郵送物なしでキャッシングするテクニックとは?

サイトマップ
カードローン110番 > キャッシングお役立ち情報 > 郵送物なしでキャッシングするテクニックとは?

郵送物なしでキャッシングするテクニックとは?

誰にもバレずにキャッシングをしたいのに、郵送物なんて送らないで欲しいですよね。

郵送物なしでキャッシングする方法は2つあります。

  1. 自動契約機でカードを発行する
  2. カードレスのローンを利用する

この記事では郵送物なしでバレずにキャッシングする方法と、それが可能なカードローン会社を解説します。

【目 次】
  1. 自動契約機でカードを発行する
  2. カードレスのカードローンを利用する
  3. 郵送物なしでも借入可能な銀行カードローン
  4. 郵送物なしでキャッシング可能な消費者金融
  5. 郵送物なしのカードローンでも郵送物が届く場合があるの?
  6. プロミスなら家族バレ対策万全

プロミスの詳細はコチラ >>

自動契約機でカードを発行する

大手消費者金融、そして一部の銀行カードローンは、スタッフのいない自動契約機を全国各地に設置しています。

大通りや駅前など、身近な所で見かけたという方も多いでしょう。自動契約機では、申込、審査、書類提出、契約書交付、ローンカードの発行と、所定の手続きをすべて一度に行うことができます。

スタッフの姿は見えませんが、テレビ電話などでオペレーターと繋がっており、店頭窓口と同じように相談しながら手続きできます。

基本的に、指示に従って書類を提出したり、タッチパネルを操作したりするだけですので、難しいことはありません。

全国に無人契約機を設置している金融機関としては、アコム(むじんくん)、プロミス、三井住友銀行カードローン(ローン契約機)、バンクイック(テレビ窓口)、SMBCモビット、レイク、ノーローンなどがあります。レイクとノーローンは同じ新生銀行グループですので、ノーローンもレイクの無人契約機を使用できます。

Web契約なら、パソコンや携帯から公式サイトにアクセスして申し込むことができるので、わざわざ店舗に行かなくても審査を受けることができます。

電話申込も可能ですが、オペレーターと喋るよりも申込フォームに必要事項を記入していく方が楽という方が多いでしょう。

審査時間は大体30分~1時間であり、即日回答が基本です(申込時間帯によっては翌営業に審査回答が繰り越されます)。

審査に通ると、電話又はメールで結果が連絡されます。その時に、カードの受け取り方法を郵送にするか、店頭又は自動契約機で受け取るか選択できます。

自動契約機に行けば、契約書もローンカードも受け取ることができるので、自宅には何も郵送されません。

ただし、利用明細書の受け取りを会員サイトで確認できる「ウェブ明細」にしておかないと、明細書が届いてしまう場合があります。

申し込みの際に、ウェブ明細にチェックを入れるのを忘れないようにしましょう(もともと明細書を郵送しない金融機関もあります)。提携ATMで借り入れした場合、基本的に明細書はその場で発行されるので、自宅に送られることはありません。

通帳を家族が管理している場合、銀行振込や口座振替で返済すると、通帳に履歴が付いてしまいますので、家族バレする可能性が高まります。

ATM返済にしておけば、通帳に履歴が付きませんので、家族に見られても安心です。

アコムの詳細はコチラ >>

カードレスのカードローンを利用する

郵送物のうち、契約書についてはネットで交付できますが、ローンカードは直接受け取らなくてはなりませんので、郵送や自動契約機という選択肢が生まれます。

しかし、カードレスで取引できるカードローンを選択すれば、ローンカードの受け取り自体も必要ありません。

たとえば、SMBCモビット「Web完結申込」では、ローンカードを発行せず、カードレスで取引できます。

勤務先への電話連絡なしなので、会社に電話して欲しくないという方にもおすすめです。ただし、三菱東京UFJ銀行か、三井住友銀行の普通金口座を持っている方限定のサービスであり、他の銀行口座を指定する場合、通常通り、郵送か自動契約機での受け取りとなります。

