カードローン110番 > モビット徹底検証 > こんな場合はどう?担保や保証人なし・銀行口座なし・クレヒスなし・金融事故ありでもSMBCモビットに申込みできる?

こんな場合はどう?担保や保証人なし・銀行口座なし・クレヒスなし・金融事故ありでもSMBCモビットに申込みできる?


担保や保証人を用意できない!銀行口座がない!クレヒスがない!実は過去に金融事故が…SMBCモビットを申込みたいけど不安を感じている人、必見です!

気になるけど聞けない、「こんな場合はどうなの?」に当サイトがお答えします!

まずはSMBCモビットの申込み条件を整理しておこう

SMBCモビットに申込みできる人

SMBCモビットに申込みできるのは、年齢が20歳以上69歳以下で、かつ安定収入がある人です。

消費者金融であるSMBCモビットでは、お金を貸してその分を返済できる能力があるかどうかをもっとも要視するため、まずはこの条件に該当することが必須です。

ちなみに、「安定収入」についてですが、これは正社員で高額な給与をもらっているということを指すわけではありません。

月数万円であっても、毎月決まって収入があれば申込対象となります。そのため、派遣社員や自営業者、パート主婦やアルバイト学生でも問題ありません。

詳細については、「SMBCモビットでは学生でも申し込みOK!親バレせずに借り入れする方法はある?」を参考にしてみてください。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの申込みに必要な物

SMBCモビットの申込みには、本人確認書類と収入証明書類の2点が必要です。

これらが用意できないと申し込みはできないため、まずはすぐに準備できるかどうかを確認してくださいね。本人確認書類と収入証明書類に該当するのは以下です。

本人確認書類 運転免許証、健康保険証、パスポートなど
収入証明書類 源泉徴収票の写し、税額通知書の写し、所得証明書の写しなど

※個人事業主の方は、収入証明書類として確定申告書の写しが必要となります。また、場合によっては「営業状況確認のお願い」の提出を求められることもあります。

もし収入証明書類がない場合や、今すぐ準備できない場合は、アコムやプロミスで検討しましょう。アコムやプロミスでは本人確認書類があれば即日申し込みOKです。

アコムの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>

気になる個別の事情。SMBCモビットはこんな状態でも申込みできる?

担保や保証人がない場合

お金を借りるというと、担保や保証人を用意しなければいけないように思うかもしれませんが、そこは安心してください。

SMBCモビットの申込みには、担保も保証人も一切必要ありません。あなた本人の信用や返済能力だけでお金を借りることが可能です。

なぜ担保や保証人がいなくてもSMBCモビットはOKなのか

担保・保証人なしとなると、何かウラがあるのでは…と思ってしまいますが、実はSMBCモビットのような消費者金融では、有担保の住宅ローンや自動車ローンよりも金利を高くしています。

そうすることで、万一会員の一部が返済不能になったとしても、その他の会員から得られる利息分で損失を補てんできるからです。

そのため、貸し倒れのリスクを懸念して利用者に担保や保証人を求めずに済むのです。

ただ、この消費者金融の仕組みは、きちんと返済をしようとしている人にとっては少し不公平でもありますね。

そう感じるなら、できるだけ無駄な金利を払わなくて良いように、あらかじめ金利が低い業者や無利息期間がある業者を選ぶようにしましょう。

たとえばアコムやプロミスであれば、初回利用者を限定に30日間無利息としています。

当然両業者も消費者金融であるため、金利がとても低いということはありませんが、この無利息期間を活用すれば、なんと借りた金額分だけを返せばOKとなるのです!

業者にこだわりがないなら、担保なし・保証人不要・金利無料のアコムやプロミスで検討してみてはいかがでしょうか。

銀行口座がない場合

「銀行口座を持っていない」「口座は配偶者が管理しているから自由に使えない」など、消費者金融の申込みに銀行口座を準備できない人も多いでしょう。

でも、そんな場合でもSMBCモビットなら大丈夫です!

