愛媛銀行カードローン審査のすべてを解説

サイトマップ
カードローン110番 > 愛媛銀行カードローン徹底検証 > 愛媛銀行カードローン審査のすべてを解説

愛媛銀行カードローン審査のすべてを解説


愛媛県の第2地方銀行である愛媛銀行のカードローンには無利息期間、最短即日融資など地方銀行のカードローンにはあまり見られないサービスがたくさんあります。愛媛銀行カードローン審査について徹底解説します。

愛媛銀行カードローン商品スペック

利用限度額と金利

融資限度額:10万円~800万円
金利は借入限度額に応じて以下のようになっています。

  • 100万円以下:14.6%
  • 100万円超200万円以下:13.0%
  • 200万円超300万円以下:10.8%
  • 300万円超400万円以下:8.8%
  • 400万円超500万円以下:5.0%
  • 500万円超800万円以下:4.4%

口座不要で他行口座でも即日振込

口座利用者でなくても契約可能な愛媛銀行は他行口座でも最短即日で振込融資を行ってくれます。

WEBで申込み、契約書等の書類の記入が不要なWEB契約でカード到着前であっても郵送でカードを届く前でも融資金を受け取ることが可能です。

最大30日間無利息

愛媛銀行カードローン最大の特徴が最大30日の無利息期間です。

WEB申込の場合には申し込み日から最大30日間無利息になります。

収入証明書300万円以下不要

300万円以下収入証明書不要ですので、運転免許証などの本人確認資料だけで申込みが簡単です。

愛媛銀行カードローンの審査

最短即日融資、無利息期間ありの愛媛銀行カードローン審査はどのようなポイントがあるのでしょうか?

愛媛銀行カードローンの審査結果はどうやってくるの?

審査結果は電話かメールかを選択することができます。

電話に出ることができるかどうか分からないという人はメールで、不明な点や不安な点を聞きたいという人は電話での確認を選択することができます。

愛媛銀行カードローンの審査時間はどのくらい?

愛媛銀行カードローンの保証会社はプロミスを運営しているSMBCコンシューマーファイナンスです。仮審査は保証会社の保証を得られるかどうかの審査です。

本審査は在籍確認の審査となります。

愛媛銀行の場合には大手消費者金融やメガバンクのように最短30分審査などは謳っていません。

しかし、WEB契約手続きで最短即日融資に対応しているため、審査時間は早ければ数時間、基本的には当日中には結果が出ると考えておきましょう。

愛媛銀行カードローンの融資までの期間は?

愛媛銀行カードローンの審査は当日中には出ます。振込での借入を希望する場合にはWEB契約後すぐに振込で融資を受けることが可能です。

振込での借り入れを希望しない場合には、カードが郵送で到着するまでキャッシングを待たなければなりません。

カード到着後に愛媛銀行ATMやセブン銀行などのコンビニATMから借入と最低返済額(約定返済金額)と随時の返済を行うことができます。

申込から審査結果まで1日、郵送されてくるまで1日~3日程度、申込からカード到着まで合計で2日~4日程度の時間が必要になると理解しておきましょう。

愛媛銀行カードローンは電話で在籍確認する?

先ほど述べたように、本審査で行わることは在籍確認です。在籍確認とは申込時に申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかを審査担当者が勤務先へ電話をかけて確認する方法で行われます。

この際の確認電話では、担当者個人名か銀行名で「○○様(申込人)いらっしゃいますか?」と尋ねるだけですので、会社の人にカードローンの申し込みについてばれる心配はありません。

愛媛銀行カードローンは審査に日数がかかることがある?

愛媛銀行は地方銀行ですので審査システムがそれほど充実しているわけではありません。

このため、申込が多く、愛媛銀行の審査が多忙な時には審査の回答まで数日間の時間が必要になってしまう場合もあります。

また、会社が休みなどという理由で在籍確認ができない場合には審査の回答までに数日の日数がかかることもあります。

愛媛銀行カードローンは主婦でも審査に通過できる?

愛媛銀行カードローンは専業主婦、パート、アルバイトの人でも申込が可能です。20歳以上65歳未満の人であれば安定した収入があれば申込が可能です。

本人に収入がなくても配偶者に収入のある専業主婦も融資対象ですが、専業主婦の場合には数十万円程度の借入までしか対応していないようです。

なお、専業主婦には勤務先がないことから、在籍確認が必要なく、仮審査に通過できれば本審査にもまず間違いなく通過でき、審査の時間が短くなるというメリットがあります。

愛媛銀行カードローン審査は甘い?厳しい?

愛媛銀行カードローン審査は決して甘くはありません。保証会社のSMBCコンシューマーファイナンスの仮審査はプロミスの審査よりも厳しくなります。

また、愛媛銀行カードローンには金利の幅がありません。このため同じ申し込み金額でも「リスクが高いから高い金利で審査に通そう」という審査の幅が一切ないのが特徴です。

とはいえ

  1. ブラックでない
  2. 年収を超える借入を行っていない
  3. 借入件数が2本以内
  4. クレジットヒストリーがきれい

の4つの条件を満たせば金額はともかく融資に通過できる可能性は高いといえるでしょう。

愛媛銀行カードローン審査は早い遅い?

愛媛銀行カードローン審査は大手消費者金融やメガバンクと比較すれば遅いですが、最短即日融資に対応していることから、地方銀行の中では早いほうであるといえます。

早期に審査に通過したい人は、在籍確認だけは早く行うように、勤務先に必ず誰かがいて、できる限り自分に直通できる電話番号を指定するようにしましょう。

愛媛銀行カードローン審査に落ちた人の特徴は?

愛媛銀行カードローン審査に落ちた人の特徴として以下の4点を挙げることができます。

  1. 個人信用情報の自己破産、長期延滞、代位弁済などのブラック情報が見つかった
  2. すでに年収を超える借入がある(住宅ローンなどの有担保の借入以外)
  3. すでに無担保の借入件数が3本以上の利用者である
  4. クレジットカードや他の借入金の支払状況に遅れが散見される

ブラックはもちろん審査には通過できませんが、3本以上の借入がある多重債務や、支払状況を記録したクレジットヒストリーも審査の際には重要になります。

また、愛媛銀行カードローンは300万円超の借入は収入証明書の提出が求められますので、300万円超の借入の際には、他社借入が年収の半分程度に収まっていないと審査には通過できない可能性が高くなります。

愛媛銀行カードローンで本審査落ちになる人はどんな人?

本審査は勤務先へ在籍確認を行う審査です。

ここはあくまでも確認作業ですので、審査の大半は仮審査の段階で終了しています。

仮審査に通過したのに本審査に落ちてしまう原因としては、単純に在籍確認ができない場合です。

在籍確認ができずに審査落ちになってしまう相談者の特徴としては会社に固定電話がない場合があります。

また、会社に電話をしても在籍確認ができない場合には給与明細や健康保険証などで確認に代えることが一般的です。

しかし、それでも確認ができない場合には審査そのものに通過することができません。

また、提出した運転免許証の個人情報と申込書に記載した情報が異なったり、提出した収入証明書の金額と申告した所得が異なる場合には、審査のやり直しか、審査そのものに通過できなくなってしまう場合があります。

アコムの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>