低金利でキャッシングするにはどうすればいい?

サイトマップ
カードローン110番 > キャッシングお役立ち情報 > 低金利でキャッシングするにはどうすればいい?

低金利でキャッシングするにはどうすればいい?

キャッシングには利息が付きますので、利息を最小限に抑えるために、なるべく低金利のカードローンを契約した方がよいでしょう。

しかし、「低金利」とは具体的にいくらくらいなのか、どの部分を見て判断すればよいのか、よく分からないという方もいるでしょう。

ここでは、キャッシング初心者のために「低金利」について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

平均的な金利とは?

利息制限法では、利用限度額(借入額と残金の合計)に合わせて上限金利として定めています。

限度額が10万円未満は年率20%、10万円以上100万円未満は年率18%、100万円以上は年率15%が上限金利となっており、この金利を超えて利息が発生した場合、その超過利息は無効となります。

手数料や年会費などがかかる場合は、年率に換算して金利と合わせ、利息制限法の上限金利を下回るようにしなくてはなりません(ATM手数料除く)。

ほとんどのカードローン会社は、上限金利に近い金利をかけており、200万円や300万円などの高額契約の場合だけ、さらに年率を引き下げます。

たとえば、「最高融資額500万円、金利4.8%~18.0%」とある場合、年率4.8%となるのは500万円の借入限度額が設定された場合だけであり、100万円未満の契約では年率18%となることが予想されます。

低金利の金融機関を選ぼうとすると、金利4.8%という部分に目が行ってしまいがちですが、ほとんどの方が契約するであろう100万円未満の契約では、ほとんど18%です。

低金利のカードローンとは?

100万円以上の高額契約以外は、上限金利=平均になりますので、「低金利」とは上限金利より明らかに低い金利を設定している金融機関ということになります。

たとえば、三菱東急UFJ銀行カードローン(バンクイック)の最高金利は年14.6%、三井住友銀行カードローンは年14.5%みずほ銀行カードローン年14.0%(コースによっては7.0%)となりますが、このように100万円未満で年13~14%であれば、18%よりも4%前後低いですので「低金利」と言えるでしょう。

審査基準がより厳しいカードローンであれば、最高金利10%未満もあります。このような低金利が実現できるカードローン会社は、銀行だけになります。

おまとめローン(多重債務を一本化するローン)のように、高額借入になるローンであれば、銀行から選ぶことをおすすめします。

消費者金融にもおまとめローンがありますが、金利が高いだけじゃなく、利用目的の自由度が高いですので、消費者がおまとめローンで借りたお金を借金返済に使わずに、遊びに使ってしまうという可能性もあります。

銀行のおまとめローンは、銀行から直接借入先に返済しますので、新たな借入を行わない限り、確実に借金を減らしていくことができます。

プロミスの詳細はコチラ >>

消費者金融はダメなの?

消費者金融は銀行からお金を借りて運営していますので、消費者の金利に銀行への金利が上乗せされています。

そのため、金利の面ではどうしても銀行に対して劣りますが、その分審査基準が低く、アルバイトやパートでも通りやすい、審査スピードが早くて即日融資にも対応できるというメリットがあります。

また、少額借入であれば、多少金利が高くなっても、それほど利息に差が出ません。

たとえば、10万円を年14%で借りた場合、1日の利息は38円です。

同じく10万円を年18%で借りた場合、1日の利息は49円です。1日の利息の差額は11円です。

これが1ヶ月(差額329円)、1年(差額4,000円)になると、利息の差が多くなりますが、数万円借りてすぐに返済するという方、それほど頻繁にキャッシングを利用しないという方であれば、それほど金利差を感じることはないでしょう。

消費者金融は無利息サービスなども実施しており、借り方によっては消費者金融の方が、利息が低くなる可能性もあります。

また、金融機関の指定・提携ATMが近くにあるか、ATM手数料はいくらか、という点にも注意しましょう。いくら金利が低くても、手数料無料のATMが遠くにあって車のガソリン代がかかるというのでは本末転倒です。

アコムの詳細はコチラ >>

返済が長引くと低金利でも利息がかかる

もう1つ注意したいのが、返済期間です。いくら低金利で借入しても、返済期間が長引くと、返済額が高くなってしまいます。

カードローンの返済は、毎月一定額ずつ返済すればよい「約定返済」と、自分で自由に返済できる「追加返済」と「一括返済」によって成り立っています。

通常、約定返済は低く設定されています。10万円以下の借入の場合、最低2,000円からの返済でOKという場合もありますし、100万円借りても約定返済額は2~3万円程度です。

資金不足で悩んでいる方にとって、毎月の返済額が少ないということは非常に助かることですが、約定返済額が少ないということは、ほとんど利息で取られているということですので、元金は全然減りません。

追加返済せずにズルズルと返済を続けていくと、10万円の返済に3年以上かかってしまった、となる可能性もあるのです。

住宅ローンのように金利が低いローンはゆっくり返済できますが(むしろ繰上返済手数料がかかりますので繰上返済はしない方がよいですが)、キャッシングのように金利が10%も20%もかかるローンでは、早め早めの返済が大切です。

キャッシングの追加返済、一括返済には手数料はかかりませんので(ATM手数料は除く)、気軽に返済できます。

【関連記事】