プロミスの自動契約機を利用するポイントとは?

サイトマップ

プロミスの自動契約機を利用するポイントとは?

人目に付かずにお金を借りたい。面接せずに契約したい。そんな方におすすめなのが、自動契約機です。

プロミスをはじめ大手消費者金融では、大通りや駅前等アクセス良好な場所に自動契約機を設置しており、本店舗に行かなくてもスピーティにカードローン契約を行えます。

自動契約機のここがすごい!

プロミスの申込方法には、ネット申込や電話申し込みなどの方法があり、自宅に居ながらキャッシング契約を結ぶことも可能です。

しかし、ローンカードの受取方法が郵送ですと、キャッシングを利用できるまで数日かかってしまいます。

ウェブ契約の場合、最短即日で振込融資も可能ですが、所定の時間を過ぎてしまうと翌営業日の振込となります。

振込融資の時間に間に合わないという場合には、プロミス本店舗の店舗(お客様サービスプラザ)か、自動契約機で手続きを行えば、即日融資の可能性も高まります。

店舗窓口の受付時間は10:00~18:00※店舗により営業時間、休日が異なります。そして直接担当者と対面しなくてはならないというデメリットがありますが、自動契約機なら土日祝日も含めて9:00~22:00(※一部21時)もあります。まで受付しているので、週末に急遽お金が必要になった方でも安心ですし、担当者と対面する必要もありません。

自動契約機とは無人店舗のことであり、申し込みから審査、書類提出、カード受取まで、必要な手続きをすべて行うことができます。

オペレーターと繋がっており、オペレーター側から顧客を見ることはできますが、あくまでカメラ越しです。タッチパネルを操作し、書類提出もすべて機械を介して行います。

個室ですので、他の顧客に自分の個人情報を知られる心配もありません。

ただし、一部店舗では受付時間が異なりますので、公式サイトの「店舗・ATM検索画面」で確認してから行きましょう。

プロミスは、三井住友銀行のSMBCローン契約機(受付時間9時~21時・土日祝日可)でも申し込み・契約手続き可能です。

プロミスの無人店舗に出入りする姿を見られたくないという方は、SMBCローン契約機を利用しましょう。必要書類の種類や手続きの流れなどは変わりません。

プロミスの詳細はコチラ >>

自動契約機に行く前にやること

自動契約機に行く前に、ネットで申込フォーム(申込書)に記載し、審査回答を得ておくと、自動契約機での滞在時間を短縮できます。自動契約機でも申込み手続きできますが、必ずしも審査に通過するとは限りません。

プロミスの審査通過率は40%前後であり、アコム、アイフルに次いで高い通過率を誇りますが、審査では様々な要素をチェックします。

思いがけない理由で審査に落ちる場合もありますので、念のために事前に審査を済ませた方がよいでしょう。

自動契約機では審査を受けた場合、回答が出るまで数十分間やることがなく退屈になってしまうというのも、事前審査をおすすめする理由です。

プロミスの審査回答は最短30分ですが、混雑状況によっては1~2時間かかることも少なくありません。

勤務先への在籍確認も行いますので、勤務先の営業時間が過ぎている場合は、翌営業日に審査が繰り越しになります。

在籍確認は電話で行われますが、申込者本人が電話に出る必要はありません。勤務先の誰かが、申込者の在籍(会社に所属していること)を証言してくれれば終了ですので、特に何か準備することもありません。

必要書類を用意する

審査に通過したら、指定した連絡先(携帯電話など)に電話がかかってきて、借入限度額を告げられます。

問題がなければ、必要書類を提出して、正式契約となります。

必要書類とは、本人確認書類と収入証明書類となります。

必要書類を「運転免許証(運転免許証をお持ちでない方は、パスポートをご用意ください。)※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください。

※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。

※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。 」にご変更頂けますようお願い致します。なお記載の順序や文言は、意味が同じであれば変更いただいても問題ございません。

プロミスの詳細はコチラ >>

勤務先の情報などもメモしておく

申し込み方法を自動契約機にする場合は、勤務先の正式名称、電話番号、郵便番号、住所、社員数などを聞かれますので、事前にメモしておきましょう。

他社からの借入金額、借入件数も聞かれますので、分からない場合は各社の会員サイトなどで確認しておきます。

曖昧な記憶で間違った情報を入力しまうと、それが原因で審査に落ちる場合もあります。

また、自動契約機の契約時間も最短30分となっていますが、それは事前にネット申込みを行った場合です。

一から手続きする場合は30分以上かかると思われます。人によって審査時間は変わりますが、1時間は余裕を持って行きましょう。

審査に通過した後は?

審査に通過した後は、自動契約機などで書類提出を行い、正式契約となります(書類に不備がない場合)。

そしてカード発行により、プロミスATMや提携ATMで自由にキャッシングすることができます。返済は月に1回、約定返済日(5日・15日・25日・末日)までに行います。

初回借入日に応じて、初回返済日が変わりますので注意しましょう。

口座振替にする場合、三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の金融機関を指定口座にした場合、返済日は毎月5日になります。

返済方法は、口座振替、ATM返済、店頭返済、ネット返済などがあります。おすすめは、会員サイトから24時間無料で返済手続きを行えるネット返済です。

ネット返済であれば、毎月の返済額(約定返済額以上)を自由に決めることができますし、随時返済もボタン1つで行えます。

PC、携帯、スマートフォンがあれば、どこにいても返済可能ですし、振込処理も瞬時に反映されます。

ただし、プロミスのネット返済を利用するには、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、楽天銀行のいずれかのインターネットバンキングに登録している必要があります。

ATM返済も自由度の高い返済方法ですが、プロミスATM、三井住友銀行ATM以外の提携ATMでは、108円~216円の手数料がかかります。

銀行カードローンなら総量規制対象外

プロミスの詳細はコチラ >>


プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>