プロミスのキャッシング評判や口コミを徹底解説

サイトマップ
カードローン110番 > 消費者金融系カードローン > プロミスのキャッシング評判や口コミを徹底解説

プロミスのキャッシング評判や口コミを徹底解説

三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの金融機関です。女性専用ローンとしても有名であり、女性利用者からの口コミや評判も高評価です。

ローンを上手に利用するコツは、借りすぎないことにあります。家計管理、節約、シミュレーションをして借入額を圧縮することが大切です。

ホームページでは返済シミュレーションのコーナーを設置しており、無理のない借入額がその場でわかります。無理せず返済できる金額が、妥当な借入額なのです。

利息は日割りに対応しているので、3日だけ借りて返すことも可能です。借り入れ当日は利息がつかないのも魅力です。10万円を30日間借りたケース(年利17.8%)では、利息は1,463円しかつきません。

【目 次】
  1. カードローンプロミスは収入に自信がない方からも口コミで好評
  2. プロミスのキャッシングは学生の間でも口コミ評判が良い!
  3. プロミスは土日祝日のキャッシングにも強い!口コミでも当日中に借りられた!の声が多数
  4. プロミスで「内緒でキャッシングできた!」の口コミ多数

カードローンプロミスは収入に自信がない方からも口コミで好評

カードローンでキャッシングするためには審査を通過しなければいけません。多くの方が審査に不安を抱えながら臨みますが、プロミスは審査に自信がない方からも口コミで好評です。

  • 匿名希望さん
  • 年齢:25歳
  • 性別:女性
  • 職業:アルバイト
 
  • 匿名希望さん
  • 年齢:33歳
  • 性別:男性
  • 職業:派遣社員
 

プロミスの審査ハードルは高くない

プロミスの申し込み条件は「20歳以上69歳以下」「本人に安定した収入がある」ことです。

安定収入とは金額の大小ではありません。

収入の増減が大きいか小さいかで決まります。毎月の給与がほぼ一定額で増減がほとんど無い状態であれば安定しているとみなされます。

逆に先月は20万円で今月は10万円といったように増減が激しいと不安定な収入とみなされ審査に不利になります。

普通に働いて給料として貰っているのであれば、毎月の収入にそこまで大きな差はないかと思います。FXや株の取引で生計を立てているわけでなければ安定収入はクリアしていると思って問題ないでしょう。

またプロミスは雇用形態によっては申し込みできないという条件はありません。正社員、派遣社員、契約社員、パート、アルバイト、学生、主婦、個人事業主の方は申込可能です。

専業主婦と年金受給者は残念ながら申し込み不可となりますので注意してください。

事故情報があると審査通過はNG

安定収入があっても信用情報に問題があると審査に通るのは難しいです。

プロミスの審査では信用情報をかならずチェックします。

  • 過去にローンやクレジットカードの返済を3ヶ月以上滞納したことがある
  • 過去5年以内に自己破産や任意整理など法的に借金整理をした

上記にあてはまると信用情報には事故情報が登録されていますので、プロミスの審査には通らないと思ったほうが良いでしょう。

いくら高収入であっても信用情報に事故情報がある人は審査落ちとなります。

逆に安定収入があって信用情報に問題がなければ審査通過の可能性は高いといえます。

プロミスのキャッシングは学生の間でも口コミ評判が良い!

プロミスは学生にも人気のキャッシングサービスです。

学生の収入はアルバイト代が主だと思いますが、所得に応じた限度額が設定されますので収入が少な目であってもそれに応じた金額で借りられる可能性が高いです。

実際にプロミスを利用されている学生の口コミを見てみましょう。

  • 匿名希望さん
  • 年齢:20歳
  • 性別:男性
  • 職業:学生
 
  • 匿名希望さん
  • 年齢:21歳
  • 性別:女性
  • 職業:学生
 
  • 森田さん
  • 年齢:22歳
  • 性別:男性
  • 職業:学生
 
  • 匿名希望さん
  • 年齢:21歳
  • 性別:男性
  • 職業:学生
 

プロミスは学生もキャッシングOK

学生は学業がメインであるため、社会人のようにひと月の給与が安定して得られるわけではありません。勤務形態も違いますので収入面では、社会人と比較すると評価は低めになるのは仕方のないことです。

