学生や主婦がお金を借りるならアイフルとプロミスどっちがいいの?

サイトマップ
カードローン110番 > プロミス徹底解説!審査、無利息、即日融資、メリットをどこよりも詳しく! > 学生や主婦がお金を借りるならアイフルとプロミスどっちがいいの?

学生や主婦がお金を借りるならアイフルとプロミスどっちがいいの?

主婦や学生の方はキャッシングを利用するにあたり、本当に借りられるのか不安になりますよね。

アイフルやプロミスのテレビCMはよく見かけるものの、自分は借りられないだろうと諦めてしまう方も少なくありません。

学生や主婦の方でも申込者本人に収入があれば融資を受けられます。

ここではプロミスとアイフルを比較しながら学生や主婦がお金を借りる際のポイントを紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

学生でもアイフルやプロミスでお金を借りられるの?

まず学生がキャッシングする場合を見ていきます。

カードローンの申込条件は20歳以上としているところが多く、本人に安定収入がないと融資を受けられません。

アイフルやプロミスを比較すれば、プロミスなら問題ありませんが、アイフルの場合は学生融資不可としています。

そのためアイフルではお金を借りられないというのが実情です。学生がキャッシングする際はプロミスを選ぶようにしましょう。

20歳以上で本人に安定収入があれば申込可能

プロミスなら20歳以上であれば申込できます。アルバイトや派遣社員で安定収入があれば問題ありません。

給料が少なくても審査に通過する可能性はありますし、勤続年数が1年以上であれば審査通過率も高まります。金額も大切ですが、継続的に収入がある方なら審査に通る可能性が高いですよ。

正社員に登用されてからキャッシングに申し込めば、より高額融資へと繋がる傾向にあります。雇用形態が不安な方は勤続年数を6ヶ月以上にしてから申し込むようにしてください。

また本当に勤めているかどうかを調べる目的で在籍確認が行われます。アルバイト先に電話がかかってくるので不安な方はクレジットカードを作った等の理由を伝えておきましょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

審査に落ちるのは長期延滞の経験や安定した収入がない方

スマートフォンの端末代金を延滞していた方や収入が不安定な方は審査に落ちやすい傾向があります。

特に端末代金やクレジットカードで長期延滞の経験がある方は審査に落ちる可能性が高く、即審査落ちとなるでしょう。

アルバイトや派遣社員で所得が不安定と判断されれば審査に落ちやすくなります。

学生はアルバイトが変わりやすく、就職活動により収入が著しく下がるケースもあるので少額融資となるケースが多いようです。

学生はいくらくらい借りられるの?

学生の場合は10万円が限度額となるでしょう。

プロミスやアコムといった消費者金融ではリスクの大きい顧客に対して高額融資をするケースはありません。

借りられたとしても20万円までが精一杯です。

学生が30万円まで借りようと思えばそれなりに所得がないといけません。どうしても高額融資を受けたいという方は銀行カードローンを検討してみても良いかもしれませんね。

審査通過率は低いですが、審査にクリアできればまとまったお金を借りられる可能性がありますよ。

申込みはこちら

レイクの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>

親バレせずにキャッシングできる?

プロミスはカードレス(※対象金融機関は200行以上あります。)での利用が可能。加えて自宅への郵便物なしでお金を借りられます。

Web完結申込(※対象金融機関は200行以上あります。)で手続きをしておけば、自宅にいながらすべての手続きが完結するので誰にもばれずにキャッシングできますよ。

親バレせずにプロミスで借りるには、公式HPへいき「フル入力でお申し込み」を選びます。

そして契約方法は「Web」、受取方法も「パソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選んでください。

あとはスマートフォンで書類を提出すればOKです。審査に通過すればプロミスからメールが来るのでWeb上で手続きを済ませましょう。

会員サービスにログインし、指定口座に振込依頼をすれば現金が振り込まれます。預金通帳を見られると気付かれるので、カードレスで利用する際は自分が通帳を管理している口座を使ってくださいね。

