小額キャッシングに最適なカードローンとは?

サイトマップ
カードローン110番 > キャッシングお役立ち情報 > 小額キャッシングに最適なカードローンとは?

小額キャッシングに最適なカードローンとは?

キャッシングの多くは1,000円単位、1万円単位で借入可能であり、給料日前の金欠をカバーするため、クレジットカードの支払日に間に合わせるために、少しだけ借りたいという方の要望を満たすことができます。

ただし、キャッシングによっては、利息よりもATM手数料がかかってしまう、土日の融資に対応できないなど、サービス内容に違いがあります。

ここでは、小額キャッシングに特化しているカードローンを紹介したいと思います。

コンビにATM手数料無料

キャッシングの多くは、コンビになどの提携ATMで手数料がかかります。1回借り入れするたびに何百円も手数料を取られていては、借りることに抵抗が生じます。定期的にキャッシングする方であれば、手数料だけでかなりの負担になるでしょう。

そこでおすすめなのが、オリックス銀行カードローンのように、提携ATM手数料が0円になるカードローンです。

オリックス銀行は、セブン銀行、イーネット、ローソンATMなどのコンビにATMに加えて、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行などと提携しており、時間外手数料もかかりません。

オリックス銀行はもともと、「前年度の年収200万円以上」の申込者を対象としており、自営業やアルバイトの方には少々敷居の高いローンでしたが、2014年10月31日より、年収制限が撤廃され、収入に関わらず申し込めるようになりました。

年収100万円台の方でも審査に通過したという口コミも多いです。

また、振込キャッシングも行っており、ジャパンネット銀行口座への振込であれば、土日祝日に関わらず即時振込となります(受付時間0:10~23:50)。

それ以外の金融機関でも、平日0:10~15:00の手続きであれば、即日振込となります。

オリックス銀行では、「登録口座」と「振込専用口座」の2つの口座を登録できるので、利用者の用途に応じて口座を使い分けることができます。

借入限度額800円、毎月の返済額は7,000円からであり、銀行系の中でも扱いやすいローンといえます。ただし、金利は年3.0%~17.8%であり、上限金利は消費者金融に近い設定となります。

消費者金融でATM無料になるのは?

ATM手数料がお得になるのは、主に銀行系カードローンですが、消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の場合、同じ三井住友フィナンシャルグループである三井住友銀行のATM利用手数料が0円になります。

さらにポイントを貯めて、他の提携ATM手数料も無料にできます。

融資スピードも早く、金利も年4.5%~17.8%と他の消費者金融より低めです。限度額500万円ですので、余裕を持って利用できます。

プロミスの詳細はコチラ >>

何度でも使える無利息サービス

毎月給料日前に金欠になる人におすすめのカードローンがあります。それは、新生銀行グループの消費者金融、ノーローンです。

ノーローンには、ある条件を満たすことで何度でも無利息期間が適用される「1週間無利息」というサービスがあります。

一般的な無利息サービスは、初回限定1回切りのサービスですが、ノーローンでは残高を完済することで、その翌月の借入にも「1週間無利息」が自動で適用されます。

毎月10日が給料日なのに毎回5日頃に資金不足に陥るという方は、5日頃に借入して10日の給料日に一括返済することで、利息が0円になります。

完済しているので、その翌月も同様に利用して利息0円になります。うまく使えば、毎月利息0円で借入できます。わざわざ業者に報告する必要はありません。

また、ATM返済ですと多くの場合1,000円単位の返済になりますので、端数が残る場合もありますが、500円未満であれば「完済」扱いになります。

翌月に無利息サービスが利用できるのはもちろん、残高に利息がかからず、返済期限も設定されません。

次回利用時に精算しますので、そのまま放置しても大丈夫です。ATM返済では利用明細書がその場で発行されますが、残高500円未満の場合、「残高」の欄には何も書かれません。

もしも金額が表示されている場合は、完済扱いになっていないということですので注意しましょう。

端数が500円以上になる場合は、1,000円多めに返済すると一括返済になり、余分に入金した分は次回利用時に差し引かれます。

たとえば、残高1,600円で2,000円を返済した場合、残高は-400円となり、次回1万円借りた場合に400円差し引かれて、残高9,600円となります。

ただし、ノーローンの提携ATMは、レイクATMを除いてすべて有料であり、1万円以下の入出金で108円、1万円超の入出金で216円の手数料が発生します(新生銀行ATMを含む)。

レイクATMであれば、時間外手数料もかからず、端数精算も可能ですのできっちり一括返済できますので、ATM返済を利用する方は、まずレイクATMが近くにあるかチェックしましょう。

楽天銀行口座があればノーローンの返済手数料無料

銀行振込であれば1円単位で返済することもできますが、指定銀行口座への振込手数料が発生します。

ただし、楽天銀行に口座がある方は、会員サイトから手数料無料で返済できます。その場合、ノーローンの会員サイト(PC・携帯)にログインし、楽天銀行口座から指定銀行口座への返済手続きを行います。

楽天銀行はネット銀行であり、コンビニATMなどから入金する場合、手数料が発生します。

しかし、給与の受取口座に楽天銀行を指定すれば自動的に入金されますので、そこからノーローンの指定口座に返済すれば、手数料はかかりません。

ちなみに、楽天口座を給与の受取口座にすると、他行宛振込手数料が3~5回無料になります。

ノーローンから楽天銀行口座への振込も24時間365日可能(一部メンテナンス時間を除く)ですし、ノーローンで利息を支払った場合は、利息の金額に応じて楽天スーパーポイントを獲得できるので、高額借入で利息が1,000円以上発生してしまう方には、少々お得になります。

ただし、ノーローンは消費者金融ですので、50万円を超える借り入れでは収入証明書が必要になります。限度額300万円、金利は年4.9%~18.0%と、スペックも一般的です。

銀行系カードローンですと自社の銀行名を名乗ることが一般的ですが、ノーローンの在籍確認では新生銀行とは名乗らず、他の消費者金融と同じように担当者の個人名で電話をかけます。


プロミスの詳細はコチラ >>