ユニーファイナンスの評判や口コミを徹底解説

サイトマップ
カードローン110番 > 消費者金融系カードローン > ユニーファイナンスのキャッシングが選ばれる理由

ユニーファイナンスのキャッシングが選ばれる理由

ユニーファイナンスのキャッシングは、多目的な用途に使えるのがメリットです。

生活費、教育費、娯楽費用など、ライフスタイルに応じた使い方ができるのです。

お金に困ったときは、用途に関係なく使えるローンが欲しいものです。

事前に教育費、住居取得費用などと用途が決まっていれば、教育ローンや住宅ローンを利用するでしょう。「給料日までお金が足りない」といった場面では、多目的に使えるローンでないと不便なはずです。

ユニーファイナンスの店舗は東海地区を中心として、愛知県の名古屋、三重県などに有人・無人店舗を展開しています。

ホームページでは東海地区、名古屋地区の営業店舗を紹介しています。プライバシーを重視する方は、無人店舗を利用するといいでしょう。

ユニーファイナンスの評判や口コミでは、低金利、ホームページから申し込み可能、返済能力に応じたプランの紹介、FITステーションでのお手軽融資などの点が評価されています。

金利は実質年率12.00%~17.95%を設定しています。この金利は中堅消費者金融と比べても低くなっています。

大手消費者金融の場合、5%台の最低金利を提示していることが多いですが、実際は低金利で借りることは難しく、一般的に15%程度の金利になるのが普通です。

15%未満の金利になれば、業者の規模に関わらず低金利だと考えていいでしょう。

お金を借りると必ず利息が発生し、借入額にプラスして返済しなくてはいけません。金利は実質年率表記となっていますが、日割なので1日ずつ加算されていく仕組みなのです。

低金利で借りて1日でも早く返済するのが賢い使い方です。そのためには、借入額を最小限に抑えることが大切となります。

借入額が10万円と20万円では、前者のほうが早く完済できるはずです。ローンというのは借入額が2倍になると、返済は2倍以上大変になるのです。

少額の借り入れで済むように、事前にシミュレーションしておきましょう。カードローンを利用するときは、低金利で借りることが大切ですが、それ以上に借りる金額を減らすことが重要なのです。

借り入れを少額に抑えておけば、多少金利が高くてもあまり気になりません。

ユニーファイナンスは、ホームページから申し込みできるのも好評判となっています。お申し込みフォームに年収、希望額、用途、他社借入額・件数、お客様情報、勤務先情報、配偶者情報を入力してください。

ホームページでの申し込みは24時間対応となっているので、家族が寝静まってから申し込むことも可能です。

キャッシングは個人用途のためのローンであり、利用に関して家族に知らせる必要はありません。自身のお小遣いの範囲で返済可能で、家計に影響を与えないのであれば、誰にも話す必要はありません。

話したほうがいいケースは、借りたお金を家族全員で使うような場合です。ローンを利用している旨を家族に話しておくことで、自然と節約意識が生まれるでしょう。

ホームページ以外の申し込み方法には、フリーダイヤルもあります。

ユニーファイナンスは無理のない返済プランを提案してくれます。自分で返済可能な金額というのは、意外と自分ではわからないものです。

ローンを利用する上での大原則は、節約をしてムダな出費をなくすことです。浪費クセのある方が借り入れしても、借りた分をすべて使い切ってしまうでしょう。

融資額は年収を一つの基準にして決められますが、年収は目安でしかありません。同じ年収の方でも、実際に手元に残せるお金には違いがあるものです。

毎月10万円残せる人もいれば、1万円も残らないという人もいるはずです。後者の方の場合、月に2万円の返済額を設定することは絶対に無理でしょう。

月1万円の返済プランも、いずれ行き詰まることになります。毎月、予定通りお金が残るとは限りません。予測できない出費が重なれば、収支がマイナスになる月もあるはずです。

無難に返済できる金額というのは、お小遣いの3分の1程度になります。小遣いの半分を返済に充てるというのは、精神的にも厳しいものです。

浪費はいけませんが、ある程度の消費は仕方ありません。なんでも我慢するとストレスが溜まり、我慢疲れに陥ってしまうでしょう。

いずれ我慢できなくなり、その反動で浪費に走る方は少なくありません。月の返済額は小遣いの3分の1程度が好ましいのです。

ユニーファイナンスのキャッシングはカードローンタイプです。FITカードを使用して、FITステーションのATMで借り入れできるのです。

1万円~300万円の融資に対応しており、借入残高スライドリボルビング方式により返済していきます。返済期間は1回~82回(最長7年5ヶ月)です。

カードを使って繰り上げ返済もできるので、毎月の返済額に上乗せして返済したり、全額返済したりすることも可能です。

お好きなタイミングで借り入れ・返済できるので、忙しい方からも喜ばれています。配偶者の同意を得られれば、専業主婦(専業主夫)も借りることが可能です。

ネットでカンタン申込!

