SMBCモビットのキャッシング評判や口コミを徹底解説

サイトマップ
カードローン110番 > 消費者金融系カードローン > SMBCモビットの口コミや評判(審査・WEB完結・増額借り換えなど)を紹介&解説していきます

SMBCモビットの口コミや評判(審査・WEB完結・増額借り換えなど)を紹介&解説していきます

三井住友銀行グループの会社であるSMBCモビットは、即日融資(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)が可能な消費者金融としてCM等でも積極的に融資者を募っています。

10秒簡易審査やWEB完結など、他社にはない特徴があるSMBCモビット。 実際に借りた人の口コミや評判はどうなっているのでしょうか?

ここでは、実際にSMBCモビットで借入した方たちの口コミや評判をもとに、SMBCモビットについて詳細に解説していきます。

【目 次】
  1. SMBCモビットが口コミで評判の良いメリットを5つ紹介!
  2. SMBCモビットの審査の口コミや評判は?
  3. SMBCモビットで人気のWEB完結の口コミや評判は?
  4. SMBCモビットの増額で知っておくべき口コミや評判は?
  5. SMBCモビットの借り換えで知っておくべき口コミや評判は?

SMBCモビットが口コミで評判の良いメリットを5つ紹介!

それではまず、SMBCモビットで評判がいいと口コミで言われているメリットについて、5つ紹介していきます。

SMBCモビットなら10秒簡易審査で結果がわかる

【10秒簡易審査 口コミ】

  • 年齢:30代
  • 性別:男性
  • 年収:200~300万円
  • 借入額:10万円
 
  • 年齢:20代
  • 性別:男性
  • 年収:200~300万円
  • 借入額:15万円
 

まず、SMBCモビットで一番評判のよいメリットが「10秒簡易審査」です。 10秒簡易審査とは、その名の通り10秒で簡易審査結果表示がされる機能です。

そのため、昔の消費者金融のように結果がわかるまで何日も待つ必要がなく、忙しい方に非常にありがたいサービスになっています。

さらに、10秒簡易審査の結果が「融資可能」となった場合には、その場で本契約を手続きが出来るため、最短即日の融資(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)も可能となります。

