キャッシング審査の口コミ・評判・体験談(転職3日目、男、24歳)

サイトマップ
カードローン110番 > 審査にまつわる体験談 > キャッシング審査の口コミ・評判・体験談(転職3日目、男、24歳)

キャッシング審査の口コミ・評判・体験談(転職3日目、男、24歳)

  • 名前(仮名):佐々木拓哉
  • 年齢:24歳
  • 性別:男
  • 転職:3日
  • 審査通過先:オリックス銀行カードローン、じぶん銀行カードローン

生活費を調達したいけど転職3日目なので審査が不安

NKJ56_rengaikemen500-thumb-766x500-2776サービス残業の多い職場に嫌気がさして辞めてしまいました。

その後、ハローワークで職探しをしたのですが、転職まで5ヶ月もかかってしまいました。

その間は食費を削っていたのですが、本格的に働くことになったので、食べないと仕事になりません。親・友人にお金を借りることも考えましたが、お金のトラブルに巻き込まれるのは嫌だったので、カードローンに申し込むことにしたのです。

借入先の金融会社は、アコムなどの消費者金融を検討していましたが、ネットで調べると銀行の金利が低いということで、銀行のローンを利用することにしました。

銀行の審査が厳しいのは昔から知っていましたが、希望額が5万円と少ないので、根拠のない自信のようなものがありました。
転職して3日しか経っていないのがネックですが、審査に落ちても今より状況が悪くなることはないので、不安はありませんでした。

プロミスの詳細はコチラ >>

2行の銀行に申し込んでみた

2行の人気カードローンに申し込んだ結果、1件目は理由を聞くことなく断られました。正確にいえば、理由は決して教えてくれません。

「転職3日目だから」などと理由を教えてくれれば有難いのですが。

続いて2件目にチャレンジすると、今度はその場で5万円の融資が決定しました。借りられた理由について聞いてみると、「審査基準をクリアしたから」といった内容でした。

借りられる理由、借りられない理由に関係なく、詳しい理由はわからないのです。よくネットでは「A社は審査に通りやすい」といった宣伝を見かけますが、根拠はないと思います。

それぞれの金融機関によって審査基準は異なりますし、それをオープンにすることはないからです。審査通過率も公表しておらず、結果を知るには審査を受ける以外にないわけです。

本審査の前に事前審査を受けるといった対策もありますが、気になる金融機関があれば深く考えずに申し込んでみたほうがいいですね。

プロミスの詳細はコチラ >>

借りられた理由を考えてみた

今回、5万円を借りてみて、無職・有職が分かれ目になったのだと感じています。もし失業者で仕事をしていなければ、勤務先情報を記載することができません。

働いていない=無収入となれば、断られた可能性が高いでしょう。無収入と低収入ではまったく意味が違いますから。

あと、5万円という少ない希望額にしたのも大きいでしょう。これが30万円や50万円という金額ならば、借りられなかったかもしれません。

闇雲に申し込んでいれば、信用情報審査に引っかかってしまいますから。友人にもキャッシング愛用者がいるのですが、3件申し込んでダメだったら6ヶ月は我慢したほうがいいと言っていましたから。

「10社に申し込めば1件くらい大丈夫だろう」という考えは通用しないようです。高額の希望額を設定したり、無理な金利交渉をしたりするのは、申し込みの時点では避けたほうがいいと思います。好条件で借りたいのはみんな一緒でしょうが、借りられなければ何の意味もありませんから。

アコムの詳細はコチラ >>

6ヶ月で返済すると利息はこのくらい

転職後、しばらくはお金がない状態だったので、借りた5万円は6ヶ月かけて返済することにしました。実質年率15.0%で、月の返済額は約8,700円です。

完済までに2,200円くらい利息がつきましたが、利用してよかったと思っています。友人に借りるとトラブルが起こりそうですし、一括返済を迫られないとも限りません。返済後のお礼をすることを考えたら、銀行から借りたほうが気楽でしょう。

今回の借入れでわかったことは、もし50万円借りていたら利息も10倍になっていたことです。必要性のない目的のために借りるのは避けたほうがいいでしょうね。

完済後も解約せずに使っています

カードローンには完済後の今でもお世話になっています。友人に飲み会に誘われた、予想外の出費で給料日まで持たない、なんてときに借りています。

利息計算をしやすいように、借入期間は1ヶ月以内と決めていますね。利用残高・利息を把握しやすいですし、借りすぎ防止にもなります。

消費者金融の借り入れ体験者である兄は、高額の借入れを受けて返済期間を延ばすことで失敗していますから。身近に反面教師がいたことで、計画的に利用することができたのだと思います。

他社借入件数も1件のままで増やしていません。やむを得ない理由で追加の借入れを受けるときは、新しい金融機関に申し込むのではなく、契約中の銀行と交渉してみようと思います。

増額交渉をして限度額を引き上げることは可能でも、借りた分はいずれ返済しないといけません。安易に増額する前に、節約をして借りる金額を最小限にすることが大切だと思います。

収入を増やすことが無理なら、節約してお金を捻出するしかありません。

「もうこれ以上は節約できない」と思っていても、家計簿をつけてお金の使い道を把握すれば、意外とムダがあることに気づくはずです。

節約するほど返済にたくさん回せますから、早く終わらせることができますよ。結果として利息が減るので、自分が一番得をするのです。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

銀行キャッシングをおすすめする理由

何より低金利で借りられるからです。今回15.0%の金利で借りることができましたが、口コミや体験談などでキャッシングの評判を見ると、銀行以外では初回18.0%になるのが普通だそうです。

兄はグレーゾーン金利時代から借りており、当時は25%超が当たり前だったようです。グレーゾーン廃止後は18.0%まで下がったそうですが、その後は現在まで金利引き下げはないそうです.

僕が15.0%で借りたことを話すと、「消費者金融から銀行に乗り換えようかな」なんて話していたので。銀行は申し込み~借入れまでの時間も、おどろくほど早かったです。昔の銀行キャッシングといえば、結果がわかるまでに5日や1週間は当たり前だったそうですが、今は即日対応が普通です。

そして、借りる前に金利比較は行っておいたほうがいいでしょう。僕も「銀行は低金利なので、どこから借りてもいい」と思っていたのですが、最高金利に違いがあるのです。

例えば、4.8%~17.8%、4.8%~15.8%では、後者のほうが低金利で借りられる確率が高いということです。金利を比較しないで契約すると後悔しますよ。

プロミスの詳細はコチラ >>

テレビのような高圧的な態度はなし

キャッシングというと、申し込みのときに業者から高圧的な態度を取られるという印象があるかもしれませんが、対応にはまったく問題ありませんでした。

テレビの世界では、灰皿が飛んできたり、机を蹴られたりするシーンが登場しますが、実際の銀行ではそのようなことはしません。地域の街金とかだと、対応が厳しいなんて話も聞きますが、銀行の対応は紳士的でした。

最近では消費者金融が銀行と提携した銀行系業者が増えているそうですが、「提携後は対応がよくなった」という話も聞きますし。対応力のよさで金融機関を選ぶなら、銀行は外せないと思います。

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>