「[千葉銀行]ちばぎんカードローン審査、口コミや評判、返済等の全てを解説」の記事一覧

サイトマップ
カードローン110番 > [千葉銀行]ちばぎんカードローン審査、口コミや評判、返済等の全てを解説

[千葉銀行]ちばぎんカードローン・クイックパワー│の審査、評判、返済等の全てを解説

ハイスペックなことで有名な千葉銀行カードローン。即日融資ができることも人気の秘密です。

しかし、「本当に私でも入れるのかなー? サービスがいいって本当? 申し込み方がわからない…」と、悩んでいませんか? その他にも、評判や借りやすさについても知っておきたいところですよね。

この記事を読めば「欲しい情報を探すのが大変で挫折しそう……」と持っているあなたでも、千葉銀行カードローンの特徴や口コミ、申込方法・返済方法まで全てわかります。

カードローン初心者の方でも、分かりやすいように説明しているので、ぜひ参考にしてください。

ちばぎんカードローンの特徴と評判

ちばぎんフリーローンクイックパワー<アドバンス>
金利(実質年率) 1.7%~14.8%
借入限度額 10~800万
審査時間の目安 最短
総量規制 対象外
申し込み資格 20~65歳
担保・保証人 不要
遅延利息 14.6%

千葉銀行カードローンは、評判のカードローンです。

口座を持っていない人でも融資できたり、借入審査も評判がよいのが特徴です。まずは、実際に申込した人の口コミを見てみましょう。

(引用元:価格.com)

(引用元:価格.com)

このように、千葉銀行カードローンは利用者の満足度が高いようです。様々あるサービスの中でも、即日融資が可能である点は特に評価されています。

また、20代女性のように口座を持っている人の場合はWEB完結で申し込むことで、本人確認書類などの書類も一切不要です。

在籍確認は会社に電話でかかってきますが、あなたがカードローンを申し込んでいることが知れ渡ってしまわないような配慮もされているので安心です。

さらに、消費者金融機関ではないため信頼性が高いのも安心して利用できるポイントです。

また消費者金融と違い、総量規制という「年収の3分の1までしか融資を受けられない制限」も適用外。返済を計画的に行う必要はありますが多くの借入をしたい人には最適です。

 
申込みはこちら

ちばぎんカードローン発行までの流れ

ここからは、具体的な申し込み方法をご説明します。申込は、「パソコン・スマートフォン」「電話」「FAX」「郵送」「モバイル」で可能です。

ただし、郵送では融資ができないので注意が必要です。基本的な流れは、「申込→仮審査→本審査→融資」です。

仮審査では、申込時に記入した借入希望の情報と、収入などをチェックし融資可能かを判断します。

その後、電話か郵送で仮審査結果を受け取ります。もし、このときに問題がなければ、本人確認書類などの提出に移ります。

すでに、千葉銀行に口座がある人の場合は書類の提出は不要です。審査結果によっては、書類の提出を求められる可能性もあるので覚えておきましょう。

書類の提出後は、千葉銀行が会社に電話をかけて在籍確認を行います。このとき、千葉銀行のスタッフは、銀行名やカードローンについては話さず、「個人の○○さんからあなたに電話するように」電話をかけるルールがあります。

そのため、在籍確認で借入が会社の人に知られてしまうこともありません。また、もしあなたが不在でもあなたの在籍を確認できれば問題ありません。

この本審査に通過すれば、限度額まで融資を受けることができます。

ちばぎんカードローン審査内容と方法

それでは、審査は具体的にどのような方法で行われているのでしょうか。

ここでは、審査方法と審査内容についてご説明します。

審査方法は「書類チェック」と「電話確認」が基本です。審査は「仮審査」と「本審査」があります。

仮審査では、あなたが申し込みをしたときに入力した情報や信用情報を千葉銀行のスタッフが確認します。

本審査では、提出した情報に誤りがないかを調査されます。このときに電話で行われるのが在籍確認です。それでは、具体的にどのような内容をチェックしているのでしょうか?