WEB完結申込なら誰にもバレずに利用できる

【WEB完結の口コミ】

  • 年齢:30代
  • 性別:男性
  • 年収:300~400万円
  • 借入額:30万円
 
  • 年齢:40代
  • 性別:女性
  • 年収:200~300万円
  • 借入額:25万円
 

WEB完結申込とは、インターネットからSMBCモビットへ申し込む方法です。 特徴としては、

  • 電話連絡や郵送物がない
  • 店舗に行く必要がない

ことがあげられます。

そのため、誰にも知られずに融資可能となっていますので、WEB完結を実際に申し込んだ方の口コミで良かったと評判でした。

WEB完結申込についてはさらに詳しく後述しますので、ぜひチェックしてみてください。

年利3.0%~18.0%の低金利を用意

実質年率は年利3.0%~18.0%を設定しており、昔のローンとは比較にならないほど低金利になっています。

現在は一昔前とは異なりグレーゾーン、いわゆる利息制限法を超えたものは違法となるのです。

20.0%を0.1%でも超えると違法になるのです。

SMBCモビットなら1万円の融資から18.0%以下の設定となります。利息制限法では、10万円未満は20.0%が認められています。

他社から20.0%で融資を受けている方は、乗り換えることで2.0%以上の引き下げが可能となります。利息が減るほど、月々の負担も軽減されます。

限度額は業界最高レベルの800万円

限度額は業界でもトップクラスの800万円を設定しました。最低1万円から借り入れできるので、借りすぎの心配もありません。

消費者金融名 最大限度額
SMBCモビット 800万円
アコム 800万円
プロミス 500万円
アイフル 500万円

ただし、各個人の借り入れの上限額は、他社ローンも含めて年収の3分の1しか借りることができません。年収300万円なら最高100万円まで借りることができるのです。

上手に借りるコツは、事前にシミュレーションをしておくことです。

ローン上級者の話を聞くと、「融資は少額にして、短期間で返すのが大切」とほとんどの方が口をそろえて言っています。

借りすぎないためには、事前にシミュレーションをして必要額を把握しておくことが大切です。

漠然と30万円借りるよりも、20万円で間に合うとわかっていれば、20万円にしたほうがいいのです。

たくさん借りるほど実質年率は下がるのでお得に感じる方もいますが、利息が増えるという大きなデメリットが増えてしまいます。

事前に「月いくらまで返せるか」を把握し、その範囲内で希望額を決めるのが正しい方法です。

会員専用サービスのマイモビットが便利

マイモビットはSMBCモビット会員専用のサービスとなっています。 マイモビットは、インターネット上で

  • 現在の利用状況
  • ローン相談
  • シミュレーション
  • 登録内容変更
  • 取引履歴返済日
  • 提携atm照会

などが行える便利なサービスとなっており、これらの利用状況はすべてパソコンで確認できるのが人気とのことです。

なぜなら、取引書類を手元に残しておくと、家族に見られる可能性もあるため、借入実績がバレてしまう可能性があるからです。

また、マイモビット専用のログインページは、パスワードを入力しないと閲覧できないので、自分以外の誰かに見られることはありませんので、SMBCモビットで借入をした暁には、積極的に使っていきたいサービスです。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットはどんな人に向いているの?

WEB完結申込サービスがウリなSMBCモビットは、審査スピードが早い上、振込キャッシングや無人契約機などの自動契約機や提携ATM、コンビニATMで借入限度額の範囲で手軽に借入することが可能です。

では、SMBCモビットは特にどんな人におすすめなのでしょうか?

急ぎでお金が必要な人

  • 年齢:40代
  • 性別:男性
  • 年収:500~600万円
  • 借入額:120万円
 
  • 年齢:20代
  • 性別:男性
  • 年収:200~300万円
  • 借入額:20万円
 

SMBCモビットは、審査スピードが早いので、急ぎで借入をしたい人におすすめです。

審査だけでなく融資も素早いので、即日銀行振込してくれたり、ローソンATMなどのコンビニですぐに融資を受けたりすることが可能です。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

もちろん返済もコンビニ返済、振込返済や口座引落ができて便利です。

銀行カードローンにも審査スピードが早いことで知られているイオン銀行やセブン銀行などがありますが、銀行口座があることが条件となっておりますので、申込工程が少ない消費者金融はより手軽といえるでしょう。

誰にも見られずに申し込みたい人

SMBCモビットはWEB完結申し込みの申込方法を取れば、面倒な申込書を書く必要もなく、利用限度額の範囲での借り入れを誰にも会わずに行うことができます

電話申込が億劫な人や、郵送契約が面倒な人もいらっしゃるなかで、WEBだけで融資限度額の範囲の融資をしてもられるのは、人見知りにはありがたいサービスです。

とはいえ、分からないことや不安なことがある場合にはコールセンターがしっかりと対応してくれるため、安心して利用することが可能です。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

他社から借入が少ない人

  • 年齢:20代
  • 性別:男性
  • 年収:200~300万円(他社2件50万)
  • 否決
 
  • 年齢:20代
  • 性別:男性
  • 年収:300~400万円(他社5件130万)
  • 否決
 

他社からの借入が少ない人も借入に向いています。通常消費者金融は、総量規制というルールがあり、年収の1/3の借入が利用額としての限度枠、つまり最高限度額となります。

そのため、すでに複数の会社で借り入れをしている場合には、他社の時点で総量規制の利用限度枠に達している可能性があり、審査に通りにくくなります。

仮に利用可能額に達していなかったとしても、契約希望額の借入をすると年収の1/3を超える場合には借入することはできません。

他社の借入残高や取引内容も信用情報機関に信用情報開示が行われていますので、他社借入がない方が圧倒的に有利となります。

ちなみに銀行系カードローンや借り換えローンは総量規制対象外となりますので、年収の1/3を超えていても借入できる可能性はあります。

現在他社借入がある場合には、契約書類などの記載で確認をしてみましょう。

カードローンを借りた場合には、滞納や遅延をしないように、たとえ最少返済額であってもきっちりと返済をしましょう。

SMBCモビットの審査の口コミや評判は?

