ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」の特徴とは?

サイトマップ
カードローン110番 > ジャパンネット銀行カードローン徹底検証 > ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」の特徴とは?

ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」の特徴とは?

ジャパンネット銀行が提供するカードローン「ネットキャッシング」は、最高限度額1,000万円、年2.5~18.0%(変動金利)のカードローンです。

20歳以上70歳未満の方で、安定した収入のある方であれば、年収・勤務形態問わず申し込めます。また、専業主婦でも配偶者に収入があれば申し込めます。

銀行では珍しい「30日間無利息サービス」を実施しており、ジャパンネット銀行口座があれば即日融資可能など、魅力的な部分もありますが、上限金利が消費者金融並みに高く小額借入には不向きという側面もあります。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けるので、担保・保証人は不要であり、年会費もかかりません。

30日間無利息サービスがある

ネットキャッシングの30日間無利息は、初回借入日から30日間利息0円になるサービスであり、30日以内に元金を返済すれば、利息は一切かかりません。

たとえ完済できなくても30日分の利息が浮きますので、大変お得です。

ただし、約定返済を行わず延滞してしまった場合や、無利息期間中に途中解約した場合など、借入状況によっては無利息サービスは適用されません。

「初回借入日から30日間」ですので、契約後すぐに借入しなくても大丈夫です。

どんな人に向いているの?

ネットキャッシングの限度額は1,000万円であり、業界最高水準となります。総量規制の対象外ですので、他社借入を一本化する「おまとめローン」として使用できます。

高額融資ですと借入金利は低くなりますが、限度額100万円未満で年18%、100万円以上150万円未満で年15%と、限度額が低いと高金利になります。

小額借入がメインの方には、金利の面で特にメリットはありません。

しかし、限度額300万円以下は収入証明書類の提出が不要であり、書類を揃える手間を簡略化できますし、専業主婦にとっては、必要最小限の手続きで申し込めるというメリットがあります。

貸金業者の場合、専業主婦の申し込みには婚姻証明書類や配偶者の収入証明書類の提出が義務付けられておりますが、銀行ですのでそのような制約はなく、原則的に本人確認書類だけで申し込めます。

ただし、配偶者に安定した収入があることを確認するために、配偶者の勤務先に電話確認を行います。配偶者に内緒で借りられるわけではありませんので、事前に相談しておきましょう。

また、契約期間は3年であり、3年毎の自動更新となります。多くのカードローンが1年毎の自動更新ですので、長期的に利用できるという安心感があります。事業性資金以外であれば、借入用途も問われません。

融資までにかかる時間は?

申込みは公式サイトから行います。店頭・電話・郵送など、他の申込み方法はありません。

融資までの最短時間は30分ですが、ジャパンネット銀行の普通預金口座の有無、書類提出の有無によって、融資までの時間に差があります。

最短30分になるのは、ジャパンネット銀行口座をお持ちの方で、希望限度額が300万円以下の方、さらに平日14時までに手続きを完了した方のみとなります。

ジャパンネット銀行以外の口座は使用できませんが、初回限定で任意の口座に振り込むことができます。

申込みはこちら

申込み方法は?

ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方は、公式サイトの「ネットキャッシング審査申し込み」からログインします。口座をお持ちなので、本人確認書類の提出は不要です。

限度額300万円以下であれば、収入証明書類の提出も原則不要ですので、審査通過とともに契約完了となります。

収入証明書類を提出する場合は、FAXまたは郵送で提出します。申込当日にFAXで提出した場合でも、審査に数日かかる場合があります。

ジャパンネット銀行口座をお持ちでない方は、公式サイトの「普通預金口座+ネットキャッシング同時申込」からログインします。

300万円以上の限度額を希望する方は、FAXまたは郵送で収入証明書類を提出し、審査結果メールを受信してから、口座開設手続きに移行します。

収入証明書類の提出がない方は、そのまま口座開設手続きを行います。

口座開設には専用書類が必要であり、ネットからダウンロード・印刷するか、郵送で取り寄せます。そして口座開設書類とともに本人確認書類を郵送で提出します。

書類を印刷する場合、契約完了までに1週間くらいですが、書類を郵送で取り寄せる場合は、2週間~3週間ほどかかります。

その後、手続き完了メールを受信して、キャッシュカードとトークンを受け取り、口座の初期設定を行うという流れになります。

他行口座への初回振込サービスがある

初期設定を行うことで口座開設は完了しますが、手続き完了メールが届いた時点でも、任意の普通預金口座(本人名義)に振込依頼を行えます(初回限定)。

メールで案内されている電話番号に電話して、振込先の金融機関名・支店名・預金科目・口座番号を伝えると、最短翌営業日までに指定金額が振り込まれます。ただし、50万円が上限であり、初期設定後は利用できなくなります。

借入方法

パソコンまたは携帯電話から会員サイトにアクセスし、借入金額を入力すると、ジャパンネット銀行口座に振込融資してもらえます。

利用限度額の範囲内なら、手数料無料で何度でも借入可能です。

ネット銀行ですので、24時間リアルタイムで反映されます。

また、キャッシュカードを使用して、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、セブン銀行、イーネットの提携ATMでキャッシングすることも可能です。

ATM手数料は、毎月1回無料になります。2回目以降は、取引金額3万円以上なら無料になりますが、3万円未満の場合は有料です。ゆうちょ銀行のATM手数料は324円、その他の提携先のATM手数料は162円になります。

返済方法は?

返済方法は、ジャパンネット銀行口座からの自動引き落としです。

約定日は自分で指定することができ、約定日前日の最終借入残高に応じて返済額が決まります(残金スライド元利定額方式)。

ただし、返済方式には「残金スライド元利定額方式A」と「残金スライド元利定額方式B」の2種類があり、選択によって毎月の返済額が異なります。

Aの場合、残高10万円以下で3,000円、10万円超30万円以下で6,000円と、返済額は少なめです。それに対してBの場合、50万円以下は一律10,000円と、返済額が大きいです。約定返済とは別に、追加返済、全額返済も可能です。

[関連記事]

申込みはこちら

アコムの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>