銀行カードローンが狙い目って本当?その3つの理由とは

サイトマップ
カードローン110番 > キャッシングお役立ち情報 > 銀行カードローンが狙い目って本当?その3つの理由とは

銀行カードローンが狙い目って本当?その3つの理由とは

カードローンを取り扱う金融機関には、主に銀行、消費者金融(サラリーマン金融)、信販会社(クレジットカード会社)があります。

この中でもっとも審査が厳しいのが銀行ですが、カードローンの需要の増加、銀行と消費者金融との提携、審査精度の向上等の理由により、銀行カードローンの敷居は以前よりも低くなりました。

さらに銀行は総量規制の対象外ですので、大きな金額を借りたい方にとって、銀行がもっとも効率的に借りられます。

銀行は他の金融機関よりも金利が低いですから、カードローンを利用しようと思ったら、まずは銀行を検討してみましょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

審査に通りやすい銀行カードローンとは?

銀行には様々なローン商品がありますが、銀行カードローンはその中でもっとも審査が緩く、申し込みやすい商品です。

以前の銀行カードローンは、「年収200万円以上」「会社員・公務員のみ」など、年収や働き方に一定の条件があることが多かったですが、現在は消費者金融と同じく、正社員・非正社員を問わず申込受付しています。

アルバイトでも毎月安定した収入があれば、銀行カードローンは狙い目といえます。

  • ネット銀行、メガバンクが狙い目

ただし、銀行によって審査基準に差があります。

銀行には、都市銀行、地方銀行、ネット銀行などがありますが、この中でも特に審査に通りやすいのがネット銀行です。

ネット銀行は、実店舗を持たないネットサービス専用の銀行であり、余計なコストがかからない分金利も低めです。

ネット銀行には、ジャパンネット銀行、楽天銀行、イオン銀行住信SBIネット銀行などがあります。

ネット銀行は、店頭窓口に行かなくてもネットとATMだけですべての取引を完了できる、振込手数料が一般の銀行より安い、預金の不正利用について補償されるなど、多数のメリットがあります。

  • ネット銀行の注意点

ただし、ネット銀行のカードローンで注意したいのが、ネット銀行は途上与信が多く、解約される可能性が他の銀行よりも高いということです。

個人信用情報機関に問い合わせて利用者の信用情報(カードローンの利用状況、返済状況など)を確認することを与信審査といいます。

カードローンの更新期間には、必ず与信審査が行われますが、更新期間前でも定期的に与信審査が行われることがあります。

それが途上与信です。

銀行は全般的に途上与信が多いのですが、中でもネット銀行は途上与信の期間が短く、利用状況の細かな変化に気付きやすいです。

遅延・延滞を起こしていなくても、他社のローンを新規に契約したり、利用可能枠をフルに使用したりすると、お金に困っている人と判断されて解約される可能性があります。

ネット銀行を利用する際は、余裕を持って利用することが大切です。

  • メガバンクとは?

ネット銀行の次に審査に通りやすいのはメガバンクです。

メガバンクは、全国展開している都市銀行のことであり、特に三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行は、三大メガバンクとして知られています。

銀行の中でも敷居が低く、アルバイト・パートでも申込可能です。ネット銀行ほど利用状況の変化に敏感ではありませんので、継続的に利用したい方におすすめです。

プロミスの詳細はコチラ >>

銀行カードローンの審査のポイント

銀行カードローンの審査方法は、消費者金融系と同じくスコアリング審査です。

1つ1つの回答に点数が振り分けられており、合計点数で融資の可否と限度額が決められます。

申込条件で年収や勤務形態などに言及していなくても、当然属性の高い人ほど審査に通りやすくなります。

銀行カードローンでチェックされる項目は20~30個ありますが、特に重視される年収、信用情報、勤続年数です。

ポイントを分かっていれば、銀行の審査も怖くありません。

  • 年収

年収は返済能力の基本ですから、当然高い方がよくなります。

ただし、自営業や土木関係など、時期によって収入が変化する職業ですと、収入の安定性に欠けます。

カードローンの申込要件には「安定した収入」とありますが、安定した収入とは、将来に渡って継続的に得られる収入のことです。

年収が低くても、時給制で確実に収入を得られるアルバイトの方が信用されることもあります。

借入金額に対して十分な返済能力があればよいので、10万円などの少額借り入れであれば、年収が少なくても審査に通る可能性があります。

  • 信用情報

全体的な属性が高くても、金銭管理に問題があり、遅延・延滞を起こしてしまう方もいます。

年収が高いと生活レベルを上げようとして、高い住宅ローンを組んでしまうなど、支出が増大する傾向がありますし、カードローンの限度額も多く付与されやすいので、借り過ぎてしまい債務整理一歩手前ということもあります。

金融機関ではそのような問題を発見するために、信用情報を利用します。信用情報を見れば、他社の借入金額も分かりますので、借り過ぎかどうか判断できます。

借入件数が2件以上になると、銀行の審査は厳しくなります。おまとめローンを利用する場合も、借入件数が少ない方が評価は高くなります。

  • 勤続年数

先述したように自営業など収入にムラのある職業は評価を受けにくいですが、会社員であっても勤続年数が1年未満ですと、転職する可能性が高いと見なされて、審査に通らないことがあります。

職種によって離職率に差がありますが、どの職種であっても勤続年数が長くなるほど離職率は低くなりますので、勤続年数が長い人ほど「安定した収入」があると見なされます。

ちなみに、会社によって離職率に差がありますが、そのような情報もカードローン会社でデータの蓄積が行われておりますので、年収が同じでも勤務先の評価によって評価に違いが出てきます。

  • 消費者金融なら1年未満でも通りやすい

消費者金融の場合、勤続年数1年未満でも審査に通る方は多いです。

銀行カードローンの審査に落ちてしまった方は、アコムなど消費者金融の審査を受けてみましょう。

ちなみに、勤続期間が1ヵ月でも、1ヵ月の収入×12ヶ月の金額を「年収」として申告できます。

転職により年収が低くなる方、勤続年数がリセットされる方は、転職前にカードローンの審査を受けた方がよいでしょう。

ただし、返済能力が低くなることを考慮して利用限度額を設定しましょう。

アコムの詳細はコチラ >>

  • 審査に通りやすい期間とは?