ですが、プロミスは申し込み者本人に所得があれば、学生でも審査したうえで融資するかどうかを判断してくれます。学生だからという理由だけで融資を断られることはありません。

20歳以上でアルバイトをしている学生であればプロミスに申し込めます。ただしアルバイトで安定収入があっても未成年の学生はプロミスと契約することはできません。

学生がプロミスで融資を受けるためのポイントは、どれだけ収入が安定しているかどうかです。

アルバイトであってもバイト先を頻繁に変えているようでは審査でマイナス評価となってしまいますが、1年以上同じ職場で働いていれば高く評価され審査に有利となります。

プロミスは学生証不要!親の同意も不要で借りられる!

学生がプロミスに申込むのに必要なのは本人確認書類だけです。運転免許証を持っていなくても大丈夫。プロミスはパスポートや健康保険証でも申込みOK。学生証の提出は必要ありません。

※健康保険証は顔写真がないため、別途、住民票など他の本人確認書類を用意する必要があります。

またプロミスに申込むのに親の同意は必要ありませんので、親バレが心配という学生でも安心して申し込めます。

学生は収入証明書不要になる可能性が高い

プロミスの申込には収入証明書の提出が必要になるケースがあります。

  • プロミスでの希望限度額が50万円を超える場合
  • 他社借入額とプロミスでの希望限度額を合算して100万円を超える場合

上記どちらかに該当する場合は収入証明書が必要になります。

収入証明書は源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などを提出しますが、本人確認書類とは違ってすぐに用意できない場合もあるので、提出となると準備するのが面倒です。

ただ、学生の場合は収入証明書を提出する可能性は少ないです。

その理由は、プロミスで50万円を超える契約をするには年収が150万円以上無いといけないからです。

アルバイト代そこまで稼ぐのは勉強もしなくてはならない学生にはハードルが高いといえます。また他の貸金業者からもキャッシングしている学生は少ないというのも理由です。

プロミスなら内緒で借りられる

学生がカードローンを利用するうえで最もネックとなるのが親バレではないでしょうか?これにより借りたいけど諦めてしまう方も少なくないです。

プロミスは担保も保証人も不要なうえに、親に連絡がいくこともありません。また郵送物なしで契約することも可能ですので、家族と暮らしている学生でも安心です。

ただし、審査の際に申込内容の確認のためにプロミスから電話が入ることもありますので、申込時に申告する連絡先は携帯電話の番号を登録するようにしましょう。

間違って自宅の固定電話を登録してしまうと、自宅に電話がかかってきてしまいますので注意してください。

学生がプロミスの審査で注意すべきポイント

学生がプロミスで融資を受けるためには20歳以上でアルバイトによる安定収入を得ていることが必要です。しかし、これはあくまでも申込するための最低条件であり、審査の結果次第では融資を受けられない可能性もあります。

ここでは学生がプロミスの審査で注意すべきポイントをご紹介します。

プロミスに申込すると審査が行われ、申し込み者の個人信用情報がチェックされます。収入や返済能力など、個人のローンやクレジットに関する過去の取引履歴が記録されています。

学生という若い年齢で過去に金融事故を起こしている方は少ないかもしれませんが、返済を滞納したり大きな金融事故を起こしたりしている場合は審査落ちする可能性が高いです。

特に注意したいのがスマホの割賦払い、奨学金、学生ローンの支払いです。スマホは機種代金が高額であるためローンで分割払いして購入される方がほとんどかと思います。

支払いを滞納すれば個人信用情報には事故情報が記録されます。また意外と知られていないのですが、学生ローンは全国銀行個人信用情報センターに加盟していますので返済を滞納した場合は信用情報に記録されてしまいます。