同意書は必要ない

未成年の方がキャッシングする際は親の同意書が必要になりますが、プロミスは20歳以上の方しか申し込めないため同意書は必要ありません。

ただし一人の成人として融資を行うので借りすぎには注意してくださいね。

電話連絡先を携帯電話にしておけば自宅に電話がかかってくることはありません。しかし返済日に遅れると督促の電話がかかってくるので期日どおりに返済してくださいね。

遅延損害金が発生するだけでなく、親バレの原因となるので返済には細心の注意を払いましょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

学生がキャッシングするときの注意点

学生に限らずお金を借りる際の注意点は借りすぎに注意するということです。借りたからには返済しないといけません。

学生だからといって返済の義務がなくなるわけではありませんし、あくまで自己責任となります。

返済が遅れれば信用情報に傷がつき新しい借入やクレジットの契約ができないということにもなりかねません。

金融事故を起こせば勤務先への電話や自宅訪問もないとは限らないので適度な利用を心がけてくださいね。

主婦でもアイフルやプロミスで借りられるの?

主婦は本人に安定した収入さえあれば申し込み可能となっています。

高額収入である必要はなく、継続した収入が約束されていれば問題ありません。

ただし消費者金融には年収の1/3までしか借りられないという借り入れ制限があります。

そのため専業主婦や無職の方はお金を借りられないので注意してくださいね。

配偶者貸付を適用しているのは中小の消費者金融

消費者金融には配偶者貸付という制度があります。これは配偶者の所得との世帯年収を申込者の所得にできるというものです。

わかりやすく言えば、夫が年収450万円、あなたが年収150万円とした場合、通常のキャッシングでは50万円までしか借りられませんが、

配偶者貸付を適用すれば200万円まで借りられる可能性があるというわけですね。

配偶者貸付を行うためには、婚姻関係であることを証明する書類や配偶者の同意書が必要になります。

またプロミス、アイフルといった大手消費者金融は配偶者貸付が使えません。配偶者貸付を実施している消費者金融は「アスカ」「レディースフタバ」「ベルーナノーティス」「キャネット」です。この制度を使ってお金を借りた場合は配偶者の信用情報も確認されるので、その点は頭に入れておきましょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

パートやアルバイトをしている方ならアイフルやプロミスで借入可能

主婦でもパートやアルバイトによって収入があれば問題ありません。

非正規雇用の方は正社員に比べて融資額が少なくなりがちですが、即審査落ちということはないでしょう。

またプロミスには女性専用のプロミスレディースという商品もあります。

プロミスレディースは電話の担当者が全員女性となっており、男性相手だとうまく話せないという利用者の方にぴったりのサービスです。女性特有の悩みも相談できるので活用してみてくださいね。

学生や主婦がキャッシングする際はどっちがいいの?

学生や主婦がキャッシングするならプロミスがおすすめです。

審査通過率だけみればアイフルの方が優れていますが、プロミスは最短1時間で融資を可能としており、初回借入から30日間無利息となっています(※メールアドレス登録とWeb明細利用が必要)。

また瞬フリやレディースローンなどのサービスが充実している点も魅力的なポイントです。

三井住友フィナンシャルグループの傘下として、様々な金融機関の保証会社をしているという安心感もうれしいですよね。

お互い貸金業者のため50万円を超える融資を希望する際は収入証明書が必要となりますが、50万円以下なら本人確認書類だけで問題ありません。

運転免許証やパスポートが書類として認められているので、忘れないようにしてくださいね。

レジャーや娯楽目的で使うのは、審査に影響を及ぼす可能性があるのでおすすめできません。もし特別な理由がなければ生活費を理由に申し込むのもよいでしょう。

返済計画の見通しがあるかどうかが重要視されるのであまり身勝手な目的で借りないほうがよいというわけですね。

融資スピードや無利息サービス等はプロミスの方が優れている

融資までの時間を比較して見ましょう。

アイフルは最短即日融資に対してプロミスは最短1時間融資です。Web上ですべての手続きを完結できますし、カードレスでの利用ができるという点も魅力といえます。

※対象金融機関は200行以上あります。

また学生の方はアイフルで借りられません。プロミスの方がサービス面でも優れていますし、おすすめできるというわけです。

申込方法はインターネット、店頭、自動契約機、電話、郵送があるので、自分にあった方法で手続きをしてくださいね。


プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>