アコム・プロミス・SMBCモビットを徹底比較!金利・審査通過率・融資時間でNo.1のカードローンはコレ

サイトマップ
カードローン110番 > プロミス徹底解説!審査、無利息、即日融資、メリットをどこよりも詳しく! > アコム・プロミス・SMBCモビットを徹底比較!金利・審査通過率・融資時間でNo.1のカードローンはコレ

アコム・プロミス・SMBCモビットを徹底比較!金利・審査通過率・融資時間でNo.1のカードローンはコレ

消費者金融を選ぶときにどのカードローンが自分に合っているか比較したいという方は少なくありません。テレビcmでおなじみのアコム、プロミス、SMBCモビットを金利・審査・融資までの時間という観点で比較していきます。

カードローンでお金を借りようと考えているときに、内緒で借りたい!いますぐ借りたい!低金利で借りたい!と考える方もいますよね。

それぞれのニーズに合わせて借り入れ先を選ばないと希望に添えないケースもあります。

このページを見て自分にあったカードローンを選ぶようにしてくださいね。

金利を徹底比較!最も低金利で借りられるのは?

カードローンの金利は実質年率という表現をされます。

金利は借りたお金に対してかかる利率のことですが、実質年率は金利と印紙代等の諸経費を含んだ利率です。

銀行カードローンに比べて消費者金融系は金利が高い傾向にあります。

しかしながら無利息サービスを採用して金利差を埋めている会社もあるので下記の表を参考にしながら金利を比較してみてください。

  アコム プロミス SMBCモビット
借入限度額 800万円 500万円 800万円
実質年率 3.0-18.0% 4.5-17.8% 3.0-18.0%
無利息期間 契約日から30日間 借入日から30日間 ×

金利を比較するときは上限金利で比べよう!

カードローンの金利を比べるときは”上限金利”を見ましょう。

上記の表で見ていただければ上限金利はプロミスが17.8%、アコム・SMBCモビットは18.0%です。

わずかではありますがプロミスの金利が低いということですね。

下限金利が適用されるケースはほとんどないので、上限金利で比較するようにしましょう。

消費者金融系は無利息サービスで対抗!

プロミスやアコムには30日の無利息期間が設けられていますが、SMBCモビットには無利息期間がありません。

無利息サービスを受けるためには、幾つかの条件があるので注意してくださいね。

プロミスの場合はプロミスを初めて利用する方に限り、メールアドレス登録とWeb明細利用で初回の借入日から30日間無利息となります。

アコムの場合は、アコムを初めて利用する方に限り、返済期間を「35日ごと」に設定すれば契約日から30日間無利息となります。

注目したいポイントは「借入日から30日間」「契約日から30日間」という違いです。契約の手続きからカード受け取りまで時間が掛かるときは知らないうちに無利息期間が過ぎているということになりかねません。

プロミスならそのような心配はありませんし、30日間しっかりと無利息サービスを受けられますよ。

プロミスの詳細はコチラ >>

審査通過率を徹底比較!誰もが知っている大手消費者金融は一番借りやすい!

カードローンの鬼門となるが”審査”ですよね。私でも本当に借りられるの?と不安に感じている方も多くいますし、どのような基準で審査が行われているかわからないものです。

“審査に通過した方”から”申し込んだ方”を割れば、審査に通過する割合が出てきます。

プロミス、アイフル、SMBCモビットの中で一番審査通過率が高いのは誰もが知っている大手消費者金融です。

約48%という水準は業界で最も高く、アルバイトやパートの方にも積極的に融資をしているカードローンと言えるでしょう。2016年のデータを表にしているので参考にしてみてください。

審査通過率一覧

  アコム プロミス SMBCモビット
新規申込数(2015) 462,434 472,507
新規顧客数(2015) 221,791 205,770
無利息期間 47,9% 43,5%

