千葉銀行「ちばぎんカードローン」の口コミを徹底解説

サイトマップ

千葉銀行「ちばぎんカードローン」の口コミを徹底解説

ちばぎんカードローンは、借入限度額500万円、年4.3%~年14.8%(変動金利)のローンです。

審査スピードは最短即日、専業主婦も利用可能、全国のコンビニATMを利用できるなど、顧客満足度を追求したカードローンとなっています。

借入用途自由(事業性資金除く)ですので、おまとめローンにも使用できます。

当ローンは、千葉県最大手の千葉銀行が提供しており、千葉県だけじゃなく東京・茨城・埼玉全域、神奈川横浜市・川崎市にお住まいの方も利用できます。

ネット・電話による申込が可能であり、来店不要です。契約のためには指定預金口座(対象地域の支店もしくはインターネット支店)を開設する必要がありますが、申し込みの時点では必要ありません。

【目 次】

千葉銀行カードローンの口コミ

千葉銀行はメガバンク並みに審査に通りやすいと評判です。

千葉銀行は地方銀行の中でも資産がトップクラスであり、個人向けローンも積極的に販売しています。

会社員はもちろん、アルバイトや専業主婦(主夫)も申込可能であり、限度額10万円から契約できます(借入は1円から可能)。

限度額に対して返済能力を評価するため、希望額が適切であれば審査に通る可能性は高いです。

カードローンの電話窓口では、申込だけじゃなく相談者も受付しているので、気になる点があれば気軽に電話してみましょう。

ちばぎんカードローン申込条件

20歳以上65歳未満の方
配偶者に安定した収入があれば、専業主婦(主夫)も申込可能
年金収入のみの方は申込不可
他のクイックパワーの利用者は申込不可

千葉銀行カードローンでキャッシングするメリット

ちばぎんカードローンは、基本的に千葉銀行の利用者向けの商品です。

契約のためには千葉銀行口座を作る必要がありますし、千葉銀行以外の口座振込、提携ATMの利用では所定の手数料がかかります(ちばぎんATMは時間外手数料のみ)。

ただし、常陽銀行、筑波銀行、東京都民銀行、東邦銀行、武蔵野銀行、山梨中央銀行、横浜銀行のATM手数料(振込・引き出し・残高参照)は無料・割引になりますので、上記の銀行が近くある方には、ちばぎんカードローンは有効活用できそうです。

また、ちばぎんポイントサービス「ひまわり宣言」で80点以上獲得している方は、提携ATMの手数料(時間外手数料除く)が月3回まで無料になります。

無料対象となる提携ATMは、イーネット、セブン銀行、ローソン、ゆうちょ銀行・VIEW ALTTE・イオン銀行です。80点以上獲得できる方で、提携ATMを使える環境であれば、千葉銀行が近くになくてもカードローンの利用で困ることはないでしょう。

ひまわり宣言のポイント獲得例

千葉銀行をクレジットカードの自動支払い口座に指定すれば20~60点
給与振込の受取口座にしていれば60点
カードローンの借入残高があれば50点
インターネット支店のWeb通帳利用で10点

低金利

ちばぎんカードローンは年4.3%~14.8%の変動金利であり、利用限度額に対して借入金利が定められています。

限度額 実質年率
90万円以下 14.8%
90万円超300万円以下 12.0%
300万円超400万円以下 5.5%
400万円超500万円以下 4.3%
  ちばぎんカードローン 三井住友銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン)
100万円以下 12.0%~14.8% 12.0%~14.5% 12.6%~14.6% 14.0%
100万円超200万円 12.0% 10.0%~12.0% 9.6%~12.6% 12.0%
200万円超300万円 12.0% 8.0%~10.0% 7.1%~9.6% 9.0%
300万円超400万円 5.5% 7.0%~8.0% 6.1%~7.1% 7.0%
400万円超500万円 4.3% 6.0%~7.0% 1.8%~6.1% 6.0%

メガバンクの金利と比較してみると、300~500万円の金利が特に低いことが分かります。

逆に100~300万円までは金利が一律12.0%ですので、200~300万円借りる方にとってはメガバンクの方がお得ということになります。

総量規制対象外

ちばぎんカードローンは総量規制対象外です。返済能力があると判断されれば、年収の3分の1以上借入できます。

特に複数の金融機関から借入している場合、総量規制対象外のローンにすべて借り換えることで借金を一本化できます。

ちばぎんカードローンは貸金業者より金利が低いのはもちろん、300万円を超える借入金額については他行より低金利になる場合もあります。

現在高金利ローンを利用している方は、ちばぎんカードローンに借り換え・おまとめすることで利息が減少する可能性があります。

一本化のイメージ

業界トップクラスの低金利
銀行A社から年12%で150万円
消費者金融B社から年15%で100万円
消費者金融C社から年18%で30万円
クレジットカードD社から年18%で30万円

ちばぎんカードローンなら、年5.5%で310万円

限度額は申込時の希望額を元に設定されますが、後日増枠または減枠される場合があります。

限度額が変更された場合は、郵送通知されます。

限度額の範囲であれば何度でも追加融資可能ですが、滞納すると一時的に借入停止となり、場合によっては減枠されてしまいます。

返済日にはくれぐれも注意しましょう。

千葉銀行の口座なしでも申し込める

ちばぎんカードローンの利用には、千葉銀行の普通預金口座が必要になります。といっても、申し込みの時点では口座不要であり、カードローンの審査に通過した後で口座を開設するという流れになります。

