カードローン110番 > モビット徹底検証 > SMBCモビットの在籍確認は電話なし?WEB完結含めやり方を詳しく解説します

SMBCモビットの在籍確認は電話なし?WEB完結含めやり方を詳しく解説します

【目 次】
  1. SMBCモビットの在籍確認は書類でOKなことも!
  2. SMBCモビットの在籍確認とは「働いていることの確認」
  3. SMBCモビットの在籍確認のために必要な作業
  4. 在籍確認を書類でできるSMBCモビットのWEB完結のメリット・デメリット
  5. SMBCモビットの在籍確認まとめ

「ネットで『在籍確認』って見たけれど、具体的に何をすることなの?SMBCモビットでキャッシングしたいけれど、ホームページにも情報が出てこないし……」

こんな方のために、大手消費者金融の一つであるSMBCモビットの在籍確認についてご説明します。

SMBCモビットの在籍確認は書類でOKなことも!

SMBCモビットの在籍確認について、簡単にご説明します。

そもそも在籍確認とは、申し込んだ人が申込時に記入した勤務先へ本当に勤めているのかチェックすることです。

職場に電話をかけるやり方が一般的ですが、SMBCモビットで「WEB完結」で申し込んでいると代替措置をとることで電話連絡なしとなります。

ただし、WEB完結だからよいというわけでもありません。WEB完結のメリットとデメリットを踏まえた上で、申込方法をWEB完結にするかどうか判断しましょう。

通常は電話で在籍確認

在籍確認は、電話で行われるのが一般的です。

そもそも、在籍確認とは申込のときに記載した勤め先へ本当に所属しているのか確認すること。書類だけでは確認できませんから、職場へ電話をかけるわけです。

在籍が確認できなければ、審査落ちする可能性が高くなります。

SMBCモビットの審査については「SMBCモビットの審査を徹底解説!審査時間や審査結果について調査してみました。」で解説しています。

「WEB完結」だと電話なしで在籍確認可能!

しかし、SMBCモビットでは電話による在籍確認を回避する方法があります。

それが、「WEB完結」という申込方法を利用することです。

WEB完結とは、申込から契約、借入、返済に至るまですべてWEB(ネット)上で手続きすることです。

自動契約機や書類のコピー、郵送、電話などを原則として使用することなくSMBCモビットのカードローンを利用できるのはありがたいですよね。

ホームページに「WEB完結申込」というボタンが見つかるはずです。そこから申し込めます。

WEB完結のメリット・デメリットを知っておこう

「電話の在籍確認なしに申し込める」とだけ見ると、WEB完結はよいことずくめに思えるかもしれません。しかし、実際はそんなこともありません。

たとえば、申し込めるのは三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの銀行口座を持っている人に限られます。また、ローンカード(SMBCモビットカード)が発行されないため、ATMでお金を引き出せません。

詳細は「在籍確認を書類でできるSMBCモビットのWEB完結のメリット・デメリット」でご説明します。

こちらを読んでいただき、自分は申し込めるのか、申し込んでメリットがあるのか判断しましょう。

SMBCモビットの在籍確認とは「働いていることの確認」

SMBCモビットの在籍確認には、二つの方法があることをお伝えしました。電話とそれ以外の方法です。ここでは、もう少し詳しくこの二つの方法についてご説明します。

通常は職場に直接電話して確認

通常は、職場に直接電話して在籍確認を行います。

SMBCモビットでは、一般的な「カード申込」をするとこの方法となります。

他の消費者金融や銀行などからお金を借りるときも、電話によって在籍確認をするケースがほとんどでしょう。

職場の人にバレる可能性は非常に低い

職場に電話がかかってくるとなると、職場の上司や同僚、後輩などにSMBCモビットの申込が知られてしまう……と心配する人も多いことでしょう。

ただ、よほど勘の優れた人でない限り(あるいはカードローン利用の経験がない限り)そのリスクはきわめて低いと断言できます。

その理由は、SMBCモビットのオペレーターの人は「SMBCモビット」の社名を出さず、個人名で電話をかけてくることです。

社名を名乗らないのはもちローン、在籍確認やお金を借りることを臭わせるような発言もいっさいありません。そこはおそらくマニュアルがあるので、しっかり対応してくれます。

