審査に時間がかかる可能性が高いです。

特に他社借り入れがあると「遅れずに返済できているか」をチェックしなければいけませんので、過去に遡る必要があり審査に時間を要します。

また、プロミスは総量規制対象ですので、申し込み者が年収3分の1以上の借り入れをしていないかもきちんとチェックします。

総量規制に抵触している場合、審査に時間がかかるどころか審査落ちになりますので注意しましょう。

また逆に信用情報に何の記録もない場合も審査に時間がかかります。その理由は「きちんと返済できる人なのかどうか」を判断するのが難しいからです。

たとえば、今までローンを利用したことがあって一度も延滞することなく返済できている人と、今まで何度も延滞している人ではどちらが信用できる人なのかは一目瞭然です。

このように、これまでのローンの利用履歴から信用できる人なのかどうかとして判断材料となりますが、信用情報に何の記録もないと実際にお金を貸してみないと分からない状態なのです。

また過去に大きな金融事故を起こしていて、一定期間が経過した場合も信用情報はまっさらな状態になります。

つまり今までローンを一切利用したことがない人は「過去に大きな金融事故を起こしている人と同じ扱い」になってしまう恐れがあるのです。

そのため念入りに審査されてしまい時間がかかってしまうのです。特に30歳を過ぎても信用情報に何の記録もない人は審査に時間がかかる傾向にあります。

原因その2:多重申し込みも審査時間に影響する

信用情報には申し込み履歴も記録されます。

プロミスで審査落ちしたときのために他のカードローンにも複数申し込みしようかと考える人もいますが、これも審査時間に影響するうえに審査落ちの可能性を高めてしまうのでやらないほうが良いです。

原因その3:希望限度額が大きい

申込時に限度額をいくら希望するのかを申告します。

この金額によっては審査に時間がかかってしまいますので注意してください。

プロミスとしてもお金を貸す金額が大きい申し込み者にはかなり慎重に審査します。

貸し付ける金額が大きいと、それだけリスクが大きくなりますので慎重にならざるを得ません。

基本的には収入証明書が必要になる50万円が境目となります。限度額が50万円を越えてしますと審査時間は遅くなると考えたほうが良いです。

プロミスは後から増額することも可能ですので、とりあえず初回限度額は50万円以下を希望するのが良いでしょう。

原因その4:プロミスの審査可能時間外に申し込んだ

プロミスはWEBで24時間申込受付しています。いつでも申し込めるのは便利でありがたいですが、審査も24時間行っているわけではありません。

プロミスの審査可能時間は9時~21時となります。この時間内に申し込まなければ、審査結果を当日中に受け取ることはできません。即日借り入れしたいのであれば審査可能時間内に必ず申込みましょう。

プロミスの営業時間内に審査も借入も完了させるコツ

以上、審査に時間がかかる原因から営業時間内に審査も借入も完了させるコツをまとめます。

すぐに審査開始できる方法で申込む

郵送で申し込みしてしまうと審査を開始するまでに2,3日かかってしまいます。

申し込んですぐに審査を開始してもらうためにも、WEB・自動契約機・電話いずれかの方法で申込みましょう。

WEBなら普段使い慣れているスマホやパソコンから入力するだけですのでスムーズに審査開始できておすすめです。

希望限度額は必要最小限で申込む

限度額が大きければ大きいほど審査に時間を要します。収入証明書が必要になる金額(50万円)以上で申し込まないことです。

希望限度額は必要最小限に留めておき、後から増額するようにするのが良いでしょう。

他社への申込みは避ける

一度に複数のカードローンに申込むと審査に時間がかかります。審査落ちの可能性も高くなりますので、まずはプロミス1社だけに申込むようにしてください。

プロミスの審査可能時間内に申込む

プロミスの営業時間と審査可能時間は違います。

審査可能時間内に申し込まないとその日のうちに審査結果は出ません。

また時間ギリギリの申込みでも間に合わない可能性が高いので、時間に余裕を持って申込むことも大切です。

できれば午前中のうちに申込むようにしましょう。

午後に申し込む場合は、申込完了後にプロミスに電話して急いでいる旨を伝えると優先的に審査してもらえる可能性が高いです。

プロミスのWEB申込みは24時間受け付け

プロミスを申込する方の多くはWEB経由です。

WEBの稼働時間は24時間ですので、自分の都合に合わせて申込することができます。

しかもプロミスならWEBで申し込んで契約手続きを済ませることもできます。

またWEB申込みは、少しでも早く審査を開始してもらえるというメリットがあります。

深夜に申し込みを済ませておけば、申込状況にもよりますが翌日の早い段階から審査に入ってもらえます。

手続きがスムーズに進めばその日の午前中にお金を借りることも可能です。

プロミスではWEB会員専用のページを設けており、様々な手続きをすることができます。

WEBの会員ページでできることは下記のとおりです。

  • 振込み依頼
  • 返済
  • ポイントサービスの利用
  • 限度額変更申し込み
  • 口座振替手続き
  • 返済日お知らせメールの設定
  • 取引履歴照会
  • 利息照会
  • 取引口座変更
  • 返済日の変更
  • 住所変更
  • 登録情報の変更