口座開設と同時に、カードローンから入金することも可能です。

返済方法は毎月1日(休業日の場合は翌営業日)に行われる千葉銀行口座からの自動引落しであり、任意の増額返済も可能です。

口座残高不足に注意すれば、うっかり返済日を忘れて入金できなかった、という心配もありません。

もしも残高不足になった場合も、「自動融資サービス」に登録していれば、自動的にカードローンから指定口座に不足分が入金されます。

口座振替と自動融資サービスで、返済忘れを二重に防止できます。

ちばぎんカードローンは2,000円からの返済ですので、資金に余裕がない時でも安心です。

ちばぎんカードローンの約定返済額

残高 最低返済額 残高 最低返済額
10万円以下 2,000円 50万円超100万円 20,000円
10万円超20万円 4,000円 100万円超200万円 30,000円
20万円超30万円 6,000円 200万円超300万円 40,000円
30万円超40万円 8,000円 300万円超400万円 50,000円
40万円超50万円 10,000円 400万円超500万円 60,000円

ちばぎんカードローンは審査に通りやすい?

ちばぎんカードローンの難易度は決して高くありません。アルバイト・パートでも可能とあるように、一定の収入があれば年収が少なくても借入できます。

ただし、年収に対して希望限度額が高額な場合や、他社借入が多い場合は、融資見送りとなる場合もあります。審査の見通しを知りたい方は、公式サイトの「10秒クイック診断」を行うことをおすすめします。

10秒クイック診断は、年齢、年収、借入希望額、現在利用しているローンの年間返済金額(住宅ローン含む)の4項目を入力するだけで、借入可能か診断できます。

あくまで目安ですので、実際の審査結果と異なることもありますが、信用情報を傷付けずに事前診断できるというメリットがあります。

ちばぎんカードローンの保証会社は、三菱UFJフィナンシャル・グループに属するエム・ユー信用保証(株)です。

保証会社とは保証人のことであり、審査は銀行と保証会社の2社によって行われます。利用者が保証人を用意する必要はなく、保証料は金利に含まれているので別途支払い等は生じません。

千葉銀行カードローンは最短即日審査

千葉銀行は土日含めて申込受付していますが、審査は銀行の営業日(平日)に行われます。

千葉銀行口座がある方は「WEB完結申込」で平日8時~19時まで審査可能であり、当日正午までに審査回答を得られれば、口座振込で即日融資可能です。

WEB完結とは、書類提出なしで契約手続きできる、来店・郵送不要の申込方法です。

ちばぎんカードローンは原則的に収入証明書類の提出不要ですが、千葉銀行口座がない方は、本人確認書類の提出(郵送・FAX)が必要になります。

FAXならすぐに提出できますが、本審査通過後に口座開設手続きが必要になります。口座開設には署名・捺印が必要であり、店頭窓口もしくは郵送での手続きとなります。

そのため、来店しない場合はどうしても郵送の時間がかかってしまいます。

専業主婦の申し込みに関しては、限度額50万円までは配偶者の同意不要であり、配偶者の同意書や収入証明書類を用意する必要はありません。

審査の流れ

千葉銀行の口座がある場合、ネット申込後、電話または電子メールで審査回答があります。審査は、利用申込書のスコアリング、信用情報の確認、勤務先への在籍確認、本人確認があります。

書類提出は不要ですが、電話連絡はあります。審査に通過したら、口座入金もしくはローンカードの到達を待って融資となります。

口座なしの場合、審査回答後にFAX・郵送で必要書類を提出し、口座開設も完了した後で借入可能となります。

開設だけ店頭で行うことも可能であり、口座開設直後で入金サービスがまだ利用できない場合も、店頭であれば当座貸越金支払請求書を使用して借入できます。

借入方法は、店頭、口座入金、提携ATMの3種類あります。

口座入金はネット(インターネットバンキング)もしくは電話(テレフォンバンキング)、提携ATMはローンカードを使用します。

使用できるATM

コンビニATM…セブン銀行、イーネット、ローソン
イオン銀行
ゆうちょ銀行
ビューアルルッテ
銀行ATM…千葉銀行、常陽銀行、筑波銀行、東京都民銀行、武蔵野銀行、山梨中央銀行、横浜銀行、東邦銀行

千葉銀行カードローンの評判まとめ

ちばぎんカードローンは最短即日融資ですが、即日融資には口座が必要などいくつか条件があります。審査回答も土日は行われず、消費者金融のように自動契約機もありません。

至急お金が必要という場合には、アコムプロミス等の消費者金融の方が確実です。

しかし、ちばぎんカードローンは融資額に関わらず原則的に収入証明不要であり、本人確認書類一枚でおまとめ・借り換えも行えます。

千葉銀行に口座がある方は、本人確認書類の提出も必要ありません限度額90万円以下の金利は14.8%、300万円超の金利は5.5%以下であり、小口融資の方にも大口融資の方にも金利的メリットのあるカードローンです。

収入証明書不要だから手続き簡単

ちばぎんカードローン

年4.3%~年14.8%!300万円以上の金利が低い

専業主婦は配偶者の同意なしで借入可能

申し込みでは千葉銀行口座不要

会社名 千葉銀行
融資額 最高500万円
実質年率 4.3%~14.8%
 
申込みはこちら
 

プロミスの詳細はコチラ >>