「カードがないと借り入れできないのでは?」と思われるかもしれませんが、会員サイトから手続きすることで、指定口座にお金を振り込んでもらえます。

三井住友銀行の利用者であれば、三井住友銀行のキャッシュカードにローン機能を追加することで、ローンカードを発行しないという選択肢もあります。

三井住友銀行カードローンに申し込み、振替口座を三井住友銀行に指定すると、キャッシュカード一体型を選択できます。

一体型でもキャッシングの方法は変わりません。

提携ATMにカードを入れると、「預け入れ」「引き出し」などの項目とともに「カードローン」という項目が出てきますので、そちらをタッチするだけです。

プロミスの詳細はコチラ >>

郵送物があると覚悟しておくべき銀行カードローン

カードローン契約をする場合、周りの人にバレずに契約手続きを完了したいという人は多いのではないでしょうか?職場の同僚や友人はおろか、家族に内緒で借入の申し込みをしている人もいらっしゃるかと思います。

誰にも会わずに申し込みをしたいため、

  • WEB完結という申し込み方法で申し込む
  • 振込キャッシングによって融資を受ける
  • 利用状況の確認はWeb明細で行う

などをしている人がいらっしゃいます。

また、消費者金融業者のカードローン申込では、来店契約不要で無人契約機を利用したものも多く、外出先で借り入れする場合もカードローン専用カードがあれば人に見られずに借り入れすることが可能です。

しかし、金融会社によっては督促状だけでなく、申込書や契約内容の確認連絡などの郵便物を自宅に送るカードローン会社もあるので、仮に本人限定郵便だとしても申込者が気を付けておく必要があります。

ここでは低金利カードローンである銀行系カードローンで、郵便物ありの業者と郵便物なしの業者を、具体的な銀行名も含めた「カードローンまとめ」として紹介します。

まずは郵送物ありのカードローン関係銀行から見て行きましょう。

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンの場合は、「イオン銀行」と書かれた封筒でローン用カードが届きます。

銀行名の封筒なので、それだけではカードローンであることは分かりませんが、勝手に銀行口座を開設したことを問い詰められないように事前に言っておくほうが無難でしょう。

また、家族が勝手に開封してしまわないように、事前にコミニケーションを取っておくと良いかと思います。

申込みはこちら

楽天銀行カードローン

楽天銀行も銀行名が書かれた封筒で自宅に郵送物が届きます。

楽天銀行の場合は確認通知のはがきも届くので、家族にバレたくない場合にはこまめに郵便物をチェックしておく必要があります。

はがきはシークレット通知として届くため、プライバシーには配慮されいますが、シークレット通知であるために逆に家族に内容を聞かれる可能性もありますので、言い訳を準備しておくと良いでしょう。

ちなみに、はがき以外の郵送物は勤務先を送り先に指定することも可能です。

勤務先であれば勝手に中身を空けられる心配もないのでおすすめの方法です。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローンの場合は、本人受取限定郵便で関係書類とキャッシュカードが送られてきますので、プライバシーへの配慮はしっかりとしているといえるでしょう。

ただし、家族が間違えて開封したり、勝手に開けたりする可能性がある場合には事前に対策を講じておく必要があります。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンも中身を開封しないかぎりカードローンに申し込んだことは分からないように配慮がなされていますが、郵送物が2通届くため、家族に開けられないように注意が必要です。

なるべくご自身で郵送物を取れるようにこまめに郵便ポストをチェックするか、家族に取られても開封されないように話しておく必要があるでしょう。

りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローンは郵送物が頻繁に届くため、家族にバレずに借りたい人にとってはハイリスクといえるかも知れません。

郵送物は3カ月ごとに送られてくるので、家族にバレたくない人は気を抜くことはできないでしょう。

これは所在確認の意味で行っていることで、逆にいうとそれだけきっちりとしているということですので、その対応ぶりには安心感があるとみなすことはできるでしょう。

いずれにせよ、定期的に郵便物が送られてくるということは知っておきましょう。

東京スター銀行

東京スター銀行の場合も銀行名が入った封筒が届きます。

東京スター銀行の場合はカードローン審査の結果や、契約完了後のキャッシュカードなど、カード受け取りも含めて郵便で届くため、複数回の郵便物が送られることになります。

家族にバレたくない人は、開封されないように気を付ける必要があります。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行は、契約手続きが完了した旨はメールで届きますが、後日確認文章が自宅に送られて来ますので、郵送物に注意が必要です。

