クレジットカード現金化の問題点とは?

サイトマップ
カードローン110番 > キャッシングお役立ち情報 > クレジットカード現金化の問題点とは?

クレジットカード現金化の問題点とは?

キャッシングについて調べていると、しばしばクレジットカード現金化という言葉を目にするかもしれません。

「キャッシングのように審査落ちしない」「換金率97%だからキャッシングよりもお得」「1時間以内に銀行振込」そのように書かれていると、思わず話を聞いてみたいと思う方もいるでしょう。

しかし、クレジットカード現金化には絶対に手を出してはいけません。その理由についてお答えします。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。

クレジットカード現金化で使用するのはショッピング枠であり、すでにキャッシング枠を上限いっぱいまで使用してしまった方、キャッシング枠を付帯できない方などがターゲットにされています。

ショッピング枠を現金化する方法には、主に2つあります。

転売型

1つは、換金率の高い商品を購入して、買取業者などに転売する方法です。

ブランド品や貴金属、ギフト券、商品券など、換金性の高い商品をクレジットカードで購入した後、封を切らずに買取業者に売却すれば、品物にもよりますが6~7割程度の値段で売れます。

この方法なら自分一人で行うこともできますが、現金化サービスを行う業者は、「買取業者の中には不当に安く買い叩く業者もいるが、自社を経由すれば高額買取できる」と言います。

実際は高額買取になる保証はありませんが、特定の買取業者に商品を集めたい(現金化業者と買取業者が繋がっている)、あるいは手数料という名目でお金を取りたいという考えがあります。

高額買取するために、現在高値で取引されている商品を買ってくるように指定されることもあります。

実店舗に行って直接転売するケースと、郵送で商品の取引をするケースがありますが、郵送取引の場合、商品だけ取られてしまい、お金が振り込まれないというトラブルも発生しています。

キャッシュバック型

もう1つは、商品購入によるキャッシュバックという形で現金を受け取る方法です。

現金化業者から「キャッシュバック付き商品」(おもちゃや本、電子メールの「情報」など、元手がほとんどかからないもの)を買い取ると、銀行口座にお金が振り込まれるという仕組みです。

たとえば、50万円の商品を購入すると、40万円が支払われるという具合です。

「還元率95%」など、高還元率を宣伝する業者もありますが、手数料などで色々差し引かれますので、最終的には70%くらいになります。

悪い場合は、1円もキャッシュバックされません。

いつまでも入金されないことに焦り、「注文をキャンセルしたい」と申込むと、今度はキャンセル料を要求されます。

キャッシュバック型の業者は、実店舗がなくネットを経由した取引になるので、サイトに書かれている住所などが偽りですと、直接話しもできずに連絡不能になってしまいます。

その他の方法

その他にも、購入した商品を返品するというやり方で、現金化している業者もあります。

50万円の商品を購入して、返品して40万円受け取るという具合です。

また、電子マネーを現金化するために、電子マネーで商品を購入して、その商品を売却するという方法もあります。

基本的に電子マネーの状態で現金化業者と取引することはできず、可能な場合も換金率は低くなります。

現金化のリスク

クレジットカードの利用規約では、カード会社に代金を支払う前に商品を転売することを禁止しています。

そのため、現金化業者との間でトラブルが発生した後、「取引を無効にして」とカード会社に訴えても、対応してくれるとは限りません。

知らずに利用してしまったというケースで、カード会社が取引をキャンセルしてくれた事例もありますが、逆に契約違反として、クレジットカードを利用停止・解約される可能性もあります。

カード会社は、カード利用者の動向をよく観察しており、商品券を大量購入した場合や、キャッシング枠がいっぱいの状態で、さらにショッピング枠をフル使用している人がいれば、まず現金化を疑います。

カード会社によっては、理由を聞かずに問答無用で利用停止にするという場合もあります。

現金化業者は、実質的に貸金業者であると見なされており、そのため貸金業法に違反する違法業者として逮捕された事例もあります。

また、一時的に現金を手に入れても、カード会社に対して商品代金を支払わなくてはなりませんから、すぐにまたお金に困る状態となります。

「そのような危険な業者がクレジットカードの加盟店になっていることは問題ではないか?」と思われるかもしれませんが、現金化業者はクレジットカードの正式な加盟店ではなく、決済代行会社を通じて取引しています。

決済代行会社とは、カード会社と販売店を繋ぐ業者であり、販売店からは手数料を貰っています。

現金化業者の場合、海外にある決済代行会社と取引するケースが多く、海外決済でも認証されやすいブランド(VISAやMasterCard)を使って取引しています。

決済代行会社も、手数料を多く貰えるという理由で現金化業者の実態を隠すことがありますので、カード会社もすべてを把握することはできません。