次は、SMBCモビットの審査について口コミをもとに解説していきます。

知っておきたいSMBCモビットの審査の流れ

SMBCモビットの審査はいたってシンプルです。まず申し込みをすると、10秒で簡易審査結果表示が行われ、あなたの条件で審査に通りそうかどうかの目安をチェックします。

もしも10秒簡易審査で問題なさそうであれば、そのあと本審査にうつります。

本審査が行われたあと、審査結果が通知されますが、申し込んでから本審査の結果通知まで最短で30分というスピード審査となっています。

もちろん審査は無料でできますので、負担なく申し込みが可能です。

SMBCモビットの審査でチェックされる最重要項目とは?

SMBCモビットでの審査で重要視されている項目は、下記の3項目になります。

  • 属性スコア
  • 信用情報
  • 提出書類

それぞれについて、詳細に解説していきます。

属性スコア

属性スコアとは、収入状況や勤務先の会社の状況、住居状況などをスコア化して、審査基準を満たしているかどうかを確認するための基準です。

SMBCモビットの審査に通るには、どのくらいの属性スコアがなければいけないかという基準は公開されていませんが、少なくともSMBCモビットが提示する申込条件をクリアしておく必要があります。

SMBCモビットに申込いただける方

年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方。 アルバイト、派遣社員、パート、時影響の方も利用可能です(当社基準を満たす方)。
(SMBCモビット公式サイトより)

実際には収入がないのに申込時に収入があるように見せかけても、必ずバレてしまいますので、嘘の申告は絶対にしないようにしましょう。

信用情報

信用情報とは、あなたの過去の金融取引情報のことで、以前の金融取引で何か不具合がないかどうかをSMBCモビットが確認を行います。

以前に金融事故を起こしていた場合には審査がシビアになりますし、万一信用情報から事故情報が消えていたとしても、同じ保証会社で金融事故を起こしたことがある場合には借入はできません。

過去の事故情報は5年程度保管されますので、1度でも延滞などの金融事故を起こしたことがある人は注意が必要です。

提出書類

SMBCモビットでは、下記のような提出書類が必要になります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

また、WEB完結申込をされた方は、勤務先が分かる書類として健康保険証(社会保険証か組合保険証)をチェックする場合もあります。

特に収入証明書などは準備するのに時間がかかる場合がありますので、SMBCモビットへ申し込む前にしっかりと準備をしておきましょう。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットで人気のWEB完結の口コミや評判は?

SMBCモビットで一番人気のある申込方法がWEB完結になります。 インターネットから誰にも会わずに借り入れ・返済まで行うことが出来るのが人気の理由です。

そんなメリットの多いWEB完結ですが、口コミや評判はどうなっているのでしょうか?

WEB完結申込みの特徴

SMBCモビットのWEB完結の口コミで話題に出ていた特徴を下記にまとめてみました。 便利な特徴が多いので、ぜひ参考にしてみてください。

審査までの手順が短く、融資までの時間を短く出来る

  • 年齢:30代
  • 性別:女性
  • 年収:300~400万円
  • 借入額:70万円
 

SMBCモビットのWEB完結は、通常の申込同様「審査時間:最短30分」になっています。

しかし、通常申込よりも手順が簡素化されているため、融資までの時間を大きく短縮させることができます。

通常のネット申込とSMBCモビットのWEB完結の違い

ステップ 通常のネット申込 WEB完結
ステップ1 HPの「カード申込」から申込 HPの「WEB完結」から申込
ステップ2 審査結果がメールか電話で届く 審査結果がメールで届く
ステップ3 カードの受け取り方法選択 手続き終了
ステップ4 必要書類をSMBCモビットへ送付
ステップ5 SMBCモビットに書類到着後手続き完了

ローンカード発行をしないことも大きな要因ですが、頻繁に借入をしない人には断然おすすめの申し込み方法となります。

郵便物がないため、家族にバレる心配がない

  • 年齢:50代
  • 性別:男性
  • 年収:500~600万円
  • 借入額:30万円
 

SMBCモビットのWEB完結のうれしい特徴として、郵送物が一切ないことがあげられます。

申込はすべてインターネットで済み、借入・返済も銀行口座を使用するため、郵送される書類やローンカードがないのです。

そのため、家族に知られずにお金を借りたいユーザーにとても人気があります。

WEB完結申込みには三井住友銀行口座が必要などの条件がある

ここまで、SMBCモビットのWEB完結のメリットを紹介してきましたが、申込時に注意しておかなければならない点があります。

それが、「WEB完結申込には条件がある」ということです。 WEB完結審査の申し込み条件は下記の4つとなりますので、利用前に確認してから申し込みましょう。

① 本人確認書類の提出:「運転免許証」か「パスポート」の写しを提出
② 収入証明書類の提出:「源泉徴収票」「税額通知書」「所得証明書」「確定申告書」「給与明細書(直近2ヶ月分)」のいずれかの写しを提出
③ 在籍確認書類の提出:「健康保険証(社会保険証か組合保険証)」と「給与明細書」の写しを提出
④ 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座がある

