キャッシングとカードローンの違いとは?

サイトマップ
カードローン110番 > キャッシングお役立ち情報 > キャッシングとカードローンの違いとは?

キャッシングとカードローンの違いとは?

キャッシングとカードローン、現在はほとんど同じ意味で使用されています。

しかし、キャシングは主に消費者金融、カードローンは主に銀行が使用している言葉であり、そのためにいくつか違いが生じます。

キャッシングとカードローンの違いとは?

キャッシングとは、キャッシュディスペンサー(CD)からお金を引き出すというところから来ており、主に個人向け小口融資の消費者金融で使用されています。

CDだけじゃなくATMでも使用できます。カードローンも、専用のローンカードを使ってCDやATMから借入できるという意味であり、主に銀行で使用される言葉です。

現在のカードローンは、ローンカードがなくても銀行振込などで直接お金を借りることが可能であり、カードレスの金融機関もありますが、個人向けのフリーローンは全般的にカードローンと呼ばれています。

以前の銀行カードローンは、「年収200万円以上」「正社員のみ」などの条件が付いている場合が多く、敷居が高いと思われていましたが、現在は年収や職業などで一律に制限しないなど、利用条件がだいぶ緩和されました。

銀行カードローンは、消費者金融と違って保証会社と契約しており、審査の際は保証会社の審査を受けることとなります。

保証会社の多くは、大手消費者金融やクレジット会社であり、審査のシステムでもあまり違いを感じないでしょう。

貸金業法の改正により、今まで消費者金融を利用していた方が、総量規制の影響などで銀行カードローンに乗り換える例も多いです。

プロミスの詳細はコチラ >>

カードローンは審査が厳しい?

キャッシングもカードローンも基本的な利用方法は同じですが、だからといって適当に申し込んでしまうと、自分の属性に合わない金融機関に申し込んでしまい、審査に落ちるなどして、信用情報に余計な情報を付けてしまう可能性があります。

銀行カードローンは、申込条件が緩和されたといっても、消費者金融より審査基準が高めです。

「アルバイト・パートでも可能」とありますが、収入が不安定な分、居住形態や他社借入など、他の部分に問題がないか総合的にチェックされます。

実家暮らしで家賃の負担がない方などは、アルバイトでも返済能力が高いと見なされます。

反対に正社員でも、住宅ローンの負担が大きい、扶養家族がいて自由になるお金が少ないという場合は、審査も少々厳しめになります。

また、申込銀行と同じ銀行口座がないと利用できないカードローンも多く、融資までに少々時間や手間がかかることもあります。

「それなら消費者金融を利用した方がいい」と思われるかもしれませんが、銀行カードローンにはいくつかメリットがあります。

カードローンのメリット

銀行カードローンの多くは、消費者金融よりも金利が低く設定されています。

ほとんどの方が最高金利で借入すると思いますが、銀行系の最高金利は年率14%前後が多いのに対し、消費者金融系の最高金利は年率18%前後です。

また、銀行カードローンは限度額の上限が大きく、総量規制対象外なので消費者金融よりも多くの利用限度額を付帯できるというメリットもあります。

融資額が大きいと、返済期間も長くなります。利息のかかりやすい方は、なるべく低金利の銀行カードローンを利用した方がよいでしょう。

ただし、学費や医療、家具など、利用目的がはっきりしている場合は、同じ銀行でもカードローン(フリーローン)ではなく目的ローンを利用した方が低金利になります。

フリーローンは利用目的を問わないので、貸し倒れのリスクが高くなる分、金利が高く設定されています。目的ローンは、カードローンとは根本的に違うシステムになりますので、領収書の提出などが必要になります。

また、銀行系は社会的信用が高いというメリットもあります。消費者金融から借りると「消費者金融の審査にしか通らないんだ」などと思われる可能性がありますが、銀行であればそのような心配もありません。

住宅ローンの審査などでは、消費者金融と契約していることに苦い顔をする担当者もおりますので、なるべく銀行系から申し込むことをおすすめします。

プロミスの詳細はコチラ >>

カードローンの借入・返済方法とは?

カードローンは、他のローンと違い、銀行の営業時間に関わらず取引できる手軽なローンです。

契約とともに限度額が付帯され、上限まで自由に出し入れできます。

返済した後も、カードがあれば再び借入できます。

基本的に自動更新ですので、契約期間を気にせず、いつでも借入できます(利用状況によっては更新されない場合もあります)。

返済方法は、口座振込、口座振替(自動引き落とし)、銀行ATM、提携ATMなどを利用して、毎月の返済日に一定額を支払います。

分割返済と違い、残高に対して一定額を返済するシステム(リボ払い)ですので、追加借入で残高が変動しても、その都度毎月の返済額が自動的に決まります。

カードローンでは、毎月返済すべき最小金額(約定返済)が決められておりますが、返済額が少ないとその分利息の占める割合が大きくなります。

追加返済はいつでも可能ですので、余裕がある時は早めに返済しましょう。返済計画を立てる時は、基本的に短期返済を前提としますが、無理な返済計画を立てて実生活に支障が出ないように気を付けましょう。

クレジットカードのキャッシングとの違いは?

クレジットカードの中には、ショッピング機能だけじゃなくキャッシング機能が付帯しているものもあります。

消費者金融のキャッシングと基本的には同じですが、クレジットカードならではの特徴もあります。

たとえば、海外のATMでキャッシングできること、しかも現地通貨でキャッシングできるので、通貨交換の必要がありません。

クレジットカードのショッピングでは、利用金額に応じてポイントが付与されるサービスがありますが、キャッシングでも同様にポイントが付与される場合もあります。

金利については消費者金融とあまり変わらず、限度額は消費者金融よりも低い傾向があります。ただし、社会的信用という面ではクレジット会社の方が高く、審査も消費者金融より厳しい傾向があります。


プロミスの詳細はコチラ >>