フリーランスにおすすめのキャッシングは?

サイトマップ
カードローン110番 > キャッシングお役立ち情報 > フリーランスにおすすめのキャッシングは?

フリーランスにおすすめのキャッシングは?

自営業や個人事業主など、特定の企業や団体に専属していない方をフリーランスといいます。

フリーランスは、運転資金や仕入れ、開業費用などでお金がかかりやすい一方、金融機関から融資を受けにくいという傾向があります。

フリーランスは、会社員やアルバイトと違い、毎月一定の給料を貰えるわけではありません。

現時点での収入が良くても、将来の収入が保障されているわけではありませんので、「収入の安定性」を重視する金融機関からは敬遠されてしまいます。

ビジネスローンでお金借りるという方法もありますが、「開業から3年以上経過している」「代表者が保証人になる」などの条件が付いていることも多く、フリーランスになったばかりの方、事業規模の小さい方ですと、難しい場合も多いです。

しかし、そんなフリーランスでも、審査に通りやすいキャッシングがあります。

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは、年率4.7%~18.0%、最高500万円まで融資可能な消費者金融です。

キャッシングの多くは、「事業資金への利用不可」となっていますが、アコムは「自由」であり、事業用として堂々と借入することができます。

また、アコムは業界の中でも審査に通過しやすいと口コミで評判であり、多重債務などの特殊な事情がなければ、フリーランスであることはそれほどデメリットになりません。

50万円以下の借入であれば、原則的に本人確認書類1枚で申し込めるので、「事業を始めたばかりで確定申告書がない」という方でも安心です。

アコムの魅力は何と言っても、融資までの時間が短いということです。

「取引先の企業が倒産してしまい、急遽資金繰りに困ってしまった」「商売道具であるパソコン、携帯が壊れてしまい、仕事ができなくなってしまった」など、予測できない事態でも、アコムなら最短30分で審査回答可能であり、銀行振込や自動契約機「むじんくん」を利用すれば、即日中にお金借りることができます。

限度額も高めに設定されやすいです。

初めて利用する方ですと、限度額は低めに設定される場合もありますが、アコムは総量規制の範囲内(年収の3分の1以下)であれば、希望額がそのまま限度額として設定されやすいです。

50万円を超える借入(他社借入があれば合計100万円を超える場合)には収入証明書類が必要になりますが、フリーランスの場合、確定申告書があれば十分です。

消費者金融は金利が高めと言われますが、下限金利で比較するとそれほど高くありません。むしろ銀行カードローンよりも低くなる場合もあります。

たとえば、三井住友銀行カードローンで500万円を借りる場合、金利は年6.0%になりますが、アコムで500万円を借りる場合は4.7%になります。

限度額が100万円を超える場合は、最高金利も18%から15%に引き下げられます。また、金利の引き下げ交渉を行うことも可能であり、長く利用する方にとっては、一般の銀行カードローンよりも利用しやすくなる可能性があります。

アコムの詳細はコチラ >>

ビジネスローンなら総量規制の対象外

もしも一般のキャッシングの審査に通りにくいという場合は、個人事業主専用の「ビジネスサポートカードローン」というプランもおすすめです。

年12%~18%、最高300万円まで融資可能のローンであり、業歴1年以上で、直近の青色申告決算書(または収支内訳書)の写しがあればOKです。

他社のビジネスローンと比べて敷居が低く、白色申告の方でも利用できます(法人は利用できません)。

「ビジネスサポートカードローン」も通常のカードローンと同じく、「むじんくん」を利用でき、最短即日融資です。

銀行などは必要書類が多くて審査に時間がかかりますが、「ビジネスサポートカードローン」であれば、今すぐお金を借りないと会社が潰れてしまうという危機的状況でも、スピーディに借入できます。

事業者向けローンは総量規制の対象外ですので、高額融資も可能です。

アコムの詳細はコチラ >>

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、実質年率4.0%~14.5%、最高800万円まで融資可能なローンです。

銀行カードローンは審査が厳しいと言われますが、三井住友銀行カードローンは消費者金融並みに審査が緩いと評判であり、年収100万円台のフリーランスでも、本人確認書類1枚で審査を受けることができます。

総量規制対象外であり、年収の半分以上の限度額を初回から設定できたという方も多いです。

WEB申し込み可能であり、最短30分で審査が完了します。三井住友銀行に口座がなくても申込可能です。

審査に通過した後は、振込依頼を行うか、ローン契約機(ACM)を利用することで、即日融資可能です。

原則300万円以下の限度額については、収入証明書類は不要です。

ただし、三井住友銀行カードローンは、事業資金に利用することはできません。

パソコンの購入資金や自動車のガソリン代のように、生活と密着した部分には利用できますが、取引先への支払いなどは、別のお金を利用することとなります。

といっても、細かくチェックするわけではありません。

基本的に遅延などを起こさなければ、何も言われることはないでしょう。残高50万円以下の場合、最低1万円から返済可能です。

フリーランスで個人用のカードローンを作成したいけど、収入証明書を用意するのが面倒臭いという方、収入が低いけど高額借入をしたい(年収の3分の1以上借入したい)という方には、三井住友銀行カードローンはおすすめです。

審査に通過するか不安という方は、公式サイトの3秒診断で試してみましょう。


アコムの詳細はコチラ >>

既にアコムに申し込んだ人はこちらがオススメ

アイフルの詳細はコチラ >>