カードローン110番 > イオン銀行カードローン徹底検証 > イオン銀行カードローン審査を徹底解説

イオン銀行カードローン審査を徹底解説

イオンモールでお馴染みのイオングループは、2006年から銀行業務を開始しました。イオン銀行が取り扱うカードローンは低金利であることが特徴です。

利用者が無理なく返済できるように、しっかりとした審査を行っているため、審査が厳しいという声もあります。

この記事ではイオン銀行カードローンの特徴を紹介した上で、審査の難易度や通過のポイント、注意点などを詳しく解説し、審査に落ちた場合の対策を具体的に解説します。

他の金融業者も含め、優先順位をつけて上手に融資を勝ち取りましょう。

イオン銀行ってどんな銀行?

イオンと聞くとイオンモールのイメージが強く、イオン銀行と聞いてもあまり銀行のイメージを持てないという人がいらっしゃいますが、他の銀行と同様に、れっきとした銀行業務を行っています。

イオンモールに有人窓口がある上、ATMやネットバンクもしっかりと整備されています。特にATMは時間外手数料がかからないというメリットもあり、イオンモールを頻繁に利用する人を中心に、幅広い支持層を獲得している銀行です。

イオン銀行カードローンの商品解説

イオン銀行が提供している

イオン銀行カードローン

は、3.8%あら13.8%の金利で、限度額800万円までのキャッシングが可能です。

担保や保証人は不要で、パートやアルバイトでも審査条件をクリアしていれば融資してくれます。

年会費や入会金は不要で、銀行口座も要らず、来店や郵送の必要もありません。

毎月の返済や借入は1,000円から行えるという手軽さもありますので、とても便利なカードローンといえるでしょう。

イオン銀行カードローンの融資スピード

イオン銀行カードローンは、審査のスピードが早く、14時までに申し込みをした場合には原則即日回答をしてくれます。

さらに、イオン銀行の普通預金口座を持っている場合には最短で即日の借入ができますので、急ぎでお金が必要な人の借り入れに適しています。

ちなみに14時までにインターネット申し込みをした場合は当日回答ですが、14時以降の場合は翌日回答、窓口申し込みは4日から5日、郵送申し込みの場合は10日前後となっています。急ぎの場合はインターネットがおすすめです。

申込みはこちら

イオン銀行カードローンの審査は厳しいのか?

低金利な上、審査スピードも速く、手数料無料のATMやネットで便利に利用できるイオン銀行カードローンですが、気になるのは審査の難易度ですよね?

実はイオン銀行カードローンの審査は厳しいといわれています。

では、どうして審査が厳しいのか?審査が厳しいことは利用者にとってメリットなのかデメリットなのかも踏まえて、審査について深く見て行きましょう。

限度額の設定が高いところは審査のハードルも高い

イオン銀行に限らず、限度額が高額のところは審査が厳しいといわれています。

イオン銀行の融資限度額は800万円ということで、カードローンの中ではトップクラスの高水準のため、審査のハードルは高いと考えておきましょう。

また、銀行系カードローンは消費者金融系のカードローンなどと比べて審査基準が厳しい傾向がありますので、想定しておく必要があります。

審査通過には信用情報をクリアする必要がある

審査を通過するためには、信用情報をクリアする必要があります。

信用情報には、カードローンなどの状況だけでなく、携帯電話の端末代やクレジットカードの返済など、ローンで支払っている情報の大半が分かります。

そのため、過去に返済が滞るなどの金融事故や、債務整理の履歴があった場合には審査で落とされる可能性が高くなるでしょう。

信用情報をもとに、保証会社が実際の審査を行います。保証会社は万一滞納などを起こした時に融資元に損失分の補償をする会社で、イオン銀行カードローンの場合はイオンクレジットサービスとオリックスVIPローンの2社体制となっています。

この保障会社が貸しても大丈夫と判断した場合に融資が受けられますが、過去に同じ保証会社で金融事故を起こしている場合には、審査に通る可能性はほぼないでしょう。

申込みはこちら

審査さえ通過すれば安心して高額借入れができる

審査が厳しいということは利用者にとってメリットなのでしょうか?それともデメリットなのでしょうか?

確かに、お金を借りたいのに審査が厳しくて借りれないというのはデメリットだと思います。

しかし、見方を変えると無理な融資はしないということは、融資を受けた人からすると安心の証ともいえるでしょう。

あなたが融資を受けれたということは、イオン銀行から返済能力があるとみなされたわけですので、厳しい審査に通過した自覚を持ってしっかりと返済する資格が与えられているともいえるのです。

イオン銀行カードローンの審査での注意点

イオン銀行カードローンで、少しでも審査に通る可能性を上げるためには、必要事項をしっかりと確認しましょう。

申し込み手続きの不備で審査に落とされるのはもったいないことなので、細やかな確認がおすすめです。

イオン銀行カードローンの審査での注意点を紹介します。

必要書類をもれなく準備

必要書類は漏れなく準備する必要があります。イオン銀行カードローンの必要書類として本人確認書類が必要です。

本人確認書類は免許書やパスポートのいずれか1つが必要です。場合により、健康保険証も有効ですし、外国籍の人の場合は在留カードを用意しておきましょう。

又、ご年収(収入)を確認できる書類、源泉徴収票(前年度)、直近3ヵ月以内に発行された給与明細2ヵ月分、住民税の課税決定通知書のいずれかが必要です。

申込みはこちら

審査が厳しくてもおすすめする理由

イオン銀行カードローンは審査基準は厳しいようですが、その分しっかりとした審査をしてっくれているので、もしも融資が決まった場合には安心して返済に集中することができます。

消費者金融のカードローンなどと比べて金利が低い上、審査結果が即日回答なので、万一審査に落ちても次の行動に移りやすいというメリットもあります。

申し込みも無料なわけですから、あれこれ考える前に、とりあえず審査してもらうと良いでしょう。

イオン銀行カードローンの審査に落ちたらどこで借りればいいの?

では、万一イオン銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか?

その場合には消費者金融からの借入がおすすめです。

消費者金融と聞くと抵抗を持っている人もいらっしゃるかも知れませんが、大手の場合には安心して借入をすることが可能です。

プライバシーに対しての配慮もしっかりしている会社が多く、勤務先への在籍確認の電話連絡も、消費者金融と分からないように電話してくれますし、誰にも会わずに借り入れや返済が可能な無人契約機も便利です。

増額の相談も気軽にすることができますので、イオン銀行カードローンの審査に落ちた場合の次の手段として検討してみましょう。

ここでは、イオン銀行カードローンと同じ800万円の限度額となっているアコムを紹介します。

イオン銀行カードローンと同じ限度額のアコム

限度額800万円の借入が可能な消費者金融にはアコムがあります。アコムは最短1時間で融資をしてくれ、金利は3%から18%で借り入れが可能です。

初めて利用する場合は30日間金利が無料なので、お得に借り入れすることができます。

審査も通りやすいと評判なので、あなたの助けとなってくれる可能性は高いでしょう。

無人契約機が全国各地に配備されているので、外出先でのついでに借入や返済が可能です。

利用中は自動でドアがロックされるので、誰かに見られる心配もありません。プライバシー面でも安心して利用可能です。

アコムの詳細はコチラ >>


プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>