これらの条件を満たしている場合に限り、WEB完結で申し込むことが可能となります。

例えば、自営業者の方は「国民保険」になりますので、WEB完結に申し込むことができません(通常の申込方法であればOKです)。

WEB完結申込みなら在籍確認がないの?

SMBCモビットのWEB完結の特徴として「在籍確認なし」という表記をしているサイトをよく見かけますが、本当に在籍確認がないのでしょうか?

実際にWEB完結で申し込むとすぐにわかることなのですが、「在籍確認なし」ではなく「電話連絡なし」が真実です。

先ほどの申込条件の項目で「在籍確認用に健康保険証が必要」と解説しましたが、WEB完結では、在籍確認を書類で行います。

そのため、通常の申込のような電話連絡をすることがありませんので、電話が嫌だという人はWEB完結申込することをおすすめします。

口コミから考えるSMBCモビット審査に落ちやすい人の6つの特徴

SMBCモビットのネット申し込みは、審査OKとなってから融資まで含めたWEB完結サービスをとっており、全てがWEB完結という利便性を誇っています。

そんなSMBCモビットはしっかりとした審査基準や審査項目で、きっちりとした審査方法が取られているため、場合によってはローン審査に落とされてしまうケースも多々あります。

ウェブ完結申し込みが便利なSMBCモビットで、審査落ちする人はどのような特徴を持っているのでしょうか?

審査落ちしやすい人の6つの特徴を紹介します。

1.安定収入がない人

Web完結申し込みが便利なSMBCモビットですが、手軽なウェブ完結申込みのイメージにより、申し込み方法が簡単で、誰でも申し込み審査に通ると審査レベルにタカをくくっている人がいらっしゃいますが、もちろん誰でも審査に通るというわけではありません。

無担保融資カードローンであるため、利用対象者に返済能力があることが前提となります。

そのため、定期収入と安定収入がないと審査自体の基準をクリアすることはできませんので、審査落ちすることとなるでしょう。

これはSMBCモビットにかかわらず、消費者金融カードローンでも銀行カードローンでも同じです。

銀行の審査においても、消費者金融審査においても、借金をする場合は借入限度額や返済金額うんぬんよりも、返済シュミレーションによる返済計画が成立するかが重要です。

もしも安定収入がなければ、返済シミュレーションをしたとしても借入額を返せるという計算にはならないはずですので、一度ご自身でも確認してみましょう。

また、ネットでのキャッシング体験者などの投稿者による口コミや、現役消費者金融マンによる記事を見ていると、高収入でも不安定なケースよりも、低収入でも安定した収入の方が審査で有利となっており、これは増額審査でも同じとのことです。

そのため、正社員に限らず、契約社員・アルバイト・パート・自営業者でもカード申し込み対象者となっています。

ただし、本人に安定収入のない専業主婦は希望借り入れ額がいくらの金額であっても消費者金融のカード契約ができず、配偶者の承認を得る配偶者貸付制度を利用するほかありません。

その場合も、配偶者の収入に見合った希望限度額でカード申込をする必要があるでしょう。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

2.信用情報にキズがある人

SMBCモビットはWeb契約だけでなく、電話申し込みに対しても親切な電話対応をしてくれ、申込者のさまざまな年齢層から高い評価を受けています。

そんな中、申込手続が完了し、申し込み確認後に申込完了となったとしても、それだけで融資が行われるわけではありません。

個人情報信用機関であなたの金融情報が照会されます。

個人信用情報機関は、ほかのローン会社からの借入はないかや、最低返済金額をしっかりと返済しているかなどの利用実績、金融事故履歴がないかをしっかりとチェックしています。

