カードローン110番 > 消費者金融系カードローン > ICローン(アイシーローン)の審査基準や口コミ、評判を解説

ICローン(アイシーローン)の審査基準や口コミ、評判を解説

首都圏在住者を対象とした少額・低金利ローン

アイシーローンのキャッシングは、アイシー企画株式会社が展開する首都圏在住の方を対象としたローンです。

【目 次】
  1. アイシーのメリットと他社比較
  2. アイシーの学生ローンは18歳〜OK
  3. フリーローンは安心の限度額50万円

アイシーローンのメリットと他社比較

東京都新宿区西新宿に所在する消費者金融で、首都圏にお住まいの学生・社会人を対象としています。新宿駅の近場に店舗を設置し、利便性の高さが売りとなっています。商品は学生ローンとフリーローンの2種類があります。

日本貸金業協会会員であり、東京都知事から登録番号も認可されています。30年以上の実績を誇る会社であり、お手軽で借りやすいローンが口コミで評判です。

無利息キャンペーン

初回融資の方には、無利息キャンペーンの適用となります。30日間は1円も利息が発生せず、元金の返済だけでOKです。

5万円を30日間借りた場合、30日後に5万円返済すればいいのです。60日間借りた場合は、30日分の利息だけ発生する仕組みです。

利息は日割計算であり、借入残高×実質年率÷365×借入日数で算出されます。

学生なら友達紹介でお得に!

学生の貸付対象者には、年率の引き下げ特典を用意しています。

お友達を紹介すれば、年利を引き下げてくれるのです。初回人数0人の場合は実質年率20.0%での融資になりますが、1人紹介するごとに1.0%ずつ金利が低くなります。

10人紹介した場合は、最大引き下げ率である10.0%の適用となり、実質年率10.0%で借入れすることができるのです。

学生ローンで10.0%という金利は極めて低いものです。アイシーのローンは、学生・社会人ともに50万円までの融資額となっています。

一般的なローンは、50万円の借り入れにおいては18.0%の金利になります。15.0%~17%台で借りることができれば、低金利だと考えていいでしょう。

アイシーローンよりも金利の安いところがある

1位 アコム
実質年率:3.0%~18.0%
即日融資無利息期間有来店不要
2位 アイフル
実質年率:4.5%~18.0%
最短即日融資無利息期間有来店不要
3位 モビット
実質年率:3.0%~18.0%
即日融資来店不要

アイシーローンは中小業者だけあって金利が高いです。当サイトから申し込みNo1のアコムなら学生でも条件さえ満たしていればキャッシング可能です。

20歳以上で収入があれば問題ありませんので、大学生や専門学校生でもアルバイト収入があればOKです。

また、アコムはアイシーローンと同様に30日間無利息キャンペーンを行ってますし、全国対応もしているため首都圏に住んでいない人にもありがたいです。

おまけに近くにコンビニでキャッシング&返済できるので超便利です。

金利だけでなく中小よりも大手消費者金融を推奨する理由

金利が低い点からもアコム、プロミス、モビット、アイフルなどの大手消費者金融を推奨しましたが、実は、「信用力」といった観点からも中小業者よりも大手消費者金融を推奨します。

もし、このページをご覧になっているあなたが、将来的にクレジットカードの作成、スマートホン本体の分割購入、賃貸マンションの入居審査や自動車や住宅ローンの審査を受ける予定があるのであれば、極力大手を利用するようにしてください。

理由は中小業者からの借入は、「お金に困っている人」とみなされるからです。外資系クレジットカード会社の審査部に在籍している友人曰く「中小業者からの借入が1件でもあると、その段階で瞬殺としていた。」とのことです。

なぜ、「お金に困っている人」とみなされるかと言いますと、通常カードローンを利用する際は大手から利用します。中小からの借入は、「大手の審査に通過しなかった人」とされ、「信用力」に難がありと認定されるからです。

基本的にどの金融機関も「お金に困っている人」にはお金を貸しません。ぜひ、肝に銘じておいていただきたいです。

大手がどこもダメなら致し方ありませんが、ご自身の将来を見据えるなら可能な限り大手をご利用されることをお勧めしたいです。

大手は決して敷居が高いわけではない

大手消費者金融と言われると審査が厳しそうと思われるかも知れませんが決してそんなことはありません。以下は大手消費者金融の審査通過率です。2人に1人は審査に通過しているのがおわかりかと思います。

