プロミスの最低返済額と他社最低返済額を比較

サイトマップ

プロミスの最低返済額と他社最低返済額を比較

生活をしていると、冠婚葬祭などで出費を後回しにできないことがあります。そんなときに便利なのが、カードローンやキャッシングです。

特に消費者金融を初めて利用する人は、30日間は利息が無料でお得に借りることができます。ついつい気軽に利用していたら、返済額で生活が苦しくなった人もいるのではないでしょうか。

5万円借入した際の最低返済額を比較

カードローンを利用したら、気をつけなければいけないのが月々の返済です。計画的に返済をしなければ、借りたお金が減らずに借金が増えていく結果になります。そこで、まずは各金融機関の最低返済額を抑えておきましょう。

5万円の出費が発生して、お金を借りなければいけなくなったときに、幾らずつの返済になるのかカードローンの最低返済額を比較してみます。

消費者金融 銀行
プロミス アコム アイフル SMBCモビット みずほ銀行 三井住友銀行
2,000円 3,000円 4,000円 4,000円 10,000円 2,000円

5万円を借りた場合には、プロミスと、三井住友銀行が月々の返済額が少なく、家計に負担がかからないでしょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

10万円借入した際の最低返済額を比較

パソコンが急に故障をした、車が故障した、家の修繕など緊急的に支払いが発生したときにも、カードローンは便利です。

10万円の出費が発生して、お金を借りたときに、最低返済額が幾らなのかも比較をしておきましょう。

消費者金融 銀行
プロミス アコム アイフル SMBCモビット みずほ銀行 三井住友銀行
4,000円 5,000円 4,000円 4,000円 10,000円 2,000円

10万円を借りた場合には、消費者金融はほぼ横一線で並びます。三井住友銀行が月々の返済額が5万円を借りたときと代わらず、家計に負担がかからないでしょう。

ゆとり返済か早期返済かで借入先を検討

家計の負担が軽いのは、返済額が少ないことか、大きいことか人それぞれの生活によって代わってくるでしょう。しかし、はっきりといえることは返済額が大きいことは、早く借金を返済でき、利息がお得になることです。

ゆとりを持って返済をしたいか、常に早期返済をしたいのか、考え方によって借入先を検討する必要があります。

早期返済を希望したい

早期返済を常に希望をする人は、月々の返済額が大きい金融機関のカードローンを利用すると便利です。そこで、オススメなのがみずほ銀行です。

最低返済額が10万円を借りたときに、1万円となっています。2,000円の返済額では、利息を考えないでも50か月の返済が必要です。

しかし、みずほ銀行は、利息を考えても11か月で返済が可能になります。

申込みはこちら

ゆとり返済を希望したい

月々の返済が大きいということは、家計の負担が大きいことを意味します。

そこで、月々の最低返済額はできる限り抑えて、随時返済を利用して計画的に返済をしたいという人は、プロミスと三井住友銀行がオススメです。

プロミスの返済額は10万円が4,000円ですが、5万円になると2,000円でバランスが良い返済額になっています。

みずほ銀行と同じ1万円を返済すれば、10万円の返済は11か月で返済が終わります。しかし、1万円も返済できないというときに、2,000円だけを返済すれば延滞になりません。

返済額が少ないことは気持ちにゆとりができるでしょう。そして、返済計画を自ら立てて、1年以内に返済ができるようにすることが望ましいです。

返済方法の確認を忘れずに

ゆとりを持って返済をしたい人は、プロミスがオススメです。初めての利用者は、30日間手数料が無料であることもお得です。そこで、プロミスでお金を借りたあとの、返済方法についても覚えておきましょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

プロミスなら手数料無料

お金を借りて返済をするには、幾つかの方法があります。「店頭」「ネットバンキング」「口座振替(口フリ)」などです。

「店頭」とはプロミスで返済をすることです。プロミスのサービスプラザ及びプロミスATMで返済をすると手数料が無料です。

ネットバンキングなら24時間対応で振込手数料も無料

プロミスの返済方法に、「ネットバンキング」を利用した返済があります。パソコンやスマートフォンを利用して、インターネット接続ができれば「ネットバンキング」利用しましょう。

「ネットバンキング」であれば、24時間いつでも返済ができます。「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」「楽天銀行」「ジャパンネット銀行」「みずほ銀行」に普通預金口座を保有している人は、「ネットバンキング」を利用できるようにしておくと良いでしょう。

振込手数料も無料なので、「店頭」に行く手間もないため、インターネットでの返済はオススメです。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があればプロミスで決まり

「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」「楽天銀行」「ジャパンネット銀行」「みずほ銀行」の中でも、「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」に口座を持っている人は、プロミスを利用することを特にオススメします。

「口座振替(口フリ)」で返済をするようにしておくと、手間もなく入金を忘れるリスクも軽減されるため一番オススメな返済方法です。

「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」の場合は、お金をすぐに借りたいときにも便利で、即時振込キャッシング(瞬フリ)が24時間利用可能です。

プロミスはATM返済orインターネットどちらがお得なの

プロミスに一括返済をするときには、ATM返済とインターネットの振込ではどちらがお得なのでしょうか。ATMに足を運ばなくても24時間返済が可能な、インターネットを利用した返済がお得といえるでしょう。

「時は金なり」という言葉があるとおり、ATMに足を運ぶ手間がない分インターネットの返済がお得です。

【参考情報】(参考)プロミス限度額別返済額

30万 40万 50万 60万 70万 80万 90万 100万
11,000円 11,000円 13,000円 16,000円 18,000円 21,000円 21,000円 26,000円