学生におすすめのキャッシングとは?

サイトマップ
カードローン110番 > キャッシングお役立ち情報 > 学生におすすめのキャッシングとは?

学生におすすめのキャッシングとは?

学生は何かとお金が入用です。

しかし、お金が必要になる度に、親に頼むというのもイヤという方は多いでしょう。

そんな時、担保・無担保でいつでもお金を借りられるキャッシング(カードローン)が利用できれば便利です。

キャッシングの返済はリボ払いですので、一度に返済できない場合は、毎月少しずつ返せばOKです。

キャッシング会社では、学生であっても申込条件(年齢や収入など)をクリアしていれば、問題なくキャッシングに申し込むことができます。

現在20歳以上でアルバイトをしている方であれば、学生ではなく社会人と一般のアルバイトとして申し込むことで、審査に通る可能性があります。

未成年者の場合、大手消費者金融では受付しておりませんが、中小業者の中には未成年者OKというケースもあります。ただし、その場合は保護者の同意が必要になります。

絶対に働いていないとダメ?

審査では、勤務先の社名、住所、電話番号を申告する必要があります。

勤務先を偽っても、職場への在籍確認がありますので、不在であることが発覚してしまいます。

在籍確認とは、申込者が勤務先にいるどうか確認することであり、基本的に電話で行われます。

消費者金融の場合、社名を出さず個人名で電話をかけるので、消費者金融からの電話だとは分かりません。

アルバイトでも社会人同様に行われるので、避けることはできません。

消費者金融なら通りやすい?

アルバイトでも申込可能ですが、「ただアルバイトをしていればよい」というわけではありません。

年収や勤続年数など、他の要素も判断材料となります。

年収は高ければ高いほどよく、勤続年数も長いほど失業・転職のリスクが低いと判断されます。

しかし、学生ですと学業の傍ら働いているわけですから、それほど年収もなく、勤続年数1ヶ月未満という方も少なくないでしょう。

そのような方は、なるべく審査の低い金融会社に申し込みます。

キャッシングは、クレジット会社や銀行も取り扱っておりますが、消費者金融が一番審査基準は低いです。

消費者金融は顧客獲得競争が激しいですので、特別問題のない方であれば、全体的な属性が低くても審査に通る可能性は大いにあります。

問題というのは、申込条件をクリアしていない場合や、信用情報に傷が付いている場合です。信用情報とは、ローン利用者の個人情報のことであり、各金融会社が加盟している信用情報機関に登録されています。

本人を特定するための情報、ローンの契約内容、ローンの利用情報などが登録されており、他社でキャッシングの延滞などを起こしていると、信用情報の調査ですぐに分かってしまいます。

アコムの詳細はコチラ >>

いくらまで借りられる?

勤続期間1ヶ月という方でも、キャッシングの審査では「年収」に換算して申し込みます。1ヶ月5万円の収入があれば、5万円×12ヶ月=60万円と記載できます。

毎月の収入に多少バラ付きがあっても、大体の年収を記入すればOKです。基本的に消費者金融は、限度額50万円以下の場合、自己申告の年収をそのまま認めています。

限度額50万円超ですと、具体的な収入を確認するために、給与明細書等の収入確認書類を求めますが、それ以外は自己申告ですので、あまり細かい部分を気にする必要はありません。

だからといって、あまり実態とかけ離れた年収を申告すると、虚偽記載と判断されて審査に落とされてしまいますので、その点は注意しましょう。

また、年収の低い方は、50万円よりもさらに低い希望額で申請した方がよいでしょう。

貸金業者は、貸金業法で「年収の3分の1を超えて貸付してはならない」と定められていますので、年収60万円であれば、その時点で最大20万円までしか借入できないことになります。

20万円しか借りられないのに、希望額50万円で申請すれば、当然審査に落ちてしまいます。

金融会社によっては、丁寧に「20万円までなら融資可能ですが」と連絡してくれる場合もありますが、年収の3分の1を超えている時点で、自動的に審査に落とす場合もあります。

また、希望額が高くなるほど審査基準も高くなります。年収100万円以下の方は、なるべく希望額10万円以下で申し込む方がよいでしょう。

さらに限度額を高くできる場合は、審査通過時に金融機関から「○万円までご融資できますが、いかがなさいますか?」と訊かれます。

アコムの詳細はコチラ >>

自営業でも可能

アルバイトではなく事業をしている方でも、一定の収入があれば申込可能です。たとえば、ブログのアフィリエイト収入が毎月数万円ある方や、ライティングやイラストなどでお金を稼いでいる方は、個人事業主として申告可能です。

ただし、アルバイトの方が安定した収入があると見なされるので、アルバイトも一緒に行っているという場合は、アルバイトとして申請し、副業も行っているという形にするとよいでしょう。

収入はすべて合算して申告することができます。ただし、ヤフオクで自分の持ち物を売ったり、パチンコで稼いだりしたお金などは、一時的な収入ですので、「年収」として申告することはできません。

個人事業主として申告する場合、希望限度額50万円以下でも収入証明書類の提出を求められる場合があります。

クレジットカード現金化はNG

学生のキャッシングについて調べていたら、クレジットカードのショッピング枠現金化などに辿り着くことがありますが、安易に行ってはいけません。

ショッピング枠現金化は、要するにカードで買った品物を転売してお金を得るということであり、当然商品の購入代金を後から請求されます。

10万円の商品を7万円で転売しても、翌月か翌々月には10万円の支払いが発生しますので、3万円も損したことになります。

キャッシングも利息が発生しますが、10万円を年率18%で1ヶ月借りても1,479円の利息しか発生しません。

現金化業者は、広告で「換金率(還元率)97%」などと謳っていますが、良くても70%程度です(騙されて1円も返ってこない場合もあります)。クレジットカードの利用規約にも違反しますので、絶対に手を出さないようにしましょう。

[関連記事]