ちばぎんカードローンの審査内容は?

千葉銀行カードローンの審査内容では、「信用情報」「収入と返済プラン」「暮らしについて」がチェックされます。

信用情報とは、あなたがこれまで行ってきた取引のことです。クレジットカードの支払いの滞納がないか、ほかの消費者金融の利用状況などをチェックされます。

「収入と返済プラン」では、あなたの収入で理論上きっちりと返済が可能かを審査されます。

ここで重要なのは「安定した収入」であること。毎月20万の収入のように毎月収入があることが大切です。3ヶ月に1回60万円の収入が入るという場合は、安定していないとみなされます。

「暮らしについて」は勤務地や居住状況についての確認です。ここでは、仕事先にどれくらい勤務しているか、現在の住まいにどれくらい住んでいるかなどが審査されます。

審査ではこのような内容を確認されます。複数の項目があって不安になるかも知れませんが、ポイントは「返すことができるか」です。

これまでの支払い履歴や収入状況から金利を踏まえても、借入金額を返済できると判断されれば融資を受けることができます。

 
申込みはこちら

ちばぎんカードローンの審査は甘い?厳しい?事例や評判から徹底検証

申し込みをするときに、どうしても気になるのが審査の難易度ですよね。

千葉銀行カードローンの審査は、厳しくない方だと言われています。

手続きで所得証明書などの書類が不要なことも要因の一つです。

また、アルバイトやパートなど月収が少ない人でも審査に通っていることから、審査が比較的通りやすいことがわかります。実際に、借入を行った人も次のように述べています。


(引用元:価格.com)

その他にも「初めてで不安だったけど、審査に通った」「低額だったので、金利が低くて安心した」という口コミも多くあります。

銀行系のカードローンですので、消費者金融の審査よりかは厳しめですが、難しいわけではないようです。

保証会社は申込者の返済能力を、「信用情報」や「収入と返済プランのバランス」で判断するので、無理のない利用計画をたてれば融資を受けられます。

審査は難易度が高くないとはいえ、在籍確認は書類で行うことはできません。会社に電話でかかってくるので覚えておきましょう。

千葉銀行カードローンのホームページでは、簡単な基本情報の入力で借り入れができるかを診断してもらえるツールがあります。あくまで仮審査ですが、参考にしてみてください。

ちばぎんで借りるために知っておきたい必須情報

「どうしても、今日中に融資を受けたい!」という場合でも、千葉銀行のカードローンであれば融資を受けることができます。ただし、その際はいくつか必須事項があります。
千葉銀行カードローンは、年4.3%~14.8%の金利で最大500万円まで借入ができるカードローンです。 条件を満たせば、派遣・パート・アルバイトでも来店不要でお手続きが完了するのも便利なポイントです。
大手銀行と変わらぬサービスで人気を集めているちばぎんカードローンは、都市銀行のカードローンに劣らないサービスが魅力です。 アルバイト、パートの方も融資対象としており、千葉銀行の口座を持っていない方でも即日融資が可能。
千葉県や東京都など関東圏で利用されているちばぎんカードローン。即日融資、WEB完結、収入証明書不要など都市銀行に負けないサービスに加えて、身分証明書だけで手続きが終わる手軽さが魅力となっています。
家計を預かる専業主婦の方でも、予想外の出費があったり使い過ぎてしまったりすることもありますね。 また、自身のためにお金を使いたいということもあると思います。しかし、夫の稼いだお金を自分のために使うことに躊躇うこともあるのではないでしょうか?
千葉銀行では3種類のカードローンを取り扱っているのをご存知ですか?どう違うの?何を選べばいいの?と迷ってしまいますね。 それぞれのカードローンは、申込条件や金利・融資額などが異なっています。ここでは、各カードローンの特徴をわかりやすくお伝えしていきます。
ちばぎんカードローンは関東圏で高い満足度を誇り、1年間で40,000人が申し込みをしているサービスです。 ただ申し込む前に消費者金融や他の銀行カードローンと比較したい!他社とどこが違うのかわからないという方は少なくありません。