自宅にいながら様々な手続きが可能ですので非常に利便性が高いです。忙しくて店舗に行く時間が取れないという方はWEBを利用すると良いでしょう。

プロミス電話受け付け(コールセンター)の営業時間

プロミスの電話受付窓口である「プロミスコール」では、カードローンの新規申し込みや振込キャッシングの依頼、限度額の増額申請など色々と利用できて便利です。

ここではプロミスコールの営業時間について見ていきましょう。

プロミスの電話受付の営業時間はサービス内容毎に異なる

プロミスコールはサービス内容毎に営業時間が異なりますので注意してください。

各種サービスの営業時間は下記のとおりです。

サービス内容 平日 土日
新規申し込み 9時00分~22時00分
各種お問い合わせ
(音声自動応答)
0時00分~24時00分
各種お問い合わせ
(オペレーター)
9時00分~18時00分 休業
カード紛失・盗難受付 0時00分~24時00分

電話で相談したうえで申込したいという方はプロミスコールへ電話問い合わせを行いましょう。

プロミス公式サイトに載っていない情報や、返済に関する疑問にも親切に対応してもらえます。プロミスコールには女性専用ダイヤルもありますので初めて利用する女性でも安心と言えます。

電話受付は土日祝日などの時間帯によっては、多少の待ち時間が生じるケースもありますので、利用する際には時間に余裕を持って電話しましょう。

新規申し込みの電話申込受付は9時00分~22時00分までとなっていますが、審査結果の回答時間は9時00分~21時00分までとなります。

当日中に審査結果を知りたい場合は遅くても20時までに申込すると良いでしょう。

プロミスコールは土日祝日も対応可能

プロミスコールは土日祝日でも新規申し込みを22時まで受け付けています。

一般的なカードローンですと土日祝日は電話申し込みを受け付けていないところが多いですが、プロミスなら土日祝日でも電話で申し込みできます。

プロミスはWEBからも申し込みできますが、電話で相談しながら申し込みするほうが楽という人は電話で新規申込することもできます。

プロミスの自動音声は24時間対応

プロミスの新規申し込み以外の各種問い合わせは、オペレーター対応は平日9時00分~18時00分に受付しています。

土日の問い合わせは自動音声が対応となりますが、24時間受け付けています。

自動音声で受け付けている内容は下記のとおりです。

  • 利用額、利息の確認
  • 支払期日の相談
  • 返済口座の相談
  • 振込キャッシングの申し込み

上記以外の内容の問い合わせをする場合は、オペレーター対応の時間にプロミスコールに電話しましょう。

カード紛失や盗難の問い合わせに関してはオペレーターが平日も土日祝日も24時間受け付けています。

プロミスの電話問い合わせには女性専用ダイヤルもある

プロミスでは女性専用のダイヤルサービスも設けています。

対応はすべて女性スタッフが行いますので、男性に対応されたくないという女性の方も安心して利用できます。

女性専用ダイヤルでも新規申し込みは可能ですが、審査内容は通常のプロミスカードローンと基準は同じです。

女性専用だからといって審査が甘くなることはありませんので勘違いされないように。

プロミスコールとレディースコールの電話番号は違うので要注意

プロミスコールと女性専用ダイヤルであるレディースコールは電話番号が異なりますのでよく確認してから電話してください。

  • プロミスコール:0120-24-0365
  • レディースコール:0120-86-2634

プロミス窓口・無人契約機の営業時間

プロミスの店舗窓口・無人契約機の営業時間は下記のとおりです。

店舗・無人契約機 営業時間 休業日
プロミス店舗窓口 平日10時00分~18時00分 土日祝日
プロミス無人契約機 9時00分~22時00分
(一部店舗では21時まで)
1月1日
三井住友銀行ローン
契約機
9時00分~21時00分 1月1日

プロミスの申し込みをWEBで行った場合、その後の契約はWEBか自動契約機かを選択することになります。店舗または無人契約機に来店して契約する場合は営業時間を確認しておく必要があります。

