SMBCモビットの審査に落ちた場合の見直すべき項目とその対策

サイトマップ
カードローン110番 > SMBCモビットの審査を徹底解説!審査時間や審査結果について調査してみました。 > SMBCモビットの審査に落ちた場合の見直すべき項目とその対策

SMBCモビットの審査に落ちた場合の見直すべき項目とその対策

SMBCモビットは、三井住友銀行グループの消費者金融です。カードローン(キャッシング)に申込みをして、審査に通過しなかった人の原因は何でしょうか。

消費者金融であれば、審査に落ちる人も珍しくはないです。消費者金融へ申込みをするときの注意点をまとめました。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットに審査落ちした考えられる理由

消費者金融のSMBCモビットは、消費者金融のカードローンは審査通過率が50%未満になっており、実はそれほど高いものではありません。

そこで、SMBCモビットの審査に落ちたときに考えられる理由をまとめてみました。参考にしていただき、次のカードローンを申込みするときに気をつけてください。

借入金額が多すぎた

SMBCモビットに申込みをしたローンの借入希望額が多すぎた場合は、審査に落ちる可能性があります。また、既にSMBCモビットから融資を受けている人は、返済をすることが難しいと判断されて審査落ちすることがあるのです。

借入金額が多いと判断をされれば、収入で生活ができていないことを示してしまうため、審査に通過するのが難しくなります。

他での借入金額や借入件数が多かった

SMBCモビットではカードローンの申込みを受け付けると、個人信用情報の内容を調査します。これは「消費者金融」「信販会社」「銀行系」どの業界でも行う事務作業です。

「銀行系」以外の業界は総量規制の確認をする上で、個人信用情報で他社カードローンの確認作業がとても重要になります。

総量規制とは年収の3分の1を限度額として、「銀行系」以外のカードローンやキャッシングの利用ができないと法律で定められているものです。

申込情報に虚偽があった

SMBCモビットに申込みをするときに、お金を是が非でも借りたいために、良く見せようと虚偽の情報を登録すると審査に落ちます。勤務先を偽った場合でも、在籍確認をされればすぐに分かります。

借入の情報を偽っても、個人信用情報を調べればSMBCモビットで分かりますので、嘘をつかずに申込みをしましょう。

他での延滞記録が残っていた

他社カードローンを利用している人で、延滞などの事故情報が個人信用情報に登録されていると審査に通過するのが難しくなります。

延滞の記録は1~5年間記録されます。1度延滞をするとなかなか情報が消えませんので、月々の返済には気をつけましょう。

信用情報がSMBCモビットの基準を満たしていなかった

SMBCモビットの審査基準は公開されていません。

しかし、個人信用情報にブラックリスト的な内容が登録されていないとしても、複数のカードローンを保有しているなどの条件で審査に通過しないことがあります。

3件以上の申込みになると、審査に通過しないことがありますので注意をしてください。

再度SMBCモビットの審査に申し込むためには?

1度SMBCモビットの申込みをして、審査に落ちたとしても諦めることはないでしょう。審査に落ちた理由を考えて、解決できるようであれば再度SMBCモビットに申込みをしてみることもいいでしょう。

再度申込みをすると、カードローンを作れる可能性があります。そのための解決策をまとめましたので参考にしてください。

上記の4項目を見直す

他の借入やキャッシングなどをまとめて、ローンを整理することでSMBCモビットのカードローンを作れる可能性が出てきます。

また、申込みのときには嘘をつかず、延滞などをしないように気をつけると審査に通過します。

延滞以外の金融事故情報は、なかなか消えることはありませんが、延滞情報は1~5年で抹消されます。

5年間情報が消えないとしても、半年から1年間程度を延滞していなければ審査に通過する可能性が大きくなります。

最低でも1ヶ月は間を空ける

審査に落ちた場合には、すぐには申込みをせず、最低でも1ヶ月は間隔を置いてから申込みをしましょう。

延滞などの金融事故などが原因出ない場合は、審査に通過する可能性があります。

個人信用情報の内容が改善されていれば、SMBCモビットは金利が低くなる可能性があるのです。できれば、間隔を空けてSMBCモビットに申込みをしてみることをオススメします。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットに落ちた後に他社へ申し込んでいいのか?

SMBCモビットに申込みをして審査に落ちたときに、他社に申込みをすると審査に通過するのでしょうか。

「消費者金融」「信販会社」「銀行系」いずれも個人信用情報を共有していますので、続けて申込みをしたことは筒抜けです。続けてカードローンの申込みを、他社にするときのポイントをまとめました。

申し込んだ情報は半年後に消える!

申し込み情報は個人信用情報から、半年後には消えますので続けてカードローンの申込みをするときの目安としましょう。

ただし、余りにも立て続けに申込みをすると、申し込みブラックとして取扱いされてしまうため気をつけましょう。申込みをした情報は半年で消えますので安心をしてください。

1ヶ月に2件を越えないようにしよう!

申し込みブラックにならないためにも、1ヶ月にカードローンの申込みは2件を超えないようにしましょう。

もし万が一申し込みブラックになってしまったときには、半年間カードローンの申込みをしないように気をつけることです。

カードローンやクレジットカードに付加されているキャッシングの申込みを、複数同時にすることは好ましいことではありません。

SMBCモビットの審査に落ちた方にオススメなアコム

SMBCモビットの審査に落ちた場合は、グループの異なる消費者金融に申込みをしてみることをオススメします。

SMBCモビットは同じ三井住友銀行グループの会社です。そこで、三菱東京UFJ銀行グループのアコムに申込みをしてみると、異なる結果になる可能性があるでしょう。

異なるグループに申込みをすることで、審査基準も大きく異なることが予想することができるのです。SMBCモビットの申込みに落ちたのなら、グループの異なるアコムがオススメです。

アコムの詳細はコチラ >>