ちばぎんカードローンの即日融資を受けるための必須事項

「どうしても、今日中に融資を受けたい!」という場合でも、千葉銀行のカードローンであれば融資を受けることができます。ただし、その際はいくつか必須事項があります。

1. 正午までに契約手続きを完了させること
2. 千葉銀行の口座を持っていない場合は、正午までに口座を作成しておくこと
3. カードローン入金サービスに加入すること
4. 平日であること

千葉銀行カードローンは、正午までに申し込み手続きを完了させることで即日融資を受けることができます。

その際、必須事項となるのは正午までに手続きを完了させていることです。当日の午前9時までに申し込みを行っておくのがオススメです。

即日融資を受ける場合は、口座に振り込みで入金してもらうために「カードローン入金サービス」に入る必要があります。

仮審査後の本人確認の電話を受けた際に、「即日振込を希望すること。カードローン入金サービスに加入したいこと。」を伝えるとスムーズに入れます。

また、普通預金口座を持っていない方の場合は、振り込みを行ってもらうために千葉銀行の口座も正午までに作っておく必要があります。

 
申込みはこちら

ちばぎんカードローンの利用方法

ちばぎんカードローンの利用方法を見ていきましょう。申込完了後は、次の方法で融資を受けることができます。

ATM(千葉銀行のATM、提携会社のATM、コンビニエンスストアのATM)
店舗窓口
インターネットバンキング
テレフォンバンキング

カードローンの契約完了後に、\キャッシュカードを利用すれば、24時間ATMからお金の借入ができます。また、千葉銀行の受付時間内は店舗窓口でも借り入れ可能です。

その他にも、ネットバンキングとテレフォンバンキングのサービスを利用すれば、会社にいながら電話で口座への振り込みを依頼することができます。

ネットバンキングとテレフォンバンキングを利用するためには、マイアクセスというサービスに登録する必要があります。

ネットバンキングとテレフォンバンキングは、マイアクセスへの登録完了後に届く「ご契約者カード」を使って普通預金口座への振り込みを依頼できるサービスです。

キャッシュカードか通帳があればインターネットから申し込むことができるので、いざというときのためにも登録しておくことがおすすめです。

千葉銀行のカードローンは借入金利が低いのも魅力ですが、借入方法が充実しているのもよいところですね。それでは、最後に返済方法を見ていきましょう。

ちばぎんカードローンの返済方法とプロが推奨するおすすめの返済方法

ちばぎんカードローン最低返済額は2,000円。毎月1日に指定預金口座から自動的に返済されます。返済金額は借入残高によって変動する「残高スライド方式」と呼ばれるものです。

例えば50万円の借入残高なら最低返済額は10,000円、400万円以上の借入残高なら最低返済額は90,000円です。

お金に余裕ができて、一度に返したい場合はATM・ネットバンキング・テレフォンバンキングで希望額を返済することができます。

千葉銀行店舗ATMはもちろん、イオン銀行やセブン銀行のATMも使用することもできます。ネットバンキング・テレフォンバンキングは、「ちばぎんマイアクセス」へ登録すると翌日から利用可能です。

また、ちばぎんクイックパワーアドバンスでは、自動融資サービスも利用することができます。

自動融資サービスを使えば、クレジットカードの支払いまでに口座残高が足りない場合、自動的に補てんしてくれるので支払いミスを防ぐことができます。

残高不足になってしまうと、信用情報に傷がつきます。信用情報に傷がつくと、次に銀行や消費者金融で借入の審査を行うときに、通りにくくなってしまうため注意が必要です。

毎月支払日の前日までに、普通預金口座に十分な金額があるか確認するようにしましょう。また、継続して返済できるように利用限度額に余裕があるからといって使いすぎないのも大切です。

 
申込みはこちら