SMBCモビットの借り入れ方法には振込みと提携ATM利用の2種類があり、振込みには当然銀行口座は必要ですが、提携ATMを使ったキャッシングなら口座は必要ありません。

SMBCモビット公式サイトもしくはローン申込機からカード申込みをすればローンカードが発行されるため、それ1枚だけで借入も返済も可能になります。

モビットカード発行をされる方へご注意

実は、SMBCモビットの場合、ネットからカード申込みをしても、ローン申込機を使っても、契約自体は郵送でのやり取りになります。また、申し込みから契約まで一貫して手続きができる有人店舗もありません。

そのため、もし家族に内緒で借入をしたいと考えるならアコムかプロミスで検討しましょう。

アコムかプロミスなら、全国にある自動契約機や店舗窓口を使えば、その場で申込みからカード受取、契約まですべてできます。

モビットカードの詳細については、「モビットカードの申込方法やメリット、デメリットについて詳細に解説!」でまとめています。

クレヒスがない場合

今まで一度もお金を借りたことがない人やクレジットカードを持っていない人の場合でも、SMBCモビットなら申込み可能です。

ただし、クレヒスなしは、金融業界では「お金に関する信用を測る材料が一切ない」ということになります。

そのため、無事審査に通過したとしても、最初の上限枠は低めに設定される可能性があります。

クレヒスがないなら、まずは限度額内で利用をし、誠実に返済を続けることで信頼を積んでいきましょう。そうすることで、やがて増額も検討できるようになります。

信用情報については、「個人信用情報が審査に占めるウェイトとは?」で解説しています。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

今すぐにまとまったお金が必要な方へ

今すぐまとまったお金が必要なら、増額できるまで待って、しかも審査を受けるという時間はないはず。

しかも、増額の審査では「初回上限枠+増額希望分」の返済ができるかどうかを見られるため、実は契約時よりも難易度は上がります。

SMBCモビットの増額については、「SMBCモビットの増額申請方法と審査手順まとめ。電話でもネットでも申請可能!」で解説しています。

それなら、今すぐSMBCモビットと併せてアコムやプロミスでも申込みをしましょう!

2社もしくは3社で新規契約ができれば、1社1社の限度額は低くてもトータルで考えれば希望額に近づけることは可能です。せっかく消費者金融を使うなら、このように賢く活用するのがオススメですよ!

 

アコムの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>

過去に金融事故を起こしている場合

過去に金融事故を起こしていると、基本的にはどこの金融機関も難しいと言えます。

しかし、現時点で

  • 延滞しているものは一切ない
  •  無職ではなく安定収入がある

という状態であれば申込みはできる場合もあります。

もちろん審査基準は各業者によって異なりますが、消費者金融の場合は比較的過去の信用情報よりも現在の返済能力の方を重視してくれる傾向にあるため、現時点で何も問題がなければ審査通過の可能性は少なからずあります。

過去の金融事故がネックになっているのであれば、まずはアコム、アコムがダメならアイフルの順で試してみましょう。

ただし、上記2点の条件をクリアしていることに加え、過去の延滞先にアコムとアイフルが含まれていない場合に限ります。

自分の信用情報に自信がない方は、「こんな場合はどう?担保や保証人なし・銀行口座なし・クレヒスなし・金融事故ありでもSMBCモビットに申込みできる?」を参考にしてみてください。

お金を借りたい!でも不安があるなら…

今すぐお金が必要だけどどうしても申込みに対して不安がある…という方は、いきなり申込みをするのではなく、WEBからできる簡易審査でまずは融資可能かどうかをチェックしてみませんか?

ちなみに、このようなWEBの簡易審査を試して万一「融資不可能」と結果が出たとしても、その内容が信用履歴に残ることはないので安心してくださいね。

アコムの3秒診断

年齢、性別・独身既婚、他社借入状況の3項目を入力するだけでOK。年齢は本申込希望時の年齢を入力しましょう。

プロミスのお借入診断

プロミスでは、生年月日、年収、現在の借入状況の3項目を入力すると、すぐに借入可能か確認できます。年収は手取り額ではなく税金や社会保険料を引かれる前の額で大丈夫です。

アコムとプロミスの借入診断は融資を受けられるかどうか気になったときにいつでもできます。しかも、「融資可能」と結果が出たらそのまま申込みをすることができるのでとても便利!ぜひ利用してみましょう。


アコムの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>