年末年始にキャッシングできる?新規申込の注意点

サイトマップ
カードローン110番 > キャッシングお役立ち情報 > 年末年始にキャッシングできる?新規申込の注意点

年末年始にキャッシングできる?新規申込の注意点

88888年末年始は何かと物入りですよね。銀行窓口も閉まるので、お金を降ろし忘れたりすると大変なことになるかもしれません。

そのような時に、キャッシング(カードローン)を利用できると便利ですよね。

キャッシングとは、利用目的を問わずにお金を貸してくれるフリーローンです。

ローンカードを発行してしまえば、指定・提携ATMでいつでも借入可能になるので、年末年始も問題なくお金を引き出すことができるでしょう。

しかし、またカードを発行しておらず、年末年始に新規申込した場合は、通常通り審査されるのでしょうか?

アコムの詳細はコチラ >>

キャッシング会社も基本的に休み

結論から言うと、キャッシング会社も年末年始は休みです。カード盗難被害に対応するサービスセンターなど、一部の業務を除いてはコールセンターも休みですので、自動音声以外繋がらない日も出てきます。

ネット申込なら24時間受付ですが、あくまで受付であり審査するわけではありません。審査が行われるのは、休業明けの営業日であり、先に受付された分から順次対応していくこととなります。

ですので、休業中に審査回答を待っていても、電話がかかってくることはありません。

ただし、休業前に審査回答を行い、カード発行した場合は、先述した通りコンビニATM等から自分の好きなタイミングでキャッシングすることができます。

ATMは設置先により営業時間が異なりますが、コンビニATMであれば基本的に24時間営業(メンテナンス時間除く)です。

プロミスの詳細はコチラ >>

自動契約機は利用できる?

年末年始でコールセンターが営業していなくても、自動契約機であれば営業しているケースがありますので、自動契約機でカード発行し、ATMで借りるという方法もあります。

自動契約機は、スタッフのいない小型の店舗であり、無人契約機とも呼ばれています。オペレーターの指示に従って、申込・審査・必要書類提出・契約書作成・カード発行を行います。

申込からカード発行まで30分~40分程度ですので、本日中にお金が必要という方でも安心です。

ただし、自動契約機もそれぞれ営業時間があります。

通常は、平日だけじゃなく土日祝日も営業しており、21時~22時まで申込可能です。

しかし、年末年始は営業時間が18時までなど、短縮されている場合があります。

また、自動契約機からの審査でも、通常通り在籍確認が必要になります。

申込人の会社に電話をかけて、申込人の在籍の有無を確認します(本人が電話に出る必要はありません)。

在籍確認自体は1分程度で終了しますが、会社が休みですとどうしようもありませんので、審査は持ち越しとなってしまいます。

アコムの詳細はコチラ >>

銀行の営業時間は?

銀行の年末年始は、多くの場合12月31日(木)~1月3日(日)が休業になります。

また、12月29日~1月4日は、窓口の営業時間が通常と異なる場合もあります。ゆうちょ銀行も同じです。

この期間は、キャッシングの銀行振込も反映されません。

入金だけじゃなく振込返済も同様です。

もしも12月29日15時~1月3日の間に返済した場合、1月4日に処理されることとなります。

この期間に約定返済日がある場合、返済日も1月4日になりますので、1月4日に処理されても遅延にはなりませんが、返済日が伸びる分、最小返済額が変化する可能性があります。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

プロミス

ネット申込はいつでも可能ですが、12月31日18時~1月1日までの申込分の審査結果は、1月2日以降の連絡となります。

プロミスコール(新規申込)と自動契約コーナー、プロミスコール(オペレーター対応)は、12月31日18時~1月3日まで休業し、お客様サービスブラザは12月30日~1月3日まで休業します。

プロミスは、30日間無利息サービスを実施しており、ポイントをためて無利息期間を設けることも可能です(メルアド登録とWEB明細利用が条件)。

また、女性専用の電話窓口「レディースコール」が用意されており、消費者金融の中でも対応が丁寧であると評判です。

プロミスの詳細はコチラ >>

SMBCモビット

12月31日は通常営業であり、1月1日はネット申込については2時~7時30分が休業、その他のサービス(コールセンター、ローン申込機など)は休業となります。

1月2日~3日は、一部サービスを除いて通常営業であり、他の金融機関と違って1月1日以外は休業しないという特徴があります。

SMBCモビットは審査スピードも早いので、お急ぎの方にもおすすめです。

SMBCモビットといえば、電話確認・郵送物の発行が一切ない「WEB完結」で有名ですが、WEB完結を利用するには、「三井住友銀行」又は「三菱東京UFJ銀行」に口座があること、国民健康保険以外の健康保険証を提示することなど、いくつか条件があります。

以上の条件をクリアしている方は、家族バレや職場バレを気にせず、安心して審査を受けることができます。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

レイク

12月31日~1月1日の新規申込は、受付のみで審査はできません。

この期間の審査結果は、1月2日から順次連絡していきます。ただし、正式契約は1月6日以降になります。「1月6日まで待てない!」という方は、自動契約機を利用できます。

自動契約機も12月30日~1月1日は受付のみとなりますが、1月2日~3日は18時まで営業しています。

レイクは銀行ですので総量規制の対象外であり、年収の3分の1までという規制は受けません。また、ほとんどのコンビニATMで手数料無料になるなど、利便性の高さが魅力的です。

ただし、銀行なので審査基準は高めであり、より収入の安定性が求められます。

アコム

店頭窓口は12月29日が18時まで営業し、12月30日~1月3日は休業します。

自動契約機コーナーは12月30日が8時~18時まで営業し、12月31日~1月1日は休業、1月2日~3日は8時~22時までの営業となります。ATMコーナーについては、年末年始も平常通り営業します。

アコムは、他の消費者金融と比べても比較的審査に通りやすく、さらに30日間無利息サービス(契約日の翌日から30日間)がありますので、利息の面でもお得です。

12月31日と1月1日以外なら、土日祝日に関わらず自動契約機でキャッシングすることができますが、土壇場でお金が必要になると焦りますので、なるべく早めにカードを作成しておくことをおすすめします。

アコムのネット申込は入力項目が少なく、申込から審査回答が出るまで最短30分と非常にスピーディです。

審査に落ちるか不安という方は、公式サイトの「3秒診断」で、借入可能か診断してみましょう。個人を特定するような情報は一切入力せず、たった3つの項目で、審査に通る見込みについて判定できます。

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>