オリックス銀行カードローンの在籍確認の方法は?

サイトマップ
カードローン110番 > オリックス銀行カードローン審査まとめ。審査の流れを徹底調査! > オリックス銀行カードローンの在籍確認の方法は?

オリックス銀行カードローンの在籍確認の方法は?


2016年12月に金利が引き下げられ、さらに借りやすくなったオリックス銀行カードローン。金利年1.7~17.8%、最高限度額800万円、担保・保証人不要でおまとめローンにも使える、機動力の高いカードローンです。

パソコン・スマホ・携帯電話があればオンライン申込可能であり、口座開設のために来店する必要もありません(オリックス銀行カードローンは、特定の口座開設不要です)。

ただし、審査を受けるにあたって1つ注意したいのが、保証会社の審査通過後に行われる在籍確認です。

在籍確認とは、申込人の申告した勤務先に、本当に本人が勤務しているのか、確認するための手続きです。金融機関によっては、書類によって在籍確認を行う場合もありますが、多くの場合、一番早くして確実な方法として、電話を使用します。

オリックス銀行カードローンの在籍確認も、原則的に電話で行われます。

会社員であれば会社に、アルバイトであればアルバイト先に、個人事業主であれば事務所に(事務所と自宅を兼用している方は自宅に)電話をかけて、本人の在籍の有無を確認します。

在籍確認はいつ行われる?

在籍確認は、申込時点では行われず、仮審査を通過した後に行われます。

仮審査とは、申込フォームの入力内容が審査基準をクリアしているかどうか、信用情報の確認も含めて行われます。仮審査で落ちた場合は、在籍確認は行われません。

仮審査は、早くて申込当日、遅くても1週間程度で終了します。仮審査に通過したら、すぐに在籍確認の手続きに移行しますので、審査回答が届いたら、「そろそろ在籍確認が行われる」という合図になります。

ただし、土日祝日は休業日であり、審査・在籍確認は行われません。

審査の流れと在籍確認

オリックス銀行カードローンの審査の流れは、以下になります。

公式サイトから申し込み

メールの受信確認

メールで審査回答(受信確認を行わない場合は、郵送で審査回答)

仮審査に通過したら、本審査へ

在籍確認

本人確認

ローンカード発送

必要書類の提出(アップロード)

ローンカード受取(借入可能)

オリックス銀行カードローンでは、本人確認終了後にローンカードを発送します。ローンカード到着前に必要書類を提出すれば、到着と同時に借入可能になります。

必要書類は、利用限度額50万円以下の場合、原則的に本人確認書類のみ。50万円を超える場合は、本人確認書類と合わせて収入証明書類が必要になります。

本人確認書類 運転免許証、健康保険証、個人番号カード、パスポート、在留カード・特別永住者証明書
収入証明書類 源泉徴収票、住民税決定通知書、課税証明書、納税証明書(その2)、確定申告書(付表含む)※

※確定申告書は、税務署の受領印の押された申告書控えが必要です。e-Tax利用者は、申告書の写しと受信通知を合わせて提出することで、受領印の代わりとなります。

仮審査に通過すると、すぐに本審査に移行しますので、在籍確認の日時を指定したい方、連絡方法について相談したい方は、申込前にカードデスクに相談しましょう。

在籍確認の具体的方法

在籍確認は、審査担当者が勤務先に電話をかけて、

「○○という者ですが××さんはいらっしゃいますか?」

というように、申込人の所在について、さり気なく尋ねます。基本的に担当者の個人名で電話をかけます。

また、カードローンの商品名や申込内容について、第三者に伝えることはなく、カードローンの申込審査であるとは、相手には伝わりません。

申込者が外回り等で不在でも、

「ただ今外に出ておりまして…」

などの応対があれば、在籍が確認できたということになります。

注意点としては、個人からの電話があまりない職場ですと、不審電話に思われる可能性があることです。

電話に出た方が警戒して、

「そのような方はおりません」

などと応対した場合は、在籍確認失敗となります。

在籍確認を確実に成功させるには、他の方に「自分宛に電話がかかってくるかもしれない」と伝えておくとよいでしょう。

もしくは、担当者の個人名ではなく、銀行名で電話してもらうよう、事前に相談しておきましょう。

周囲の方に何か聞かれた場合は、「口座開設の審査で」「(カードローン以外の)ローンの審査で」などと答えるとよいでしょう。

まとめ

在籍確認で一番気になるのは、「職場の人にカードローンを利用しようとしていることがバレてしまうのでは?」という点でしょう。

しかし、オリックス銀行カードローンの在籍確認では、カードローンの申込内容を本人以外に伝えることはなく、確認もすぐに終了します。

ですので、過度にキャッシングバレを心配する必要はありませんが、職場の環境は人によって様々です。「電話がかかってくるのは困る」という方は、在籍確認の代替措置を行える金融業者を利用しましょう。

消費者金融SMBCモビットには、『WEB完結』という申込み方法があります。

『WEB完結』では、電話連絡なしで、キャッシング契約できます。『WEB完結』には、下記の口座・書類が必要になります。

右記の口座を借入・返済用口座に指定 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座
本人確認書類 運転免許証、パスポート
収入証明書類 源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書(直近2ヵ月分)+可能であれば賞与明細書(直近1年分)
勤務先を確認できる保険証 社会保険証または組合保険証
給与明細書(直近1ヶ月分) 収入証明書類として、給与明細書を提出する場合は不要

SMBCモビットの詳細はコチラ >>