自分の信用情報が問題ないか心配な方は、情報開示してみると良いでしょう。

学生がプロミスの審査を有利に進めるための条件

次に該当する学生はプロミスの審査を有利に進められる可能性が高いです。

  • 勤続年数が長い
  • アルバイトの収入が高め

アルバイトの勤続年数が長ければ長いほど収入は安定しているとみなされやすいです。1年間は同じアルバイト先で働いていると辞める可能性が少ないとみなされ審査は有利になります。

また勤続年数と同じように重要なのが給与額です。給与が少な目でも審査通過の可能性はありますが、やはり給与額が多いに越したことはありません。

アルバイトで年収100万円以上、月に10万円近くの収入がある学生は審査を有利に進められるでしょう。

学生がプロミスの審査に不利になる条件

次に該当する学生がプロミスの審査に不利になり審査落ちする可能性が高いです。

  • 他社ローンを利用している
  • 信用情報に傷がついている

学生ですのでプロミス以外から既に借金している方は少ないかと思います。ただ盲点となるのが奨学金です。学生本人が奨学金の返済義務を負っている場合は借金ありとみなされてしまい、審査に影響します。

信用情報に傷がついているとは要するに金融事故情報が登録されている状態を言います。

クレジットカードや携帯電話の割賦払いなどでの支払いを3ヶ月以上滞納してしまうと、信用情報が傷ついている可能性が高く審査は不利になると考えたほうが良いでしょう。

プロミスは土日祝日のキャッシングにも強い!口コミでも当日中に借りられた!の声が多数

お金が必要になるのは平日に限ったことではありません。むしろ土日や祝日のほうがイベント事などでお金が必要になることが多いですね。

そんな時でもプロミスなら安心。土日でも即日キャッシング可能です。

ここでは実際に土日祝日にプロミスで即日キャッシングに成功した方たちの口コミをご紹介したいと思います。

  • 匿名希望さん
  • 年齢:29歳
  • 性別:男性
  • 職業:会社員
 
  • 勅使河原さん
  • 年齢:31歳
  • 性別:男性
  • 職業:会社員
 
  • 矢島さん
  • 年齢:23歳
  • 性別:男性
  • 職業:アルバイト
 

プロミスは土日祝日でも即日キャッシングOK

土日や祝日に急にお金が必要になったときでも強い味方になってくれるのがプロミスです。

多くのカードローン会社は審査を平日しか実施していませんが、プロミスなら土日祝日でも審査回答がもらえます。

審査を通過したら後は無人契約機でカード発行を済ませればすぐにATMでお金を借りることができます。

プロミスで土日祝日に即日借り入れする方法

プロミスで土日祝日に即日借り入れする方法は2つあります。

  • 無人契約機でカード発行
  • 土日でも即時振込融資が反映されるWEB完結

プロミスの無人契約機でカード発行して即日借り入れする場合は、WEBで申し込んでもはじめから無人契約機で申し込んでも構いません。

いずれの申し込み方法でも契約を無人契約機で行うことでその場でローンカードを受け取ることができます。

無人契約機の営業時間は9時~22時となりますので、この間に無人契約機に出向きカードを受け取るようにしましょう。

ただし、当日の審査結果回答が得られるのは21時までとなりますので、申込は遅くても20時までには済ませるようにしましょう。

基本的に土日祝日に即日借り入れするには無人契約機を利用しますが、プロミスの場合は三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている人に限り土日でも即時振込融資を可能としています。

