キャッシングの利便性が高い業者とは?

サイトマップ
カードローン110番 > キャッシングお役立ち情報 > キャッシングの利便性が高い業者とは?

キャッシングの利便性が高い業者とは?

キャッシングは、お金を借りたい時にすぐに借りられるというのが魅力の1つです。

しかし、使用できる提携ATMが遠くにあったり、24時間対応しておらず翌営業日じゃないと借入できなかったりすると、すぐに借りられるというメリットも薄れてしまいます。

日常生活の中でどれだけ便利に使えるかどうかか、キャッシング選びの大きなポイントになります。

24時間銀行振込できる

キャッシングする目的が、公共料金やクレジットカードの引き落とし日に、銀行口座にお金を振り込んでほしいというものであれば、指定口座への振込サービスを実施しているカードローンが便利です。

銀行系や大手消費者金融であれば、基本的に振込サービスは無料で行っておりますが、金融機関によって振込までの時間が異なります。

たとえば、楽天銀行スーパーローンでは、楽天銀行を指定口座にしている場合、24時間365日即時振込となります(一部メンテナンス時間を除く)。

パソコン、携帯電話からいつでも手続きできるので、「今日が引き落としだった!」という場合にも、慌てなくて済みます。

楽天銀行以外の口座を使用する場合も、平日14:45までに受付すれば、当日15時までに実施されます。

楽天銀行スーパーローンは、会員専用サイト「メンバーズデスク」に登録して各種サービスを利用できるWeb完結型のローンですが、ネットが利用できない環境でも、コールセンターに連絡すると自動音声ではなく専属オペレーターに繋がり、24時間キャッシングできます。

どの銀行口座を指定しても、振込手数料(入金手数料)は0円ですので安心です。

ただし、現金を引き出す場合、提携ATMを利用しなくてはならず、提携ATMの利用手数料がかかるというデメリットがあります。

楽天銀行カードローンは、全国のコンビニATM、イオン銀行ATM、三井住友銀行ATM、みずほ銀行ATMで、借入手数料0円になりますが、返済手数料で108円~216円の手数料がかかります。

自動引き落としで返済するか、楽天銀行と提携している金融機関のインターネットバンキングを利用して返済すれば、返済手数料はかかりません。

プロミスの詳細はコチラ >>

ATM手数料は0円がいい

現金でのキャッシングがメインであり、コンビニATMなどでいつでも借入・返済したいという方であれば、ATM手数料のかからないカードローンを選びましょう。

しかし、ATMが無料になるというカードローンは少なく、同行の指定ATMなら無料というように、条件が限定される場合が多いです。

そのような中で一歩抜き出ているのが、住信SBIネット銀行のミスターカードローンです。ミスターカードローンでは、イオン銀行・セブン銀行・イーネット・ローソンATMの利用手数料が、24時間365日無料になります。

借入だけじゃなく返済も無料になるので、細かく随時返済したいという方でも安心です。

ミスターカードローンは金利も低く、年2.49%~7.99%のプレミアムコース(限度額1,000万円)と、年8.99%~14.79%のスタンダードコース(限度額300万円)があり、さらに所定の条件を満たすと金利がそれぞれ0.5%引き下げられます。

住宅ローンを契約していなくても、SBI 証券口座を保有していれば、金利引き下げが適用されるので、大変お得なカードローンといえます。

希望額300万円までは収入証明書不要であり、Web上で審査・契約可能です。

ミスターカードローンを利用するには、住信SBIネット銀行の普通預金口座が必要になりますが、普段使いの銀行口座としても利便性が高く、他社への振込手数料もランクに応じて無料になります(申し込み時に口座開設可能です)。

長期目線でキャッシングしたい方、おまとめローンなどで大口借入したいという方におすすめです。

申込みはこちら

無利息期間を何度も利用したい

無利息サービスの多くは初回限定ですが、定期的に繰り返し利用する方であれば、初回限定ではなく何度も利用できる無利息サービスが良いでしょう。

ノーローンの「1週間無利息」は、初回だけじゃなく完済日の翌月も無利息期間が適用されます。

無制限・無期限に適用されるサービスですので、「完済日の翌月」という部分を守れば、タイミングを気にせず利用できます。

1週間といっても、1週間以内に返済する必要はありません。30日後に返しても、1週間(7日間)の利息は差し引かれるので、どちらにしてもお得です。

ただし、ノーローンの最大融資額は300万円までと低めであり、希望額が50万円を超える場合は、収入証明が必要になります。

ノーローンは新生銀行グループですが、消費者金融になりますので、貸金業法が適用されます。そのため、総量規制の対象にもなります。

もしもノーローンを利用中に他社借入も増えて、総量規制を超えてしまったという場合は、ノーローンのおまとめ専用ローンである「かりかエール」を利用できます。こちらは、総量規制の対象外です。

ノーローンでもう1つ注意したいのが、ATM手数料です。

レイク以外の提携ATM(新生銀行ATM含む)では、借り入れ・返済ともに利用手数料がかかります。

お近くにレイクの店舗または自動契約機がある方以外は、少々利便性が低いといえます。

銀行振込サービスは無料ですので、指定口座に入金してもらい、自動引き落としで返済するという方法もあります。

ただし、楽天銀行に口座がある場合は、24時間365日ネット上で借入・返済可能です。消費者金融系ですが、無利息期間が適用できる分、全体的な利息も低くなります。

カードローンにはそれぞれ特徴があり、利用者の利用状況に応じて利便性の良し悪しも変わります。

自分がどこのATMを利用するのか、どこの銀行口座を持っているのか、返済方法はどうしたいのか、利用状況を整理してから、カードローンの比較・検討を行いましょう。

また、利便性が良いからといって、借り過ぎてしまわないように注意しましょう。借金をしているという自覚を失わないよう、利用明細を随時確認することも大切です。

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>