みずほ銀行カードローンの審査基準が甘いかどうかを徹底解説

サイトマップ
カードローン110番 > みずほ銀行カードローンの審査を徹底解説! > みずほ銀行カードローンの審査基準が甘いかどうかを徹底解説

みずほ銀行カードローンの審査基準が甘いかどうかを徹底解説

メガバンクが運営するみずほ銀行カードローンですが、審査基準は中間くらいの難易度だといわれています。

「専業主婦でも借りられるの?勤務先に電話はかかってくるの?」という疑問を持つ方もおられるでしょう。

みずほ銀行カードローンのプランにはエグゼクティブプランとコンフォートプランがありますが、ここでは多くの方が適用されるコンフォートプランを中心に説明しているので、ぜひ参考にしてください。

みずほ銀行カードローンの審査は厳しいの?

みずほ銀行カードローンの審査は「みずほ銀行」と保証会社である「オリエントコーポレーション株式会社」が行います。

みずほ銀行が行う審査は住宅ローン、自動車ローン等の取引実績や普通預金口座・定期預金口座から見える返済能力の有無です。

給料振込に使われていれば安定収入の証明となりますし、貯蓄や預貯金がどれくらいあるのか、お金の収支はどうなのかが一目瞭然となるわけですね。

オリエントコーポレーション(以下、オリコ)が行う審査は信用情報機関に問い合わせて、下記のようなことを確認しています。

  • 過去に金融事故(債務整理や自己破産)がないかどうか
  • 申し込み情報をもとに返済能力はあるのか
  • 勤務先に電話をかけて本当に勤めているかどうか

双方の審査を経て融資可能か決定され、審査が終わったときに金利と利用限度額が発表される流れです。

専業主婦の場合は配偶者に安定収入があれば融資可能となっています。

配偶者の収入面をもとに審査を行っており、専業主婦の借り入れ上限は30万円までです。

申込みはこちら

属性スコアリングについて

属性とは申込者の返済能力を指しています。

申し込み情報に記載されている

  • 年収
  • 勤続年数
  • 勤務先の規模
  • 雇用形態

などをもとに自動審査を行い数値化して判断しているというわけですね。

収入面だけでなく、居住形態や固定電話の有無、家族構成等も審査項目です。

収入に対してどれくらいの出費があるかどうかを確認し、融資したお金を返してもらえそうかどうかを見ています。

他社借り入れは件数が重要

他社でキャッシングしている場合は審査に影響を及ぼします。

ただし重要視されるのは借入件数です。借入額が同じ100万円でも1社から100万円借りている方と5社から20万円ずつ借りている方なら前者が審査に通りやすく、後者は審査に通りにくくなっています。

「1社から高額融資を受けている=返済能力がある」と判断されるため、他社借入が審査で有利に働くケースもあるようです。

毎月、延滞せずに返済できている方も同様のことがいえるでしょう。

金融事故があると審査に落ちる!

過去の借入状況や返済履歴は信用情報機関によって保存されています。

カードローンに申し込むと個人の信用情報を各金融機関に共有し、信用力のない方に融資を行わないようにしてくれるわけですね。金融事故の記録は最低でも5年間保存され、最長で10年間記録されています。

過去に金融事故を起こした経験のある方は注意してください。

短期の延滞は金融事故になりませんが、1ヶ月以上の長期延滞となった場合や代位弁済等の代替措置も金融事故として記録されるので返済は遅れないようにしましょう。

申込みはこちら

在籍確認の電話は省略できるの?

みずほ銀行カードローンの場合は在籍確認の電話連絡は省略できません。

収入証明書の提出ができたとしても必ず在籍確認が行われます。しかし専業主婦の場合は在籍確認が行われないケースもあるようです。

在籍確認という審査は申込者自身に行われるため、配偶者の職場へ電話連絡はありません。配偶者に内緒で借りるのは難しくないと評判です。

しかし注意事項として自宅に郵送物が届きます。

みずほ銀行の口座を持っていない方はみずほ銀行の口座開設後、ローンカードと一緒に利用者の自宅へ送られてくるので、その封筒を見られて家族に気付かれるというケースがあるようです。

すでに口座を持っている方はweb契約にしておけば、現在持っているキャッシュカードにローン機能が付与されます。審査のやりとりもメールと電話連絡で完了するため家族に気付かれる心配はほとんどありませんよ。

消費者金融と比べれば借りにくい!

みずほ銀行カードローンへ申し込む際の必要書類は本人確認書類となります。

運転免許証・パスポート・健康保険証および住民票等が本人確認書類として認められており、会社員である必要はなく、アルバイトやパート、専業主婦、年金生活者の借り入れも可能です。

200万円を超える借り入れを希望する方は収入証明書の提出も必要となるので準備しておきましょう。

銀行カードローンのため総量規制の対象外となっていますが、消費者金融に比べれば審査は厳しく行われます。

銀行系の審査通過率は20%前後といわれており、誰でも借りられるわけではありませんので審査に落ちるリスクも頭に入れておいてくださいね。

申込みはこちら

審査通過率で選ぶならアコムがおすすめ

審査が不安という方は消費者金融系に同時申し込みしておけば安心です。

中でも消費者金融系の中で最も審査通過率が高いアコムがオススメ。

アルバイトやパート、派遣等で申込者本人に収入がないと申し込めませんが、毎月少額でもかまわないので収入があれば申し込み可能となっています。

アコムなら在籍確認の電話連絡も相談次第で省略してくれるという口コミもありますし、最短即日融資で借入可能です。

金利はみずほ銀行カードローンに比べて高めに設定されているので、短期的な利用を考えている場合に活用してください。

とはいえみずほ銀行カードローンもアコムもお金を借りていることには変わりありません。

借りすぎには注意して適度な利用を心がけてくださいね。

アコムの詳細はコチラ >>


申込みはこちら