カードローン110番 > 広島銀行カードローン徹底検証 > 広島銀行カードローン審査のすべてを解説

広島銀行カードローン審査のすべてを解説

広県最大の地方銀行である広島銀行カードーンにはいくつものカードローン商品がありますが、今回は申し込みの間口が最も広く、インターネットから契約手続きを行うことができるローンであるハローローンワイドの審査について解説します。

広島銀行カードローン商品スペック

広島銀行カードローンハローローンワイドの主な商品スペックは以下のようになっています。

  • 借入限度額500万円
  • 金利は3段階
  • 口座がなくてもOK
  • 口座があればWEB完結

金利が金額ごと固定金利で14.6%、14.0%、12.0%の3種類しかないため、自分が借りたい金額の金利がわかりやすいという点が特徴です。

また、口座を持っていないままでも契約が可能となっています。口座を持っていればWEB完結契約が可能という点も特徴です。

広島銀行カードローンの審査

広島銀行カードローンの審査は以下のような基準で行われます。

広島銀行カードローンの審査時間は早い?遅い?

広島銀行カードローンは審査までのスピードをそれほど重視していないカードローンです。

そもそも広島銀行は短期的な収益をそれほど追わずに、顧客重視の経営を行っている銀行として有名ですので、即日融資などの付加価値では他の銀行とは勝負していません。

審査時間について明確な表記はなく、「申し込みからカード到着まで1週間程度必要になる」との表記しかありません。

とは言え、保証会社は審査ノウハウの長けたアコムの保証ですので、仮審査の結果は早ければ当日中には出るでしょう。

広島銀行カードローンの審査時間はメガバンクや大手消費者金融などと比較すれば遅いですが、地方銀行の中では平均的です。

広島銀行カードローンの融資までの期間や日数は?

広島銀行カードローンは口座を持っていれば契約時間が短くなります。

口座を保有している人がカードローンに申し込みを行うと、契約書の記入の必要がないWEB完結という方法で契約を行うことができるためです。

WEB完結では書類のやり取りがないため、その日に審査に通過できればその日に契約を完了させることも可能です。融資はカードが郵送で到着後となりますので、早ければ3営業日程度で融資を受けることができます。

一方、広島銀行カードローンは返済用口座を持っていなくても契約ができます。毎月返済額をATM返済で行う返済方法です。この場合にはWEB完結契約を行うことができません。

WEB完結ができない場合には、自宅に郵送されてくる契約書類に記入を行い、記入した書類を広島銀行に返送する手続きが必要になります。

このため、早くてもカード到着まで1週間から10日程度の時間がかかってしまいます。

広島銀行カードローンでは振り込みによる融資は行っていないため、申込みから融資までに必要な時間は比較的長いといえるでしょう。

広島銀行カードローンは専業主婦も借り入れ可能?

広島銀行カードローンにはいくつかの商品がありますが、ハローローンワイドはその中でも最も申し込みの間口が広いカードローンです。

ハローローンワイドはパート・アルバイト収入の人はもちろん、年金受給者や配偶者収入で生活している専業主婦(夫)でも借入が可能となっています。

広島銀行カードローンは会社への在籍確認の電話連絡がある?

広島銀行カードローンはアコムの仮審査通過後に広島銀行担当者から勤務先へ電話で在籍確認を行っています。

電話の内容は「○○様(申込人名)いらっしゃいますか?」というだけの内容ですので在籍確認からカードローンに申し込んだかどうか、会社の人にばれる心配はありませんので安心してください。

広島銀行カードローン審査に落ちた人の特徴とは?

広島銀行カードローンの審査を左右するのは99%保証会社であるアコムによる仮審査です。仮審査での主な審査内容は個人信用情報への照会です。

特徴としては以下の4つを挙げることができます。

①長期延滞、代位弁済などのブラック情報が見つかった
②すでに無担保での借り入れが3本以上ある多重債務者である
③すでに無担保での借入額が年収の半分を超えている
④クレジットカードや他社借入の支払いや返済状況に遅れがある

個人信用情報がブラックの場合には他の情報がどうであれ審査には通過できません。他社借入が年収の半分を超えている場合にも審査通過は非常に困難です。

③④の情報に関しては他の情報に問題がなければ該当しても審査に通過できる場合もあるようです。

広島銀行カードローンに審査落ちしないために準備すべきこと

カードローンに審査落ちしないために、事前に審査に通りやすい自分を作っておくことができます。最も準備しやすく、審査に好影響となるのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、クレジットカードや借入金の支払状況について過去24か月分の記録がされているものです。

期日通りに払うと$、期日に遅れるとAという記録がされます。当然ながらクレジットヒストリーにAの記録が多い人ほど審査通過は難しくなります。

しかしクレジットヒストリーに$の記録が多い人は反対に審査には大きなプラスになります。

多少、借入本数が多くでもクレジットヒストリーがきれいであれば審査に通過できることもあるようです。

クレジットヒストリーに記録されている情報は、期日通りに返済したかどうかだけです。
このため毎月100円でもよいので、クレジットカードを利用して期日通りに支払えばクレジットヒストリーには$が記録されます。

クレジットヒストリーに$が24記録されている人は審査の際に非常に有利になり、金額はともかくとしてたいていの審査には通過できるといわれています。

カードローンの借り入れを検討している人は、良好なクレジットヒストリーを準備しましょう。

広島銀行カードローン審査は甘い?厳しい?

広島銀行カードローンの特徴は金額によって金利が完全に固定されているという点にあります。

利用限度額10万円以上90万円以下 14.6%
利用限度額100万円以上290万円以下 14.0%
利用限度額300万円以上500万円以下 12.0%

最高金利の14.6%という金利は銀行系カードローンの中では平均的な金利ですので、数十万円単位の借入であれば審査の難易度は他の銀行系カードローンと変わらないといえます。

しかし、100万円以上290万円以下14.0%、300万円以上500万円以下12.0%という金利は他の銀行系カードローンと比較して明らかに高い金利であるといえます。

このため、100万円以上の高額借入の場合には他の銀行系カードローンよりも審査は甘いといえるでしょう。

また、広島銀行にはハローローンワイドのほかにも様々なカードローン商品が用意されています。

その中でもハローローンワイドは申し込み条件の間口が最も広く、金利も高い商品となっていますので、審査難易度は広島銀行カードローンの中でも最も甘いといえます。

全体的にみると広島銀行カードローンハローローンワイドの審査難易度は甘いといえるでしょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>