キャッシングニチデンの口コミや評判、融資限度額を徹底解説

サイトマップ
カードローン110番 > 消費者金融系カードローン > キャッシングニチデンの限度額はお手軽な50万円

キャッシングニチデンの限度額はお手軽な50万円

キャッシングニチデンは、奈良市に本社を構える中堅消費者金融です。

振込ローン、不動産担保ローン、事業者ローンの3商品をラインナップし、特に振込ローンが高い人気です。

担保・保証人不要の小口ローンで、限度額は50万円と少額です。近年の消費者金融会社のキャッシングは、数百万円の融資に対応したものが主流です。

500万円の限度額は普通ですが、大型融資に対応したローンほど、申込者が借りすぎてしまうリスクがあります。

たくさん借りられるローンは優れているとする風潮がありますが、返済しやすいローンこそ優れているのです。

【目 次】
  1. 中小消費者金融を避けた方が良い理由
  2. ニチデンのキャッシングのメリット
  3. 安全な消費者金融の特徴

限度額は50万円と少なめ

キャッシングニチデンの限度額50万円は、一般的な街金の融資額です。

50万円では物足りないという方もいるでしょうが、キャッシング利用者の借入額を見てみると、50万円未満が圧倒的に多いのです。

教育資金、住宅購入資金などの借り入れは高額になりますが、キャッシングのような多目的融資においては、10万円の枠でも事足りることがほとんどです。

50万円超の借り入れができないことは、安全性の高さにつながっています。融資対象となるのは、会社員、パート・アルバイト、自営業の方などです。

用途は自由なので、自営業の方なら事業者ローンとして利用するのもいいでしょう。事業者ローンには、不動産や保証人を必要とするローンもありますが、ニチデンは不要です。

不動産担保ローンよりも契約しやすく、個人向けローンなので配偶者に迷惑をかけることもありません。

自己責任で借りることができるので、ローンの利用を誰かに話す必要はありません。家族に内緒にして借りている方は非常に多いのです。

金利は低いものの中小消費者金融を避けた方が良い理由

キャッシングニチデンは正規業者ですし、中小消費者金融の中では比較的金利が低めです。

安心して利用して欲しいと言いたいところですが・・・将来的に、「クレジットカードを作りたい。」「自動車や住宅などの各種ローンを組む予定がある。」方は、利用は慎重になってください。

なぜなら、ニチデンに限らず中小消費者金融からの借入があると、クレジットカードや各種ローンを組む際に審査において不利となります。

理由は、中小消費者金融からの借入があると「お金に困っている人」と見なされ、「返済力が乏しい人」と見なされるからです。

矛盾しているようですが金融機関はお金に困っている人には、融資しません。中小消費者金融からの借入は、極力避けておいた方が良いでしょう。

大手消費者金融の審査がダメなら中小を使うしかない

中小消費者金融からの借入は極力避けた方が良いわけですが、実は、大手消費者金融は、IR情報で新規申込者数と貸付人数を公表しているのをご存知ですか?

以下は、大手各社の新規申込者数と貸付人数から審査通過率を算出したデータです。2人に1人は審査に通過しているのがわかります。

大手は決して審査に厳しいわけではなく、CMやネット広告を使って新規顧客を積極的に獲得したい思惑があります。

大手は、非常にお金を借りやすいので、まずは大手にチャレンジして、それでもダメなら中小を利用されることをお勧めします。

アコムの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>

アイフルの詳細はコチラ >>

実質年率は7.3%~17.52%と良心的です。この金利は無担保ローンとしては非常に低く、特に最低金利である7.3%は大手消費者金融に匹敵するものです。

大手業者の場合も、5.8%といった低金利での貸付に対応していますが、適用となるのは限度額ギリギリまで融資を受けたときです。

中小消費者金融の中では金利は比較的低め

ニチデンは50万円という少額融資においても、7.3%の金利適用となる可能性があるのです。もし最高金利の17.52%になっても、決して高い金利ではありません。

50万円の融資においては、利息制限法で18.0%まで認められています。それよりも0.48%低い金利になっているのです。

低金利で借りると、月の負担額が小さくなる、支払い期間が短くなる、といったメリットが期待できます。

ローンには必ず利息が発生するため、利息を無視して元金だけ借りる感覚で申し込むと失敗します。

100万円しか借りていないのに、利息を含めて150万円以上も支払っている方は多いのです。
利息を減らすためにも、低金利で借りるようにしましょう。

低金利と無利息を比較した場合は、低金利を重視しましょう。無利息ローンの無利息期間は、30日間に設定されたものがほとんどです。

大抵の場合、契約期間は30日間を超えるはずです。契約して30日以内に解約するケースは少ないはずです。

長期的に契約することを考えると、30日間の無利息期間よりも低金利のほうがお得になります。

ニチデンのローンの遅延損害金は、年率20.0%に設定されています。これはローンの返済が遅延した場合、通常の金利とは別に発生するものです。

15.0%で融資を受けている場合、遅延損害金20.0%を加えると35.0%となります。遅延損害金は遅延しなければ発生することはないので、計画的に返済していれば関係のないものです。

返済方法は元利定額リボルビング方式を採用し、返済回数1~60回(5年)となります。実質年率7.3%で10万円を12ヶ月借りた場合、月々の返済額は8,700円となります。

これに12をかけると10万4,400円となり、4,400円分が利息となるのです。24ヶ月で返済する場合は、月の返済額は4,500円となり、24をかけると10万8,000円となります。

