【千葉銀行】ちばぎんカードローンは家計を預かる方にお勧め!

サイトマップ

千葉銀行カードローンは家計を預かる方でも借入可能

家計を預かる方でも、予想外の出費があったり使い過ぎてしまったりすることもありますね。

また、自身のためにお金を使いたいということもあると思います。しかし、夫の稼いだお金を自分のために使うことに躊躇うこともあるのではないでしょうか?

しかし、千葉銀行のカードローンであれば、家計を預かる方でも借り入れが可能なことを知っていますか?

千葉銀行のカードローンでは、パートやアルバイトの方でも借り入れが可能となっています。

千葉銀行のカードローンが利用できる人については、安定した収入があることが前提となっていますが、家計を預かる方は収入がありませんね。しかし、配偶者に安定した収入があることにより、借入れができるのです。

また、使い道についても、自由となっていますので家計の補助としても利用できますし、もちろん自分のためにお金を利用することもできます。

借入限度額はどれくらいになる?

千葉銀行カードローンの借入限度額については、10万円以上500万円以内となっており、審査によって決定がされますが、どれくらいの借り入れが可能なのでしょうか?

基本的に収入がありませんので、限度額はそれほど多く設定されないことが多く、10万円程度での借入れとなることがほとんどのようです。

あまり多い金額を申し込みすると、審査に通らないこともありますので注意しましょう。

 
申込みはこちら

配偶者も審査の対象となる

千葉銀行のカードローンでは「エム・ユー信用情報(株)」で保証を行っていますので、審査もこの会社で行うことになります。主に勤務先や勤続年数、また信用情報機関の情報などをもとにして審査が行われます。

この審査については、申込者本人だけではなく、配偶者についても審査の対象となりますので注意して下さい。

配偶者への在籍確認は不要

通常の審査では、申込者の勤務先へ在籍確認の電話が入ることになりますが、仕事をしていないため、在籍確認ができません。では、収入のある配偶者に在籍確認はされるのでしょうか?

この場合、配偶者には知られたくないといった事情がある場合もありますので、申し込みの場合には配慮がされており、配偶者への在籍確認はされないこととなっています。

ただし、申込者本人宛には、申込情報の確認のために電話が入ります。家族に知られたくないといった理由で自宅に電話をかけてほしくないのであれば、携帯電話を指定することでリスクを避けることができますね。

千葉銀行口座があれば手続きも簡単!

千葉銀行に普通預金口座を持っている場合には、申し込みから契約までWEB上で手続きができます。

書類などの提出も不要となりますので、とても便利です。また、契約後に書類が郵送されることもありません。

口座がない場合には開設が必要になる

口座を持っていない場合には、普通預金口座の開設が必要となり、書類などが必要となりますし、郵送で書類が送られてきますので、できればカードローン申込前に千葉銀行で普通預金口座を開設しておくと良いでしょう。

無理のない返済をするなら自動返済の利用がおすすめ

家計を預かっているので、返済も無理のない範囲で行いたいですね。千葉銀行のカードローンでは、口座からの自動返済が可能となっています。

毎月1日に口座から引き落としがされるようになります。これなら、返済を忘れてしまった!といったことも避けられますので安心です。

月に2,000円からの返済だから家計も安心

自動返済での返済額については、借入金額によって異なっており、10万円の借入金額であれば毎月2,000円の返済額となっています。月に2,000円であれば、家計に響くことも少ないので、更に安心して返済ができますね。

提携ATMが全国にあるから給料日前でも簡単借入れ・もちろん返済も

千葉銀行カードローンの提携ATMは、全国にありますので、簡単に借入れができてとても便利です。例えば、給料日前に口座の引き落としがちょっと足らないといった時でも、近くの提携ATMで借り入れができますね。

提携ATMについては、大手都市銀行をはじめとして、コンビニATMも提携されています。

また、インターネットバンキングやテレフォンバンキングなども利用できるため、わざわざATMまで足を運ばなくても借り入れが可能です。

まとめて返済も可能?

提携ATMでは、もちろん返済も可能です。カードローンでお金を借りるということは、利息が付くことになりますが、余裕のある時にまとめて返済をすることで利息を節約することもできます。

自動返済を設定している場合でも、このように随時返済が可能ですので、できるだけ早めに返済することも大切ですね。

まとめ

キャッシングなどの借り入れは難しいことも多いのですが、千葉銀行のカードローンであれば、配偶者に知られることなく借り入れをすることができます。

利用限度額については少なくなりますが、ちょっと必要な時に借入れができる先があるということは、いざという時にも安心です。

しかし、返済が滞るようなことがあった場合には、追加の借り入れができないほか、信用情報機関に記録が残ることになりますので、借り入れは計画的に行うことが何よりも大切ですね。


 
申込みはこちら