銀行は株式会社であり、その多くが上場しています。

上場企業の多くは3月を決算、9月を中間決算としており、この時期になると決算の数字をよくするため、社員にノルマを課すなどして追い込みがかけられます。

大手消費者金融や信販会社も同様です。

カードローンの場合、少しでも多くの融資実績を作るため、新規顧客獲得に熱心になります。

通常だと審査に通るか微妙という方も、あまり追求されずに審査に通ることもあります。

この時期はキャンペーンも多く行われますが、キャンペーンを実施しているのは、一人でも多く顧客が欲しいという表れですので、キャンペーンをしているカードローンを狙うというのもありでしょう。

  • 再審査で通る場合も

カードローンの評価基準は一定ではなく時代とともに変化します。

申込人自身の属性も変わりますので、以前は審査に通らなかったという方も、再審査を受けると通る可能性があります。

ただし、信用情報の申込履歴・審査履歴が更新されるまで半年かかりますので、再審査を申し込むなら半年後を目安にした方がよいでしょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

銀行カードローンは総量規制の対象外

銀行カードローンは、すべて総量規制対象外です。総量規制とは、貸付制限のことです。

貸金業者が個人に対して無担保貸付を行う場合、個人の年収の3分の1以上貸付してはならないという規制であり、貸金業法によって定められています。

総量規制の生まれた背景には、貸金業者の過剰貸付によって返済できない借金を抱えてしまい、破綻する方が続出したという問題があります。

そのため、消費者金融や信販会社などの貸金業者は、総量規制によって多くの金額を融資することはできません(たとえ利用者が希望しても)。

しかし、銀行は銀行法で運営されているので、貸金業法とは関係なく、総量規制も適用さません。

つまり、銀行独自の判断により、年収の3分の1以上融資を受けることも可能になります。

実際、銀行カードローンで年収の半分以上融資される方もいます。銀行の方が金利も低いですので、高額借入を希望する方は銀行カードローンがおすすめです。

  • 消費者金融でもおまとめローンなら対象外

ただし、消費者金融でもおまとめローンであれば、総量規制の対象外となります。

すべてのおまとめローンが対象外となるわけではなく、一本化することで金利が下がる、もしくは毎月の返済額が減るなど、利用者にとってメリットのある契約のみとなります。

中小サラリーマン金融ですと、しばしばこの基準を満たさないおまとめローンがありますので、おまとめという名前だけじゃなくその内容も確認しましょう。

毎月の返済金額が減っても、返済期間が延びて返済総額が増えることもありますので、契約前によく返済計画を立てましょう。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

銀行カードローンのデメリットは?

以上、銀行カードローンが狙い目の理由になりますが、銀行カードローンのデメリットについても触れておきましょう。銀行カードローンのデメリットはなにより、融資までに時間がかかりやすいことです。

その理由としては主に、銀行と保証会社の二重審査体制であること、口座開設が必要になることが挙げられます。

  • 保証会社とは?

保証会社とは、保証人の会社バージョンであり、申込人は銀行と契約している保証会社の審査を受けることとなります。

保証料は金利に含まれているので、別途支払う必要はありません。

消費者金融は保証会社がないため、その場で融資の可否を決めることができますが、銀行だと二重のチェックが入りますので、少々時間がかかります。

しかし、中には最短30分で審査回答という銀行カードローンもあります。以下は、有名カードローンの審査時間を比較した表になります。

カードローン名 金利
三井住友銀行カードローン 最短30分
※ローン契約機で即日融資可能
三菱東京UFJ銀行
(バンクイック)
最短30分
※テレビ窓口で即日融資可能
(要運転免許証)
みずほ銀行 最短即日
※みずほ銀行の口座があれば即日融資可能
楽天銀行 最短即日
※みずほ銀行の口座があれば即日融資可能
アコム 最短30分
※むじんくんで即日融資可能
即日振込にも対応

  • 口座開設が必要になる場合も

銀行カードローンの多くは、本契約までにその銀行の口座を開設する必要があります。

振込用口座、返済用口座として自社の口座を使用するため、口座がない方は新規開設する必要がありますが、近くに店舗がない場合、郵送での手続きになります。

審査回答が早くても、郵送手続きで1週間ほど時間がかかってしまう場合もあります。

しかし、中には口座不要で取引できる銀行カードローンもあります。

たとえばバンクイックでは、自動引落しを行わずに提携ATMで返済する場合、口座不要で契約できます。

余計な口座を増やしたくない方、すぐに融資を受けたい方におすすめです。

バンクイックは融資限度額100万円までは収入証明書不要なので、必要書類が少なくて済みますし、銀行ATMの利用手数料も無料なのでATMを使うデメリットも解消されます。

プロミスの詳細はコチラ >>


プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>