36ヶ月で返済する場合は、月の返済額は3,200円となり、36をかけると11万5,200円となります。

返済期間(回数)が長くなるほど月の返済額は少なくなりますが、利息は増えることがわかります。無理をしない範囲で、なるべく早く返済したほうが利息の節約になるわけです。

ニチデンのキャッシングの申し込みは、ホームページの専用フォームから行なえます。ネットは24時間対応なので、忙しい方でも手軽に申し込むことができます。

当日の14時までに申し込みをすれば、即日中に融資を受けることも可能です。ニチデンの口コミでは、振込融資を受けられるメリットが高評判となっています。

指定口座に振込してくれるので、自分で口座に振込する手間が省けるのです。公共料金の支払い分が足りない、急にクルマが故障したので修理代を借りたい、といった場合に>重宝するでしょう。

周囲にバレずに即日借入

アコムの詳細はコチラ >>

ニチデンのキャッシングのメリットとは

20歳以上で安定収入があれば、非正規雇用、外国人の方も借りることができます。振込に対応した振込ローンなので、女性の契約者も多いのです。

ネットによる申し込み以外では電話にも対応しています。総量規制の対象となるローンなので、年収の3分の1が借入上限となります。

総量規制については賛否両論がありますが、借りすぎ防止の効果は非常に大きいものです。

不動産ローンなどの担保を要するローンは、不動産価値の7割程度まで融資を受けることができるため、億単位の融資にも対応しているのです。

キャッシングなどの小口ローンに関しては、担保・保証人が不要である代わりに、総量規制による貸付制限があるのです。

しかし、年収の3分の1という上限額は、小口ローンとしては決して少なくはありません。年収300万円の方であれば、100万円まで借りることができます。

一般的に無理なく返済できる金額は、年収の10分の1~5分の1程度と言われているため、総量規制の3分の1という上限額は必要十分な金額だと言えます。

返済の仕方は銀行振込、店頭返済の2つがあります。インターネットバンキングを使用すれば、少ない手数料で振り込むことができます。

窓口に出向くことに抵抗がある方は、振込返済を選ぶといいでしょう。振込手数料を節約したい方には、窓口返済をおすすめします。

具体的な借入・返済プランについては、ニチデンのスタッフが個別に提案してくれます。無理をしない返済プランというのは、自分では判断が難しいものです。

確実なシミュレーションができていれば、返済不能に陥る方などいないでしょう。借りすぎてしまう方に共通するのは、返済能力を超えて借りていることです。

繰り返し借り入れできる小口融資の場合、借入金を返済に回すことも可能なので、借りすぎに気づくのが遅れるというリスクもあります。

無理のない返済プランは、プロに相談して決めていくのが安心です。相談せずに独断で決めるならば、10万円~30万円程度にしておけば失敗しません。

ニチデンの場合は、最高でも50万円までしか借りられないので、大手の消費者金融と比べて借りすぎのリスクは低いですが、限度額50万円の範囲内の中でも借入額を抑えておくとより安全です。

返済期間から借入額を算出する場合は、1年以内に完済できる返済計画を立ててから、それが可能な借入額を決めていきましょう。

1ヶ月に1万円まで返済できるなら、利息も考慮すると借入額は10万円程度が好ましいです。

審査最短30分!即日借入したいなら

アコムの詳細はコチラ >>

安全な消費者金融の特徴とは

日本貸金業協会会員であり、運営年数の長い業者です。年利に関しては適正値を設定している業者にしましょう。

キャッシングの年利は、一般的に10%~20%の範囲となります。大手消費者金融では5.5%などの超低金利を売りにしていますが、相当な高額を借りないと無理な話です。

500万円や700万円といった高額融資を受けた場合は、5%台の金利もありえますが、100万円未満ならば15%を超えた金利になるのが普通です。

「実質年率1.0%」といったありえない金利設定をしている業者があったら、悪徳業者だと考えていいでしょう。

貸金業者の運営費の内訳は、すべて利息収入なのです。銀行の住宅ローンでさえ1.0%の低金利はありません。

しかも融資額の少ないキャッシングとなれば、1.0%で融資していれば経営が成り立ちません。

極端に低金利を設定している業者があったら、悪徳だと疑ったほうがいいでしょう。健全な業者は「必ず融資します」「断ることはありません」などのセリフは使いません。

一方的に電話やダイレクトメールで宣伝することもないのです。テレビCMでは商品の宣伝をしますが、これは不特定多数を対象としています。

電話やダイレクトメールなどで、特定の人物に対して宣伝することはありません。相手の経済状況を把握できていないのに、融資の話を持ちかけても意味がないのです。

キャッシング業者を選ぶときは、自分から探すことが大切なのです。株式会社日電社が運営するニチデンは、日本貸金業協会会員の健全な業者です。

店舗は奈良市本社のほか、大阪市、吹田市などに支店を設置しています。実質年率7.3%~17.52%の金利は、大手消費者金融と同程度のものです。

総量規制の対象にもなるので、年収の3分の1までしか借りられません。店頭の営業時間は、平日は9:00~18:00(土曜は9:00~13:00)となります。

定休日は日曜・祝日、第2.3土曜日となります。ATMの稼働時間は7:00~23:00(年中無休)です。

ATMはすべての店舗に設置されているので、店頭で借入・返済するのに抵抗がある方はATMを利用するといいでしょう。

アコムの詳細はコチラ >>

既にアコムを申し込んだ人はこちらもおすすめ

アイフルの詳細はコチラ >>