ホームページなどを見ても手軽に借入ができるイメージを持つ人が多いようですが、信用情報にキズが付いていると審査通過は厳しくなります。

中には一括返済や追加返済を頑張りすぎたことでかえって資金繰りが悪くなり、返済が厳しくなったという人もいらっしゃいますので、借入だけでなく返済も計画的に行う必要があるというのが注意点です。

3.申し込み情報に間違いがある人

申し込み情報に間違いがある場合も審査落ちする人の典型例です。

申込書類や申し込みフォームはしっかりと確認しながら書きましょう。

特に勤め先確認書類、本人の携帯電話番号、電話確認用の番号、勤続年数などのミスが多く、在籍確認電話を入れても在籍が確認できずに審査に時間がかかるケースもあります。

申し込みを行う時には1項目ずつチェックし、最後に見直すというのがおすすめ申込方法です。

4.複数社から借入している人

複数社からの借入がある場合にも審査通過は厳しくなります。

最近のキャッシング会社はローンカードをローン契約機で手軽に契約できる上、銀行振り込みだけでなく、銀行ATMや提携ATM、無人契約機で営業日を気にせず気軽に利用が可能です。

返済状況も約定返済日までに返済していれば問題がなく、返済している金利分はおろか、そもそも契約する時の限度額最高や最高金利、最低金利すら知らずに利用している人もいらっしゃいます。

実は自分が高い上限金利で返済をしているというケースもあり、手軽な分だけ管理も必要です。

いずれにせよ、借入件数が多い場合にはまとめローンなどの利用により、件数を減らすことが審査での重要なポイントとなります。

5.信用情報に履歴がない人

信用情報に履歴がない人も審査では不利となるでしょう。

債務整理が終わった後には信用情報が真っ白な状態となりますので、融資する側の立場からすると、債務整理をしたか現金主義者かどちらかという予測が成立します。

しかし、債務整理をしたことによって履歴がないのか、本当に現金主義者なのかは判別できないため、リスク回避として融資に後ろ向きとなるのです。

そのため、この場合も審査落ちする人の特徴に数えられています。

6.短期間に複数社に申し込みをしている人

短期間に複数社に申し込みをしている場合にも申し込みブラックとして審査に不利となります。

三菱東京UFJ銀行グループのアコムや、三井住友銀行グループのプロミス、東証一部上場のアイフルなど、消費者金融はSMBCモビットのほかにも数多くあります。

有人店舗のサービスがよいところや、ローン申し込み機などの自動契約機を数多くの台数設置しているところ、初回申し込み者に金利の優遇をしているところなど、それぞれの色合いでサービスを提供しているので、取りあえずたくさん申し込んでおこうという人もいるのです。

実際ネットなどの口コミでも、近い投稿日で複数社の申し込み状況をアップしている人もいらっしゃいます。

しかし、申し込みが多くて契約がなされていないと業者からいわく付きと見られやすいので、申し込みの前に各社ウェブ上の自動審査や借入診断を利用し、審査通過の見込みがある場合に正式な申し込みをしましょう。

SMBCモビットのデメリットとは?

それでは逆に、他社と比較したSMBCモビットのデメリットはどのようなことがあるのでしょうか?

無利息期間がない

SMBCモビットの一番大きなデメリットとしては、他社大手カードローン会社では当たり前になりつつある「無利息期間がない」ことがあげられます。

他社であれば初回に限り、30日程度無利息の期間があるのですが、SMBCモビットでは初回契約時でも初月から利息がかかってしまいます。

そのため、これまでアコム、プロミス、アイフルなどで借入をしたことがない人は、まずこれらの消費者金融から借り入れを行い、無利息期間サービスを活用したほうがいいかと思います。

有人店舗がない(コールセンター有)

これも大手消費者金融会社としては珍しいのですが、SMBCモビットには有人店舗がありません。

そのため、「店頭申込」というのがなく、

  • インターネット
  • 電話
  • ローン申込機
  • 提携ATM

からのみ申し込みが可能です。

店頭にて対面で質問などをしながら申し込みたい方には、不便かもしれませんが、コールセンターは設置されていますので、質問などをしたい場合には電話にて問い合わせをすることができます。

総量規制の対象になる

SMBCモビットの最大融資額は800万円と設定されていますが、これは誰もが800万円の融資を受けることが出来るわけではありません。

SMBCモビットだけではなく、消費者金融各社に言えることですが、「総量規制」という年収の3分の1までしか借りられない法律の対象になります。

そのため、年収300万円の人は最大でも100万円までしか消費者金融から借りることができません。

もし年収の3分の1以上借入を行いたい方は、銀行カードローンに申し込むとよいでしょう。

銀行カードローンは総量規制の対象外となっているため、審査は厳しくなりますが年収の3分の1以上の借り入れをすることが可能です。

SMBCモビットの増額で知っておくべき口コミや評判は?