アルバイト収入(無職や専業主婦は不可)がある人は、ぜひチャレンジして欲しいと思います。

アコムの詳細はコチラ >>

アイフルの詳細はコチラ >>

モビットの詳細はコチラ >>

実はアイシーローンもATM対応

アイシーローンはATMで借入・返済ができます。小中堅規模の消費者金融は、ATMに対応していない業者が多いのです。

窓口返済、銀行振込などに返済方法が限定されるローンが多いですが、アイシーローンは平日9時~20時、土曜日9時~17時までATMが稼働しています。

日曜・祝祭日は休止するため、返済日が休日と重なる場合は平日・土曜日に返済するようにしましょう。

ATMを利用するためには、ATMカードを発行する必要があります。カードの利用には年会費がかからないので、返済手数料もゼロとなります。

銀行振込、現金書留などの方法は手数料がかかるので、返済方法はATMと窓口返済をおすすめします。

お申し込み方法は、インターネット、来店、電話などの方法があります。学生用、一般用の申し込みページを利用してください。

会員専用ページからは、増枠、残高確認、登録情報変更などの手続きが行なえます。

それ以外のお問い合わせは、電話、Eメールなどで受け付けています。「バイト収入がないけど借りたい」「他社からの借り入れもある」「在学中に完済できない場合は?」といった相談にも応じてくれます。

アイシーローンはプライバシーを重視しており、家族・友人などにローンの利用を知られないように配慮してくれます。

自宅や勤務先に連絡する場合は、個人名を名乗ってくれるので安心です。

アイシーの学生ローンなら18歳から借りられる

学生ローンは18歳以上の学生(首都圏在住、在学中)を対象としたローンです。

学生とは大学生、大学院生、専門学校生などを指すため、高校生や予備校生などは含まれません。

一般的なキャッシングやカードローンは、満20歳以上からの融資に対応していますが、アイシーなら18歳から借りることができます。

学生ローンと呼ばれる商品は数多くありますが、18歳から対応している商品はほとんどありません。

大学生の場合ですと、大学2年以上にならないと借りることができないわけです。

学生ローンの申し込みに必要なもの

学生ローンのお申し込みでは、必要書類として学生証、保険証、免許証、収入明細などが必要となります。

必要書類に不備があると融資まで遅くなるので、事前に用意しておきましょう。

担保・保証人は不要なので、親族を連帯保証人に立てる必要はありません。
完全なる自己責任において借りることができるので、他人に迷惑はかかりません。

融資額は1万円~50万円となり、少額の借り入れをしたい方にもおすすめです。

アイシーローンに申込みした方は、こちらのカードローンも申込みしています。

1位 アコム
実質年率:3.0%~18.0%
即日融資無利息期間有来店不要
2位 アイフル
実質年率:4.5%~18.0%
最短即日融資無利息期間有来店不要
3位 モビット
実質年率:3.0%~18.0%
即日融資来店不要

アイシーローン利用時の注意点

総借入額については、総量規制により年収の3分の1までとなるので注意してください。

他社からの借り入れもある場合は、それらも総借入額に含まれます。総量規制の範囲を超えている方も、場合によっては融資可能となるので、まずは相談してみましょう。

実質年率は10.00%~20.00%、月利にすると0.8%~1.6%となります。ローンの利息は日割で発生するので、月利でシミュレーションしたほうがわかりやすいです。