アコムの詳細はコチラ >>

ユニーファイナンスのキャッシングはどんな用途に対応している?

お申し込みページの資金使途の欄では、生活費、医療費、教育資金、旅行・レジャー、借入金返済などの用途も記載されています。

まとめローンとしても利用できるので、高金利のローンに悩んでいる方は一本化するといいでしょう。借入先が減るほど借入状況は把握しやすくなりますし、遅延のリスクも小さくなるものです。

借入先が5社と1社では、5社のほうが返済忘れのリスクは大きくなります。「1社だけ返済を忘れていた」という状況になることもあるでしょう。

各社の返済額、借入残高、総支払額などを把握するのも難しくなるため、複数社から借りている方はおまとめしましょう。

一般的におまとめする方は3社以上から借りていますが、借入先が2社の場合もまとめることで返済は楽になります。

おまとめの際に注意したいのは、他社の借入総額です。総量規制により、キャッシングやカードローンの借入総額は年収の3分の1となります。

年収450万円の方ならば、他社からの借入総額は150万円までとなります。これには、住宅ローンや事業者ローンなどは含みません。

ユニーファイナンスは消費者金融に属するため、銀行や信用金庫のローンとは性質が異なります。

年収の3分の1超を借りることはできないので、事前に他社借入額を調べておき、総量規制の範囲を超えている場合は、申し込みを避けてください。

ローンの一本化を考えている方は、総量規制の範囲に達する前にまとめるのがコツです。早めにまとめて一本にしておけば、早期のうちに返済計画を組み直すことができます。

借入先が増えるにつれて、遅延やうっかり返済忘れは増えてきます。遅延した場合は利息とは別に遅延損害金が発生するのでデメリットしかありません。

遅延を繰り返していると確実に信用を落とすため、借入先をなるべく少なくして、借入状況を完全に把握できる状態にしておきましょう。

アコムならおまとめローンにも対応

アコムの詳細はコチラ >>

ユニーファイナンスのおすすめの借り方

理想的な借り方は、1回で返済できる金額を借りることです。この方法を守っていれば、借りすぎの心配はまずありません。基本的にキャッシングの返済頻度は月に1回になります。

月に3回借りて1回返すというサイクルですと、借りすぎに陥りやすいのです。1回借りたら、2回目の借り入れをする前に、1回目の借入額をすべて返済してしまうのです。

非常にシンプルな借り方ですが、債務超過を防ぐために最も効果的です。

1回で完済できる金額を考えると、自ずと借入可能な金額も見えてくるはずです。ユニーファイナンスは一部・全額返済も可能なので、月1の返済のほかにも随時返済ができます。

余裕のある月は多めに返済し、ボーナスや一時金を返済に充てるなど、なるべく早く元金を減らしていきましょう。

キャッシングの上級者には、ローンを口座代わりに使っている方もいます。キャッシングは借りた金額に対して利息がつくので、枠だけなら何百万円確保しても1円も利息はつきません。

銀行口座にお金を入れておくよりも、利息をカットできるというメリットがあります。お金が必要なときは、ローンから引き出して使えばいいのです。

融資を受けるとき、少額ずつ借りる方法も借りすぎ防止に役立ちます。多めに借りてしまうと、ついつい使いたくなってしまうものです。

節約のコツとして、財布に高額のお金を入れないことがありますが、これはキャッシングの浪費を防ぐためにも言えることです。

たくさん借りて財布に入れておくと、あっという間にお金は減っていきます。必要最低限の金額を借りるようにして、不足する場合はそのつど借りるようにすればいいのです。

ユニーファイナンスは1万円~借りることができるので、自己管理をしっかりと行なえば借りすぎの心配はありません。

1万円の借り入れであれば、給料日に全額返済することも可能でしょう。キャッシングは一時的な金銭の不足を補うためのローンです。

3ヶ月、6ヶ月といった長期的な金欠に対処するためのローンではありません。「給料日やボーナスまでお金が持たないので、不足分だけ借りよう」といった使い方が好ましいのです。

お金を借りなければ生計が成り立たないようであれば、まずは家計の見直しが必要です。家計簿を付けると、意外な浪費に気づけるものです。

ローンを利用する前には、家計の把握と節約が欠かせません。

アコムの詳細はコチラ >>

アコムを既に申込みした人は以下のカードローンもお勧め

アイフルの詳細はコチラ >>