銀行口座によってキャッシングの利便性は異なる

サイトマップ
カードローン110番 > キャッシングお役立ち情報 > 銀行口座によってキャッシングの利便性は異なる

銀行口座によってキャッシングの利便性は異なる

キャッシングの中には、特定の銀行口座を使用すると24時間振込できる場合や、手数料が安くなる場合があります。

ほとんどのキャッシングでは、振込先の銀行口座を自由に指定できますが、利便性を重視するなら、キャッシングと銀行口座の相性について考えた方がよいでしょう。

当日振込はなぜ15時まで?

銀行口座について紹介する前に、そもそもなぜ、銀行振込時間が平日15時までなのか説明しておきます。

銀行振込では通常、全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が運営する全国銀行データ通信システム(全銀システム)が使用されます。

たとえば、A銀行からB銀行に振込依頼した場合、A銀行→全銀ネット→B銀行という流れで、振込指図が伝わります。

振込依頼する際、金額とともに銀行名・支店名・口座番号を入力しますが、その入力データを全銀システムが処理するわけです。

実際のお金は動かさず、データ上での処理となります。

この全銀システムですが、現在のところ平日8:30~15:00までしか稼働しておらず、15時以降の振込は、翌営業日の8:30~9:00に反映されます。

このような事情があるため、キャッシングの即日振込は、基本的に平日15時までとなります。

プロミスの詳細はコチラ >>

15時以降も当日振込できるケースとは?

ただし、すべての銀行振込が、全銀ネットを介しているわけではありません。

たとえば、A銀行からA銀行の口座に振り込む場合、A銀行の決済システムで完結しますので、全銀システムの稼働時間に関係なく取引できます。

同じ銀行だけじゃなく、姉妹銀行・提携銀行でも、独自の決済システムを使用している場合は、平日15時以降も取引可能です(同行間でも、運営時間が全銀システムと同じ場合もあります)。

ネット銀行も同様です。

ネット銀行では24時間365日即時振込できる場合が多いですが、それは提携銀行が多いためであり、提携銀行以外と取引する場合は、上記と同じ扱いになります。

ですので、「ネット銀行に口座があるから24時間取引できる」わけではなく、そのネット銀行と提携している銀行、または消費者金融のキャッシングを選ぶ必要があります。

アコムの詳細はコチラ >>

消費者金融と提携している銀行口座は?

消費者金融には口座などはありませんが、提携先の銀行システムを使用することで、即時振込になる場合があります。

たとえば、アコム、ノーローン、SMBCモビット楽天銀行と提携しており、楽天銀行の口座があれば24時間365日振込反映されます。

ただし、それぞれメンテナンス等で利用できない時間があります。アコムの場合、毎週月曜日1:00~5:00、毎日23:50~0:10。

ノーローンの場合、毎日23:30~0:00、毎週月曜日0:00~5:00、第3日曜日19:30~0:00。SMBCモビットの場合、毎日23:30~0:00、毎週月曜日0:00~5:00、第3日曜日19:30~0:00は使用できません。

それ以外の時間であれば、リアルタイムで振込可能です。

楽天銀行は多くの金融機関と提携しており、ネット取引のあらゆる場面で使用することができます。ただし、ATMの利用代金(入出金手数料)が216円かかりますので、追加借入や追加返済が多い方には不向きです。

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットのWEB完結の銀行口座は?

ちなみに、SMBCモビットには「WEB完結」というサービスがありますが、WEB完結には、楽天銀行口座は使用できません。

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座が必要になります。どちらかの口座を利用すれば、本人確認不要・郵送物なし(ローンカード発行不要)で、最短30分で借入可能になります。

ただし、三井住友銀行も三菱東京UFJ銀行も、銀行口座に一定の金額を入れておかないと振込手数料がかかります(三井住友銀行の場合は30万円、三菱東京UFJ銀行の場合は50万円以上)。

WEB完結以外のサービスは特にありませんので、手続きの際は注意しましょう。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

プロミスの場合

また、プロミスは三井住友銀行、ジャパンネット銀行と提携しています。三井住友銀行口座を利用する場合、毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00を除いて、24時間365日振込できます。