月利1.6%で1万円を1ヶ月借りた場合は、160円が利息として発生します。返済方式は借入金額スライドリボルビング方式となり、毎月1回の返済となります。

返済回数は1回~36回に対応し、最長3年間かけて返済できます。返済日は契約の際に決定しますので、給料日の5日後くらいに設定しておくといいでしょう。

やっぱりアイシーローンは金利が高い

アコムの詳細はコチラ >>

アコムは3.0%からの低金利でしかも無利息期間が30日返済方法は来店返済のほか、ATM、銀行・郵便振込、現金書留などが用意されています。

アイシーローン利用時のアドバイス

学生がローンを利用するときは、融資は10万円以内に抑えておくことをおすすめします。

借入額が少額であるほど、返済計画を立てるのが容易になるのです。10万円程度の借り入れだと、返済回数は少なくなり、短期完済が可能となります。

高額融資になるほど契約期間も長くなり、返済回数は増えてしまうのです。返済期間中に新たな入用ができたとき、追加融資を受ける必要性も出てくるでしょう。

しかし、限度額の満額まで借りている場合は、追加で借入れすることはできません。

キャッシングやカードローンを利用するときは、限度額いっぱいまで借りないのがコツです。

限度額50万円のローンの場合、30万円くらいまでの利用に抑えておけば、追加融資が必要になったときも、20万円まで借りられる可能性があります。

はじめて学生ローンを利用するときは、10万円以内にしておくのが無難です。

追加融資を受けたいときは、本当に借りる必要があるのかよく考えましょう。

借りたお金は必ず返済しなくてはいけないので、無理をしない返済計画を立てた上で、借入可能な金額を決定していくと間違いありません。

アイシーの学生ローンは、学生からの相談に対して、柔軟に対応しています。

「アルバイト収入がないけど借りたい」「他社の学生ローンも利用している」といった相談に対してアドバイスしてくれます。

在学中にローンを完済できない場合は、一般ローンとして返済を継続できます。
学生ローンと一般ローンの2種類を用意しており、一般ローンの場合も実質年率10.00%~20.00%で借りることができます。

アイシーのフリーローンは安心の限度額50万円を設定

近年のフリーローンは高額対応した商品が多いですが、アイシーの一般向けフリーローンは1万円~50万円の少額設定です。

年収300万円の方だと、フリーローンなどの多目的ローンは100万円まで借り入れ可能なのです。

ローンを安全に利用するために

総量規制(年収の3分の1)による制限は、安全ラインとは言えません。ローンを安全に利用する一番のコツは、借入額を最小限にすることなのです。

最近は最高500万円に対応したローンが多いですが、無難に返済するためには限度額50万円以内のローンが好ましいです。

フリーローン利用者の借入金額で最も多いのは、10万円未満となっています。

アイシーのフリーローンの利用条件は、20歳以上で安定収入のある方(首都圏在住・在勤)です。

身分証明としては、社会保険証と免許証を用意してください。実質年率は10.00%~20.00%、月利0.8%~1.6%です。

返済方式は借入金額スライドリボルビング方式、返済回数は1~36回(3年以内)となります。

返済日は都合のよい日を設定できるので、給料日の5日以内に設定しておくといいでしょう。返済日と給料日が離れてしまうと、返済忘れのリスクが非常に大きくなります。

周りにローンのことがバレたくないなら

担保・保証人は不要であり、プライバシー性の高いローンとなっています。

ローンの利用が他人に知られないように配慮してくれるので、申し込み内容確認・在籍確認などで自宅や勤務先に連絡をする場合も、業者名ではなく個人名を名乗ってくれます。

連絡方法については、アイシーから電話を受ける方法だけでなく、自分から電話をかけて連絡することも可能です。

自宅への電話を避けたい方は、自分から連絡するといいでしょう。連絡を受ける場合は、連絡先の電話番号や日時を指定することもできます。

フリーローンを利用する方は、利息を減らすことにこだわりましょう。利息を最小限に抑えるためには、借りた翌日に完済するのが一番なのです。

しかし、これは現実的に無理があるため、無理をしない範囲で月々の返済額を増やすように工夫してみましょう。

ローンをお得に利用するための秘訣

20万円を実質年率18.0%で借りた場合、6回返済だと月の返済額は35,200円となります。

35,200円×6回(6ヶ月)で総支払額は21万1,200円となり、11,200円が利息となるわけです。

返済回数を12回にした場合は、月の返済額は18,400円となります。総支払額は22万800円となり、20,800円が利息となるのです。

短期間で完済するほど、利息がお得になるのがわかるでしょう。アイシーのフリーローンは、非正規の方も融資対象としています。

アルバイト、パート、OLの方も申し込みできるのです。キャッシング業界における「安定収入」という意味は、毎月収入を得ていることを指します。

アイシーローンに申込みした方は、こちらのカードローンも申込みしています。

1位 アコム
実質年率:3.0%~18.0%
即日融資無利息期間有来店不要
2位 アイフル
実質年率:4.5%~18.0%
最短即日融資無利息期間有来店不要
3位 モビット
実質年率:3.0%~18.0%
即日融資来店不要

会社員・公務員などの月給制の方だけでなく、バイトやパートなどの時給制の方も対象となります。

アコムの詳細はコチラ >>

アイフルの詳細はコチラ >>

モビットの詳細はコチラ >>