SMBCモビットはデータを公表していないため算出できませんでした。

消費者金融は総じて40%を超えているため、その付近になるのではないかと予測されますが、あくまで推測程度です。

比較してみると誰もが知っている大手消費者金融の審査通過率が高く、他社のサービスに比べて融資を受けやすいという結果がわかりました。

アコムの詳細はコチラ >>

銀行系より消費者金融系の方が審査通過率は高い理由とは

消費者金融は40%以上となっている一方で銀行カードローンは20%前後です。

銀行は個人向け融資だけでなく企業取引や住宅ローンなど多岐にわたります。

そのため個人向け融資で無茶をしてお金を貸すメリットがないわけですね。

しっかりと返済が見込める方にのみ融資を行っているでの審査通過率が低くなるというわけです。

一方で消費者金融は消費者金融は利用者にお金を貸すことだけに特化しているので、少しでも多くの方にお金を借りて欲しいわけですね。

そのため多少のリスクを取ったとしても審査通過率を高くしているというわけです。

強制解約や代位弁済等の経験があると審査落ちは必須

とはいえ誰でもお金を借りられるわけではありません。

過去に金融事故を起こしているケースや借入額が総量規制(年収の1/3)に達している場合はお金を借りられないでしょう。

細かい審査基準に関しては「プロミスの審査基準を徹底解説!今日中にお金が必要な人は必見!」にまとめているので参考にしてくださいね。

ただし返済に遅れてもヤクザに取り立てられるようなことはありません。

延滞が発生すれば自宅に督促状が届き、携帯電話へと連絡。3ヶ月近く延滞したときは信用情報に事故情報として記録されます。

以前はグレーゾーン金利と呼ばれる高金利を適用していましたが、利息制限法と出資法が整備され、取り立て環境も安全なものになりました。

信用情報機関もプライバシーの保護を最優先していますし、安全性は非常に高くなったといえるでしょう。

審査時間、融資時間を徹底比較!最速で借りられるのはプロミス!

カードローンでお金を借りるときに「早く借りたい!」という方は少なくありません。

アコム、プロミス、SMBCモビットともに最短30分審査としていますが、借り入れまでの時間を考えるならプロミスが一番早いといえるでしょう。

アコムとSMBCモビットは最短即日融資としていますが、プロミスは最短1時間融資としています。

スピード融資に力を入れていますし、土日祝日の融資にも対応。

三井住友銀行やジャパンネット銀行の預金口座を持っている方なら瞬フリというサービスも使えます(※瞬フリは会員限定のサービスです)。

プロミスの詳細はコチラ >>

現代では最短即日融資が基本となっている!

最近では消費者金融系だけでなく、銀行系も即日融資可能となりました。

しかしながら申し込む時間が遅くなれば銀行は開いていないので振り込み融資を受けられません。

夕方や土日に申し込んで即日融資を受けられるのが消費者金融の魅力といえるでしょう。銀行系は収入証明書不要で借りられる金額が高く、低金利で借りられるサービスが魅力です。

信用情報機関は「全国銀行個人信用情報センター」が担当しており、自動車ローンや住宅ローンのデータも共有されています。

利用限度額はそれらの情報も踏まえて決定されるので総量規制対象外だからといって高額融資が受けられるとは限りません。借入希望額が高額なときは注意してくださいね。

比較してわかった3社の魅力

アコムは当サイトからの申し込み&利用者数がNo1のため、超おすすめです。

無利息期間もあり、即日融資にも対応しているのも魅力ですよね。

SMBCモビットは“WEB完結申込み”が大きな魅力となっています。

社会保険証or組合保険証の提出に加えて、三井住友銀行or三菱東京UFJ銀行の預金口座が必要ですが、自宅への郵便物なし・職場連絡なし・カードレスでの利用となるため、誰にもばれずに借りられますよ。

在籍確認が不安な方や内緒でキャッシングしたい方にぜひおすすめしたいカードローンです。

プロミスの詳細はコチラ >>

トータルバランスのとれたカードローンがプロミス。最短1時間融資、30日の無利息サービス、他社より低い上限金利などすべてにおいてバランスの良いサービスが魅力です。借入先に迷っている方はプロミスを選んでおけば間違いないといえそうですね。

審査が不安ならアコム!とにかく急ぎならプロミスを選ぼう!

魅力を簡単にまとめると「審査が不安ならアコム」「内緒で借りたいときはSMBCモビット」「急ぎで借りたいならプロミス」といった具合でしょうか。

新生銀行カードローンレイク、三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンといった銀行カードローンも人気を集めています。

最低返済額も高めに設定されているので、負担が大きいのも苦しいですよね。とはいえ専業主婦や多重債務によって総量規制に到達している方は銀行系を利用しましょう。

ただし他社借入の件数が多いと審査に落ちやすいので注意してくださいね。

消費者金融は今日中にお金が必要な方にとって心強い味方です。適度な利用を心がけて、無理のないキャッシングをしてくださいね。

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>