申し込んだ当人が電話に出られなくても、まったく問題はありません。

「○○さんいますか?」「○○はただいま外出中です」

これだけで、少なくともその人が会社に在籍していることは確認できます。たとえ本人につながらなくてもよいのです。

以上より、電話で在籍確認したとしても、職場の人に知られるリスクはきわめて低いわけです。

学生の方については、「SMBCモビットでは学生でも申し込みOK!親バレせずに借り入れする方法はある?」でまとめています。

WEB完結の場合は健康保険証+給与明細書で在籍確認

WEB完結で申し込んだ場合、電話の代わりに健康保険証と給与明細書(直近2か月分と、可能なら1年分の賞与明細書)を提出して在籍確認をしてもらいます。

健康保険証(社会保険証か組合保険証)があれば、会社名が分かります。

給与明細書も、その会社への勤務実態を照明する書類です。

この2種類で、社名と収入まで把握できます。

SMBCモビットの提出書類については、「SMBCモビットのWEB完結(必要書類や審査時間、申込の流れなど)を完全解説!」で解説しています。

申込後に自分にも電話がかかってくる

ちなみに、申し込んだ後、職場だけではなく自分のスマホ・携帯電話にも電話がかかってくるはずです。

これは、単なる本人確認のため。申込時に記載された番号が、本物であるかどうかチェックする必要があるのです(他人の番号を書く人もいますので……)。

SMBCモビットの在籍確認のために必要な作業

SMBCモビットの在籍確認は、電話が職場にかかってくるか書類を提出する必要があるだけ。それほど恐れるものではありません。

ただし、在籍確認をスムーズに終わらせるために求められることはあります。いくつかそれらを列挙しておきましょう。

勤務先は正直に書くこと

第一に、当然ですが勤務先は正直に記入しましょう。ウソをついても、ほぼ確実にバレます。

一流企業に勤務している方が審査通過率もアップするので、どうしても企業名をごまかしたくなる気持ちは分かります。

ただ、結局電話をかけられてしまうので、その時点で在籍実績のないことはすぐに判明します。

ハイリスクでノーリターンなので、勤務先は正直に書くことを強くおすすめします。

在籍確認の電話を恐れる必要はない

在籍確認のための「対策」は必要ありません。前述の通り、在籍確認で職場の人にSMBCモビットの利用を知られる恐れはほとんどないからです。

堂々と勤務先名称を記入し、後は電話が来るのに任せるだけでOKです。

WEB完結の在籍確認に必要な書類

WEB完結の場合、必要な書類は健康保険証+給与明細書(+賞与明細書)と述べました。

健康保険証+給与明細書(直近2か月分+賞与明細書直近1年分)の他にも、源泉徴収票 or 税額通知書or所得証明書or確定申告書+健康保険証+給与証明書(直近1か月分)でもOKです。

ウソをつくと在籍確認後に審査否決になることも

在籍確認によって、勤務先名称の「ウソ」がバレてしまうと、審査落ちとなってしまう可能性が高いです。

仮に収入がよくても、勤務先のウソ一つだけで審査落ち。

しかも、SMBCモビットからマークされて二度と契約できなくなる恐れもあります。

在籍確認を書類でできるSMBCモビットのWEB完結のメリット・デメリット

在籍確認と直接的には関係しませんが、一応WEB完結のメリット・デメリットを整理しておきましょう。

こちらを見てから、WEB完結で申し込むのがよいかどうか判断しましょう。

職場に電話がかかってこない!

WEB完結の最大のメリットは、在籍確認で職場に電話がかかってこないことでしょう。

電話が来ても、職場の人が気づく恐れはほとんどないはずです。

しかし、100%確実ではありません。

経験豊富な人が電話を取ったら、相手が名前だけ名乗って要件を伝えない時点でピンときてしまうかもしれません。

そうでなくても、職場に電話が来るかもしれないと考えるだけで不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。やっぱり、イヤですよね。

それを考えると、書類の提出で済むSMBCモビットのWEB完結は「神サービス」です。

通常の在籍確認については、「在籍確認は必ず行われるって本当?」にまとめてみました。

申込も借入・返済もネット&メールのみ

申込から返済まで、いっさいの手続きがネットやメールだけで完結しているのは素晴らしいです。

外出さえしなくてよいので、SMBCモビットのローン契約機が近くにない地域に住んでいる人でも気軽に利用できます。郵便物もありません。

また、家族や友人・知人にばったり出くわす心配もありません。

安心できるという意味では、WEB完結に優るものはないでしょう。

申し込める人が限られている

ただし、申し込める人が限られるのはデメリットです。保険証を持っていないと駄目ですし、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っていることが必須です。

また、組合に入っていない個人事業主もNGです。健康保険証として認められているのが社会保険証か組合保険証だけで、国民健康保険証は含まれません。

どこか健康保険組合に所属していればよいのですが、そうでなければ(国民健康保険に加入していれば)WEB完結はあきらめましょう。

自営業者は個人事業主の方の申込については、「SMBCモビットなら自営業者や個人事業主でも申し込みOK!審査通過のコツは?」でまとめています。

カードがない

おそらく最大のデメリットは、カードが発行されないことではないでしょうか。

借入の手段として、ATMを利用できません。

現金を手にするには、「振込を依頼→融資→ATMでお金を引き出す」という三つのステップが必要となります。

たとえば、外出先で急にお金が必要になったとしても、すぐにはお金を引き出せません。

また、平日14:50以降に振込を依頼しても、翌営業日対応となってしまいます。銀行が営業していないためです。

つまり、カードがないとお金を引き出せるまでのスピード、お金を引き出せる時間帯が限られます。

SMBCモビットカードの必要性については、「モビットカードの申込方法やメリット、デメリットについて詳細に解説!」を参考にしてみてください。

パソコン&スマホがないと利用できない

WEB完結と呼ぶくらいですから、パソコンやスマホがないと利用できません。また、インターネット環境がないと利用できません。

SMBCモビットの在籍確認まとめ

SMBCモビットの在籍確認は、申込者が勤務先名称を正しく記入しているか確認することです。一般的には職場へ電話をかけるのですが、WEB完結で申し込んだ場合は書類の提出で代替します。

在籍確認で職場の人にSMBCモビットの利用を知られるリスクはほとんどありませんので、心配は無用です。