返済が遅れそうになる

サイトマップ

返済が遅れそうになる

私は三井住友銀行とSMBCモビットから借入れをしてからは、毎月月末までに35,000円を返済するような生活が始まりました。

自動引き落としでの返済も可能でしたが、万が一口座にお金を用意できないとすぐさま返済遅延となるのはわかっていましたので、ある程度お金をコントロールできる振込での返済をすることにしました。

カードローン用のカードをATMまで持っていって、そのカードに振り込むことで毎月の返済が完了します。

プロミスの詳細はコチラ >>

ATMでの返済の日々

三井住友銀行の方は、コンビニATMでも返済が可能でしたが、その頃はSMBCモビットは対応していなかったので、SMBCモビット店舗のATMまで出向いて返済をしました。

夜になると、SMBCモビットの店舗は営業終了し、お店の人はいなくなりますが、ATMエリアだけは24時間開いており、そこで返済や借入れが出来るのです。

そのATMへカードを持っていって振り込んで返済するわけです。時にはATMを使っている人もいて、少し恥ずかしい感じもしました。

そのようにして、毎月三井住友銀行とSMBCモビットでの返済の日々が始まりました。なんせ借金総額は250万円であり、これに利子も加わりますから、完済するまでには軽く10年以上はかかる計算になります。長い借金生活の始まりです。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

返済が徐々に苦しくなっていく

こうして毎月定額を返済していきましたが、仕事を変えてからはアルバイトに近いような仕事をしており、ボーナスも出ないような職場でした。

このために、35,000円というとさほど大きな金額ではなかったのですが、返済が徐々に苦しくなりました。

やはり給料を貰うと、どうしても家賃や電気代などを先に支払います。家賃は払えないと追い出されますし、公共料金の電気代などは払わなければ止められてしまいます。これらは生活に関わるので、どうしても優先しました。

そうして、給料からこれらを支払い残った金額を食費などに充てて、最後に月末になるとカードローンの返済をするという生活リズムを送っていました。

仕事ではさほど給料は高くなく、金額も安定していなかったの給料の少ない月もありました。そんな時はカードローンの借金の返済が苦しくなってしまいました。

アコムの詳細はコチラ >>

返済できない月が訪れる

カードローンの返済が苦しくなり、公共料金も2ヶ月分ぐらいの支払いが溜まってしまう場合は、急いで先に公共料金を支払いました。

いくら借金のお金の返済が迫ろうとも、どうしてもやはり生活に関わるお金を優先していました。

そうして公共料金分のお金を支払うと、カードローン用の返済分が残らなくなってしまったのです。

どこかのサイトで見たのかどうか忘れましたが、返済が遅れそうになった場合は、何もせずにそのままにしておくのは良くない、まずはカードローン会社に連絡して相談するべき。

というような内容を見たのを覚えていました。 良くある映画のような怖い取立てもそうそう無いということも知っていたので、私は返済が遅れそうになったその月にカードローン会社に連絡しました。

プロミスの詳細はコチラ >>

カードローン会社に相談

相談のために初めてのカードローン会社へ電話をすこととなり、少し緊張しながらSMBCモビットのサポート宛に電話しました。

三井住友銀行の方は、毎月返済してカードに数間円分の借入枠の余裕が出来ていたので、そこから下ろしてまた返済に充ているという、なんとも悪循環な方法ではありますが、一時凌ぎで何とか返済しました。

SMBCモビットのサポートの方が電話に出ると、どういう用件だと聞かれたので、今月は返済が月末までに出来ないことを伝えました。

電話する前は緊張しましたが、映画の闇金融の電話対応のような脅しは全くなく、驚くほど対応は普通で事務的だったのを覚えています。

そうすると、サポートの人はいつなら返済可能ですか?ということを聞かれましたので、来月の何日なら返済できますと答えました。

丁度臨時の収入がある予定だったので、その日に返済できると答えたのです。そうすると、サポートの人はそれではその日に返済をお願いします。

という感じの事を言ったと思います。 私は、意外にも返済日の延長に応じてくれたのを少し驚きましたが、それで問題なく返済すればいいのなら、良かったと内心安心して、快くその日に返済すると伝えたのです。

こうして、数ヶ月に1回は返済が遅れそうになることがありましたが、そのたびに連絡をして、返済日を延ばしてもらい、その日までに毎月の定額分を返済するということを繰り返していきました。

また三井住友銀行の方は依然として返済した分の数万円の借入枠が出来たら、またその分を下ろして借りるということを繰り返していましたで、いっこうに借金は減りませんでした。

利子だけせっせと返済する日々が続いたのです。

プロミスの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

特別企画:自己破産男子のキャッシング日記【目次】