来店契約の場合、スタッフが在中している有人店舗と、スタッフ不在の無人契約機のいずれかに来店して手続きします。

店舗にはATMが併設されていることが多いです。

プロミスのローンカードは郵送で受け取ることもできますが、無人契約機で即日発行も可能です。

平日15時以降や即日借り入れしたい方は無人契約機を利用すると良いでしょう。

カードローンの利用が初めてWEB申し込みや無人契約機での借り入れが不安な方は、店舗窓口で対面で相談しながら契約するのが良いでしょう。

ただし、プロミスの有人店舗は数がかなり少ないので、自宅周辺に友人店舗がない可能性もあります。

店舗や無人契約機を利用する場合は、プロミス公式サイトにてあらかじめ店舗の場所を確認しておくと良いでしょう。

プロミス店舗窓口の営業時間

下記はプロミスの店舗窓口(サービスプラザ)の外観です。有人店舗と無人店舗の外観に大きな差はありません。

店舗窓口ではスタッフと対面で話しながら申し込みします。その場で疑問や悩みを解決できますので安心して手続きを進められます。

WEB申し込みや無人契約機での申込みが苦手という方や相談しながら申し込みしたいという方は店舗窓口を利用するのが良いでしょう。

ただし、残念ながらプロミスの店舗窓口は数が少ないです。お住いの地域によっては有人店舗が全くないなんてこともあり得ます。

有人店舗で申込むと審査が甘くなるということはありません。また手続きが簡略化されることもありません。

むしろWEBで申込むよりも手間と時間がかかりますので、急いでいる場合や対面にこだわりがない人はスマホやパソコンから申し込む方法で良いでしょう。

プロミス店舗窓口の営業時間は平日10時00分~18時00分です。一部店舗では平日20時00分、土日祝日18時00分まで営業しているところもあります。

プロミス無人契約機の営業時間

プロミス無人契約機の営業時間は「9時00分~22時00分」です。一部店舗では21時までとなっていますので、利用予定の無人契約機の営業時間を必ず確認しておきましょう。

プロミス無人契約機は土日祝日も営業しています。平日は仕事が忙しくて来店できないという方でも安心です。カード受け取りすれば提携ATMにてほぼ24時間借り入れ・返済ができます。

無人契約機へ来店してから申込むのも良いですが、先にWEBで申込しておくとカード発行までの流れがスムーズです。

もし審査落ちしてしまったときには、すぐに他のカードローン会社へ申込することもできますので、WEB申し込みが便利でしょう。

無人契約機で申込する場合、その場で審査が行われます。審査通過すると契約書とカードが発行され、ATMでお金を借りることができます。手続完了までにかかる時間はおおよそ1時間~2時間です。

