キャッシングの上手な借り方とは?4つのポイント

サイトマップ
カードローン110番 > キャッシングお役立ち情報 > キャッシングの上手な借り方とは?4つのポイント

キャッシングの上手な借り方とは?4つのポイント

お金がない時にすぐに貸してくれるキャッシングは、大変便利なサービスです。

しかし、使い方に失敗すると返済で苦労してしまいます。

ここでは、キャッシングの借り方で失敗しない4つのポイントを紹介したいと思います。

上限まで借りない

まず、限度額の上限まで借りないことです。

消費者金融では、収入証明書類不要の50万円まで限度額を付ける方が多いです。

銀行カードローンですと、本人確認書類だけで100万円や200万円の限度額がポンと付いてしまうこともあるでしょう。

当面必要な金額は数万円でも、「万が一お金が必要な事態になったら」と考えると、限度額は多い方が安心です。

しかし、そこで注意したいのは「借り過ぎ」の問題です。最初は「絶対に使わない」と思い、必要最小限のお金しか使わない方が多いですが、キャッシングを何度も繰り返していると、だんだんお金を借りることに慣れていきます。

キャッシングの返済はリボ払いですので、10万円借りても月5,000円、50万円借りても月2万円、100万円借りても月3~5万円程度返せばOKです。

そのことに気付いてしまうと、「今50万円借りても当面は返済に困らない」「後でまとめて返済すればいいや」などと思ってしまい、支出に対するブレーキが利かなくなることがあります。

もちろんキャッシングには利息が発生しますので、毎月の返済額が少なく済んでも、返済期間が長くなると、利息を多く支払うこととなります。

当然、追加返済について考えなくてはなりませんが、具体的な予定を立てず「そのうちまとめて返す」という漠然とした気持ちで借りてしまうと、いつまで経っても「まとめて返す」時が来ず、返済に苦しくなって「失敗した」と思うようになります。

短期返済を前提に借りる

将来について楽観的に考えることは悪いことではありません。

しかし、キャッシングでは自分が返済できる金額について把握していないと、多く借り過ぎてしまう可能性があります。

余裕で返済できると思っていても、転職などで収入が減少してしまう可能性がありますし、病気になって治療費が必要になったなど、思わぬ事態が起こる可能性もあります。

なかなか返済が終わらないとストレスになりますし、そのストレスを解消するために浪費に走るという元も子もない行動を取ってしまう方もおります。

カードローンは他のローンに比べると自由度が高い分、金利も高いですので、なるべく短期返済することを心がけなくてはなりません。

もしも長期借入の可能性があるならば、金利の低い銀行カードローンに申し込みましょう。

消費者金融系の最高金利は年18%であるのに対し、銀行の最高金利は年14%台が多く、限度額が大きくなると、さらに金利の差も開きます。

銀行カードローンは、収入証明書類の提出要件が緩いですので、100万円や200万円という金額も、本人確認書類1枚で借り入れすることができます(銀行によって要件は異なります)。

プロミスの詳細はコチラ >>

追加借入の前に完済する

カードローンの返済で注意したいのは、ズルズルと追加借入を行ってしまい、いつまで経っても残高が減らないことです。

同じ10万円を借りるにも、完済後に10万円を借りれば1日当たりの利息は49円(年18%)ですが、残高が10万円ある状態で10万円を追加借入すれば、1日当たりの利息は98円(年18%)になってしまいます。

毎月の返済額が同じであれば、返済期間が伸びる分利息も多く支払います。

また、追加借入を繰り返すことで、今どのくらい返済が進んでいるのか、利用状況が把握しにくい状態となります。

まずは1度完済し、また0から借入するという習慣を身に着けた方が、「いつの間にか借り過ぎてしまった」という事態を防ぐことができます。

【関連記事】

審査の優先順位

カードローンに申し込むなら、銀行カードローン、クレジット会社、消費者金融という順で申し込むことをおすすめします。

信用取引を行うと自分の信用情報が作成されて、信用情報機関に登録されます。

その信用情報機関に加盟している金融会社は、申込人が来るたびに信用情報にアクセスして、本人の信用情報を確認します。

信用情報には、金融会社への申込履歴、本人を特定するための情報(氏名や住所、年収など)、他社の利用情報(契約内容や延滞情報)などが登録されています。

「この人はどこに申し込んで、どこに落ちた」という情報も、一目で分かってしまうのです。

一般的に、審査の難易度は銀行カードローン、クレジット会社、消費者金融という順になっているので、「難易度の低い方から申し込もう」と考える方もいると思いますが、社会的信用を大事にする銀行などは、消費者金融の利用者をあまり信用しない傾向があります。

たとえ審査に通っていても、消費者金融への申込履歴があるということで、ネガティブな印象を持たれてしまう場合もあります。

逆に消費者金融は、銀行やクレジット会社の審査に落ちた人がいても、まったく気にしません。

同じ消費者金融に複数申し込みしていると、多重債務を疑って審査に慎重になりますが、同業者以外の審査結果は、あまり重要ではありません。

ですので、まずは自分の基準に合った銀行カードローンに申し込むことをおすすめしますが、各社の融資までにかかる時間は異なりますので、急ぎの方は「即日融資」可能な金融会社を選びましょう。


プロミスの詳細はコチラ >>