振込時間は最短10秒であり、銀行営業日に関係なく利用できます。三井住友銀行3大メガバンクの1つであり、銀行口座をお持ちの方も多いと思いますが、提携先はプロミスのみです。

ただし、アコム利用者に対しては、初回借入のみ振込時間を延長しており、平日18時まで振込受付、当日19時までに振込実施されます。

初回以外は、通常通り平日15時までの受付となります(ネット上で利用するには、SMBCダイレクトに加入している必要があります)。

三井住友銀行は、銀行振込でも提携ATMでも、手数料が108円~420円かかってしまいます。

しかし、三井住友銀行に30万円以上預けておくと、三井住友銀行ATMと三井住友銀行宛てのネット振込が無料になりますので、ぜひ活用しましょう。

ジャパンネット銀行を利用する場合、毎週月曜日0:00~7:00を除いて、24時間365日入出金可能です。瞬フリサービスでリアルタイムの振込となります。

ジャパンネット銀行は、以前は口座維持手数料がかかっていましたが、現在は無料です。

振込手数料も無料ですので、人によっては三井住友銀行よりジャパンネット銀行口座の方が利用しやすいでしょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

銀行カードローンと提携している銀行口座は?

銀行の多くは各社独自のカードローンを扱っており、自社の銀行口座・自社のカードローンの組み合わせにより、通常よりもお得に、便利に取引できる場合があります。

たとえば、楽天銀行スーパーローンでは、楽天銀行口座で24時間入出金可能であり、ネット上で手軽にお金を移動させることができます。

すでに楽天銀行口座を開設している場合、本人確認書類は不要であり、コンビニなどの提携ATMでは、入金手数料が無料になります。

時間外手数料については全提携先で無料になりますので、手数料の負担を少しでも減らしたい方におすすめです。

ちなみに、すでに楽天銀行のキャッシュカードをお持ちの方は、キャッシュカードにキャッシング機能が付帯している場合もありますので、そちらも確認してみましょう。

同じ大手ネット銀行のジャパンネット銀行も、ジャパンネット銀行キャッシング申込みの際に、本人確認書類の提出が不要になります(キャッシングの申込では、ジャパンネット銀行の普通預金口座開設が必要です)。

もちろん24時間対応ですので、平日15時以降でも即日融資可能です。

最高金利が16.8%と低めのオリックスVIPローンカードも、ジャパンネット銀行と提携しており、土日祝日も含めて24時間振込可能です(振込手数料無料)。

ただし、深夜の一部時間帯と、毎月第3金曜日22:50~翌土曜日7:00は利用できません。

プロミスの詳細はコチラ >>

まとめ

以上をまとめると、楽天銀行口座があれば、アコム、ノーローン、SMBCモビット、楽天銀行スーパーローン。

三井住友銀行口座があれば、プロミス。ジャパンネット銀行口座があれば、プロミス、ジャパンネット銀行キャッシング、オリックスVIPローンカードで、24時間365日対応となります(一部時間を除く)。

いずれのキャッシングも、ネット契約可能であり、最短即日融資です。平日15時以降でも対応する銀行口座があれば、その日のうちにキャッシングできます。

プロミスの詳細はコチラ >>

該当する銀行口座がない場合

もしも上記に該当する銀行口座をお持ちでなく、それでいて即日融資が必要という場合には、大手消費者金融に申込みましょう。

大手消費者金融は審査スピードが早く、最短30分で審査回答を受け取れます。土日祝日や平日15時を過ぎている場合も、自動契約機を使用すれば、即日融資可能です。

たとえば、アコム自動契約機「むじんくん」は、一部店舗を除いて22時まで営業しています。

その時間帯に在籍確認が行えるのであれば申し込み、審査に通過すれば、その場でローン専用カードを発行できます。

カードがあれば、コンビニATM等から24時間キャッシングすることも可能になります。

ただし、人によって審査に時間がかかる場合もあります。カードローン契約の際には、なるべく希望限度額(利用枠)を低く申請した方がよいでしょう。また、各社によって返済方法が異なりますので、必ず返済予定表を確認しましょう。


プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>