これらの銀行口座を持っていれば口座にお金を振り込んでもらう形でキャッシングできます。申込~借入まですべてWEB上で完結できるので来店不要となります。

WEB完結でも同様に即日融資を希望する場合は20時までには申し込みを済ませておきましょう。

プロミスの土日祝日審査は在籍確認をクリアできるかがポイント

カードローン審査では必ず在籍確認が行われます。確認方法は原則として勤務先へ電話連絡となります。

そのため、土日祝日は勤務先の休業日だから当日中に在籍確認できない、というケースが考えられます。この場合、休み明けまで審査結果の回答をもらえない可能性があります。

どうしても当日中に融資を受けたいのであれば、書類で在籍確認できないか相談してみるとよいでしょう。

プロミスはそこまで積極的ではありませんが書類で在籍確認してくれることもありますので、ダメ元で電話で相談してみると良いでしょう。

プロミスで「内緒でキャッシングできた!」の口コミ多数

カードローンを利用していることは内緒にしておきたいと思う方は多いです。借りたいけど家族や職場にバレたらどうしようと不安になり申し込みをためらってしまいがちです。

しかし、プロミスなら内緒でキャッシングするための環境が整っていますので誰にもバレずに借りることができます。

ここでは内緒でキャッシングに成功した方たちの口コミをご紹介します。

  • YUKIさん
  • 年齢:27歳
  • 性別:女性
  • 職業:パート
 
  • 大川さん
  • 年齢:35歳
  • 性別:男性
  • 職業:会社員
 
  • 匿名希望さん
  • 年齢:28歳
  • 性別:男性
  • 職業:会社員
 

プロミスを内緒で利用する方法

プロミスで家族ばれする原因は郵送物にあります。逆に言えば郵送物をなしにすることができれば家族にばれることはまずありません。

家族ばれしない申し込み方法は「WEB完結」と「無人契約機」の2つあります。どちらも郵送物なしでプロミスと契約することができます。

WEB完結はカードレスにすれば郵送物なし

WEB完結とは申し込みから借入まですべてWEB上で手続きを済ませる方法です。一度もプロミスの店舗に出向く必要がなく、WEB環境さえあれば自宅や外出先からでも手続きすることができます。

プロミス店舗に出向く必要がないということは、店舗に入るところを誰かに見られてばれてしまうこともありません。

プロミスのWEB完結はカード不要の振込キャッシングが可能ですので、手元にカードがなくても銀行口座にお金を振り込んでもらう形でお金を借りることもできます。

通常WEB完結で申込んだ場合、契約後にローンカードが郵送されることが多いですが、プロミスはカードレスで契約が可能ですので、WEB完結で契約しても郵送物をなしにすることができます。

プロミスをWEB完結で申し込む場合の注意点

プロミスをWEB完結で申し込む場合は以下のことに注意してください。

  • 契約方法は「WEB」を選択
  • 契約書類はWEBで確認する
  • 「カード郵送希望なし」を選択

これらのことに注意して申し込みすれば郵送物なしでWEB契約が可能になります。

プロミス無人契約機で郵送物なし

プロミスの無人契約機で手続きすると、その場で契約書類とローンカードを受取することができます。郵送物は送られてきませんので家族バレの心配がありません。

ただし、店舗に入るところを誰かに目撃されてしまいばれる可能性は少なからずあります。

無人契約機は夜間も営業していますので、絶対にバレたくないという方はひと目がつきにくい夜間に来店して手続きするのがおすすめです。

無人契約機で契約する際の注意点

無人契約機で契約する際は以下のことに注意してください。

  • 契約方法は「来店」を選択
  • 自分が利用する無人契約機の営業時間を確認する

郵送物をなしにしたい場合は、契約方法は「来店」を選んでください。

無人契約機の営業時間は基本的に9時~22時までとなりますが、地域によっては21時で閉まってしまうところもありますので、自分が利用しようとしている無人契約機の営業時間は必ず確認しておきましょう。

無人契約機は土日祝日も営業しています。平日は仕事が忙しくて手続きできないという方でも問題なく契約可能です。

プロミスの在籍確認はあっという間!個人名で電話するからバレにくい

プロミスは審査の過程で勤務先へ在籍確認を行います。

確認方法は電話連絡となりますが、ここでもプロミスはバレないための配慮を施してくれています。まず電話では会社名を名乗ることは絶対にしません。

「私、鈴木と申しますが・・・」というように担当者の個人名を名乗り電話します。そして申し込み者以外の人が電話にでた際は用件を話すこともしません。

本人が電話にでた際は「〇〇様ご本人で宜しいでしょうか?」「はい、そうです」これぐらいの簡単な会話で在籍確認は終了となります。住所や年収がいくらぐらいなのかなど個人情報について質問されることもありません。

