年金受給者(障害年金も可)でも借りれるカードローン

サイトマップ
カードローン110番 > 職業・雇用形態別の審査難易度 > 年金生活者の審査通過ポイントとは?

年金生活者の審査通過ポイントとは?

現役時代、私が所属していた消費者金融会社では、年金生活者の方への融資は、ことごとくお断りしていました。公的年金で生計を立てている方であれば、国民年金、厚生年金、共済年金、障害者年金の区別や受給額に関係なく「全て断っていました。」

それでは、年金生活者の方は、全員がカードローンを利用できないか?というとそうではありません。申込み時の方法を工夫すれば年金収入のみでもお金の借入れが可能です。

年金受給者OKなカードローン

カードローン 年金収入のみでの
借入可否
「年金収入のみです。借入可能ですか?」の質問に対する回答
レイク 年金受給(障害年金も可)のみでもお申込みいただけます。
【目 次】
  1. 年金生活であることは伏せて申し込む
  2. 無職と判断されないように工夫する
  3. 年齢制限に注意して申し込む
  4. 年金受給者でも借りられるカードローンはコレ
  5. ブラックでも可能!カードローン以外でお金を借りる方法

年金生活であることは伏せて申し込む

そもそも年金は差し押さえが禁止されていますし、年金生活者に督促すると世間体も非常に良くないですから、大手消費者金融業者が非常に嫌がります。

従って、年齢制限をクリアしていてもカードローンを利用するためには、年金生活であることを伏せて申込みする必要があります。

少し余談になりますが、クレジットカードのキャッシング枠で代用できませんか?というご質問をいただくことがありますが、年金受給者の方には、ショッピング枠のみ付与されるパターンが多く、仮にキャッシング枠が付いたとしても10万円程度である場合がほとんどです。

消費者金融も信販会社も貸金業法の強化で定職の無い方で、壮年層への新規契約や無担保での貸付が厳しくなっているのが現状です。

無職と判断されないように工夫する

年金生活者は、職を持たない方が多いので、申込み時に「何かしらの職に就いている。」ことが重要です。

無職(収入がない)と判断されるとカードローンの審査に落とされてしまいます。

本当は、高齢者向けアルバイトや定職に就いて安定収入を得ていることが理想ですが、自営業者として申込みして下さい。

例えば、ネットオークションなどで何かを出品したことがある方は、古物商とする。あるいは、趣味が園芸の方は、農業として申込みすれば良いでしょう。

借入50万円までは収入証明書が不要

消費者金融系であれば、融資限度額50万円までであれば、自己申告による属性で審査されます。

年金受給者であることを正直に申告すると審査に落とさざるを得ませんのでご注意ください。

なお、自営業者の場合は、収入証明の提出を義務付けられる金融機関もあります。その場合は、この手法は通用しなくなります。詳細は以下をご覧ください。

年齢制限に注意して申し込む

ではなぜ年金収入のみの場合、融資を断っていたかと言いますと、どの会社もまず申込者に年齢制限(対象年齢)を設けています。20歳以上から、高くても上限年齢69歳未満が融資対象となっています。

したがって、70歳以上の高齢者は年齢制限に引っかかってしまいます。この場合、収入の種類に関係なくそもそも申込み資格がありません。

(参考)カードローンの借入可能な年齢制限

カードローン 実質年率 年齢制限
アコム 3.0%~18.0% 満20歳から満69歳
プロミス 4.5%~17.8% 満20歳から満69歳
SMBCモビット 3.0%~18.0% 満20歳から満69歳
アイフル 4.5%~18.0% 満20歳から満70歳
レイク 4.5%~18.0% 満20歳から満70歳
みずほ銀行 3.0%~14.0% 満20歳から満65歳

年金受給者でも借りられるカードローンはコレ

幸いなことに年金収入だけで借入可能なカードローンはありますが、カードローン各社のホームページには記載されていません。

そこで、各社に「年金収入のみですが、借入可能でしょうか?」と電話で確認してみました。

カードローン 年金収入のみでの
借入可否
「年金収入のみです。借入可能ですか?」の質問に対する回答
レイク 年金受給(障害年金も可)のみでもお申込みいただけます。
アコム × 年金収入のみでの申込はお受けできかねます。年金収入以外での安定した収入と返済能力がありましたら申込み後、審査の上ご契約可能です。
プロミス × 収入が年金受給のみではお申込みいただけません。何かしらの定職に就かれて安定した収入がございましたらお申込みいただけます。
SMBCモビット × 年金収入のみでお仕事をされていない場合は、お申込みいただけません。
アイフル × お仕事での安定収入のある方が対象です。年金収入のみではお申込みいただけません。

年金受給者でも借りれるカードローン

申込みはこちら

レイクの詳細はコチラ >>

ブラックでも可能!カードローン以外でお金を借りる方法

年金担保貸付なら信用情報がブラックでも借りられる

利用目的が介護や医療であれば、年金受給者対応を行っている年金担保ローンを選択されても良いと思います。

まさに、審査対象が年金受給者のために用意されており独立行政法人福祉医療機構が貸付を行っています。

福祉医療機構を利用する最大のメリットは、個人信用情報機関に加盟していないため、いわゆるブラック状態の人でも、正直に自己申告しない限りは、延滞や既存のローンが原因で借入れできないことはないです。

信用情報にはどんな情報が記録される?

現在、日本にはCIC、JICC、全銀協という3社が個人信用情報機関として存在しています。民間の金融機関では貸付の与信を行う際に、この3社の内どれかの信用情報機関の履歴を照会します。

照会の結果、他社の借入件数、延滞歴、既存の貸付額を把握して与信の判断を行っています。

従って、信用情報に記録される内容としては、

  • クレジットカードやカードローンの契約情報
  • 延滞歴等の異動情報
  • 債務整理した際の異動情報
  • 自動車ローン、住宅ローンの契約情報
  • 携帯電話を割賦購入した際の契約情報

などが登録されます。

基本的には民間企業を利用して借入れした情報は全て、信用情報に記録されると考えておけば問題ありません。

今ある借入を申告しすぎないことが重要

年金担保貸付で確実に借入れを希望される際は、既存の借入れ情報を申告し過ぎないことが重要です

独立行政法人福祉医療機構の審査基準は、よくわかりませんが、少なくとも審査に不安な人は、「既存の借入」を隠した方が良いと思います。

銀行と信用金庫が融資の窓口となっていますが、金利負担が2%程度と公的融資ならではの有利な条件です。融資の目的が介護や医療であれば利用可能です。

また、住宅資金や事業資金目的の借り入れであれば、日本政策金融公庫が実施する「恩給・共済年金担保融資」という融資制度も存在します。

ぜひ、利用を検討してみてください。

デメリットは借入までの時間と使い道

ただし、定められた資金使途以外には使えず、申し込みから借り入れまで時間がかかります。

生活資金などに利用したい場合やすぐにお金が必要な場合には、やはり消費者金融や銀行系カードローンを利用するしかありません。

カードローンを利用する場合は、年金生活者であることを伏せて申込みすることが重要です。

最後にですが、年金を担保とした貸付は福祉医療機構と日本政策金融公庫以外には認められていません。

もし年金担保融資を行っている業者があれば、それは悪徳金融者ですので絶対に手を出さないで下さい。

年金受給者OKなカードローン

カードローン 年金収入のみでの
借入可否
「年金収入のみです。借入可能ですか?」の質問に対する回答
レイク 年金受給(障害年金も可)のみでもお申込みいただけます。

申込みはこちら

レイクの詳細はコチラ >>