無人契約機コーナーの中はこのようになっています。中にはタッチパネル式の画面と椅子が設置されています。備え付けの電話でオペレーターと話すこともできます。

あらかじめWEBで申し込みを済ませている場合は、「現在お申込手続き中、または既に当社とのお取引あり」のボタンをタッチして先の画面に進みます。

事前にWEB申し込みしている場合、カード発行までは非常に早いです。無人契約機で申し込みから行う場合はカード発行までに1時間以上かかることが多いです。

なれない場所に長時間いるのは中々大変だと思いますので、無人契約機を利用する場合はあらかじめWEBで申し込みを済ませておくのが良いでしょう。

三井住友銀行ローン契約機の営業時間

プロミスの契約・カード発行は三井住友銀行のローン契約機でも可能です。

営業時間は土日問わず9時00分~21時00分です。プロミスの無人契約機同様に、あらかじめWEBで申し込みしてから手続きすることも可能です。

審査通過後に契約機へ行き、手続きを完了することでローンカードを受け取ることができます。

三井住友銀行のローン契約機は下記画像のように三井住友銀行内に設置されています。

中が見えない作りとなっていますが、プロミスの無人契約機とは違い会話は外に聞こえてしまいますので注意が必要です。

ローン契約機内に設置されているモニターには上記のように三井住友銀行とプロミスのローンカードが発行できるようになっています。

プロミスは、プロミス自動契約機と三井住友銀行のローン契約機どちらでも契約が可能です。

消費者金融の店舗に入るのに抵抗があるという方は三井住友銀行内の設置されているローン契約機を利用すると良いでしょう。

プロミスを来店契約するなら営業時間ギリギリの来店は控えよう

プロミスを来店して契約する場合、一点気をつけておかなければいけないことがあります。

それは営業時間ギリギリに来店することです。

プロミスの自動契約機は22時まで、三井住友銀行ローン契約機は21時まで営業しています。

どちらも夜遅くまで手続き対応していますが、営業時間ギリギリの来店だと当日中に契約できない場合があります。

プロミスの無人契約機で契約するなら遅くても21時までに、三井住友銀行ローン契約機で契約するなら遅くても20時までには手続きを開始しておきたいところです。

また時間に余裕を持って来店したとしても、先客がいれば待っているか別の店舗に移動しなければいけません。

また来店契約の場合、在籍確認にも注意が必要です。プロミスの審査は仮審査と本審査の2段階となっていて、本審査は無人契約機で行われます。

そして在籍確認は本審査時に行われます。

つまり無人契約機に来店してから在籍確認が行われますので、たとえば、仕事帰りに立ち寄って手続きする場合、時間帯によっては在籍確認ができない可能性があります。

電話での在籍確認に対して要望がある場合は申込完了後すぐにプロミスに相談してみるのが良いでしょう。

プロミスカードローンの借り入れ可能な時間帯

プロミスの審査結果の回答時間を短くできたとしても、借り入れまでに時間がかかってしまっては意味がありません。

特に即日で借り入れを希望する場合は、借入可能な時間を知っておくことは重要です。

借入可能時間とは、審査完了後、自分の口座にその借入金が入金可能な時間のことです。

借入可能時間はATMを利用して出金する場合と、自分の銀行口座に入金を行ってもらう振込依頼を利用する場合とで異なります。

加えて、振込み依頼時間はどの銀行口座を利用するかによって借り入れ可能時間や借り入れできる曜日が変わってきます。

プロミスでの借り入れは、ATMを利用しての借り入れと振込キャッシングを利用しての借入方法の2つがあります。

ATMでの借り入れは24時間いつでもOK

プロミスはローンカードを使ってATMで借入・返済が可能です。

店舗窓口、プロミス無人契約機、三井住友銀行ローン契約機で契約した場合は、契約完了後、すぐにカードが発行されます。

店舗にはプロミスATMが併設されているのでカード発行後すぐにお金を引き出すことができます。

プロミスはWEB申し込みで契約することも可能ですが、その際カードレスを選んでしまうとローンカード発行はありません。

カード発行を希望する場合は、契約後店舗窓口または無人契約機で発行してもらう必要があります。

プロミスでは自社ATMの他に三井住友銀行のATMやコンビニATMでも借入が可能です。ただし、プロミスATMと三井住友銀行のATM以外を利用する場合は利用手数料がかかりますので注意してください。

利用手数料は、利用金額1万円以下なら108円、利用手数料が1万円を超える場合は216円です。

プロミスを利用できる提携先ATMは下記のとおりです。

銀行 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、イオン銀行、横浜銀行、東京スター銀行、第三銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、広島銀行、八十二銀行
コンビニ セブン銀行、ローソンATM、イーネットATM(ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活彩家、セーブオン、ポプラ、セイコーマート)

※親和銀行、広島銀行、八十二銀行は借入のみ利用可能

各ATMの営業時間は下記のとおりです。

ATMの種類 営業時間 利用手数料
プロミスATM 7時00分~24時00分 無料
三井住友銀行 店舗により異なる 無料
その他銀行 店舗により異なる 1万円以下:108円
1万円超:216円
コンビニ 24時間営業 1万円以下:108円
1万円超:216円

振込キャッシングの営業時間

振込キャッシングは振込依頼する時間によって振込が実施される時間が変わってきます。

当日中にお金を振り込んでもらうには原則として14時50分までに振込依頼を完了させる必要がありますので注意してください。

曜日 受付時間 振込実施時間
月曜日~金曜日 0時00分~9時00分 当日9時30分ごろ
月曜日~金曜日 9時00分~14時50分 受付完了から即時
月曜日~金曜日 14時50分~24時00分 翌営業日9時30分頃
土日祝日 0時00分~24時00分 翌営業日9時30分頃

以上のように振込キャッシングの場合、ローンカードでの借入とは違って24時間いつでもお金を借りられるわけではありません。

たとえば、夕方に急ぎでお金が必要になったときや土日にお金を借りたいとなったときでも振込キャッシングでその日にお金を借りることができません。

プロミスのローンカードを発行していれば問題ないですが、カードレス契約している場合は下手すれば借りたいときに借りられなくて困った事態に陥ってしまいます。

ジャパンネット銀行または三井住友銀行の口座は24時間いつでも振込OK

ジャパンネット銀行または三井住友銀行の口座を持っている場合は「瞬フリ」というサービスを利用することができます。

瞬フリを利用すれば平日だけでなく土日祝日でも24時間いつでも振込キャッシングを行うことができます。振込依頼してから最短10秒でお金が振り込まれるスピーディーさも魅力です。

ただし、上記2つの銀行でもメンテナンス時間中は振込実施できませんので注意してください。メンテナンス時間は下記のとおりです。

  • ジャパンネット銀行:毎週月曜日0時~7時
  • 三井住友銀行:毎週日曜日21時~翌月曜日7時