オリックス銀行カードローンは来店不要で審査可能

サイトマップ
カードローン110番 > オリックス銀行カードローン審査まとめ。審査の流れを徹底調査! > オリックス銀行カードローンは来店不要で審査可能

オリックス銀行カードローンは来店不要で審査可能


オリックス銀行はネット銀行ですので、実店舗がありません。そのため、銀行窓口に行かなくてもスムーズに取引できる体制が整えられています。

カードローンの申し込みも、ネット上ですべての手続きが完了します(ローンカードの受取だけ郵送になります)。

オリックス銀行のローンカードは、全国のコンビニやスーパー等の提携ATMを無料で利用できるので、「手持ちの現金がない。銀行まで下ろしに行くのは億劫」という場合に、最寄のコンビニ・スーパーに行って、気軽に借入することができます。

また、「今月のクレジットカードの代金が足りない」という場合には、会員サイトにアクセスして、クレジットカードの引落口座に入金してもらえば、家や職場にいながら銀行口座にお金を入れることができます。

ネット申込みで最短即日審査

オリックス銀行カードローンは、ほとんど何の準備もなく、すぐに申し込むことが出来ます。

申込条件は、満20歳以上69歳未満で毎月収入があることです(学生除く)。

収入や勤務形態などの総合的な申込情報のことを「属性」といいますが、オリックス銀行カードローンでは、利用者の属性に応じて限度額を決めるため、希望する限度額が低ければ、多少属性が低くても審査に通る可能性があります。

申込方法は簡単で、オリックス銀行の公式サイトにアクセスし、申込フォームに入力します。

すると、登録したメールアドレスに確認メールが届きますので、指示に従って記載されているURLをクリックします。あとは、審査回答がメールで届くのを待つだけです。

審査時間は早い方で即日、遅くとも1週間程度です。

なお、オリックス銀行カードローンは、オリックス銀行だけじゃなく保証会社の審査も受けます。保証会社はオリックス・クレジット(株)または新生フィナンシャル(株)であり、申込時に保証会社が決定します。

利用者の返済が滞った時、利用者の代わりに返済するのが保証会社ですが、カードローンでは、利用者が保証会社に対して保証料を支払う必要はなく(金利に含まれています)、特別な手続きも必要ありません。

新規の口座開設不要

オリックス銀行カードローンを利用するにあたって、口座は必要ありません。

借入・返済方法を提携ATMにすれば、契約後も口座を使用することはないでしょう。

ただし、返済方法で口座引落しを選択する場合は、本人名義の普通預金口座が必要になります。

  • オリックス銀行を含むネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 商工中金
  • 農林中央金庫
  • 外資系銀行

は、口座引落しに使用できませんが、それ以外の金融機関であればOKです。

返済方法は後日変更できますが、申し込み後に口座引落しにする場合、「預金口座振替依頼書」(公式サイトでダウンロード可)を郵送にて提出する必要がありますので、なるべく申し込みの際に口座引落しを選択することをおすすめします。

本人確認書類だけで申し込める

審査に通過したら、会社・事務所への在籍確認があり、続いて本人の連絡先(自宅であれば自宅)に電話があります。

電話連絡が終了したら、本人確認書類を提出するよう、メールで案内されます。

本人確認書類とは、

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 個人番号カード
  • 在留カード(特別永住者証明書)

等のことです。

運転免許証が一番信頼されるので、運転免許証があれば提出しましょう。運転免許証がなくても、健康保険証であれば、ほとんどの方が所有していると思います。

他のカードローンですと、健康保険証1枚では本人確認書類として認められず、他の書類(公共料金の明細書等)とともに提出しなくてはならない場合もありますが、オリックス銀行カードローンでは、基本的に健康保険証だけでOKです。

書類提出は、データ送付で行われます。パソコンやスマホで画像を取り込み、専用画面にアップロードします。健康保険証の通院歴、個人番号カードの裏面は必要ありません。

人によっては、収入証明書類も一緒に求められる場合がありますが、基本的に利用額50万円以下では不要です。

収入証明書類とは、

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

等のことです。

借入・返済方法は?

契約が完了し、ローンカードが届いたら、いよいよキャッシングできる状態になります。

ローンカードを持って、コンビニ等の提携ATMへ行き、カードを差し込み、画面の案内に従って出金します。

あるいは、本人名義の普通預金口座に直接入金してもらいます。

申込時に「登録口座」(自動引き落としに使用する口座)を指定すれば、会員サイトまたはカードデスクで振込依頼することで、口座に入金してもらえます。

「登録口座」とは別に「振込専用口座」を任意で追加することも可能です。これは他の銀行にはない、オリックス銀行独自のサービスです。

1つの口座で借入・返済を行うとゴチャゴチャする場合、「登録口座」を返済専用口座にして、「振込専用口座」だけで融資を受けると、通帳もスッキリします。

もちろん使用している口座が2つ以上あり、ケースに応じて融資先を変更したい場合にも使用できます。「振込専用口座」は、会員サイトで変更できます。

返済方法は、「登録口座」での口座引落しの他に、提携ATM・振込返済を選択できます。振込返済では、利用者ごとに返済専用口座が用意されるので、約定返済日までにそちらに振り込みます。

返済方法に、提携ATM・振込返済を選んだ場合、返済期間に注意する必要があります。約定返済できるのは、約定返済日の14日前の午前3時から、約定返済日の24時までとなります。

それ以外の期間に返済した場合は、金額に関わらず随時返済として扱われます。

提携ATM提携ATM・振込返済「登録口座」「振込専用口座」への振込「登録口座」での自動引き落とし(毎月10日または末日)

借入方法 返済方法
提携ATM 提携ATM・振込返済
「登録口座」「振込専用口座」への振込 「登録口座」での自動引き落とし(毎月10日または末日)

提携ATMの手数料無料

オリックス銀行は、全国に95,000台以上の提携ATMがあり、そのすべての提携ATMが手数料無料です。

たとえば、

  • セブン銀行
  • イーネット
  • ローソンATM
  • イオン銀行

等と提携していますが、これらのATMは通常、1回取引する度に108円~216円の手数料がかかります。

しかし、オリックス銀行カードローンなら手数料無料です。

ATM取引の方にとって、この恩恵は大きいでしょう。時間外手数料も発生しないので、出勤前や仕事帰りでも気軽に利用できます。

オリックス銀行は来店不要まとめ

オリックス銀行カードローンは、ネット申込からローンカードの受取まで、ほとんど労力はかかりません。体験談でも簡単に利用できたという方が多く、安心して申し込めます。

ただし、借り入れできるのはローンカード受取後のため、融資までに1~2週間ほどかかります。

カードローンは契約後すぐに借入しなくてはいけないものではありませんので(極端に言えば、1度も借りずに解約することも可能です)、「もしかしたら金欠になるかも」と不安な方は、とりあえず申し込み、資金不足に対応できる態勢を整えてはいかがでしょうか。

オリックス銀行カードローンの金利は年1.7~17.8%であり、下限金利は金融機関の中でも最低水準ですが、上限金利は消費者金融とほぼ同じです。

顧客層が消費者金融と被る部分もありますので、「消費者金融じゃないと審査に通らないかも」と考えている方も、意外と審査に通るかもしれません。

すでに消費者金融に借金がある方は、借り換え・おまとめローンとしても利用できます。

オリックス銀行カードローンの毎月の返済額は、借入残高30万円以下の場合、最低7,000円です。返済額は全般的に抑えられていますので、自分のペースで返済できます。

返済の目途を立てたい方は、公式サイトにある返済シミュレーションを利用して、返済期間・返済総額を計算してみましょう。