メールが届いたことで油断しないように気を付けましょう。

郵送物なしでも借入可能な銀行カードローン

では、郵送物がなしで借り入れ契約が可能なカードローンはどこの銀行カードローンなのでしょうか?郵送物なしの場合も具体的な銀行名を紹介しながら解説したいと思います。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、既にみずほ銀行の普通預金口座を開設していて、キャッシュカードを持っている場合には、それをそのままローン用のカードとして利用することができますので、あらためて自宅に郵送物が届くことはありません。

しかし、気を付けないといけないことは、みずほ銀行の口座を持っていない場合には、書類やカードが送られてきます。

初めてみずほ銀行と取引をする場合には郵送物に注意が必要です。

申込みはこちら

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックも、既に口座を持っている場合は、利用中のキャッシュカードをそのままローンカードとして活用可能です。

そのため郵送物は送られて来ませんので安心することができます。

また、三菱東京UFJ銀行の口座がなかったとしても、運転免許証がある場合にはテレビ窓口で書類やカードを受け取ることができますので、郵送物で家族にバレる心配はないでしょう。

新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンレイクは、自動契約機があるため、郵送物は送られてきません。

契約書類やローンカードは自動契約機で受け取ることができますので、家族にバレずにそれらを入手することが可能です。

申込みはこちら

レイクの詳細はコチラ >>

郵送物なしでキャッシング可能な消費者金融

郵送物を気にする場合には、消費者金融系カードローンの利用もおすすめです。たとえばプロミスカードの場合はプライバシーには万全の対策をとっていますので、安心して申込むことができます。

まとめローンがないというデメリットのあるSMBCモビットも、プライバシー面では大きなメリットがあります。

SMBCモビットWEB完結での申し込みの場合には、カードレスで利用することができるため、郵送物を心配する必要がありません。

申込時に個人名や携帯電話などの個人情報をしっかりと書かせ、本人確認書類を取っている上、場合によっては在籍確認も行っているなど、きっちりとしたルーティーンで個人情報を管理しているだけあって、プライバシーへの配慮もしっかりとしているので安心です。

プロミスの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

郵送物なしのカードローンでも郵送物が届く場合があるの?

郵送物なしのカードローンでも郵送物が届く場合があります。その場合に多い疑問として

  • カードローン利用明細
  • 督促状

の2つがあげられます。

結論からいいますと、利用明細書はウェブ上で確認できる場合が多いので、届かないことが多いのですが、返済滞納時の督促状は送られてきます。

もしも家族にバレたくない場合には、返済を滞納しないことは必須の条件となるので気を付けましょう。

ただでさえ借り入れをしていたことも内緒にしていたのに、返済を滞納していることまでバレてしまっては、その後の家族間での争いは容易に想像できるのではないでしょうか?

プロミスなら家族バレ対策万全

人によって家族バレするケースは異なります。

家族がインターネットしないのであれば、郵送物の社名を別名義にするだけで問題解決ですし、先述したように自動契約機の利用や、カードレス契約であれば、なお安心です。

実は消費者金融のプロミスでは、すべての方法に対応することができます。

まず、郵送でカードが送られてくる場合は、「パルセンター」という名義で送られてくるので、ネット検索しなければ、プロミスと結びつけることは困難です。

郵送を避ける場合は、申し込みの際に「契約方法の選択」で「来店」にチェックします。すると、自動契約機・店頭窓口で契約書類作成・カード発効を行えます。

プロミスは、三井住友銀行のローン契約機も使用できます。プロミスには入りにくいという方も、三井住友銀行の契約機なら安心ですよね。

さらにプロミスでは、2015年11月からカードレス契約にも対応できるようになりました。

「契約方法の選択」で「ウェブ」にチェックを入れ、さらに「銀行振込希望」にチェックを入れると、カードは発行されず銀行振込での取引になります。

もちろんウェブ明細を選択すれば、利用明細書も発行されず会員サイトから確認できるようになります。プロミスなら、どんなケースにも対応できます。


プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>