みずほ銀行カードローンを徹底検証

サイトマップ

みずほ銀行カードローンを徹底検証

みずほ銀行カードローンは、最高限度額1,000万円、金利は年3.5%~14.0%もしくは年3.0%~7.0%で借りられる「高限度額」「低金利」のローン商品です。

知名度の高い銀行ですので敷居が高いと思われるかもしれませんが、みずほ銀行カードローンの申し込み条件は、「20歳以上66歳未満」「安定かつ継続した収入の見込める方」「保証会社(株式会社オリエントコーポレーション)の審査を受けられる方」ですので、パート・アルバイト・派遣社員・個人事業主でも申込可能です。

また、配偶者に収入のある専業主婦も、限度額30万円まで申込可能です。専業主婦の利用できるカードローンは意外と少なく、大手消費者金融会社ではまず断られますので、専業主婦にとっては貴重な選択肢となります。

申込みはこちら

高額借入に有利な金利タイプとは?

みずほ銀行カードローンには、年3.5%~14.0%のコンフォートプラン(限度額10~1,000万円)と、年3.0%~7.0%のエグゼクティブプラン(限度額200~1,000万円)という2種類の金利タイプがあります。

どちらのプランが適用されるかは審査で決まりますが、エグゼクティブプランの場合、少なくとも200万円以上限度額を契約する必要があります。

逆にいえば200万円以上の契約でエグゼクティブプランが適用される可能性があるということですから、年収の高い方、勤務形態が安定している方など、属性の良い方は一度審査を受けてみることをおすすめします。

限度額が200万円に設定されても、実際に借りる金額は200万円以下で大丈夫です。

総量規制の対象外ですので、限度額に対して「年収の3分の1まで」という上限はなく、みずほ銀行の独自審査によって決まります。

限度額1,000万円というカードローンは、現在のところみずほ銀行、ジャパンネット銀行のみになりますので、おまとめローンなどで1,000万円近くの融資が必要という場合には、大変心強い存在となります。

申込みはこちら

申込前に知っておきたいこと

カードローンの契約には、みずほ銀行の普通預金口座が必要です。

口座がない場合、銀行窓口であればその場で口座開設できますが、店頭窓口以外の申込方法ですと、郵送書類のやり取りがありますので、契約までに1~4週間程度かかります。

ネット申込では、カードローンと一緒に口座開設を行う「同時開設」を選択できます。

同時開設の利用者は、審査回答の後日、通帳、キャッシュカード(カードローン機能付き)が送られてきます。この方法ですと1~2週間で借入できる状態となります。

同時開設しない場合は、カードローン専用のカードが発行されます

同時開設しない場合も、審査回答後に口座開設が必要になりますので、トータルで3~4週間程度かかります。消費者金融と比べると全体的に時間がかかってしまうのはデメリットです。

「時間がかかるのになぜ同時開設しないのか?」と思われるかもしれませんが、カードローン専用型には、キャッシュカード兼用型にはないメリットがあります。)

申込みはこちら

2つのカードの違いとは?

キャッシュカード兼用型ですと、みずほ銀行、イーネット、ローソンATM、セブン銀行のATMを使用することができますが、カードローン専用型では上記に加えて、さらに提携金融機関(都市銀行や地方銀行など)、ゆうちょ銀行のATMを利用できます。

普段使用するATMのタイプによっては、キャッシュカードとは別にローンカードを発行した方がよいでしょう(「web完結申込」はキャッシュカード兼用型のみとなります)。

ただし、カードローン兼用型ですと、キャッシュカード兼用型で使える「自動貸越機能」が利用できません。

自動貸越機能とは、みずほ銀行の普通預金口座から現金を引き出す際に口座の残高不足が発生する場合、不足分を自動的に融資してもらえる機能です。

カードローンの利用可能枠からの融資となるので、当然金利がかかりますが、お金が足りない時にわざわざ借入手続きをする必要がなく、手間を省けます。

現金の引き出しではなく、クレジットカードや公共料金の支払いなど口座引落しで残高不足が発生する場合には、「自動融資サービス」を使用して口座の残高不足に対応することができますが、自動融資サービスについてはどちらのカードも使用できます。

申込みはこちら

最短即日融資の「web完結申込」とは?

みずほ銀行に口座がある方は、申し込み方法を「web完結申込」にすることで、必要書類を提出せずにスピード契約できます。

通常は本人確認書類を画像データなどで提出する必要がありますが、その手間を省けます。

利用限度額200万円を超える場合は、口座の有無に関わらず収入証明書類の提出は必要ですが、WEBカメラやスマートフォンのカメラ機能があれば、その場で提出することができます(モバイルで画像データを登録することはできません)。

借入方法はATMとみずほダイレクト(ネットバンキング)がありますが、お手持ちのキャッシュカードにカードローン機能を加えるので、契約完了直後でもATMから借り入れできます。

みずほ銀行・コンビニATMの手数料無料!

みずほ銀行の返済方法は毎月10日(返済日当日の夜間)の自動引落しとなりますが、追加返済はATMで随時行うことができます。

返済方式は残高スライド方式であり、最低返済額は1万円(1万円未満の場合は残高全額)になります。

利用限度額が200万円未満の場合、残高50万円以下で1万円、限度額200万円以上の場合、残高100万円以下で1万円です。

みずほ銀行カードローンを使用する場合、みずほ銀行ATM手数料は、時間外手数料も含めて0円になります。

コンビにATMの手数料も、月4回まで無料になります。もしもみずほダイレクトに加入している場合は、パソコン・スマートフォン・携帯・電話からも追加返済可能です。

プロミスの詳細はコチラ >>


プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>