申し込み者本人が席を外していて電話にでれない場合でも、「只今、〇〇は席を外しています」と答えれば在籍確認はそれで終了となります。

希望があれば在籍確認する時間帯を指定することも可能です。自分が電話にでれる時間帯を指定しておけばより安心ですね。

また場合によっては書類で在籍確認してくれることもあります。あくまでも担当者の判断になりますが、電話で在籍確認するのが難しい場合は書類で在籍確認してくれることもありますので、あらかじめ電話で相談してみると良いでしょう。

プロミスなら月額4,000円から返済できる

プロミスは月額4,000円(10万円の利用)の少額返済ができるため、毎月の返済額を少しでも減らしたいという方に最適です。

返済方法はパソコン、携帯、スマホにより、プロミス・提携atm、コンビニなどが利用できます。プロミスカードがあれば、24時間365日いつでも借入・返済できるので便利です。

店舗に行かずに返済できるので、知り合いに見つかってしまう心配はありません。店に何度も出入りして、友人や知人に見つかってしまうケースは非常に多いのです。

「キャッシングの利用は誰にも話していないのに、なぜか友人が知っている」という場合は、出入りしている場面を見られたのでしょう。プライバシーの面からも、コンビニで利用できるローンは便利なのです。

店舗一覧はホームページから確認できます。各コーナーの営業時間(平日・土曜・日祝日)の確認ができます。相談や質問は、プロミスコール、レディースコールによる電話番号から対応してくれます。

プロミスの詳細はコチラ >>

来店せずに最短即日融資が可能

プロミスなら窓口に行くことなく、WEB契約で最短即日振込を受けられます。カード発行前に融資を受けられるので、すぐに利用したいときに便利です。

最近は来店不要のカードローンが増えていますが、よく確認すると契約時に来店が必要なケースが多いのです。

仮契約は来店不要で、本契約は来店することになるわけです。業者スタッフと対面するのが嫌だという方は意外と多いものです。

誰とも会うことなく申し込みしたいなら、WEB完結申込み(※対象金融機関は200行以上あります。)できるローンをおすすめします。プロミスなら必要書類もメールで提出できます。

パソコン、携帯、スマホを利用するとき、WEB契約を指定しましょう。審査に不安がある方には、ホームページの3秒診断のコーナーがおすすめです。

3つの簡単な項目(生年月日、年収、現在の借入金額)を入力するだけで、融資可能かどうかその場でわかるのです。

むやみに審査を受けると、個人信用情報に登録されてしまうため、事前に仮診断を受けておくのが安全な方法です。

実質年率は4.5%~17.8%

実質年率は4.5%~17.8%と低いので、昔の高金利の消費者金融を利用している方は、おまとめや乗り換えを検討しましょう。年利が高くては、得をすることは何もありません。返済時に発生する手数料が増えるようなものなのです。

借入額が大きければ大きいほど、その額に比例して利息も大きくなっていくわけです。だから、借入額が10万円と20万円では、利息の差も2倍となるのです。

プロミスをおまとめローンとして利用する場合は、問い合わせをして何%くらいの年利適用となるか聞いておきましょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

公務員や会社員でなくても借りられる

パート、アルバイト、学生の方も利用できます。

振込融資にも対応しており、振込先の口座に振り込んでくれます。無理のない借り入れをするなら、年収の20%が妥当なところでしょう。

年収の3分の1(約33%)まで借り入れは可能ですが、最初は年収の20%以内にしておくといいです。他社からも借りている場合は、総借入額が年収の3分の1を超えないようにしましょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

30日間の無利息サービス

プロミスは30日間の無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。を用意し、30日間の借り入れまでは1円も利息がつきません。30日間だけ借りれば利息は0円、40日間借りた場合は10日分の利息を支払えばいいのです。

期間内であれば、何度追加融資を受けても利息はかかりません。サービスを利用するためには、eメールアドレス登録をしてプロミス会員となりましょう。

このサービスは、「給料日まで10万円だけ借りたい」といった状況で最適です。返したあとは、そのまま解約するのもありですし、契約継続することもできます。借入額が0の状態では、利息が発生することはありません。


プロミスの詳細はコチラ >>