次に、SMBCモビットで増額をした方の口コミや評判を含めて、増額について知っておくべきことを解説していきたいと思います。

SMBCモビットでの増額のメリットとは?

SMBCモビットである程度、頻繁に借入・返済を滞りなく済ませていると、融資額の増額をすることが可能となります。

SMBCモビットで借りたことがある人に聞くと、最低でも半年以上SMBCモビットを利用しておく必要があるとのことです。

では、増額をすることで、どんなメリットがあるのでしょうか?くわしく調査してみました。

金利が下がる可能性がある

  • 年齢:30代
  • 性別:女性
  • 年収:300~400万円
  • 借入額:50万円
 

SMBCモビットの金利は3.0~18.0%と設定されていますが、100万円以下の借入額の場合、初回金利は大抵18.0%に設定されます。

しかし、増額審査に通ることで100万円以上の借り入れが可能になった場合には金利が15.0%以下に引き下がります。

つまり、融資額が増えることによって金利が下がる可能性があるのです。

参考:利息制限法
融資額10万円未満→上限金利20.0%(SMBCモビットの場合は18.0%)
融資額10万円~100万円未満→上限金利18.0%
融資額100万円以上→上限金利15.0%

SMBCモビットでの増額のデメリットとは?

では逆に、SMBCモビットで増額をしたときのデメリットというのはあるのでしょうか?

実際にSMBCモビットで借りた方の口コミからSMBCモビット増額のデメリットを調査してみました。

再度、審査を受けなければならない SMBCモビットだけに限りませんが、融資額の増額をするためには審査を再度受けなくてはなりません。

優良な返済をしているとSMBCモビット側から増額を勧められることもありますが、その場合にも必ず審査を受けなければなりません。

一度はSMBCモビットの審査を通っていますので、下記のようなことを確認されます。

  • 年収に変更がないかどうか
  • 住所・勤務先に変更がないかどうか
  • 給料日に変更がないかどうか

審査に際して、本人確認書類は必要ありませんが、収入証明書の提出が必要になります。

限度額を引き下げられる可能性がある

全項目で、収入証明書の提出が必要になると解説しました。

これが重要ポイントになります。 SMBCモビットの初回申込時と年収が同等もしくは上がっている場合には問題ありませんが、逆に年収が下がってしまっている人は要注意です。

総量規制により年収の3分の1までしかSMBCモビットでは借りられませんが、すでに総量規制上限まで借りている&年収が下がった場合には、融資額を引き下げられてしまうのです。

① 初回借入時に年収の3分の1をすでに借りている人
② 年収が初回申込時よりも下がっている人

この2点に該当する方は、増額は絶対に行わないようにしましょう。

在籍確認を行う

  • 年齢:40代
  • 性別:男性
  • 年収:500~600万円
  • 借入額:75万円
 

増額審査でついつい忘れてしまいがちなのが在籍確認です。

勤務先が初回申込時と変更がない方は、増額審査時には在籍確認は行われませんが、注意が必要なのは転職などをして勤務先が変わってしまった人です。

勤務先が変わった人に対しては、勤務先に在籍確認の電話連絡がいきますので、実際にとても焦ったという方もいらっしゃいました。

在籍確認の電話がどうしても嫌な場合には、一度SMBCモビットへ相談してみるとよいと思います。

増額するのであれば他社借り入れの方が早い

前項にて、SMBCモビット増額のメリット・デメリットをあげてみましたが、読んでいただけるとわかる通り、実は増額にはあまりメリットがありません。

特に、増額しても100万円以上にしない場合には、あまりメリットがないのです。 金利が下がりそうにないなと思った場合におすすめなのが、他社の消費者金融会社を利用し、増額ではなく増枠することです。

