プロミスのキャッシングは「早い」「簡単」「お得」!

サイトマップ
カードローン110番 > 消費者金融系カードローン > プロミスのキャッシングは「早い」「簡単」「お得」!

プロミスのキャッシングは「早い」「簡単」「お得」!

プロミスは、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の消費者金融部門です。

銀行グループですが、消費者金融のカードローンですので総量規制の対象になります。

そのため、収入のない専業主婦は申込みできませんが、アルバイトやパートなどの収入があれば気軽に申込むことかできます。

プロミスの金利は4.5%~17.8%と、他の消費者金融よりもやや低めであり、無利息期間や「瞬フリ」サービスなど、利用者にとって嬉しいサービスが充実しています。

年金収入なども、年収として他の収入と一緒に申請することができます。

無利息サービス

プロミスには「30日間無利息」サービスがあります。

他の消費者金融の30日間無利息は、「契約日の翌日から」という条件になっている場合もありますが、その場合、契約してすぐに使用しないと無利息期間が終わってしまいます。

プロミスの無利息期間は、「借入日の翌日から」スタートするので、自分の好きなタイミングで30日間無利息を利用できます。

ただし、無利息サービスを利用するためには、プロミスにメールアドレスを登録し、利用明細の受取方法をWEB明細にする必要があります。

契約時に忘れず登録しておきましょう。また、プロミスはポイントを貯めて無利息期間に交換することができます。

ポイントサービスは登録制であり、サービスに申込むと100ポイント、収入証明書を提出すると160ポイントというように、各項目に応じて規定のポイントを貯めることができます。

ポイントで提携ATMの手数料を無料にすることなどもできます。

来店不要・即日融資

プロミスの申込みは、ネットで出来るweb契約が便利です。PCやスマホなどから申込むと、最短30分で審査回答を得られます(回答方法は電話・メールが選べます)。審査に通過したら無事契約となります。

その後は、会員サイトから振込依頼するか、自動契約機または店頭窓口で借入するか、ローンカードが郵送されるまで待つという選択になります。

もしも郵送物を受け取りたくないなら、web申込で返済方法を口座振替(口フリ)にすることで、「カードなし」を選択できます。

「カードなし」にすると、契約書類やカードなど、すべての郵送物が送られてこなくなります。

基本的な取引は会員サイトで行うことができるので、カードを発行しなくても特に困ることはありません。

三井住友銀行だけじゃなく、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行などの口座も口座振替に使用できます。

本人確認書類などの必要書類は、FAXや写メールで送ることができます。

自動契約機を利用する場合は、その場でスキャナーに読み取りさせて、提出という流れになります。

わざわざ郵送しなくてよいので、即日審査回答・即日融資が可能になります。

50万円以下の借入、または他社借入を合わせて100万円以下の借入については、収入証明書は不要です。なるべく50万円以下の借入にした方が、審査スピードも早いです。

プロミスの詳細はコチラ >>

瞬フリなら最短10秒

会員サイトから最短10秒で銀行振り込みできる「瞬フリ」サービスがあります。平日9時までに依頼すれば当日9時30分、平日14時50分までなら受付完了から最短10秒、それ以外なら翌営業日の9時30分頃に振込されます。

また、三井住友銀行、ジャパンネット銀行を指定口座にする場合は、銀行の取引時間に関わらず24時間振込可能であり、最短10秒で振込できます。土日祝日も可能です。

自動契約機

「本日中にお金を借りたいけど、三井住友銀行の口座もジャパネット銀行の口座も持っていない!だけど銀行の取引時間が過ぎている!」そんな時に使用できるのが、プロミスの自動契約機です。

プロミスの自動契約機は、9~22時と夜遅くまで営業しており、土日祝日も利用できます(一部店舗では営業時間が異なります)。

審査に通過した後も、返済日や利用可能枠、金利、暗証番号の変更など、諸々の手続きを行うことができます。

金利の変更とは、プロミスに登録されている金利(単一金利)の引き下げを相談するということです。

プロミスの金利は単一金利であり、残高によって金利が変わることはありません。

しかし、交渉によって金利を引き下げることも可能ですので、定期的に利用していれば、将来低金利で利用できる可能性もあります。

自動契約機の傍には手数料無料のプロミスATMが設置されているので、借入にも便利です。公式サイトを見れば、どこに自動契約機があるのか確認できます。

提携ATMの手数料は?

プロミスATM、三井住友銀行ATMでは、手数料はかかりません。

その他の提携ATM(イーネット、ローソンATM、セブン銀行など)は手数料がかかります。

コンビニATMはほとんどすべて提携しているので、全国どこにいてもキャッシングできるというメリットがあります。

また、一部のコンビニではATMを使用せずに返済することも可能です。

ローソン、ミニストップのマルチメディア情報端末「Loppi」(ロッピー)、同じくファミリーマートの情報端末「Famiポート」(ファミポート)で返済すると、返済手数料が0円になります。これらの店舗で使用する時は、ロッピー、ファミポートを利用した方がお得です。


プロミスの詳細はコチラ >>