特に50万円以下の金額が追加で借りたいという方にはおすすめですね。

【無利息期間の有効活用で得する利息金額】

  金利0% 金利18% 差額
10万円借入 100,000円 101,479円 1,479円
50万円借入 500,000円 507,397円 7,397円

※30日一括返済と仮定した場合

他社には初回だけですが、SMBCモビットにはない「無利息期間」が設定されていますので、少額を短期間借りたい方は他社をうまく使うことで効率よく借入をすることが出来るようになります。

それでは、無利息期間が設定されている大手消費者金融を3社紹介していきます。

アコム

アコムでは、初回に限り30日間の無利息期間サービスを受けることができます。 ただし、下記の2点に注意する注意する必要があります。

① 返済期日を「35日ごと」に設定する必要がある
② 契約日から30日間なので、契約時に借入しないと無利息期間が終了してしまう

特に2つ目の注意点が重要で、無利息期間を当てにしてアコムに申し込んだ場合には必ず契約後すぐにお金を融資してもらうようにしてください。

プロミス

プロミスでもアコムと同様に初回に限り30日間の無利息期間サービスを受けることができます。

ただ、アコムとは違って無利息期間サービスの開始が契約日からではなく「初回借入時の翌日」から30日間無利息サービスが開始されます。

つまり、プロミスで契約したものの実際には初回融資を3ケ月後にした場合にも、無利息サービスを受けることができるのです(この場合、アコムでは無利息期間は終了している)。

このカラクリに気付かず、アコムで無利息期間が勝手に終わってしまったという人も少なくないため、プロミスの無利息サービスの方が評判がよいです。

消費者金融名 無利息サービス
適用時期 適用期間 条件
アコム 初回契約時 契約日の翌日から30日間 返済日を「35日ごと」に設定する
プロミス 初回契約時 初回借入日の翌日から30日間 メールアドレスを登録する
「Web明細」を利用する
SMBCモビット なし なし なし

SMBCモビットの借り換え(おまとめローン)で知っておくべき口コミや評判は?

次に、SMBCモビットで借り換え(おまとめローン)をした場合の口コミや評判はどうなっているのでしょうか?

SMBCモビットは借り換えに向いていない

実は、SMBCモビットは借り換えには向いていないのが結論です。 なぜかというと、下記の2つの問題があるためです。

おまとめ専用ローンがない

  • 年齢:30代
  • 性別:男性
  • 年収:400~500万円
  • 借入額:30万円
 
  • 年齢:20代
  • 性別:男性
  • 年収:200~300万円
  • 借入額:100万円
 

SMBCモビットの借り入れに関しての一番大きな問題としては、「おまとめ専用ローン」という商品がないことがあげられます。

アコムやプロミスなど他の消費者金融会社には専用ローンが設定されていますが、SMBCモビットはないため、借り換えをするには通常の借入方法にて審査を受ける必要があります。

そのため、事前におまとめ用に使用する旨をSMBCモビットに連絡しておかないと、通常の借入だと思われ、融資額が低く見積もられる可能性が高いです。

総量規制対象となる

前項でも解説しましたが、SMBCモビットで借り換えを行うには通常の借入方法にて審査を受ける必要があります。

基本的に借り換えローンの場合には総量規制の対象から外れます。

つまり、他社の借り換えローンを申し込むと年収の3分の1以上の借入が可能になります。

SMBCモビットではそれが出来ませんので、各社の借入をSMBCモビットで一本化したいと思っている人は、総量規制内での運用となりますので注意が必要です。

おまとめ専用ローンがある消費者金融を紹介

他社からの複数の借入を一本化するために借り換えをしたいと思っている方は、おまとめ専用ローン商品がある消費者金融を選ぶことが必要です。

口コミ等で人気のおまとめ専用ローンを紹介しておきます。

プロミス

プロミスのおまとめ専用ローンは、6.3~17.8%の金利が設定されています。 そのため、17.8%以上の金利で現在他社借入をしている場合には、プロミスのおまとめローンに借り換えすることで金利負担が軽くなる可能性があります。

ただし、返済専用となりますので、自由に借り入れを行うことが出来ませんので注意が必要です。


SMBCモビットの詳細はコチラ >>